Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2017/11/09
Update

映画『ITイット2017』ネタバレラストは。原作者キングの感想も

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

予告編がインターネット上でアップされた際に、24時間で1億9700万回という史上最多の再生回数を記録し、全米で『エクソシスト』の持つホラー映画興行収入記録を塗り替えた本作。

原作はホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの代表作『IT/イット』。

原作者キングも予想以上の出来栄えだと語る!

スポンサーリンク

1.映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の作品情報


(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
It

【監督】
アンドレス・ムシェッティ

【キャスト】
ジェイデン・リーバーハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウォルフハード、ソフィア・リリス、ニコラス・ハミルトン

【作品概要】
原作はアメリカの人気作家スティーブン・キング。1990年にテレビドラマ『IT』として放映した作品を、映画『MAMA』で知られるようになったアンドレス・ムシェッティ監督が演出を務め、ピエロ恐怖症を誘発するホラー作品。

2.映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のあらすじとネタバレ


(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1988年10月、アメリカの田舎町デリーに住む病弱で吃音症持ちのビル。

彼は弟のジョージーの為に折り紙で船を作ってあげます。

ビルの作ってくれた折り紙の船を喜び、土砂降りの雨の中、船を流して遊びジョージー。

しかし。船は排水口の中に入ってしまいます。

「ビルに怒られる」と困っていたジョージーの前に「ペニーワイズ」と名乗るピエロ姿の男が現れます。

ペニーワイズは、「仲良くなろう」と言葉巧みにジョージーに近づき、ジョージーも彼に心を許します。

しかし、船を返してもらおうと手を出した瞬間に、ペニーワイズは牙だらけの口を大きく開き、ジョージーの片腕を食いちぎります。

逃げようとするジョージーを、ペニーワイズは排水口に引きずり込むのでした。

ビルと負け犬達

弟ジョージーの失踪から8ヶ月、街では子供たちの失踪が多発しており厳戒態勢が取られていました。

そんな中、ビルと友人たちは夏休みを迎えます。

吃音症持ちのビルの他に、お調子者で、お喋りのリッチー。

病気がちで臆病なエディ。

父親がラビですが、宗教に興味が無く理屈っぽい性格のスタンリー。

彼らは、ヘンリーをリーダーとする不良グループの餌食になっており自らをルーザーズ・クラブと呼んでいました。

他にも転校生で友達がいなくて、本ばかり読んでいるデブでドジ臭いベン。

牧場で働いていますが、心優しい性格から牛や豚を屠殺する事が出来ず、周囲の大人に怒られている黒人のマイク。

いろいろな男と関係を持っていると噂を流されて、嫌がらせを受けているベバリーが学校に在籍しています。

ベンは自分に優しく話かけてくれたベバリーに一目惚れをします。

子供たちに忍び寄るペニーワイズの恐怖

弟ジョージーの失踪が忘れられないビルは「荒地にジョージーは流れ着いた」という独自の仮説を立て、仲間たちとジョージーの探索に向かいます。

その頃、マイクやベンの前にもペニーワイズが現れ「恐怖」を植え付けていきます。

図書館でペニーワイズに遭遇したベンは、逃げる途中でヘンリー達不良グループに襲われます。

ヘンリー達に暴行を受けたベンは、不良グループから逃げ出し、ジョージーを探索していたビル達のグループと合流。

傷だらけのベンを目の当たりにしたビル達は、薬局で偶然出会ったベバリーの協力もあり、薬と包帯を調達しベンを手当てします。

一方で、ベンを探していた不良グループの1人がペニーワイズに襲われ行方不明になるのでした。

行方不明事件に浮上する数字「27」加速するペニーワイズの恐怖

次の日、川遊びをするルーザーズ・クラブに、高圧的な父親から逃げて来たベバリーも加わります。

その時、デリーの歴史を勉強していたベンから「子供の失踪事件は27年周期で起きている」事を聞かされ、ベンの家に貼られていた資料の中に、ピエロのような姿が描かれている事をビルは発見します。

失踪事件の真相に気づいたルーザーズ・クラブのメンバーの前に、ペニーワイズが現れ、血を吹き出す排水口、絵の中から出てきた不気味な女性、皮膚病にかかった患者の幽霊などが出現し、メンバーに恐怖心を植え付けていきます。

そして、ビルの前にもジョージーの幽霊と共に、ペニーワイズが現れ襲いかかってくるのでした。

ペニーワイズから逃れたビルは、ルーザーズ・クラブと、不良グループに暴行を受けていた所を助けたマイクを加えた7人で、ペニーワイズと戦う事を決意します。

ペニーワイズは、町に張り巡らされた下水が、1つになる場所にある廃墟に住んでいる事を突き止めます。

ペニーワイズの策略で引き裂かれる友情

ルーザーズ・クラブは、ペニーワイズの住処であろう廃墟に突入しますが、ペニーワイズの策略にはまり、1人1人が分断され、恐怖心を更に植え付けられてしまいます。

なんとか逃げ出したルーザーズ・クラブですが「次は準備をして来よう」と提案するビルに、ルーザーズ・クラブは反発しバラバラになってしまいます。

ペニーワイズの術中にハマってしまったルーザーズ・クラブ、このまま終わってしまうのでしょうか?

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレ・結末の記載がございます。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

バラバラになったルーザーズ・クラブは、それぞれの日常を送っていました。

そんな中、父親に束縛され、体まで求められたべバリーは父親を殺害してしまいます。取り乱して逃げようとするべバリーの前に、ペニーワイズが現れたのでした。

一方、不良のヘンリーは、警官の父親によって仲間の前で恥をかかされてしまいます。

父親への怒りと恐怖心から、ペニーワイズに心を支配されてしまい、ヘンリーは父親を視察してしまいます。

その頃、べバリーがペニーワイズに連れ去られた事を知ったビルは、再びルーザーズ・クラブを集め、ペニーワイズの住む廃墟に乗り込みます。

廃墟の中にある、古井戸の底に入っていくルーザーズ・クラブ。

そこへ、狂気に取り憑かれたヘンリーが現れます。ヘンリーを1人で食い止めたマイクは、ヘンリーを井戸の奥に落としルーザーズ・クラブは井戸の奥底に向かいます。

井戸の奥底では、ペニーワイズが再びメンバーを分断させる為に、恐怖心を煽ってきます。

ビルはジョージーの幽霊を追いかけて、更に奥底へ進んでいきますが、そこで目の当たりにしたのたは、べバリーとこれまで行方不明になった子供達が浮いている光景でした。ビルはさらに、ジョージーの幽霊を追って奥に進みます。

ビルを追いかけて来たルーザーズ・クラブのメンバーは、気を失って浮いているべバリーを助ける為、悪戦苦闘しますが、ベンの口付けによってべバリーは意識を取り戻し、ビルを追いかけるのでした。

ビルはジョージーの幽霊と対峙、話をしますが、マイクが持ってきた屠殺用の銃でジョージーの額を撃ち抜きます。

額を撃ち抜かれたジョージーの幽霊は、ペニーワイズに姿を変えます。ビルはジョージーの幽霊は偽物だと見破っていたのです。

しかし、ペニーワイズはビルを逆に人質に取り「今回は、こいつを見捨てれば助けてやる」とルーザーズ・クラブに条件を提示します。

このまま引き下がると見せかけたリッチーは、バットでペニーワイズに殴りかかり、ルーザーズ・クラブとペニーワイズの最後の戦いが始まります。

恐怖心を煽ってくるペニーワイズに、ルーザーズ・クラブは団結力で応戦。
ついに、ペニーワイズは井戸の奥深くに消えていくのでした。

戦いを終えたルーザーズ・クラブは、
べバリーから、「気を失っていた時に大人になった姿の自分たちが見えた」と報告されます。

27年後に、ペニーワイズが再び戻って来た時には、ルーザーズ・クラブが再び集まり戦うことを誓います。

一人一人と帰宅していくルーザーズ・クラブ、最後に残ったべバリーから街を出る事を報告されたビルは、ベバリーにキスをするのでした。

スポンサーリンク

3.映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の感想と評価


(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

発刊以来30年に渡り、ファンを魅了し続けているスティーヴン・キングの代表作『IT/イット』

1990年に1度テレビドラマとして映像化され、今回は27年ぶりの映画映化となります。

現代の映像技術を駆使して表現されるペニーワイズの恐ろしさは必見で、小刻みに震えながら、首を左右に揺らして全速力で走ってくる姿は、スクリーンで体験していただきたいです。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』特別映像

監督を務めたアンディ・ムスキエティ自身がYouTubeの特別映像で、「ひと味違うホラー映画だ。友情を描き、結束することで悪に立ち向かえることを描く」と話している通り、子供達の成長や友情を描いた人間ドラマとしても素晴らしい作品です。

また、すでに2019年に続編が公開予定ということで、本作に張り巡らされた“謎”が観る者の想像を膨らませてくれます。

①ペニーワイズは何者なのか?

②大人には見えないのか?

③最後にルーザーズ・クラブのメンバーが帰宅した順序に意味はあるのか?

といったことを想像すると、鑑賞後もさらに楽しめるのではないでしょうか。

まとめ


(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ホラー映画と青春映画の要素を持つこの作品。

恐怖シーンの後に、子供達の微笑ましいやり取りがあるなど、バランスが絶妙です。

鑑賞前は「何故、今『IT/イット』なのか?」と思っていましたが、ペニーワイズの恐怖に団結力で挑むルーザーズ・クラブの姿は、人間関係の繋がりが希薄になってしまった、現代の我々に訴えかけるものがあるような気がします。

それは暴力で人を支配し、最後は孤立して狂気に取り憑かれたヘンリーの姿にも表現されているのではないでしょうか。

鑑賞後にいろいろと考えさせられるこの作品、新たな『IT/イット』を体験してみてはいかがでしょうか?


(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事

ホラー映画

映画『ヘレディタリー 継承』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

公開されるや否や、アメリカ国内では「ホラーの常識を覆した」「現代ホラーの頂点」「骨の髄まで凍り付き息もできない」などと、絶賛の嵐を巻き起こした“完璧な悪夢”が日本上陸。 制作は設立わずか5年で『ルーム …

ホラー映画

実在の幽霊屋敷映画『ウィンチェスターハウス』あらすじと感想レビュー。名女優ヘレンの演技とは

ホラー映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』は、2018年初夏TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。 カリフォルニア州サンノゼに実在するウィンチェスター・ミステリーハウスは、今も …

ホラー映画

映画『来る』あらすじネタバレと感想。ラスト結末の【ぼぎわん】の正体や意味の紹介も

2015年第22回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智の「ぼぎわんが、来る」を、『告白』で日本アカデミー賞を受賞、『嫌われ松子の一生』『渇き』など、話題作を放ち続ける中島哲也監督によって映像化。 中島 …

ホラー映画

映画『透明人間(2020)』あらすじネタバレと感想。リーワネル監督のリメイク版はサイコスリラーの妙味

リー・ワネル監督×エリザベス・モス主演の最新作映画『透明人間(2020)』 映画『透明人間』(2020)は、1897年に出版されたH・G・ウェルズ原作の『透明人間』に登場するキャラクターを基に「ソウ」 …

ホラー映画

映画『残穢(ざんえ)』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ラスト終えて尚も怖さを感じさせるJホラーの後味

中村義洋監督×作家小野不由美 身近でおこる怪奇現象を鮮烈に描くJホラー映画 映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』は、作家・小野不由美の第26回山本周五郎賞受賞の同名同名ホラー小説を、『予告犯 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP