Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2023/06/16
Update

【ネタバレ】ザ・フラッシュ|映画あらすじ感想と結末考察/評価。バットマンを俳優マイケル・キートンが再び演じる新たなDCマルチバース作品!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

著名人から大絶賛の《DCマルチバース》ムービーの全容は?

DCコミックスの大人気ヒーローであるスーパーマンを主人公とした映画『マン・オブ・スティール』(2013)から続き、集合作である『ジャスティス・リーグ』(2017)も制作された「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」。

「DCEU」は『バットガール』の公開中止を始めさまざまな問題が噴出し、キャスティングや物語を一部リブートした「DCユニバース」に計画が移されることになりました。

2023年、主演俳優の逮捕騒動や「DCユニバース」への移行の混乱の最中に公開された「DCEU」12作目となる映画『ザ・フラッシュ』。その制作背景の混乱とは裏腹に、本作は多くの著名人から大絶賛を受けました。

今回はそんな「DCEU」が描いた新感覚のマルチバース映画『ザ・フラッシュ』を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

映画『ザ・フラッシュ』の作品情報


(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved (C) & TM DC

【日本公開】
2023年(アメリカ映画)

【原題】
The Flash

【監督】
アンディ・ムスキエティ

【脚本】
クリスティーナ・ホドソン

【キャスト】
エズラ・ミラー、サッシャ・カジェ、マイケル・シャノン、ロン・リビングストン、マリベル・ベルドゥ、キアシー・クレモンズ、アンチュ・トラウェ、マイケル・キートン

【作品概要】
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)とその後編作『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』(2019)を手がけたアンディ・ムスキエティが監督を務めた「DCEU」12作目にあたる作品。

主人公のバリー・アレンを『ジャスティス・リーグ』のエズラ・ミラーが引き続き演じ、本作で「DCEU」初登場となる“スーパーガール”をサッシャ・カジェが演じ「ラテン系俳優が演じる初のスーパーガール」となりました。

映画『ザ・フラッシュ』のあらすじとネタバレ


(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved (C) & TM DC

警察の法医学捜査官の傍ら「ジャスティス・リーグ」所属のスーパーヒーロー“フラッシュ”として活動するバリー・アレンは、通勤前にアルフレッドからの要請で病院の崩壊から現地に居た人間を救い出します。

死のウイルスを盗み出した男を“バットマン”とブルース・ウェインと“ワンダーウーマン”ことダイアナ・プリンスが確保し、バリーは自身の日常に戻ります。

自身の父親ヘンリーが母親のマリベルを殺害した罪で逮捕されているバリーは、父の上訴審を翌日に控えていました。

バリーの幼少期、マリベルが午前に買い忘れたトマト缶を買うために家を出たヘンリーは、帰宅時に何者かによって刺されているマリベルを発見し、救急車をバリーに呼ばせますが、彼女はそのまま死亡してしまいます。

その後、「ヘンリーがスーパーにいた」というアリバイを証明するのは、スーパーの映像が不鮮明な防犯カメラのみと判明。またブルースの協力を経て解析された映像には、トマト缶を棚の下段から取る男性が映っていたものの、顔を下に向けていたためにヘンリーの無実の証明は叶わなかったのです。

その日の夜、事件のことを思い出したバリーは自身の能力を使い、無心で走るうちに病院崩壊の過去に戻っていたことに気づきます。

「この能力を使えば、過去のすべてを良い方向に変えられる」と考えるバリーでしたが、その話を聞いたブルースは過去の物事を変えることの危険性を説いた上で「悪い過去が今の自分たちを作った」と言います。

ブルースと別れたバリーのもとに、元同級生であり想い人でもあった記者のアイリスが現れます。そしてアイリスとの会話の中で、マリベルを殺害した真犯人がただの空き巣目的の泥棒であったことを確信します。

母マリベルがトマト缶を買い忘れなければ父ヘンリーが家を出ることもなく、マリベルが死ぬこともなかったと気づくバリー。彼は自身の能力で過去に戻り、未来に影響を及ぼさないために「マリベルの買い物カゴにトマト缶を入れる」という改変だけを行い未来に戻ろうとします。

しかし、未来へ戻る途中で自身と同じ能力を持つ何者かに邪魔され、バリーは2013年にはじき出されてしまいます。

生きているマリベルと少しの時間ながらも再会した後、バリーはマリベルが生きていたことで自由気ままに生き続けるという未来を辿った18歳のバリーと遭遇。

軽すぎる2013年のバリーの性格に呆れながらも、バリーは未来の世界に戻ろうとしますが、その30分後に「自身が“フラッシュ”の能力を手にした、落雷事故が発生する瞬間」が訪れることに気づきます。

法医学捜査官のインターンシップ中に落雷と薬品を浴びて能力を手にしたバリーでしたが、マリベルが生存したことで過去のバリーは経済学を専攻しており、このままでは未来の自分も能力を手にしない危険性があると考えます。

バリーは過去のバリーを連れて落雷事故の現場に潜入し、落雷事故の場に過去のバリーを座らせますが、雷がバリーを貫通し過去のバリーに当たったことで、バリーは力を失ってしまいます。

翌日以降、自身の代わりに力を得た過去のバリーに“フラッシュ”のイロハを教えるバリーは、街中でゾッド将軍が地球に現れたニュースが騒がれていることに驚愕。

“スーパーマン”を回収するため地球に現れたゾッド将軍とスーパーマンとの戦いで多くの犠牲者が出ることを知るバリーは、犠牲者を少しでも減らすために”ジャスティス・リーグ”のメンバーを集めることにしました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ザ・フラッシュ』のネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・フラッシュ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved (C) & TM DC

バリーがマリベルを救った影響からか、この過去には“アクアマン”や“ワンダーウーマン”といった“メタヒューマン”は存在しておらず、“サイボーグ”もまた全身が機械となる前の状態で生きていました。

また過去のバリーによって“バットマン”が存在していることを知ったバリーは、ウェイン邸へ。アルフレッドがすでに亡くなったウェイン邸でバリーはブルースに出会いますが、過去のブルースはバリーの知る未来のブルースよりもかなり老いており、生まれた時代すら異なっていました。

バリーの話を聞いたブルースは、この現象がすべてバリーの「トマト缶をカゴに入れた」ことによる改変の結果だと推測。

ブルースのネットワークを使い、宇宙からの落下物がロシアの基地に確保されていること知ったバリーは、ブルースと過去のバリーを連れロシアへと向かいます。

基地内で落下物を見つけた3人でしたが、その中には“スーパーマン”であるカル=エルはおらず、代わりに女性がいるだけでした。

弱り切った女性を見捨てきれなかったバリーは彼女を連れて基地を脱出しますが、彼女は恐るべき力で襲いかかる兵士を打ち倒します。バリーは事情を聞くと、彼女はカル=エルのいとこのカーラであり、カル=エルを守るために送り込まれたと語ります。

バリーはブルースの協力を経て、力を取り戻すために落雷事故を再現しますが、一度の実行では成功せず、ゾッドを倒すために協力を決めたカーラの協力によってバリーは己の力を取り戻しました。

アメリカ軍とゾッドたちが戦闘を始めた地帯に到着した4人は、カーラがゾッド、ブルースがゾッドの空兵、2人のバリーがその他のゾッドの兵隊を担当することに決め戦闘に挑みます。

ゾッドと対峙したカーラは、カル=エルがすでに殺害されたと聞き激昂し、ゾッドを何度も打ち付けますが、隙を突かれ胸を刺されてしまいます。

一方、ブルースも空兵の戦闘機のバリアーが想像より強固だったことで戦闘機ごと爆死。

絶望的な状況を目の当たりにした過去のバリーは、自身の能力を使って時間をカーラとブルースの死の前に戻すことで2人を救おうとしますが、2人のバリーがそれぞれの救援にあたってもなお救うことができませんでした。

過去のバリーは諦めることなく時間を巻き戻し再挑戦を行いますが、何度繰り返してもゾッドの勝利を覆すことができず、バリーはこの時間軸に「勝利の未来」がないことを悟ります。

何度も再挑戦と失敗を繰り返す過去のバリーを止めようとするバリーの前に、自身を2013年に押し出した男が現れます。

その男こそが、再挑戦と失敗を繰り返し続けた過去のバリーの将来の姿であり、過去のバリーに能力を付与し永遠のループを作り出すことが目的でした。

バリーたちの時間軸の改変によってあらゆる“マルチバース”の崩壊が始まり、バリーは崩壊を止めるために男と対峙。

男の攻撃を過去のバリーが代わりに受けたことで過去のバリーは死亡し、過去のバリーの未来である男も消滅しました。

全ての崩壊を止めるため、バリーはある決断をし過去へと戻ります。

マリベルが死ぬ日に戻ったバリーは、他人のフリをしてマリベルと会話をし別れを告げると、「カゴに入ったトマト缶」を盗みます。

「マリベルの死こそが、正しい未来を作った」という残酷な真実を受け入れたバリーは、スーパーの棚のトマト缶の位置を《下段から上段へ》入れ替えると、元の未来へと戻っていきました。

ヘンリーの上訴審の裁判に間に合ったバリーは、トマト缶の位置が上段へと入れ替えられたことで、スーパーにいたヘンリーの顔がはっきりと監視カメラに映り、ヘンリーが無罪を勝ち取った様子を目にします。

裁判の終了後、アイリスをディナーに誘ったバリーの前にブルースが現れます。しかしそのブルースは、バリーの知るどのブルースとも違った姿(ジョージ・クルーニー)をしていました。

その日の夜、“アクアマン”ことアーサーに悩みを伝えるバリーでしたが、アーサーは酒に泥酔しきっており、バリーの悩みをもはや聞いてはいませんでした。その様子を見たバリーは呆れながらも、アーサーが自分の知る“アクアマン”であることを確信しました。

映画『ザ・フラッシュ』の感想と評価


(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved (C) & TM DC

“著名人たちの大絶賛”が納得できるヒーロームービー

主演のエズラ・ミラーがハラスメントや暴行などの犯罪によって複数回に渡る逮捕となり、公開そのものも危ぶまれることになった映画『ザ・フラッシュ』。しかし、公開が迫り関係者への試写が始まると、騒動の存在が嘘かのごとく評価が絶賛に染まりました。

俳優のトム・クルーズや小説家のスティーヴン・キング、「DCユニバース」の総監督として就任したジェームズ・ガンも「史上最高のスーパーヒーロー映画」と称賛しており、著名人たちの絶賛によって前評判が過去にないほどに高まった本作。

そんな本作は、初登場となる『ジャスティス・リーグ』では最速の能力を持っていながらも、性格的には半人前だった“フラッシュ”ことバリー・アレンの成長の物語。

まだまだ1人前ではないバリーが、半人前以下の過去の自分と出会い「己の運命」の対峙していく様を描いた本作は、ひとつのヒーロー作品として大絶賛の意味が分かる作品となっていました。

ファン待望の“マイケル・キートンのバットマン再演”が実現


(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved (C) & TM DC

「DCEU」の世界では、ブルース・ウェインこと“バットマン”を監督としても高い評価を受ける俳優のベン・アフレックが演じていました

本作でもベン・アフレックが演じるブルースは、バリーの友人であり仲間として彼を支えるポジションとして再び登場しますが、一方でバリーが過去を改変したことで生じた「マルチバース」のブルースも登場します。

本作で別次元のブルースを演じたのは、ティム・バートンによって制作された『バットマン』(1989)と、その続編でブルースを演じたマイケル・キートンでした。

もともと「マイケル・キートンによるブルースの再演」という一大イベント自体は『バットガール』で予定されていましたが、『バットガール』が公開未定になってしまったことで、ファンはやきもきした気持ちを抱えていました。

そんな中、公開すら危ぶまれた『ザ・フラッシュ』で登場したマイケル・キートンのブルースは、ティム・バートン版のブルースの魅力をそのままで描かれており、待ち望んだ姿がそこにありました。

物語のラストには「バットマン」シリーズのファンに向けたサプライズも用意されており、過去に一度でも「バットマン」映画を観たことのある人には是非とも観てほしい作品です。

まとめ


(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved (C) & TM DC

ヒーロー映画としてのストレートな成長要素と、マルチバース映画としてのサプライズと驚きに富んだ物語構成。

“スーパーガール”を演じたサッシャ・カジェが引き込まれるような魅力を見せ、マイケル・シャノンが『マン・オブ・スティール』から引き続きヴィランのゾッド将軍を演じるなど、「DCEU」のファンを続けてきた人に対するプレゼントのような盛りだくさんな内容となった映画『ザ・フラッシュ』

「過去が今の自分を作った」というシンプルなメッセージが心に深く食い込むような作品であり、さまざまな楽しみ方ができる作品となっていました。


関連記事

アクション映画

【ネタバレ】プリズナーズ・オブ・ゴーストランド|あらすじ結末と感想考察。園子温節が炸裂するハリウッドデビュー作はド派手さMAX!!

ニコラス・ケイジ主演で描かれるサムライタウンの大騒乱! 暴力表現へのこだわりや独特なセンスで紡がれる、誰にも真似の出来ない世界観によって熱烈なファン持つ映画監督の園子温。 その人気は日本のみならず世界 …

アクション映画

映画『七人の侍』あらすじネタバレと感想。黒澤明代表作のラスト結末とは⁈

七人の侍vs四十騎の野武士 真に勝った者は誰なのか!? 日本を代表する監督のひとりであり、海外で最も有名な日本人監督でもある黒澤明監督。 彼の作品の中でも、特に世界中の映画人に多大な影響を与えた名作『 …

アクション映画

るろうに剣心最終章ネタバレ|ラスト結末のTheBeginningの感想。キャスト有村架純と佐藤健で描くラブストーリーという“愛の究極”

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』で剣心の十字傷の謎が解ける! 佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した時代劇アクション「るろうに剣心」シリーズ。 『るろうに剣心 最終章 The B …

アクション映画

韓国映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』あらすじ感想評価とキャスト解説。韓国の人気アイドルグループ「ZE:A」のイム・シワン主演!

映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』は、2018年1月6日(土)より公開! イム・シワン×チン・グの豪華共演による本編131分の作品は、仕掛ける敵と味方が二転三転を見せながら、大金を賭けた予測不能の騙 …

アクション映画

韓国映画『犯罪都市』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『新感染ファイナル・エクスプレス』で襲いかかるゾンビをなぎ倒した熱い男を演じ、一躍人気を爆発させたマ・ドンソク主演映画『犯罪都市』 。 2004年実際に起こった事件を基に、強力班(強行犯係)の刑事 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学