Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

『シーソーモンスター』映画原作ネタバレあらすじと結末の感想評価。伊坂幸太郎がコミカルに魅せる元情報員の嫁姑バトルの行方

  • Writer :
  • 星野しげみ

伊坂幸太郎の小説『シーソーモンスター』が映画化決定!

2019年に出版された伊坂幸太郎の小説『シーソーモンスター』。

ストーリーは、昭和後期に一般的な家庭の北山家に嫁いだ元情報員の宮子が、姑・セツの過去に疑惑を抱き調査を始め、次々とトラブルに見舞われるというもの。

嫁と実母の間に挟まれる北山直人の事情も交錯し、物語はミステリアスに進みます。


伊坂幸太郎:『シーソーモンスター』 中央文庫

本作の映画化権をNetflixが獲得しています。映画は、敵同士ながら手を組むことになる主人公たちを、アン・ハサウェイとサルマ・ハエックが演じるアクションコメディの予定。

まだ映画の詳細は明らかにされていませんが、原作となった小説『シーソーモンスター』をネタバレ有りでご紹介します。

小説『シーソーモンスター』の主な登場人物

【北山直人(きたやまなおと)】
主人公。製薬会社の営業マン。新しく担当することになった若院長が、保険料の詐欺を行っていることを知り、トラブルに巻き込まれます。

【北山宮子(きたやまみやこ)】
直人の妻。元特殊部隊の一員。義母のセツと気が合わずに悩んでいます。

【北山セツ(きたやませつ)】
直人の母親。直人夫婦と同居することになると、嫁いびりをします。実は宮子と同じく元特殊部隊の一員。

小説『シーソーモンスター』のあらすじとネタバレ

北山直人は製薬会社の営業マン。仕事での悩みよりも、自宅の嫁姑問題に頭を抱えています。

妻宮子と結婚する時は自分の両親とは別居という話だったのですが、直人の父が死んでしまい、母一人になったので、同居することにしたのですが、同居してから宮子と母の相性が良くないことに気が付きました。

そのことで日夜頭を痛める直人。優しい先輩の綿貫は、そんな直人の嫁姑問題の相談に乗り、愚痴を聞いてくれます。

ある日、綿貫から得意先の病院を紹介されました。

その病院の院長は、直人の死んだ父親の同級生で、直人とは初めて会ったにもかかわらず、親切にしてくれました。

そんな付き合いが続き、院長が隠居することになっても、直人は息子の若院長を接待するようになります。本来の担当営業も直人が引き継ぐことになりました。

若院長は先代とは違い、派手な遊びが大好きで、直人はやっとその遊び方についていきます。そのうちに、直人は若院長の金遣いの荒さに疑問を持つようになりました。

そして、若院長が病院で保険料の水増しを行っているのではないかという疑問を持つようになり、こっそりと証拠を押さえようと水面下で動きだしました。

一方、直人の嫁・宮子は、義母のセツとどうしても気が合わないということに悩んでいます。

もともと宮子は、優秀な特殊部隊の情報部員でした。その頃の経験もあり、メンタルトレーニングは得意のはずでしたが、セツを前にすると余計なことを言ったりするのです。

宮子がセツを苦手と思うようになった発端は、宮子が結婚前に直人の両親と顔合わせをしたときのこと。

ホテルのレストランで宮子たちは顔合わせをしていたのですが、そこに工作員による神経毒の持ち込みが行われるという情報がもたらされます。

すでに特殊部隊の仕事は辞めていた宮子はそのことを知りませんでしたが、客の中にあきらかに怪しい動きをしている人物がいることに気が付きます。

それは見張りの情報部員が見逃している人物で、宮子はそれまでの経験からどうしても見過ごすことができません。

その人物の跡をつけ、トイレで拘束することに成功。退職したとはいえ元特殊部隊の一員として大活躍をしたのですが、直人の家族には「よくトイレにいく女」というイメージを植え付けてしまいました。

以来、姑セツの宮子に対する態度は終始冷たく、初対面から嫁としてのイメージが悪かったと、宮子は悩んでいます。

そんなある日、宮子はセツの両親や夫など、セツの周りの人々がみんな不審な死を遂げていることに気が付きました。

セツが殺したのではないかと疑惑を持った宮子は、次にはもしかすると自分も殺されるのではないかと疑い、特殊部隊の仲間に頼んでセツの調査を行い始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『シーソーモンスター』ネタバレ・結末の記載がございます。『シーソーモンスター』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

直人が若院長を疑い、宮子がセツを疑い始めた頃、北山家に不審なことが起こり始めます。

まず、宮子が自宅の縁側にいるときのこと。洗濯物が落ちていることに気が付き、取りに行こうと庭に降りると、二階から植木鉢が落ちてきました。

幸い、植木鉢は宮子の頭すれすれに落下し宮子は無事でしたが、次の日には新宿の交差点で後ろからどんと人にぶつかられるという出来事にあいます。

どちらも何事もなく済みましたが、それらの出来事は一つ間違えれば死に至るかも知れない事件で、宮子の頭の中に警告装置のベルが鳴り始めます。

次には、宮子が一人で家にいる時に、郵便局員を装った男性が家に押し入ってきて、宮子を殺そうとします。この時も、宮子は身体能力を活かして彼を縛り、警察を呼ぶことに成功しました。

こんな事件が続いたせいで、宮子はより一層セツの仕業と疑うようになります。

極めつけは、直人と宮子がデートから帰ってくる途中、謎の男たちに襲われたこと。

宮子は自分がもと特殊部隊にいたことを直人に秘密にしているため、その能力を使ってうまく立ち回ることができません。

結局、紙袋で直人の視界を隠し、そのすきに彼らと戦って倒します。直人には、仲間割れが始まったと説明して、その場を取り繕いました。

宮子によって助けられた直人で、身の危険を感じながらも、彼は自分の若院長近辺調査を進めます。

ついに直人は若院長の保険料水増しの証拠をつかみ、若院長にその事実を聞きますが、若院長はその場をやり過ごします。

そしてある日、直人が病院に向かおうとすると、数人の男たちに拉致され、気絶させられました。

直人が目を覚ますと綿貫がいて、直人に遺書を書いてから自殺をすることを迫ります。驚いたことに、保険料の水増しは綿貫の入れ知恵だったのです。

直人は抗おうとしますが抵抗できず、言われるままに宮子に電話をし、セツに感謝を伝えようとします。

しかし、そんなおかしな電話を受けた宮子は直人に何かあったと勘ぐり、電話を逆探知して直人の監禁された場所に向かいました。

宮子はそこにいた屈強な男と戦い、危うく殺されそうになります。そこへ、なぜかセツが助けに来てくれました。宮子とセツは力を合わせて彼らを倒し、直人を救出することに成功しました。

実はセツも宮子と同じように、若い頃は特殊部隊の一員をしていたと言います。セツの周囲の人間が死んでいたのは、セツに恨みを持つ工作員によって殺されたからでした。

セツの悲しみと苦しみを知った宮子。和解とまでいきませんが、少しだけセツに寄り添うことができる気がしました。

助け出された直人は、意識がもうろうとしていたが、宮子と母が仲良く助け合って戦う姿を見たと宮子に言います。

宮子は残念そうに、「何かの間違いじゃないの? わたしたち、そんなに仲良くないからね」と肩をすくめました。

小説『シーソーモンスター』の感想と評価

もと特殊部隊の優秀な情報員であった宮子と結婚した直人。宮子が秘密にしているせいもあって、直人は宮子の前職を知りません。

現実問題として、宮子の前職よりも自分の母親・セツと折り合いの悪いことで悩んでいます。そこへ持ってきて、自分の仕事上でのトラブルにずるずると巻き込まれていきます。

宮子は宮子で、セツの周囲の人間が不審死していることに気が付き、セツを疑い始めます。

そのうちに夫婦それぞれが、自分の命を何者かに狙われていると感じ始め、物語はクライマックスへ

優秀な情報員であるはずの宮子ですが、セツには心の中まで読まれている気がして、苦手意識を持っていました。一方、何も知らない直人にとって、あくまで宮子は可愛い妻であり、セツは大好きな母親でした。

物語は、宮子と直人目線で進みますので、秘密のベールに包まれていたセツの本当の姿はラストまで分かりません。

後半になって全て判明し、謎は解けていきます。事件が解決しても、嫁姑の過去の職業を知らされず、そのバトルに翻弄される直人は、ちょっと可哀想な役どころと言えるでしょう。

また、本作はスリルたっぷりのアクション小説ですが、ブラックユーモア含むヒューマンドラマでもあります。

お互いの心中を察しても、なお表面は対立する嫁姑を演じる宮子とセツ。2人はまさしく優秀な特殊部隊の一員であり、一種のモンスターでした

映画『Seesaw Monster(原題)』の見どころ

誰が監督を務めるのかはまだ明らかにされていない本作ですが、脚本はハサウェイも出演した『オーシャンズ8』(2018)で共同脚本を務めたオリヴィア・ミルヒが務めます。

伊坂幸太郎作品の映画化といえば、2022年の『ブレット・トレイン』が頭に浮かびます。これは、原作小説『マリアビートル』をブラッド・ピットを主役として、デビッド・リーチ監督が手がけたものです。

本作は、不運続きの殺し屋が主人公の『ブレット・トレイン』(2022)とは異なり、主人公は嫁姑という間柄の2人の女性。日常的にネチネチバチバチの底意地の悪いバトルが繰り広げられると予想されます。

たまらないのは、2人の間を取り持とうとする一家の主の男性でしょう。彼の嫁姑問題を抱えて悩む様子、そして2人の女性たちの真の正体に気が付いたときの驚愕は見ものです

映画『Seesaw Monster(原題)』の作品情報

【日本公開】
未定(アメリカ映画)

【原作】
伊坂幸太郎:『シーソーモンスター』(中央文庫)

【監督】
未発表

【脚本】
オリビア・ミルチ

【プロデューサー】
アキヴァ・ゴールズマン、アン・ハサウェイ、サルマ・ハエック、三枝亮介、寺田悠馬

【キャスト】
アン・ハサウェイ、サルマ・ハエック

まとめ

伊坂幸太郎の『シーソーモンスター』をネタバレ有りでご紹介しました。

本作は、特殊部隊の情報員という前職を持つ妻と折り合いが悪い実母の様子を、夫目線で描く究極の嫁姑問題を柱に、仕事がらみの事件も交えた痛快アクション

何も知らずに2人を取り持とうとする夫・直人の気苦労も交え、2人の女性モンスターが火花を散らしながら送る日々を描きます。

この小説がNetflixによって映画化されました。詳細はまだ発表にならないのですが、キャストとしてアン・ハサウェイ、サルマ・ハエックという、実力派の美女たちの名前が挙がっています。

映画の日本公開はもちろん、続報が待ち遠しいものです

関連記事

アクション映画

【ネタバレ】007ワールド・イズ・ノット・イナフ|あらすじ結末感想と評価解説。ボンドガールに起きた悲劇がシリアスなサスペンスドラマを招く

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第19作! マイケル・アプテッドが監督を務めた、1999年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』 …

アクション映画

アトミックブロンド|ネタバレあらすじ感想解説と結末評価。シャーリーズセロンの凄まじいアクション光る新たなスパイ映画

シャーリーズ・セロンが凄腕女性エージェント演じる話題作! 痛々しくも、華麗な超絶アクションから目が離せない……。 それが、スパイ映画の新たな快作『アトミック・ブロンド』です。 凄腕女性エージェントの主 …

アクション映画

映画『イップマン序章』ネタバレあらすじと感想。ドニーイェン人気シリーズはじまりの物語

伝説はここから始まった。 ドニー・イェン主演「イップ・マン」シリーズ第1弾。 今やハリウッドでも活躍する中国のアクションスター、ドニー・イェン。 彼が、“宇宙最強の男”の異名を広く知らしめるきっかけと …

アクション映画

【ネタバレ】ミッションインポッシブルデッドレコニング|あらすじ感想と結末の評価解説。トムクルーズ代表作のスパイアクション前編で命がけ⁈

イーサン・ハントの過去が明かされる。 シリーズ集大成となる第7作目。 トム・クルーズの代表作のひとつ、人気のスパイアクション「ミッション:インポッシブル」シリーズの第7作目となる『ミッション:インポッ …

アクション映画

【ネタバレ結末】ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード|感想とあらすじの詳細。続編はイタリアの町をロケ地に“最強トリオ”が暴走する!

殺し屋とボディガードと詐欺師、異質な凸凹コンビに新たな仲間が加わるシリーズ第2弾! 神経質で完璧主義のボディガードが行き当たりばったりの破天荒な因縁の殺し屋と共に巨悪に立ち向かう映画『ヒットマンズ・ボ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学