Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2022/05/05
Update

【ネタバレ考察】ドクターストレンジ2|あらすじ感想と結末解説レビュー。ワンダの最後を経てエンドクレジットで描かれる“希望”

  • Writer :
  • 糸魚川悟

サム・ライミによって描かれる
異色すぎ・新感覚すぎなマーベル・ヒーロー映画!

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2022)によって「マルチバース(多元宇宙)」の世界が開かれ、登場不可能とされていたキャラクターたちが次々と登場可能となったマーベル映画の世界。

作品を重ねるごとに世界観が広がっていくMCUの作品群に2022年、シリーズ最大のスケールで描かれる狂気の物語が誕生しました。

今回は、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』から地続きの作品となる映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(2022)をネタバレあらすじを交えてご紹介させていただきます。

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の作品情報


(C)Marvel Studios 2022

【原題】
Doctor Strange in the Multiverse of Madness

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【監督】
サム・ライミ

【脚本】
ジェイド・バートレット、マイケル・ウォルドロン

【キャスト】
ベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン、キウェテル・イジョフォー、ベネディクト・ウォン、ソーチー・ゴメス、マイケル・スタールバーグ、レイチェル・マクアダムス

【作品概要】
アメリカンコミック『マーベル・コミックス』を映像化する企画「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」の28作目となる作品。

2000年代に「スパイダーマン」シリーズを3作制作し世界的大ヒットを記録したサム・ライミが監督としてシリーズに初参加したことで話題となりました。

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のあらすじとネタバレ


(C)Marvel Studios 2022

「マルチバース(多元宇宙)」の接合点を怪物から逃れ走るストレンジと少女は、到達部にある何者をも破壊できる「善の書」へと近づいていました。

しかし怪物の力はストレンジの予想よりも強く、追い詰められたストレンジはマルチバースを守るために少女を殺害し力を奪おうとしますが失敗、怪物に殺害されます。

少女が怪物に襲われそうになった瞬間、星型のポータルが開き少女とストレンジを吸い込みました。

悪夢から目を覚ましたストレンジは、魔術師としての覚醒とサノスによる消失の5年間で新たな恋人を見つけ、結婚することとなったクリスティーンの結婚式に参列。

その式の最中、夢で見た少女がタコ型の怪物(ガルガントス)に襲われている現場を目撃したストレンジは、駆け付けた魔術師仲間のウォンとともにガルガントスを撃退します。

アメリカ・チャペスと名乗る少女から事情を聞くストレンジとウォン。アメリカは恐怖を感じた時のみマルチバースを行き来するポータルが作り出せる能力を持っており、その能力を狙った何者かに彼女は行く先々で襲われていることを知ります。

アメリカはその言葉の証明として、一緒に次元を渡った別の宇宙のストレンジ(ディフェンダー・ストレンジ)の死体を見せます。その後、ストレンジは別宇宙の自分自身を埋葬します。

悪の手にアメリカの能力が渡れば、マルチバースが危機に陥ることを悟ったストレンジは彼女を守ることを決めますが、ディフェンダー・ストレンジが自身の命を奪おうとしたことから、アメリカはストレンジを信じ切れていませんでした。

アメリカをウォンに預け、魔術師の聖域「カマー・タージ」へと移送したストレンジは、ウエストビューで住民を洗脳した咎を背負い1人農園で過ごすワンダのもとを訪ねて援護を依頼します。

しかしストレンジはワンダの言葉の違和感から、彼女こそがアメリカの能力を狙い各次元に怪物を送り込んでいた犯人であることに気づきました。

ワンダは過去の戦いで家族全員を失い、別宇宙の自分が子供と共に幸せに生きていることに強い憧れを抱いており、アメリカの力を手中に収めてマルチバースを自分のものにしようとしていたのです。

脅迫にも応じず、アメリカを渡すことを拒否するストレンジ。対してワンダは大量の魔術師が控えるカマー・タージを襲撃。魔術師たちはワンダに応戦しますが、理性を失った彼女は次々と魔術師を殺害。アメリカを保護する本堂へと到達します。

ストレンジとウォンの魔術もワンダには歯が立たず、追い詰められたストレンジはアメリカが出現させたポータルへと彼女とともに飛び込みました。

ポータルで別宇宙のニューヨークへと渡った2人はこの宇宙のストレンジを訪ねようとしますが、この宇宙のストレンジはサノスとの戦いで死亡しており、「サンクタム」を守っていたのはストレンジと敵対関係にある魔術師モルドでした。

この宇宙のモルドはストレンジとアメリカを歓迎しますが、話を聞く最中に2人を昏睡させ拘束します。

その頃ワンダは「禁断の書(ダークホールド)」の中でも危険とされる、別の宇宙の自分自身の精神を乗っ取る「ドリームウォーク」を用いて、ストレンジが逃げた宇宙のワンダを支配下に置こうとしていました。

しかし魔術師によって「禁断の書」を破壊されてしまったワンダは、生き残っていたウォンに対し「生存した魔術師の命」と引き換えに「禁断の書」の原点であるワンダゴア山への案内を命じます。

ワンダゴア山の邪神を埋葬した墓で「禁断の書」の魔術を手にしたワンダは、ウォンを山から投げ落としたのち再び別宇宙への介入を始めました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のネタバレ・結末の記載がございます。『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)Marvel Studios 2022

目を覚ましたストレンジとアメリカは、現在いる宇宙でのクリスティーンが研究員を務めるマルチバースの研究施設に囚われていました。

魔術を手錠によって封印されたストレンジは会議場へと連行され、この宇宙で地球を守護する組織「イルミナティ」の面々と相対します。

リーダーのチャールズ・エグゼビアは、この宇宙のストレンジはサノスを打倒するために別宇宙に介入したことで「インカージョン」を引き起こし、1つの宇宙を崩壊に導いてしまったその咎を負って死を選んだと言います。

ワンダよりもストレンジを危険視する「イルミナティ」のメンバーの説得に失敗するストレンジでしたが、施設に「ドリームウォーク」を使ったワンダが現れます。

チャールズによってこの宇宙のストレンジが見つけた「善の書」の在処を聞いたストレンジは監視役のモルドを倒し、ストレンジを信用するクリスティーンとアメリカを連れて多元宇宙の接合点へ向かいます。

チャールズを含めた「イルミナティ」のメンバーを殺害したワンダは、接合点でストレンジを襲撃し「善の書」を破壊するとアメリカを操り、ストレンジとクリスティーンを他の宇宙へと送ります。

新たな宇宙のニューヨークはすでに「インカージョン」によって崩壊が始まっており、ストレンジとクリスティーンがサンクタムへ向かうと、そこには三つ目のストレンジ(シニスター・ストレンジ)が待ち構えていました。

ストレンジが「禁断の書」を使い自分の宇宙に干渉しようとしていることを知ると、「禁断の書」は代償を求めると忠告するシニスター・ストレンジ。

シニスター・ストレンジは「禁断の書」を用いて強大な魔術を手にしてもクリスティーンと結ばれなかったことを悔やんでおり、他の宇宙でストレンジを次々と殺害したことを告白。

クリスティーンを渡せば「禁断の書」を渡すと言うシニスター・ストレンジの提案を拒否したストレンジは、激戦の果てにシニスター・ストレンジを殺害し「禁断の書」を手にします。

また「ドリームウォーク」を使って自身の宇宙で埋葬したディフェンダー・ストレンジの身体に精神を入れたストレンジは、アメリカを殺害し能力を手に入れようとするワンダと対峙。

山の断崖にぶら下がっていたウォンも加勢し、ワンダを一時的に抑え込むストレンジ。しかしワンダの力は強大で、封印にはアメリカの能力をストレンジに移す必要があり、そのためには彼女の命を奪う必要がありました。

アメリカは自身の死を受け入れますが、ストレンジは彼女の命を奪わず、彼女が初めて能力を目覚めさせた時に両親を別宇宙に送り込んでしまった過去に寄り添い、自身の力を制御できるように後押ししました。

封印から解き放たれたワンダはウォンとストレンジを倒しますが、アメリカは自身の能力を載せたパンチでワンダを他の宇宙へと送り込みます。

他の宇宙での自身の子どもであるビリーとトミーを見つけたワンダは、その宇宙のワンダを魔術で吹き飛ばしビリーとトミーに近寄りますが、2人はワンダに恐怖を抱き怯えてしまいます。

子どもを傷つけたことに絶望するワンダ。しかしその宇宙のワンダが寄り添い「私が愛します」と伝えます。別宇宙の自身の言葉を受け取ったワンダを、アメリカは元の宇宙へと戻します。

自身の行為を思い直したワンダはアメリカをウォンに引き渡すと、後始末のために全宇宙上の「禁断の書」を魔術で破壊。ワンダゴア山の墓も破壊し、その崩壊に自身も巻き込まれました。

能力を制御したアメリカによってクリスティーンは元の世界へと戻り、ストレンジはウォンとともに破壊されたカマー・タージの復興にあたります。

アメリカは魔術師の訓練を他の修行僧とともに一から始め、ストレンジに「私が落ちてきたのがこの宇宙で良かった」と告げました。

壊れていた時計を直し街に出かけたストレンジは道の真ん中で苦しみだし、自身の額に目が開き出します。

ある日、三つ目となったストレンジが歩いていると、次元を切り裂く女性が現れ「インカージョン」の修復にストレンジを連行しようとします。

「怖いか」と尋ねる彼女に対しストレンジは「楽しみだ」と答えると、彼は次元の狭間へと向かっていきました。

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の感想と評価


(C)Marvel Studios 2022

サム・ライミ色全開で描かれる闇と狂気の戦い

本作はマーベルコミックの代表的人気キャラクターを映画化したスパイダーマン』(2002)で大成功を収め、今のアメコミ映画人気の土台を作ったとさえいえるサム・ライミが制作しました。

しかし、「ロード・オブ・ザ・リング」で大成功を収めたピーター・ジャクソンが『ブレインデッド』(1993)などのスプラッタホラーの監督としてカルト的人気があったように、サム・ライミは『死霊のはらわた』(1985)での成功後はカルトホラー監督として人気となります。

そんなサム・ライミが監督を務めた本作は、ホラー監督としての彼のセンスが遺憾なく発揮されており、人体の切断をはじめとした死亡演出がシリーズの中でも多彩

作品全体にホラーとしての要素も散りばめられていますが、一方で「スパイダーマン」シリーズで培った「ヒーロー映画」の魅力の引き出し方を最大限に使い、MCUとしての面白味を損なわない新感覚の「ドクター・ストレンジ」映画となっていました。

多元宇宙の解放で出会うさまざまなヒーロー


(C)Marvel Studios 2022

マルチバースへの旅がメインとなる本作では、シリーズの中でも特に多くのキャラクターが新登場や再登場を果たします。

予告編の段階で話題となっていた『X-MEN』(2000)でパトリック・スチュワートが演じた「プロフェッサーX」だけでなく、「Disney+」で配信されたアニメ『ホワット・イフ…?』に登場したペギー・カーターによる「キャプテン・アメリカ」や、「ファンタスティック・フォー」シリーズの「ミスター・ファンタスティック」も登場。

その他にも「ブラックボルト」などのヒーローや、「ガルガントス(シュマゴラス)」などのヴィランを始めとしたMCU未登場のキャラクターがストレンジの前に現れた本作は、原作ファンからアメコミ映画ファンまで、さまざまなファンに向けたサービスが散りばめられていました。

中でも大注目となるのが、エンドクレジットの中に挟まれる次元を切り裂く女性の登場。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)でフュリオサを演じたシャーリーズ・セロンが演じた彼女は「クレア」という原作キャラクターであり、原作ではのちにストレンジのパートナーとなります。

「ストレンジは帰ってくる」というエンドクレジット後の言葉通り、次作のキーキャラクターとなること間違いなしの要注目の人物です。

まとめ


(C)Marvel Studios 2022

「アベンジャーズ」のひとりが悪に堕ち、ストレンジと壮絶な戦いを繰り広げる『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』。

間違いなくシリーズの中でも大きな変換点となる本作は、関連作となるドラマ『ワンダヴィジョン』を鑑賞の上で挑んでいただきたい作品。

人を愛するがゆえに道を外れることと、人を護るために道を外れること。

その違いと正義を問いかける、サム・ライミ監督色全開の異色なマーベルヒーロー映画として必見の作品です。




関連記事

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストのボス役は佐藤浩市。演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …

アクション映画

映画『エベレスト3D』ネタバレあらすじ感想と評価解説レビュー。実話の実写化に“一流の登山家たち”も舌を巻く映像表現を刮目せよ!

実話に基づく究極の極限体験! エベレスト史上、最悪の遭難事故を豪華キャストで映像化。 圧巻の映像美で描かれる雄大なエベレストと圧倒的臨場感で描かれる自然の驚異に注目の一作です。 探検家、ロブ・ホールに …

アクション映画

映画『イップマン2葉問』ネタバレあらすじと感想。ドニーイェンの詠春拳が唸る!

友のために闘う。 ドニー・イェン主演「イップ・マン」シリーズ第2弾。 今やハリウッドでも活躍する中国のアクションスター、ドニー・イェン。 彼がブルース・リーの師匠イップ・マンを演じたヒットシリーズ第2 …

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストのヨウコ役は木村文乃。演技力とプロフィール紹介も

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。 凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も …

アクション映画

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』あらすじとキャスト

2018年8月3日(金)に公開予定となっているトム・クルーズ主演のシリーズ第6弾!映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』のご紹介です。 これまで以上に最難関のミッションに挑むイーサン・ハン …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学