Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Entry 2021/03/05
Update

ワンダヴィジョン最終話ネタバレ感想と結末解説|9話ラストでのシーズン2や今後のMCU作品に繋がる伏線に注目!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。

物語の構成から始まり、主軸となる主人公、そして敵味方ですらもあっさりとひっくり返しファンを楽しませてくれたドラマ『ワンダヴィジョン』もいよいよクライマックス。

今回はアガサとワンダの激しい戦いの行方と、家族との切ない別れを描いたシリーズ最終話「Episode9」をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン』の作品情報


(C)2021 Marvel

【配信】
2021年1月15日(Disney+独占配信)

【原題】
WandaVision

【監督】
マット・シャクマン

【キャスト】
エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、テヨナ・パリス、キャスリン・ハーン、カット・デニングス、ランドール・パーク、エヴァン・ピーターズ

【作品概要】
アメリカンコミック『マーベル・コミックス』を映像化する企画「MCU」の「フェーズ4」開始作となる配信ドラマ。

監督を務めたのは『ファーゴ』や『ゲーム・オブ・スローンズ』、『ザ・ボーイズ』など大ヒットドラマのエピソードを数多く手がけてきた監督のマット・シャクマン。

ドラマ『ワンダヴィジョンEpisode9』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Marvel

アガサにサイコキネシスを当て、ビリーとトミーを逃したワンダ。

アガサはワンダに「能力を自分に差し出すならこの街を明け渡す」と言いますが、ワンダは拒否しサイコキネシスで車をアガサに直撃させます。

アガサの姿が消えたその場に、ヘイワードによって起動された白色のヴィジョンが現れワンダを攻撃。

窮地に陥ったワンダでしたが、彼女が創造したヴィジョンが駆けつけ白色のヴィジョンからワンダを救出します。

「全てを話すべきだった」とワンダはヴィジョンに懺悔すると、街も人も全てを元に戻すことをヴィジョンに約束。

白色のヴィジョンとワンダの創造したヴィジョン、そしてアガサとワンダの戦いが始まります。

ピエトロの家に軟禁されるモニカは、彼の家のアルバムからピエトロが「ラルフ・ボーナー」という男性であり、アガサに洗脳されていることに気づくと、ピエトロの首についたアガサの洗脳道具を奪い正気に戻します。

一方、アガサは禁断の書物「ダークホールド」に「スカーレットウィッチがその力で世界を滅ぼす」と書かれていることをワンダに話し、街の住民の洗脳を解きます。

洗脳が解かれた住民たちが一斉にワンダに詰め寄ると、動揺したワンダはサイコキネシスで住民たちを攻撃してしまいます。

この状況を改善するためには「ヘックス」を解放するしかないとアガサに促され、ワンダは「ヘックス」の壁を解放。

しかし、「ヘックス」の内部で創造されたヴィジョンやトミーとビリーは「ヘックス」内でしか生きることが出来ず崩壊を始めてしまいます。

家族を失うか「ヘックス」を解放するかの2択を迫られたワンダは「ヘックス」の解放を中断しますが、壁に開いた穴からヘイワードと「S.W.O.R.D」の兵隊が侵入。

アガサは兵隊を殺害しようとしますがワンダが救い、アガサとワンダは再び戦い始めます。

ワンダに創造されたヴィジョンは白色のヴィジョンと戦闘となりますが、創造のヴィジョンは白色のヴィジョンが生前の自身の身体を使って再生されたものだと知ると、テセウスの船を例に「本物のヴィジョン」について議論し、白色のヴィジョンの内部に眠る生前の記憶を蘇らせます。

記憶を取り戻した白色のヴィジョンは「私はヴィジョンだ」と言うと、戦闘を辞め空へと飛んで行きました。

ワンダとヴィジョンに「S.W.O.R.D」の兵隊を任されたトミーとビリーは兵隊たちを殺害しないように倒していきますが、2人の隙を突いたヘイワードに銃撃されます。

しかし、弾丸は駆けつけたモニカが身体で受け止め、2人は無傷でした。

その様子に動揺し逃走するヘイワードの車両にルイスがトラックをぶつけ、ヘイワードは行動不能に陥ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはドラマ『ワンダヴィジョン』Episode9のネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode9をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

激しい戦いの果てにアガサは力を吸い取る魔術を使い、ワンダの力を全て吸収し勝ちを確信します。

しかし、ワンダはアガサの家で見た「自分以外の魔法を禁ずるルーン魔術」を「ヘックス」内に展開しており、逆にアガサの力を吸収し「スカーレット・ウィッチ」として覚醒。

アガサはワンダに「恐ろしいものを解き放った」と負けを認めると、ワンダはアガサを洗脳しウエストビューの街に「アグネス」として幽閉することにしました。

戦いが終わり、家の中に戻ったワンダはヴィジョンに自分が何者であるのかを問われると「自分の中に残るマインドストーンのかけらであり、私の悲しみと希望」と答えます。

「ヘックス」の解放を始めたワンダはビリーとトミーに感謝と別れを告げ、ヴィジョンと再びの別れを交わします。

「ヘックス」が解放されると家は元の空き地に戻り、ビリーとトミー、そしてヴィジョンは目の前から消えていました。

洗脳から解き放たれたウエストビューの住民は街を歩くワンダを怒りを込めた眼差しで見つめます。

モニカと遭遇したワンダは自分のことを恨んでいないのかと聞くと、彼女は「自身も同じ能力を持っていたらきっと亡き母を蘇らせた」と話しました。

ワンダは自身の能力をもっと理解することをモニカに約束すると、警察の到着と同時にウエストビューから姿を消しました。

ヘイワードにバレないようにFBIの仲間を呼び寄せていたウーは、「ヘックス」が消失した街でヘイワードを逮捕し騒動の鎮静化のために奔走。

その様子を見つめるモニカはFBIの女性捜査官に事情聴取を求められます。

しかし、2人きりになると捜査官は「あなたの母親の友人の代理だ」と言うと宇宙人であるスクラル人の姿に戻り、「彼が会いたいと言っている」とモニカに伝えます。

モニカは「どこで?」と聞くと、彼女は空を指さしました。

そのころ、人里離れた奥地の山荘でワンダは1人「ダークホールド」の魔術を実験していました。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョンEpisode9』の感想と評価


(C)2021 Marvel

ドラマ『ワンダヴィジョン』は本話を持って最終話を迎えます。

配信日には世界的に「Disney+」へのアクセスが集中し鑑賞が困難になるなど、最終話の配信はファンにとって目の離せないものとなりました。

ワンダの力を奪おうとするアガサとワンダ、そして2人のヴィジョンの壮絶な戦いはドラマシリーズとは思えないほどの激しさを見せ、ヒーロー作品のクライマックスとして申し分のない高いクオリティで配信を待ち望んでいたファンたちを満足させました。

そしてなんと言っても気になるのは、シーズン2の可能性を含む今後の作品展開。今回はMCUシリーズの今後に繋がる2人のキャラクターに注目したいと思います。

覚醒し危険な力を手に入れた「ワンダ」


(C)2021 Marvel

これまでの記事でも説明させていただいたように、原作コミックスではヒーロー「スカーレット・ウィッチ」の暴走によって「アベンジャーズ」の虐殺が引き起こされます。

本話でアガサとの戦いを経て「スカーレット・ウィッチ」として覚醒したワンダは、善悪の違いはあれどアガサによって引き出された力で虐殺を起こすという原作と似た道筋をたどっています。

「スカーレット・ウィッチが世界を滅ぼす」という予言と、ラストに描かれた禁断の書物「ダークホールド」の魔術を試すワンダ。

ワンダの再登場が決定している『ドクター・ストレンジ イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』(2021)で彼女がヒーローとして登場するのかヴィランとして登場するのか、片時も目が離せません。

ラストでモニカが出会った「スクラル人」とは?


(C)2021 Marvel

ウエストビューで起きたワンダの事件が終わったあと、モニカはFBIの女性捜査官に化けた「スクラル人」に接触を受けます。

スクラル人は『キャプテン・マーベル』(2019)に登場しており、モニカの母であるマリアはスクラル人の将軍タロスと共闘する「キャプテン・マーベル」ことキャロルに協力することでスクラル人の窮地を救いました。

本話で登場したスクラル人の話す「モニカの母親の友人」はタロスであると想像でき、今後「モニカ」が『キャプテン・マーベル2』を始めとした宇宙を舞台とした作品群へ登場することが期待できます。

また、タロスは『スパイダーマン・ファー・フロム・ホーム』(2019)において、ニック・フューリーに擬態しスパイダーマンを支えるなど重要な役目を担うキャラクターでもあるため、『ワンダヴィジョン』を中心としたMCUの動きを感じる最終話でした。

まとめ


(C)2021 Marvel

激しい戦闘や家族の絆と別れ、そして『ワンダヴィジョン』の象徴ともいえる不穏さを維持したまま迎えたクライマックス。

1話1話先を想像し考察する楽しさと、さまざまな考察をあっさりとひっくり返し、さらなる衝撃を与えてくれたドラマ『ワンダヴィジョン』は、MCUシリーズとしての高いハードルを上回った秀作ドラマシリーズでした。

2021年3月中旬より配信が決定しているMCUドラマ『ファルコン&ウィンターソルジャー』にもさらなる期待を込めて、今後のMCUシリーズを追う起爆剤として本ドラマを心からオススメ致します。




関連記事

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『オスマン帝国外伝』あらすじとキャスト!Huluにて

今までほとんど日本に上陸することのなかったトルコ発のテレビドラマ。 いよいよ!『オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~』が、2017年8月8日(火)からHuluプレミアにて配信スタート! トルコ国内で …

海外ドラマシリーズ

『ビッグリトルライズ』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

CONTENTS第75回ゴールデン・グローブ賞で作品賞ほか3部門受賞!1.海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』とは第75回ゴールデン・グローブ賞(リミテッドシリーズ/テレビムービー部門第69回エミー賞 …

海外ドラマシリーズ

Netflix韓国ドラマ『梨泰院クラス』ネタバレ感想とあらすじ考察。恋愛・復讐・経営という3つの物語が一方通行の恋愛模様を含んで展開

恋愛・復讐・サクセス、3要素が秀逸な韓国ドラマ『梨泰院クラス』 Netflixで配信されている韓国ドラマ『梨泰院クラス』。韓国のケーブルテレビ局で放映されていた連続ドラマです。 主演は、映画『パラサイ …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『秘密のホテル』あらすじと放送日!いつどこで見られる?

メキシコ発の大ヒットミステリードラマ『秘密のホテル:シーズン1』が、2017年5月17日(水)昼12時より動画配信サービスHuluにて独占配信されます! メキシコといえば、“メキシコとの国境に壁を築く …

海外ドラマシリーズ

ストレンジャーシングス 未知の世界シーズン1|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

世界で数多くのオリジナルドラマが制作され、その数は既に数十にものぼるNetflix。 そんな、Netflixオリジナルドラマの中でも根強い人気を持ち、常にランキング等で上位をマークするドラマ『ストレン …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学