Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

バットマン リターンズ|ネタバレ結末感想とあらすじの評価解説。キャットウーマン&ペンギンとの戦いで見える“悪役とヒーローの差の曖昧さ”

  • Writer :
  • 秋國まゆ

ボブ・ケイン作の大人気DCコミックスの実写映画版「バットマン」シリーズ第2弾!

ティム・バートンが製作・監督を務めた、1992年製作のアメリカのヒーローアクション映画『バットマン リターンズ』。

クリスマスを間近に控えたゴッサム・シティを舞台に、ゴッサム・シティを守るダークヒーロー「バットマン」が、怪人ペンギンと野心を燃やす実業家、復讐に燃える妖艶なキャットウーマンと激闘を繰り広げていく物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

前作『バットマン』(1989)同様、ティム・バートンがマイケル・キートン主演で、ボブ・ケイン作の大人気DCコミックス『バットマン』を実写映画化させた、映画『バットマン リターンズ』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『バットマン リターンズ』の作品情報


(C) DC Comics.

【公開】
1992年(アメリカ映画)

【原作】
ボブ・ケイン『バットマン』

【監督】
ティム・バートン

【キャスト】
マイケル・キートン、ダニー・デヴィート、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、マイケル・ガフ、パット・ヒングル、マイケル・マーフィ、ヴィンセント・スキャヴェリ、クリスティ・コナウェイ、ポール・ルーベンス、アンドリュー・ブリニアースキー、スティーヴ・ウィッティング

【作品概要】
前作『バットマン』(1989)同様、『シザーハンズ』(1990)のティム・バートンが製作・監督を務めた、アメリカのヒーローアクション作品。

原作はボブ・ケインの大人気DCコミックス『バットマン』であり、本作は同名キャラクターをベースに実写映画化した「バットマン」シリーズ第2弾です。

前作『バットマン』(1989)同様、『ビートルジュース』(1988)や『アメリカン・アサシン』(2017)などに出演するマイケル・キートンが主演を務めています。

映画『バットマン リターンズ』のあらすじとネタバレ


(C) DC Comics.

雪の降る日。大富豪タッカー・コブルポット卿とその妻コブルポット夫人の間に、かぎ爪の手に尖った鼻という畸形な赤ん坊が生まれました。

普通の赤ん坊と違う我が子をどうしても愛せなかった2人は葛藤の末、赤ん坊を乗せた乳母車ごと、橋の上から川へ捨てることにしました。

その赤ん坊は海へと流れ、やがて動物園から捨てられてしまったペンギンの群れが暮らす氷河へと流れ着きました。

それから33年後。大きく成長した赤ん坊は自分のことをペンギンと名乗り、自分を捨てた両親と、畸形ゆえに自身を虐げる街の人たちに復讐するべく、サーカスギャング団として暗躍していきます。

クリスマスを間近に控えたゴッサム・シティでは、クリスマスのイベント会場で、ゴッサム・シティの市長や実業家マックス・シュレックたちがスピーチを披露していました。

するとそこへ、突如プレゼント包装された大きな箱が運ばれてきました。すぐさま爆発した箱の中からは、次々と仮装した男たちが現れ、イベント会場で暴れまわります。

大混乱に陥った会場に駆けつけたゴッサム・シティ市警の警官は、この街を守るダークヒーロー「バットマン」を呼ぶためのサーチライト「バットシグナル」を夜空に照らしました。

このバットシグナルを見た大富豪ブルース・ウェインは、特殊な黒いスーツ「バットマンスーツ」に着替え、特殊車両「バットモービル」に乗って会場へ向かいます。

バットマンはバットモービルに搭載した武器で、次々と暴徒と化した仮装した男たちを倒していき、自分を呼んだ警官と合流。彼から、マックスが攫われてしまったことを聞きました。

マックスは仮装した男たちによって地下の下水道へ連行され、彼らを率いる怪人ペンギンと遭遇。ペンギンはマックスに、「地下暮らしをやめて、人間として生きて尊敬されたい」と言いました。

さらにペンギンは、マックスの会社が汚職している証拠を突きつけ、自分が人間として生きて尊敬されるために協力するよう脅迫しました。

一方その頃、うだつの上がらないマックスの秘書セリーナ・カイルは、激務を終えやっとこさ自宅のアパートに帰ったものの、やり残した仕事を思い出して会社に戻ります。

セリーナが仕事に必要な資料を探していると、マックスが推し進めている原発設置に関する資料を見つけ、彼が不正していることを知りました。

そこへ突如マックスが現れ、彼はセリーナが自分の不正を知ったことに気づくや否や、口封じのため、セリーナをオフィスビルの高層階の窓から突き落としたのです。

雪が積もった地面に叩きつけられたセリーナの元に、彼女が可愛がっていた猫をはじめ、多くの野良猫たちが集まってきます。

猫たちに咬まれたセリーナは、猫たちの魔力によって息を吹き返し、自作の黒いスーツを身に纏った妖艶なスーパーヴィラン「キャットウーマン」へと変貌を遂げました。

セリーナはキャットウーマンとして、自分を陥れたシュレックや、女性を軽視し虐げる男たちへの復讐を誓います。

以下、『バットマン リターンズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『バットマン リターンズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) DC Comics.

クリスマスを祝い、市長が街の安全を祈る演説を行っていました。するとそこへペンギンの手下が現れ、市長の子供を誘拐します。

市長の子供を受け取ったペンギンは、子供を抱えたまま地上へ現れ、自分が子供を救ったと話しました。

実はこれは、ペンギンが地下の下水道で暮らす生活から抜け出すために起こした、自作自演の誘拐事件でした。

それにまんまと騙されたマスコミはペンギンのことを取り上げ、ペンギンは視聴者に向けて、自分の両親を探していることを伝えました。

その甲斐あってか、ペンギンは自分を捨てた両親が既に死んでいることと、自分の名前がオズワルド・コブルポットだという情報を得ることが出来ました。

ペンギンと親しくするマックスを怪しんだブルースは、原発設置反対派に立ち、マックスと直接議論します。

しかし、2人の議論が交わることはなく平行線のまま。そこへ生まれ変わったセリーナが現れ、殺したはずの彼女が生きていることに驚くマックスとは違い、ブルースは彼女に見惚れていました。

セリーナの案内でブルースが会社から去った後、マックスはペンギンを市長にするべく煽てはじめました。

煽てられたペンギンはすっかりその気になり、現在の市長を引きずり落とそうとします。

それを知らないセリーナはキャットウーマンに扮して、マックスが経営するデパートに忍び込み、爆弾を仕掛けました。

同時刻。ペンギンは手下たちに街で暴れてもらい、再び暴動を起こさせた市長は役立たずだと印象づけて、市民からの信用を無くさせようとします。

しかし、そこへバットマンが登場。ペンギンとキャットウーマンは、バットマンは自分たちの計画を邪魔する敵だという共通点があることから、共謀して彼を陥れようと計画します。

ペンギンたちが流した「バットマンが女性を攫った」というデマの報道を聞きつけ、バットマンは街に登場。

しかし彼の目の前で、キャットウーマンが攫った女性は、ペンギンにビルから突き落とされ転落死。バットマンは人を誘拐した挙句、攫った女性を殺した悪人に仕立て上げられてしまうのです。

市民から敵意を向けられる中、バットマンはペンギンが市民を侮辱した音声記録を入手。これを、ペンギンの市長選挙の演説中に流します。

バットマンに向けられていた敵意はペンギンに変わり、市民から罵詈雑言を浴びせられ、空き缶やごみを投げつけられたペンギンは、逃げるように下水道へ帰っていきました。


(C) DC Comics.

ペンギンを街から退けた後、ブルースはマックスが主催するパーティーで、セリーナが彼に復讐しようとしていることを知り、それを阻止するべく会場へ向かいます。

ブルースはセリーナを必死に説得するも、彼女は聞く耳を持ってくれません。そんな中、会場内で突如爆発が起こり、ペンギンが襲来。

ペンギンはマックスの息子を攫おうとしましたが、マックスに「自分を息子の身代わりにしろ」と言われ、しぶしぶ彼を地下の下水道へ連れ去ります。

そしてペンギンは、マックスにある計画を打ち明けました。「これから街中の子供たちを攫い、マックスの会社が出した排水に沈める」

ペンギンの手下たちは再び街で暴動を起こし、ペンギンたちは体に括りつけられたロケットを次々と打ち上げていきます。

そこへバットマンが駆けつけ、ペンギンはまたしても自分の計画を阻止されてしまいました。

混乱に乗じて、マックスはペンギンの元から逃げ出そうとしますが、キャットウーマンに自分が作った地下発電施設へ拉致されてしまいます。

キャットウーマンはそこで、マックスを殺そうとしますが、そこへ駆けつけたバットマンが自身の正体を明かしたことに驚き、一瞬動きが止まってしまいました

その一瞬の隙を見逃さなかったマックスは、隠し持っていた銃でバットマンとキャットウーマンを撃ちましたが、これに耐えたキャットウーマンが特攻。

その瞬間、発電施設が爆発し、マックスは発電施設と運命を共にしました。そこへペンギンが襲来し、バットマンを殺そうとしましたが失敗。

大量出血のため死亡したペンギンの遺体は、彼と一緒に暮らしてきたペンギンたちが地下の下水道へ連れて行き、彼を弔いました。

笑う殺人鬼ジョーカーに続き、ペンギンという新たなヴィランを退けたパットマンによって、ゴッサム・シティは再び平和を取り戻しました。

ブルースはウェイン家の執事アルフレッド・ペニーワースが運転する車に乗っていました。

その道中、1匹の猫を見つけたブルースは、アルフレッドに車を止めてもらい、猫を抱きかかえます。

ブルースことバットマンとキャットウーマン、2人はそれぞれ別の場所で、夜空に照らされたバットシグナルを眺めていました。

スポンサーリンク

映画『バットマン リターンズ』の感想と評価


(C) DC Comics.

キャットウーマンに惹かれるバットマン

上司であるマックスに窓から突き落とされ、不思議な魔力を持つ野良猫たちに咬まれたことによって、妖艶なスーパーヴィラン「キャットウーマン」へと変貌を遂げたセリーナ。

変わる前の彼女も充分魅力的ですが、キャットウーマンとなってからは大胆不敵になり、女性ならではのしなやかさと身軽さを駆使して、憎き男たちを圧倒していきます。

そんなキャットウーマンと対峙したバットマンは、ヴィランとヒーローとしての敵対関係を無視して、1人の男として美しい彼女に魅了されていきます。

前作『バットマン』(1989)とは違い、モテ男ブルースことバットマンが、キャットウーマンに翻弄されていく様はギャップがあって、また一段とバットマンを好きになること間違いなしです。

悲しきヴィランの野望


(C) DC Comics.

サーカスギャング団として、ゴッサム・シティ中で暴れまわったり、子供を誘拐しようとしたりする怪人ペンギン。しかし彼には、悲しき過去があったことが物語の冒頭で語られています。

ペンギンは普通の赤ん坊とは違い、畸形で生まれてきてしまったが故に、実の母親と父親に生まれて間もなく、無慈悲に川へ捨てられてしまったのです。

そんな過去があったとなると、ヴィランであっても同情してしまいます。ペンギンたちがそばにいてくれたとはいえ、ペンギンもまた人間です。

地上で暮らす人間たちに触れあいたい、人間として認められたい、虐げられてきた分尊敬されたいとペンギンが思うのは、至極当然のことでしょう。

ただ悲しいかな、ペンギンが一番恨み節をぶつけたかった実の両親は既に亡くなっていました。両親の墓前に立った時やバットマンに敗れ死んでしまった時のペンギンの姿は、どこか哀愁が漂っています。

まとめ


(C) DC Comics.

平和が戻ったはずのゴッサム・シティを舞台に、バットマンが怪人ペンギンとキャットウーマンと激闘を繰り広げていく、アメリカのヒーローアクション作品でした。

本作の見どころは、前作『バットマン』(1989)とはまた違った新たなヴィラン、怪人ペンギンとキャットウーマンの登場と、バットマンが彼らにどう立ち向かっていくかというところです。

前作『バットマン』(1989)に登場したスーパーヴィラン、ジョーカーが毒ガスを武器としていたのに対して、ペンギンは自身が率いるサーカスギャング団による暴動と人攫い、キャットウーマンは爆弾としなやかな肉体を使った猫のような戦い方を武器にしていました。

ヴィランそれぞれの個性が活かされた戦い方に、バットマンは苦戦を強いられてしまいます。また作中で一番衝撃的なアクション場面は、何といっても普通のペンギンたちがロケットを体に括りつけて、街を襲撃するところです。

「バットマン」シリーズの悪役史に残る怪人ペンギンと、人気がある女性ヴィランのキャットウーマンとの戦いに挑むバットマンの姿を描いた、笑いあり涙ありのヒーローアクション映画が観たい人にとてもオススメな作品となっています。

関連記事

アクション映画

映画『仮面ライダーTHE FIRST』ネタバレあらすじ感想と解説。ラスト結末にある原点回帰の到達点はシン化を遂げるのか

日本を代表する特撮ヒーローシリーズ「仮面ライダー」。 今年生誕50周年を迎えた同シリーズは、テレビシリーズと並行する形で何度かリブートが試みられてきました。 2000年から始まった「平成仮面ライダー」 …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の成蟜(せいきょう)役は本郷奏多。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日より公開。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大 …

アクション映画

映画『ハート・ロッカー』ネタバレ感想とあらすじ結末の考察解説。最後に監督キャスリンビグローが描き出す爆発物処理班が知る生と死

アメリカ軍・爆発処理班の過酷な任務を映し出した戦争アクション! キャスリン・ビグローが製作・監督を務めた、2008年製作のアメリカの戦争アクション映画『ハート・ロッカー』。 870以上の爆発物を処理し …

アクション映画

バットマン フォーエヴァー|ネタバレ感想評価と結末あらすじ解説。リドラー&トゥーフェイスに炙り出す正体は“憎悪に満ちたコウモリ男”?

ボブ・ケイン作の大人気DCコミックスの実写映画版「バットマン」シリーズ第3弾! ジョエル・シュマッカーが監督を務めた、1995年製作のアメリカのヒーローアクション映画『バットマン フォーエヴァー』。 …

アクション映画

ワイルド・スピード|ネタバレあらすじ感想と結末ラストの評価解説。ヴィンディーゼルがカーアクションで魅せる!

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第1作。 ロブ・コーエンが監督を務めた、2001年製作のアメリカのメガヒットカー・アクション映画『ワイルド・スピード』。 スピードの限界に命を賭 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学