Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】アクシデントマン:ヒットマンズホリデー|あらすじ感想と結末の評価解説。スコット・アドキンスら豪華キャストで贈るアクションコメディ

  • Writer :
  • 秋國まゆ

世界屈指の暗殺者からおバカな男を守り抜くアクションエンターテインメント!

ジョージ・カービイとハリー・カービイが監督を務めた、2022年製作のアメリカ・イギリス合作のアクションエンターテインメント映画『アクシデントマン:ヒットマンズホリデー』。

前作『アクシデントマン』(2018)での一件の後、事故死に見せかけて標的を暗殺する凄腕の殺し屋マイクは、自分と同じ手口を使った事件が発生したことで、マイクはマフィアのボスに命を狙われてしまいます。

事件に関する疑いは晴れたものの、今度は友達のフレッドを人質に取られ、マイクはマフィアのボスの息子の命を守るように命令されてしまい………。

映画『アクシデントマン:ヒットマンズホリデー』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

映画『アクシデントマン:ヒットマンズホリデー』の作品情報


(C) 2022 Accident Man 2 Ltd. All Rights Reserved.

【公開】
2022年(アメリカ・イギリス合作映画)

【原作】
パット・ミルズ、トニー・スキナー

【監督】
ジョージ・カービイ、ハリー・カービイ

【キャスト】
スコット・アドキンス、レイ・スティーヴンソン、ペリー・ベンソン、フラミニヤ・チンクェ、ボウ・ファウラー、サラ・チャン、ジョージ・フォーエイカーズ、ザラ・フィシアン、ファイサル・ムハンマド、ピーター・リー・トーマス、アンドレアス・グエン

【作品概要】
『Cable: Chronicles of Hope』(2016)のジョージ・カービイとハリー・カービイが監督を務めた、アメリカ・イギリス合作のR15+指定のアクションエンターテインメント作品。

パット・ミルズとトニー・スキナーによるコミックをもとに作られた映画『アクシデントマン』(2018)の続編です。

前作『アクシデントマン』(2018)に引き続き、「デッドロック」シリーズや『エクスペンダブルズ2』(2012)のスコット・アドキンスが本作の主演と製作を務めています。

映画『アクシデントマン:ヒットマンズホリデー』のあらすじとネタバレ


(C) 2022 Accident Man 2 Ltd. All Rights Reserved.

前作『アクシデントマン』(2018)にて、事故死に見せかけて標的を暗殺する「アクシデントマン」こと凄腕の殺し屋マイク・ファロンは、妊娠中だった元恋人の環境保護活動家ベス・カーペンターが殺されたことを知って激怒。

自身が所属する、数年かけて自分に殺しの術を叩き込んでくれた元プロの殺し屋ビッグ・レイの組織「オアシス」を潰し、高額な報酬でベス殺害を依頼した事件の黒幕である依頼人を殺しました。

このイギリス・ロンドンでの一件の後、マイクは偽造パスポートを手に空港へ急ぎ、飛び乗った飛行機の便の行き先であるマルタに移住。

中国・香港育ちで偉大な武術家である黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の子孫スー・シンに稽古をつけてもらいながら、殺し屋稼業を続けていました。

しかしその一方で、ロンドンで同じ組織の仲間を殺してしまったことが頭から離れず、マイクは眠れぬ日々を過ごしていました。

そんなある日、マイクは同じ組織の仲間だった殺し屋のフィニッキー・フレッドと偶然再会しました。

最初はレイが自分を殺そうとフレッドを差し向けてきたのかと疑ったマイクでしたが、フレッドはただ、ネットで知り合った美女のレイロを追いかけてマルタにやって来ただけでした。

フレッドの提案で当面の間、マイクは彼と手を組んで殺しの仕事を請け負うことに。すると思いのほか気が合うことが分かり、2人で荒稼ぎしました。

そのお金で、マイクはフレッドご希望の「安心して発明・実験できる場所」を作ってあげました。失敗続きだったことにちなんで、実験場の名前は「修羅場(シャブル)」です。

そんなある日、いつものように仕事をした後、マイクたちは何者かに捕まってしまいました。

マイクの雇い主の関係者、代々続く残酷なマルタ島のマフィア「ズーザー・ファミリー」のボスであるズーザー夫人は、自身の手下を囮に使い、彼らを誘き出したのです。

ズーザー夫人は跡継ぎである息子のダンテが先週の木曜、マイクと同じ手口で暗殺されかけたと言い、マイクがやったのではないかと尋ねます。

ですが先週の木曜は、2人にはズーザー・ファミリーの店でフレッドの誕生日祝いをしていたというアリバイがあり、しかもダンテ暗殺の依頼を受けましたが断っていました。

マイクの疑いは無事晴れた一方、ズーザー夫人はフレッドを人質に取り、ダンテを狙う暗殺者が誰であれ必ず捜し出し始末しろと脅迫します。

解放されたマイクはその後、馴染みの店でレイと偶然再会しました。実はフレッドがこの店のナプキンを使って、レイに現状報告していたのです。

ロンドンでの一件以降、依頼人殺しの評判が立ってしまって仕事の依頼がこなくなり、自分は破滅してしまったというのに、その元凶であるマイクが殺し屋稼業を続けて荒稼ぎしていることをフレッドから知ってレイは激怒。かつての弟子を心底恨んでいました。

ですがレイがマルタにきたのは、マイクを殺しにきたのではなく仕事のためでした。レイはマイクに、ダンテ暗殺の仕事を引き受け、マイクと同じ手口を使って暗殺しようとしたと明かします。

しかもレイにこの仕事を依頼した依頼人は、彼以外にも一流の殺し屋たちを雇っており、来ただけで5万ユーロ、仕事を成功させた暁には900万ユーロ支払うというのです。

だから当然、マイクから標的がマフィアのボスの息子だと知ったところで、レイがこの仕事を断るはずがありません。

マイクは、フレッドを助けるために力を貸してほしいとレイに頼みました。レイはこの要求さえも断り、「この仕事を片付けたら、お前の件を清算する」と言いました。

その直後、レイの携帯に間抜けにもGPSが内蔵された腕時計を持っているダンテの位置情報が届きました。

急いで立ち去ったマイクの後ろ姿に向かって、レイはこう言いました。「急いだほうがいいぞ、本気のゲームが始まる」と。

以下、『アクシデントマン:ヒットマンズホリデー』ネタバレ・結末の記載がございます。『アクシデントマン:ヒットマンズホリデー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C) 2022 Accident Man 2 Ltd. All Rights Reserved.

レイたち一流の殺し屋に命を狙われているとは知らず、呑気にポップスターになる夢を叶えるために、今日もいつものように酒とコカインに溺れながら、動物のような声をカラオケバーのステージで披露するダンテ。

マイクはバイクに乗り、ダンテのもとへと急行。彼を守るズーザー夫人の手下たちに、彼を急いでここから移動させるよう指示します。

マイクから話を聞いたズーザー夫人の手下たちは、急いでダンテから腕時計を取り上げ破壊しようとするも、彼自身がこれを拒否し、あろうことか腕時計を丸呑みしたのです。

その直後、インターポール(国際刑事警察機構)にスカウトされ、諜報機関に闇の武術を仕込まれた「死の天使」ことフレヤ・デュ・プリーが襲来。ズーザー夫人の手下が全滅してしまいました。

マイクは知り合いであるフレヤに説得を試みるも失敗。ダンテを守りながら、彼女と死闘を繰り広げます。

死闘の末、マイクは背後からフレヤの急所を刺して殺しました。彼女の返り血を真正面から大量に浴びてパニックに陥ったダンテの腕を掴んで、マイクはカラオケバーから脱出。

そして近くの薬局で下剤を手に入れ、マイクは文句ばかり垂れるダンテの口に無理矢理入れて、GPS内臓の腕時計(以下、GPSと表記)を出させようとします。

そんなマイクたちのもとに、新たな殺し屋が襲来。ガーナで生まれたものの親に捨てられ、ヴァンパイアを自称する虐殺者のイェンディです。

マイクはダンテを建物の屋上にある小屋に避難させたうえで、その近くにあった錆びた鉄の棒を手に、斧と短剣という二刀流のイェンディを相手に死闘を繰り広げます。

死闘の末、マイクはイェンディから奪った短剣で、彼の腹と右腕と首を切り裂きました。

死の間際、イェンディは「ABプラス。俺の血は人工の1%以下の最も珍しく、高貴で特別な血だ」と自分の血の感想を述べました。

イェンディの頭に短剣を突き刺し止めを刺した後、マイクはダンテを連れてシャブルに避難しました。

シャブルは崖を削って造った場所であるため、壁は分厚く、ダンテの体内にあるGPSの信号を消すことができます。

そのためGPSを取り出す時間を稼ぐことができますが、そう長く待っていられません。

そこへスー・リンが、マイクから頼まれたバイクを届けにやってきます。彼女はマイクたちがプロの殺し屋であることに薄々気づいており、それを知った上で自分も殺し屋になれるかなと彼に尋ねました。

これに対し、マイクは「確かに君はキレやすいからきっと人を殺せるだろうが、この道に進めば二度と戻れない。だからやめとけ」と、友人として彼女を心配し諭しました。

マイクがスー・リンを巻き込むまいと、自分を助けるために力になるとまで言ってくれた彼女を帰そうとした瞬間、新たな殺し屋が襲来。

獰猛で大蛇のように標的を絞める「サンフランシスコの絞殺者」こと元モデルのサイラス、彼は自分を小太りといったカメラマンを絞め殺し、殺し屋への道に進みました。

さらに「殺人ピエロ」ことハンマー使いの殺し屋ポコが襲来。しかも彼は先天性無痛覚症のため、痛み・熱さ・冷たさを全く感じません。

ダンテが腹痛に苦しむなか、マイクはポコと、スー・リンはサイラスとそれぞれ死闘を繰り広げていきます。

死闘の末、あらゆる手段を使ってポコに打撃を与え続けたマイクは、最後にフレッドが開発したベンチプレスを使って殺しました。

スー・リンはチェーンを使って、サイラスを窒息死させました。そしてダンテも自分の排泄物と戦い、GPSを取り出すことに成功したのです。

歓喜の声をあげるダンテのもとに、最強の殺し屋オユミが襲来。マイクは勝敗がつくまでダンテを殺さないことを条件に、オユミからのタイマン勝負の申し出を受けました。

これまで戦った殺し屋以上の強敵を相手に苦戦を強いられたものの、徐々にオユミの攻撃パターンが分かってきたマイクは反撃していきます。

マイクから強烈な一撃を食らったオユミが、自分の刀を手に彼に襲い掛かった瞬間、シャブルに現れたレイが銃を発砲。オユミを射殺し、隠れているダンテをも殺そうとします。

マイクは慌ててレイとダンテの間に入りました。レイは恩知らずの弟子に己の人生を懸けた店「オアシス」を潰されたことを、マイクは「他人を切り捨てて自分だけを守れ」という師匠の教えのせいで、友達を持てず心を閉ざして生きてきたことへの怒りを互いにぶつけ合います。

さらにマイクは、「たとえ道徳心に欠ける殺し屋でも友達は必要だ。大切にしあう存在や家族が必要なんだ」「でなきゃあんたみたいな惨めなおいぼれになる」とレイに言いました。

「腹を立てるな、女に入れ込むな、決して捕まるな」という黄金のルールに則り、孤独な殺し屋として生きてきたレイにとってそれは耳が痛い言葉だったようで、ダンテを殺すことはできませんでした。

レイはマイクたちの目の前で、GPSを踏みつけて破壊します。そしてマイクとレイは、身体を拭いてフレッドのスーツに着替えさせたダンテを、ズーザー夫人のもとに送り届けに行きました。

ズーザー夫人は息子を無事に帰してくれたマイクに感謝しつつ、「次にその顔を見たら殺す。私を敬う気持ちがあるならこの島から出て、よそで殺し屋稼業を続けてちょうだい」と言い、フレッドを解放しました。

マイクたち3人の再会を喜んだところで、レイは「お前の仕立ての腕を確かめよう」と言い、持っていたスイッチを押しました。

その瞬間、3人に悪態をついていたダンテのスーツが爆発。実はそのスーツはフレッドが開発したもので、起爆ケーブルを糸状にして縫製に使ってあり、裏地にはC4爆弾が仕込まれていたのです。

さらに、レイが持っていたスイッチのボタンには雷管と受信器が仕込んであり、スイッチを押せばスーツを着ていた者は爆死する仕組みになっていました。

マイクたちはフレッドの実験成功に大喜び。吹っ飛んできたダンテの生首と一緒に、笑顔で写真を撮りました。

その後、店でマイクたちと祝杯をあげていたフレッドのもとに、彼が探し求めていたレイロがやってきました。

マイクたちは最初、フレッドがレイロにお金を貢いでいたことから結婚詐欺を疑っていましたが、レイロもフレッドのことを愛していたのです。

目の前で繰り広げられる奇跡のラブロマンスを見て、レイはマイクと顔を見合わせ、「たまげたな」と笑顔で手を叩きました。

その後、フレッドは半月ほどで殺し屋だとバレてレイロに逃げられるも、なんとか立ち直りました。

レイはロンドンでの一件を水に流し、900万ユーロを元手にマイクと再出発しました。

映画『アクシデントマン:ヒットマンズホリデー』の感想と評価


(C) 2022 Accident Man 2 Ltd. All Rights Reserved.

前作『アクシデントマン』(2018)にて、自分の妊娠していた元恋人の復讐劇を繰り広げた「アクシデントマン」こと凄腕の殺し屋マイク。

同じ組織の仲間を相手に死闘を繰り広げていった彼の戦いは、どれもアクション映画好きにはたまらないほど見応えと迫力があるものばかりでした。

そして本作にて、スー・リンから武術を教わったマイクの戦闘能力はさらにパワーアップ。

ダンテの命を狙う一流の殺し屋たちを相手に苦戦を強いられるものの、スー・リンとレイが倒したサイラスとオユミ以外は全員、1人で倒したのです。

前作『アクシデントマン』(2018)にはなかった剣で斬り合うシーンに加え、瞬き厳禁の格闘シーンの数々は格好良すぎて胸が熱くなります。

迫力があって見応えも抜群な格好良いアクション場面だけでなく、マイクとダンテの凸凹コンビを中心とした登場人物たちの掛け合いが面白いという、ギャグ要素もあって誰もが楽しめるように描かれているのが見どころの1つです。

そして何より、マイクがフレッドと再会したことで今まで持たずにいた友を得て、殺し屋でも友達や家族など大切な誰かが必要なことに気づき、それを孤独な殺し屋であり師でもあるレイに教える場面は感動します。

まとめ


(C) 2022 Accident Man 2 Ltd. All Rights Reserved.

事故死に見せかけて標的を暗殺する「アクシデントマン」こと凄腕の殺し屋マイクが、マフィアのボスのダメ息子の用心棒となり、世界トップ5に入る一流の殺し屋たちと死闘を繰り広げていく、アメリカ・イギリス合作のアクションエンターテインメント作品でした。

本作の見どころはズバリ、マイクvs一流の殺し屋たちの戦いと、マイクとレイの師弟関係、登場人物たちの面白おかしい掛け合いです。

レイは己の人生を懸けた店とビジネスを潰した愛弟子のマイクのことを心底恨んでいました。

マイクはそのことについて罪悪感がある一方で、レイの教えのせいでこれまで友達を持たずに生きてきたことに不満があったのです。

作中ではいつ殺し合いに発展してもおかしくないほど険悪なムードが漂う2人。ですが長きにわたって師弟関係にあった彼らは、マイクの言うとおり互いを殺すことができず、親子喧嘩のような口論で終わりました。

その一方、本当の親子であるズーザー夫人とダンテは厳しい教育ママとダメ息子という感じで、言い合いになってもズーザー夫人の鶴の一声で、駄々をこねるダンテが黙るというオチでした。

物語のラストでダンテは爆死しましたが、彼のそばにいたズーザー夫人とその手下たちの生死は不明。ただ、マイクたちと視聴者の想像以上の大爆発であったため、彼女たちも無事では済まないはずです。

「アクシデントマン」こと凄腕の殺し屋マイクをスコット・アドキンスが熱演する、主人公もアクション場面もパワーアップした本格アクションエンターテインメント映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

アクション映画

『アウトレイジ3最終章』ネタバレ感想と評価!北野武監督次回作は

大人気「アウトレイジ」シリーズの最新作にして最終作がついに公開! 様々な分野で活躍する才人・北野武監督の『アウトレイジ 最終章』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まず …

アクション映画

韓国映画『出国 造られた工作員』あらすじネタバレと感想。実話を基にイ・ボムスが北朝鮮スパイとなった男を演じる

全てを奪われスパイにされた男。衝撃の実話を基に描いたスパイ・サスペンス映画大作! 『神の一手』や『オペレーション・クロマイト』などの話題作で知られる、イ・ボムスが主演を務め、北朝鮮スパイとなった男の実 …

アクション映画

【ネタバレ】シャン・チー|感想評価とあらすじ結末の考察解説。マーベル映画が描く中国武術アクションヒーロー

ハイスピードなアクションが炸裂する新たなマーベルヒーローの誕生作! マーベルコミックスの映像化シリーズ「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」は『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)と …

アクション映画

【ネタバレ秘話】『ジョンウィック3:パラベラム』キアヌ・真田・犬など8つのトリビアを深掘り解説!

キアヌ・リーブス主演のヒットシリーズ! 「ジョン・ウィック」チャプター3『ジョン・ウィック:パラベラム』。 最強の殺し屋である主人公ジョン・ウィックをキアヌ・リーブスが演じる他、本作ではアカデミー賞主 …

アクション映画

映画『ANNA/アナ』感想レビューと評価。サッシャルスが美しき暗殺者ヒロインを演じる

リュック・ベッソン監督、サッシャ・ルス主演 闘うヒロインで放つノンストップアクションエンターテインメント 映画『ANNA/アナ』は、『ニキータ』(1991)『レオン』(1995)『LUCY ルーシー』 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学