Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Entry 2021/02/20
Update

ワンダヴィジョン7話ネタバレ解説|真犯人アガサの真意とモニカの“開眼”が意味するのは?

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。

実現は難しいとされていた「X-MEN」シリーズとのコラボレーションによって大熱狂を呼んだドラマ『ワンダヴィジョン』。

配信日となる金曜日は「Disney+」のサーバが高負荷になるほど人気が高まり続ける本ドラマは、「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」のファンたちによって毎週さまざまな考察が披露されています。

今回は本ドラマの“真犯人”の正体が明らかになる「Episode7/第4の壁を破って」を、ネタバレあらすじを含めて考察・解説させていただきます。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン』の作品情報

(C)2021 Marvel

【配信】
2021年1月15日(Disney+独占配信)

【原題】
WandaVision

【監督】
マット・シャクマン

【キャスト】
エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、テヨナ・パリス、キャスリン・ハーン、カット・デニングス、ランドール・パーク、エヴァン・ピーターズ

【作品概要】
アメリカンコミック『マーベル・コミックス』を映像化する企画「MCU」の「フェーズ4」開始作となる配信ドラマ。

監督を務めたのは『ファーゴ』や『ゲーム・オブ・スローンズ』、『ザ・ボーイズ』など大ヒットドラマのエピソードを数多く手がけてきたドラマ監督のマット・シャクマン。

ドラマ『ワンダヴィジョンEpisode7』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Marvel

ヴィジョンを救うため「ヘックス」を拡大させ、多くの人間をさらに空間へ巻き込んでしまったワンダは、反省のため今日一日を一人で過ごすことに決めます。

しかし「ヘックス」の拡大以降、「ヘックス」の内部では事物がワンダの意思とは関係なく別の事物に変換されてしまうことが多発し、非常に不安定な状況となっていました。

今日一日を心穏やかに過ごしたいワンダは、ビリーとトミーを隣人のアグネスに預けます。

郊外で目を覚ましたヴィジョンは「ヘックス」が広がり、飲み込まれた「S.W.O.R.D」の人間が洗脳状態でサーカスの人間たちへと変換されてしまった様子を目撃しますが、その中から先日自身を助けようとしてくれたルイスを発見。

ルイスの洗脳を解き、彼女と共にサーカスの車を奪い逃走したヴィジョンは、自身が「サノス」との戦いで死亡したことを聞き出します。

その頃、ウエストビューから13キロ離れた地点に新たな「S.W.O.R.D」の臨時基地を展開したヘイワードは、部下に作戦を実行に移すようにと命令。

また「ヘックス」の拡大から逃れたモニカとウーは、ルイスからの情報でヘイワードが計画していた「白目(カタラクト)作戦」が、死亡したヴィジョンを復活させ知覚兵器として再利用する計画であったことを知ります。

ヴィジョンを復活させる前にワンダが彼の死体を奪ってしまったことで「白目作戦」は頓挫しますが、ヘイワードの危険性を知るモニカは、ヘイワードがヴィジョンを利用するため本格的に動き出す前に事態を収束させなければ大きな被害が出ると考えます。

「S.W.O.R.D」内の協力者から宇宙探査用の特殊車両を借り「ヘックス」内部へと侵入を試みるモニカでしたが、「ヘックス」の壁に阻まれ中に入ることは出来ませんでした。

しかし、一度「ヘックス」の中に入ったことのある自分なら、再度の侵入が出来るのではないかと考えるモニカはウーの制止を振り切り、「ヘックス」の壁に向かって行きました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはドラマ『ワンダヴィジョン』Episode7のネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode7をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

モニカは再度の侵入だったためか、「ヘックス」の壁の中で洗脳を受けずにウエストビューへの侵入に成功しますが、「存在の変換」自体は行われた結果、モニカの目は青く光り、視界には電磁波が視覚情報として見えるようになります。

ウエストビュー内のワンダの家へと入り彼女と対峙したモニカは、ヘイワードの計画をワンダに伝えこの事態を打開するように求めます。

先だっての「ヘックス」への侵入やドローンでのミサイル攻撃、そしてピエトロの出現をモニカの仕業と考えるワンダはモニカを敵とみなし、サイコキネシスによって彼女を攻撃。

しかし、「能力」に目覚めたモニカはワンダの攻撃を危うげなく回避すると、「殺してみろ」とワンダを煽りながらも必死の説得を行います。

その時、隣人のアグネスが二人の間に割って入り、モニカからワンダを引き剥がすと自身の家へと連れて行きました。

モニカから離れ興奮が収まったワンダは、アグネスに預けたはずのトミーとビリーを探すために
彼女の家の地下室へと入っていきます。

草木が生い茂る異様な雰囲気の地下室でワンダの目の前に現れたアグネスは、「この町に魔法使いはひとりだと思った?」と言うと彼女に魔法をかけます。

実はアグネスは「アガサ・ハークネス」と呼ばれる魔法使いであり、この町の中でワンダの心を揺さぶりヴィジョンを疑心暗鬼に陥らせた張本人でした。

一方、ワンダと離れたモニカはアグネスの家の地下に通じる道を見つけ入ろうとしますが、突如現れたピエトロに「また詮索か」と話しかけられるのでした。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョンEpisode7』の感想と評価


(C)2021 Marvel

「作品」とその「鑑賞者」を隔てる「第4の壁」。今まで「ヘックス」内部にて自身の意思を持ち続けたまま入った人間はおらず、「第4の壁」は隔てられたままでした。

しかし「Episode7」では、とあるキャラクターによって第4の壁」が打ち破られ、物語は大きく進展することになります。

今回はその中でも役回りが大きく変化したキャラクターであるモニカ・ランボーとアグネスに注目し、本ドラマで取り上げられた原作要素と今後の展開を予想していきたいと思います。

覚醒したモニカ・ランボーと気になる今後の展開


(C)2021 Marvel

ワンダとヴィジョンと言う二人のキャラクターが物語の核となる本ドラマですが、物語を「アベンジャーズ」の外側から観測し動かしていくもう一人の主人公としてモニカが存在します。

特別な力を持たないエージェントのひとりだったモニカでしたが、本話で「ヘックス」の壁を越え存在自体を変換されたことで「能力」を覚醒させます。

モニカは原作のコミックス内では「光を操る」能力を持ち、自身を光に変換するなど「マーベル・コミックス」内でもワンダやヴィジョンに劣らない強力なヒーローとして描かれています。

そして原作のストーリーでは、彼女は後に「キャプテン・マーベル」と呼ばれることとなり、初代の「キャプテン・マーベル」と関わっていくことになります。

「MCU」内で既に「キャプテン・マーベル」との面識を持つモニカが、制作が決定している『キャプテン・マーベル2』にどのように繋がっていくかにも要注目です。

ついに明かされた真犯人アガサ・ハークネスとは?


(C)2021 Marvel

「ヘックス」内にてワンダのコントロールの範疇を越えて発生していた不可解な現象の全ては、隣人として彼女と接し続けていたアグネスが引き起こしていたものでした。

彼女は実名を「アガサ・ハークネス」と名乗っており、「Epipsode7」では「ヘックス」内部で起きていることをドラマ仕立てで発信している張本人のように描かれています。

原作コミックスにおけるアガサ・ハークネスはワンダを超える魔法の使い手であり、力を扱いきれないワンダを見かね指導したこともあります。

さまざまなヴィランと対峙する老婆であり作中最強レベルの魔術師であるアガサは、原作では「ヴィラン」として描かれてはいません。

しかし一方で、ワンダに「アベンジャーズの虐殺」を引き起こすだけの力を与えてしまったのはアガサであり、『ワンダヴィジョン』にて今後さらに描かれていくであろうワンダとアガサの関係描写は、「MCU」にて「アベンジャーズの虐殺」を描くと予想される『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』(2021)に繋がっていくのではと思われます。

果たしてアガサ・ハークネスは「MCU」でワンダを支えるヒーローとして描かれるのか、それとも彼女を絶望に追いやるヴィランとして描かれるのか、今後の展開から目が離せません。

まとめ


(C)2021 Marvel

ついに明らかになった真犯人の正体。しかしながら、自らワンダに正体を明かした「アグネス」ことアガサ・ハークネスの真の目的は未だ明らかにされていません。

能力を覚醒させたモニカは「ヘックス」の状況を変えることはできるのか。そして、Episode7の最後に再び登場したピエトロはモニカにとって味方なのか、それとも敵なのか。

真犯人の正体が分かってもなお、物語の先が読めないドラマ『ワンダヴィジョン』はまだまだ謎を残したままです。




関連記事

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』あらすじとキャスト。字幕版情報も

イギリスのヴィクトリア女王を主人公とする歴史ドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』は、AXNミステリーにて「字幕版」の日本初放送が始まります。 ヘンリー王子とメーガン・マークルの結婚で、今熱い注目を集 …

海外ドラマシリーズ

ブラックミラー シーズン1 「1500万メリット」ネタバレ感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も

海外で絶大な人気を誇る英国製SFオムニバスドラマ『ブラック・ミラー』。 前回ご紹介したシーズン1の第1話「国歌」では、SNSの普及による大衆の「悪意の麻痺」による危険性が、現代社会により近い世界観で描 …

海外ドラマシリーズ

ワンダヴィジョン6話ネタバレ感想考察!X-MEN(エックスメン)は敵か?MCUの壁超えた登場の狙いと正体を探る

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。 製作会社の違いから共演が絶望的とまでされていた「X-MEN」シリーズとのクロスオーバーにより激震が走った『ワンダヴィジョン』の「Episode5」。 続く …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『ホテル ハルシオン』あらすじとキャスト。おすすめ見どころは

イギリスドラマ『ホテル ハルシオン』は、一大旋風を巻き起こしたドラマ『ダウントン・アビー』を世に送り出した英国放送局ITVの作品です。 1940年代のイギリス・ロンドン。貴族であるハミルトン卿がオーナ …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『プリズンブレイク』あらすじとキャスト!WOWOW全シーズン放送

伝説的ドラマ『プリズン・ブレイク』が遂にWOWOW初登場!新作を含む全5シーズンの一挙放送決定。 アメリカで2005年に放送された世界各国で知られる人気のサスペンスドラマは、2017年に9話構成された …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学