Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の昌文君役は高嶋政宏。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。

原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大歴史エンターテイメント作品です。

メガホンをとるのは、『アイアムアヒーロー』『いぬやしき』『図書館戦争』などヒット作を数多く持つ佐藤信介監督

主演の山崎賢人はじめ、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多など豪華俳優が出演することが発表されています。

この記事では、昌文君(しょうぶんくん)役を演じる高嶋政宏について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『キングダム』の作品情報


(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
原泰久『キングダム』(集英社)

【監督】
佐藤信介

【キャスト】
山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、 満島真之介、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、石橋蓮司、大沢たかお

【作品概要】

中国の春秋戦国時代を舞台とした歴史大作。

大将軍になるという夢を抱いた戦災孤児の信と、中華統一を目指す王のえい政(後の始皇帝)の活躍が壮大なスケールで描かれます。

山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、 満島真之介、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、石橋蓮司、大沢たかおなど豪華俳優陣が集結。

脚本には原作者の原泰久も参加。約2年もの時間をかけて書き上げられました。

監督はドラマ『アイアムアヒーロー』『いぬやしき』『図書館戦争』を手がけた佐藤信介が務めます。

映画『キングダム』のあらすじ

舞台は春秋戦国時代の中華西方の秦の国。

戦災孤児の少年である信と漂は天下の大将軍となることを目指して、日々剣術の鍛錬に励んでいました。

王との大臣の昌文に召し上げられた漂が王宮に入ることとなり、信と漂は別々の道を歩み始めます。

王宮では王の弟・成蟜(せいきょう)によるクーデターが発生。戦いの中で致命傷を負った漂は、なんとか信のいる納屋にたどり着きます。

お前に頼みたいことがあると言いながら、漂は血まみれの手で、ある丘に建つ小屋を示す地図を信に手渡します。

そして漂はそのまま力尽きてしまいます。

地図を握りしめて走り出す信。しかし彼がたどり着いた先で見たのは、冷静にたたずむ漂の姿でした。

それは漂ではなく、玉座を奪われて王都を追われた秦の王・えい政でした。王にうり二つだった漂は、彼の身代わりとして命を落としたのです。

激高した信は、えい政と共に行動すると決意し、王と共に王宮奪還のために立ち上がります。

しかし、それはえい政にとって、路の第一歩に過ぎず…。

スポンサーリンク

映画『キングダム』昌文君(しょうぶんくん)役は高嶋政宏

映画『キングダム』で昌文君(しょうぶんくん)役を演じる高嶋政宏は1965年10月29日生まれ。東京都出身の俳優です。東宝芸能所属。

父は高島忠夫、母は寿美花代、弟は高嶋政伸という芸能一家。妻は女優のシルビア・グラブ。

大学在学中、文化祭でモデル事務所にスカウトされました。パーティースナップが雑誌に載ったことで、東宝から声がかかり、1987年、映画『トットチャンネル』で俳優デビュー

同作と映画『BU・SU』で第11回日本アカデミー賞新人俳優賞、第30回ブルーリボン新人賞など数多くの映画賞を受賞。

1988年のNHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』に出演して全国区の人気者に。

1993年の恋愛ドラマ『同窓会』では、猪突猛進で明るい青年がガンとなって苦悩する印象的な役柄を演じブレイクします。

ドラマ『山岳救助隊・紫門一鬼』、ミュージカル『レ・ミゼラブル』、舞台『ヤマトタケル』など幅広い分野で活躍。

2012年に出演したドラマ『ストロベリーナイト』の警察官・今泉役ははまり役だと評され、翌年劇場版も公開される人気作となりました。

参考映像:映画『ストロベリーナイト』(2013)

幼い頃から駅弁好き。両親が仕事で不在がちだったため、時折学校を休んで一家全員が地方の仕事場に行くことがあり、その際に新幹線車内で駅弁を一家そろって食べるのが団らんだったからだそうです。

高校・大学時代はアメフト部に所属したスポーツマン。

様々な分野に精通するオタク系としても知られています。

まずは大変な「ロック通」。キング・クリムゾンの楽曲をカヴァーしたり、ロックバンドでベース演奏していた経験もあります。

「鹿児島通」としても有名で、地元観光関係者が驚くほど穴場に詳しいそうです。

20年来の「通販フリーク」でもあり、「ラーメンオタク」「SM愛好家」でもあるという高嶋政宏。こだわりをつづったエッセイ集『変態紳士』も出版しています。

映画『キングダム』昌文君(しょうぶんくん)はどんな役?


(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

高嶋政宏演じる昌文君(しょうぶんくん)は、えい政に忠誠を尽くす第一の側近です。

王騎も高く評価する、熟練の将軍。

王宮を追われるえい政の替え玉として、漂を王宮へ連れて行きます。

スポンサーリンク

高嶋政宏の演技力の評価は

数多くの人気ドラマや映画、舞台作品に出演してきた高嶋政宏。

親譲りのオーラと演技力を授かったサラブレッド二世俳優として、当初から大きな注目を集めました。

映画『トットチャンネル』『BU・SU』では、デビュー作にして第11回日本アカデミー賞、第30回ブルーリボン新人賞、第42回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞ほか、多数の新人賞を総なめにしました。

NHK大河ドラマでも『独眼竜正宗』『八重の桜』『おんな城主 直虎』など多数の作品に出演、安定した堂々たる演技を認められています。

ほかドラマ『鼠、江戸を疾る』『ストロベリーナイト』、映画『ゴジラVSメカゴジラ』『信長協奏曲』など人気作品にも多数出演。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』では準主役のジャベール刑事をはじめ、『ベガーズ・オペラ』『マリー・アントワネット』に出演。高い歌唱能力と、舞台映えする輝きを高く認められる俳優です。

高嶋政宏の公式SNSの紹介

残念ながら高嶋政宏の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ

中国歴史超大作映画として大きな注目を集める『キングダム』。

キャストには、山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多といった若手実力派が勢ぞろいしています。

鬼才・佐藤信介が監督を務め、”撮影にもっともふさわしい場所”中国で撮影が敢行された本作。公開を前に期待が大きく高まっています。

熟練の腕を持つ将軍・昌文君を演じるのは、劇画的なビジュアルを持つ高嶋政宏。壮大なスケールで描かれる作品の中で、きっとひときわ光る武将を演じてくれるのではないでしょうか。

超大作歴史ロマン『キングダム』は2019年4月19日より全国ロードショーです。

関連記事

アクション映画

映画『マルリナの明日』あらすじと感想。女性監督モーリー・スリヤが西部劇的な作風で描くフェミニズム

映画『マルリナの明日』2019年5月18日(土)ユーロスペースでロードショー! ならず者たちの不条理な行為に抗った一人の未亡人が、自身の思いを貫く旅に出る姿を描いたインドネシア・フランス・マレーシア・ …

アクション映画

三森すずこ吹替版チェンナイエクスプレスあらすじとキャスト!プレゼント情報も

三森すずこが実写の吹替えを初挑戦!『チェンナイ・エクスプレス~~愛と勇気のヒーロー参上~』日本語吹替版TV初放送決定! 7月29日(土)21:00よりファミリー劇場で放送内容やサイン台本プレゼント情報 …

アクション映画

映画『ダークタワー』あらすじとキャスト。原作者キングの感想は?

モダンホラーの帝王スティーヴン・キングの原点と言われている小説『ダークタワー』を、イドリス・エルバとマシュー・マコノヒー主演で映画化。 世界の平和を保つ塔「ダークタワー」を巡るバトルを描いたキング映画 …

アクション映画

【映画ネタバレ】土竜の唄FINAL|感想評価とあらすじ結末解説。シリーズ完結の3作目も生田斗真のアクションで魅了!

映画「土竜の唄」シリーズのファイナルだ、みなで、バッチ来い! 監督・三池崇史×脚本・宮藤官九郎×主演・生田斗真で映画化された、高橋のぼるの人気コミック「土竜(モグラ)の唄」シリーズ第3弾。 ある日突然 …

アクション映画

映画『ランボー ラスト・ブラッド』感想評価と解説レビュー。“完全結末”とタイトルの意味に込めたスタローンの真意とは

映画『ランボー ラスト・ブラッド』は2020年6月26日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 元グリーンベレーのエリート戦闘員ランボー。ベトナムで背負った戦う宿命は、いつまでも彼に付 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学