Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

映画『ドクターストレンジ』ネタバレあらすじと感想。マーベル史上最強の魔術師登場!

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

超感覚ファンタジック・アクション!覚醒!!

空前のスケールでその世界観を広げ続けるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)から、新たな風を吹かせるニューヒーローが誕生。

元・外科医という異色の経歴を持ち、魔術を操り戦う男ドクター・ストレンジを英国の人気俳優ベネディクト・カンバーバッチが演じます。

異色のヒーローの誕生を描いた映画『ドクター・ストレンジ』のあらすじと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ドクター・ストレンジ』作品情報


(C)2016 Marvel. All Rights Reserved.

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
Doctor Strange

【監督】
スコット・デリクソン

【キャスト】
ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、ベネディクト・ウォン、マイケル・スタールバーグ、ベンジャミン・プラット、スコット・アドキンス、マッツ・ミケルセン、ティルダ・スウィントン、クリス・ヘムズワース

【作品概要】
交通事故により両手の自由が利かなくなった天才外科医が魔術に目覚め、世界に危機に対峙する様子を、英国ドラマ『SHERLOCK シャーロック』などで知られる人気俳優ベネディクト・カンバーバッチが主演で映画化。

アカデミー賞女優のティルダ・スウィントンや“北欧の至宝”と呼ばれるマッツ・ミケルセンが出演、『世界が静止する日』などのスコット・デリクソンが監督を務めています

映画『ドクター・ストレンジ』のあらすじとネタバレ


(C)2016 Marvel. All Rights Reserved.

ある夜、魔術師 カエシリウスは魔術書「カリオストロの書」の1ページを手下と共に奪い、立ち去ろうとします。

そこに、女魔術師が現れ、それを見たカエシリウスは、魔術で扉を開き、ロンドンへ逃走します。

女魔術師はそれを追いかけますがカエシリウスを逃がしてしまいます。

ニューヨークのとある病院では外科医のスティーブン・ストレンジの元に同僚のクリスティーン・パーマーが現れます。

クリスティーンは彼女が担当するERに運ばれた患者の頭部に残った銃弾を取り除く手術をスティーブンに頼みます。

スティーブンは一刻を争う状況の中、困難を極める手術を難なくこなします。

その夜、スティーブンは車の運転を誤り、崖から転落してしまいます。

病院に運ばれたスティーブンが気がつくと両手に装具がはめられていました。

看病していたクリスティーンは事故後、スティーブンの発見が遅れ、断裂した筋組織を再生治療が出来ず、金具で固定したと説明します。

そのため、スティーブンは両手が自由に動かすことが出来なくなってしまいました。

絶望するスティーブンはなんとしても両手の自由を取り戻すため、手術を繰り返しますが、一向に回復の兆しが見えません。

そんなスティーブンはリハビリの最中、療法士が工場の事故で背骨が折れ、下半身不随になった男性が1年後に歩いている姿を見たといいますが信じません。

ある日、スティーブンを気遣い訪ねてきたクリスティンに心無い言葉を投げかけてしまい、クリスティンはスティーブンの元から去ってしまいます。

いたたまれない気分になるスティーブンですが、郵送されたカルテを見つけます。

それは、療法士が言っていた男のカルテでした。

スティーブンはその男、ハングボーンの元を訪ね、どうやって下半身不随を治療したのか聞きます。

ハングボーンは「カマータージ」を目指すよういい、「高くつく」と意味深な言葉を残します。

チベットのカトマンズを訪れたスティーブンは懸命にカマータージを探します。

街中を歩き回るスティーブンは強盗に目をつけられ、袋叩きにあってしまいます。

しかし、スティーブンを黒衣の男が助けます。

男はオルドと名乗り、スティーブンをカマータージへ招くと、ソーサラースプリーム=至高の魔術師と呼ばれるエンシェントワンに引き合わせます。

そのエンシェントワンこそ、カエシリウスを追っていた女魔術師でした。

スティーブンはどうやってハングボーンを治療したのかを聞きますが、エンシェントワンは治療ではなく魔術によるものと説明します。

あまりに非科学的な話に痺れを切らし、エンシェントワンに掴みかかろうとするスティーブンの胸をエンシェントワンが掌で突くとスティーブンの意識は宙を漂い、彼は倒れこむ自身の姿を目にします。

アストラル体=魂を一時的に切り離されたスティーブンは魔術を信じ、エンシェントワンに教えを請います。

しかし、エンシェントワンはスティーブンを追い出してしまいます。

スティーブンは教えを請おうと、カマータージに通じる扉を数時間も叩き続けます。

エンシェントワンはスティーブンの傲慢さがかつての弟子、カエシリウスのようであり、同じような末路を辿る恐れを抱いていましたがオルドの説得によりスティーブンを弟子にします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ドクター・ストレンジ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ドクター・ストレンジ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2016 Marvel. All Rights Reserved.

日々、修練に励むスティーブンはある日、書庫を訪れます。

そこで手にした「カリオストロの書」が危険な魔術書であることを書庫番のウォンに教えられ、カエシリウスがカリオストロの書の一部を持ち出したことを知ります。

その頃、カエシリウスは持ち出したカリオストロの書の一部で暗黒次元=ダークディメンションにつながる儀式を成功させます。

ある日、スティーブンは訓練の際、オルドにエンシェントワンがどのような人物か尋ねます。

スティーブンはエンシェントワンが何かを隠し、恐れていると感じていました。

オルドも彼女が優れた魔術師で長命であること意外知りませんでしたが、信頼できる人物だといいますがスティーブンは釈然としない思いを抱えていました。

夜、スティーブンは書庫で「カリオストロの書」を手に取り、読みます。

その中で、暗黒次元の主、ドルマムゥの存在とソーサラースプリームが代々守ってきたアガモットの眼、その作動方法を知り、そこにあったアガモットの眼をとり、時間を操ることに成功します。

それに気づいたオルドとウォンが駆けつけ、スティーブンを止め、時間を操ることの危険性を説明します。

時間を操ることで様々な可能性が発生し、現実世界に干渉しようとする存在、ドルマムゥに付け入る隙を与えると説明するオルドとウォン。

エンシェントワン率いる魔術師たちはサンクタム=聖域を守り、ロンドン、ニューヨーク、香港にあるサンクタムが作る結界が、ドルマムゥの侵攻から地球を守っていました。

その時、ロンドンのサンクタムに通じる扉が開きます。

カエシリウスの襲撃を受け、助けを求める魔術師が飛び込んできますが、カエシリウスはロンドンのサンクタムを破壊、その爆風で飛ばされたスティーブンはある扉を通り、気がつくと、ニューヨークのサンクタムにいました。

スティーブンはロンドンに続いてニューヨークのサンクタムを破壊しようとするカエシリウスとその手下と対峙します。

手下二人を世界各地に通じる魔法のドアに閉じ込め、浮遊マントの力を借り、カエシリウスを拘束することに成功します。

目的を尋ねるスティーブンにカエシリウスは暗黒次元と通じることで永遠の命を手に入れようとしていると言い、エンシェントワンもまたそうしていると明かします。

驚きを隠せないスティーブンは不意をつかれ、戻ってきた手下の一人に致命傷を負わされてしまいます。

止めを刺そうとする手下を浮遊マントが引き止めている隙に魔法で扉を開き、かつて勤めていた病院に逃げ込みます。

クリスティーンに助けを求め、手術をうけるスティーブンは途中、アストラル体となって追って来た手下と対峙しこれを撃破します。

ニューヨークのサンクタムに戻ったスティーブンはカエシリウスが口にしたことをエンシェントワンに問いただします。

否定も肯定もしないエンシェントワンが立ち去ると、カエシリウスたちが再び現れ、スティーブンはオルドと共に立ち向かいます。

スティーブンは現実世界に影響を与えないミラーディメンションにカエシリウスたちを閉じ込めますが、逃げ場が無いミラーディメンションの中でスティーブンたちは逆に追い込まれてしまいます。

そこにエンシェントワンが助けに現れますが、その額にはドルマムゥを示す紋章が浮かんでいました。

真実に驚くスティーブンたちを尻目に、カエシリウスはエンシェントワンを倒そうと、手下を囮にエンシェントワンに致命傷を負わせます。

エンシェントワンを連れ、逃げ出したスティーブンは、再びクリスティーンの下を訪ね、エンシェントワンを助けようとします。

手術に立ち会うスティーブンはアストラル体となり、立ち去るエンシェントワンを見つけ、自身もアストラル体になり、追いかけます。

自分の体に戻るよう説得するスティーブンに運命に従うだけだと言うエンシェントワンはオルドと共にカエシリウスを止め、ドルマムゥから地球を守るように言い、消えてしまいます。

カマータージに戻ったスティーブンはエンシェントワンの真実を知りショックを受けるオルドを奮い立たせ、次にカエシリウスが狙うであろう香港のサンクタムへ向かいます。

しかし、すでにサンクタムはカエシリウスに破壊され、暗黒次元の侵食が始まっていました。

スティーブンはアガモットの眼を解放、時間を巻き戻し、侵食を止めようとします。

途中、すでにカエシリウスに倒されていたウォンを復活させ、三人でカエシリウスに立ち向かいすますが、後一歩のところで妨害されてしまいます。

正面からの戦いでは勝機を見出せないスティーブンは自ら、暗黒次元に向かい、ドルマムゥと対面します。

ドルマムゥと話そうとするスティーブンですが、たちまち殺されてしまいます。

しかし、時間が巻き戻り、スティーブンは復活、彼はアガモットの眼の力で何度でも時間を繰り返す魔法を自分とドルマムゥにかけていたのです。

何千とスティーブンとの戦いを繰り返し、ついには根負けしたドルマムゥはスティーブンの話を聞く気になります。

カエシリウスの追放と地球への不可侵を約束させたスティーブンは香港に戻り、暗黒次元に吸い込まれるカエシリウスを見届けた後、時間を巻き戻し、香港を元通りにします。

勝利を収めたスティーブンたちですが、オルドは躊躇なく時間を巻き戻したスティーブン、大義のためとはいえ、暗黒次元から力を得ていたエンシェントワンの魔術師の本質に嫌気が差し、去っていきます。

アガモットの眼を元の台座に戻すスティーブンにウォンは「それが賢明だ。首からインフィニティ・ストーンをぶら下げているのだから」と言います。

ハングボーンの元を黒衣の男が訪ねます。

男はお前が奪ったものを返せと口にし、「魔術師たちに報復する」と語ります。フードの中には不敵に笑うオルドの顔が覗いていました。

スポンサーリンク

映画『ドクター・ストレンジ』の感想と評価


(C)2016 Marvel. All Rights Reserved.

魔術を題材にした本作『ドクター・ストレンジ』は、映像技術により摩訶不思議な世界が描かれています。

ニューヨークの街を逃げ回るシーンでは、道路やビルが直角に折れたり上下左右がでたらめに変化するビジュアルの効果は、映像技術の高さに感心すると共に観客の混乱させながら、不思議な世界へといざなう見事な演出でした。

また、スティーブンをはじめ、多くのキャラクターが魔術を使用しますが、その際に見せる手の動きは非常に洗練されてる点にも注目です。

それらは魔術が発動する視覚効果と相まって、時に幻想的で、時に禍々しく表現されており、『ドクター・ストレンジ』の世界観を真実味を形作る重要な要素になっていました。

初めは自らの腕を治す為に魔術を学び、頑なに戦うことを拒否していたスティーブンですが、世界が直面する危機を目の当たりにすることで、より多くの命を守るため戦う決意を固めます。

その宿敵カエシリウスとの戦いに臨む姿に胸が熱くなりました

一方でその過程にあるクリスティーンへの想いに気付きながらも、独り戦いに身を投じていく姿は、初めは自分のことしか考えていない傲慢なスティーブンでしたが、やがて他者を思いやる気持ちに芽生えた様子もしっかり描かれています。

スティーブンの心境の変化や成長を見ることが出来き、単なるファンタジックな物語には終わっていません

例えば、自らを頑なに「ドクター」と呼ぶスティーブンですが、初めの頃は医者としての栄光に縋って描かれていますが、だんだんと「人の命を救う者」、その決意として「ドクター」と言う呼称を使っており、心境の変化がとても感じられます。

まとめ


(C)2016 Marvel. All Rights Reserved.

本作で、マーベル史上最強の魔術師『ドクター・ストレンジ』が誕生したわけですが、『ドクター・ストレンジ』の登場により、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)は、ますますその世界を広げていきます。

作中、スティーブンが操っていた「アガモットの眼」はインフィニティ・ストーンであることが明かされ、今後、ドクター・ストレンジは「アベンジャーズ」に深く関わることが予測させています。

また、物語の最後に袂を分けたオルドが登場し、ドクター・ストレンジの新たな敵として立ちはだかることも楽しみな展開です。

マーベル・スタジオの代表であるケヴィン・ファイギは、今後の展望を語った際、オルドを「マイティ・ソー」シリーズや「アベンジャーズ」にも登場するロキのようなヴィランにしていきたいと語っています。

様々なヒーローの活躍が折り重なり、物語が加速していくMCU、その中でドクター・ストレンジは?オルドはどんな形で登場し?、どのような物語を織り成すのでしょうか。

関連記事

ファンタジー映画

映画『くるみ割り人形(2018)』ネタバレ感想レビュー。【秘密の王国】はディズニーの真骨頂!

誰もが知っているバレエの演目『くるみ割り人形』。 あのディズニーがついにクラシック中のクラシックのファンタジーを完全実写化しました。 実力派のキャストスタッフが集まり、全力で作り上げた、クリスマスシー …

ファンタジー映画

映画『ダンボ』あらすじネタバレと感想。実写2019版でティムバートンが贈るメッセージとは

大きすぎる耳を持ったダンボ。 その耳には奇跡を起こす力がありました。 世界中で愛されるディズニーの名作アニメ―ション『ダンボ』を実写化。 この名作を『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワン …

ファンタジー映画

映画『フォルトゥナの瞳』あらすじとキャスト。神木隆之介と有村架純がダブル主演

若手俳優として、人気の安定と共に新境地に挑みつつある神木隆之介と有村架純。 2人は2019年公開予定となった映画『フォルトゥナの瞳』の共演が決まりました。 また本作の演出に三木孝浩監督と、これまた新た …

ファンタジー映画

映画『ベオウルフ/呪われた勇者』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

バック・トゥ・ザ・フューチャーやザ・ウォークなど数々の名作を作り出したロバート・ゼメキス監督の意欲作『ベオウルフ/呪われし勇者』。 ベオウルフは近年fgoなどにも出ており、一般的に周知されるようになっ …

ファンタジー映画

映画『神様メール』動画無料視聴はHulu。ネタバレあらすじと考察

もしも、神様が限りなく今の人間に近い生活を送っていたら…? そんな設定の下、新約聖書をテーマに、キュートな女の子が人間界に余命宣告のメールを一斉送信するという、鬼畜生な展開でありながら、どこかシュール …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP