Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Entry 2021/02/12
Update

ワンダヴィジョン6話ネタバレ感想考察!X-MEN(エックスメン)は敵か?MCUの壁超えた登場の狙いと正体を探る

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。

製作会社の違いから共演が絶望的とまでされていた「X-MEN」シリーズとのクロスオーバーにより激震が走った『ワンダヴィジョン』の「Episode5」

続く「Episode6」では顔見せ程度のコラボレーションではなく、完全にシナリオの一部に「X-MEN」シリーズが入り込んでいることが明らかになります。

今回は前話で登場したエヴァン・ピーターズ演じる「クイックシルバー」ことピエトロが動き回る「Episode6/ハロウィーンの不気味な夜に」をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン』の作品情報

(C)2021 Marvel

【配信】
2021年1月15日(Disney+独占配信)

【原題】
WandaVision

【監督】
マット・シャクマン

【キャスト】
エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、テヨナ・パリス、キャスリン・ハーン、カット・デニングス、ランドール・パーク、エヴァン・ピーターズ

【作品概要】
アメリカンコミック『マーベル・コミックス』を映像化する企画「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」の「フェーズ4」開始作となる配信ドラマ。

監督を務めたのは『ファーゴ』や『ゲーム・オブ・スローンズ』、『ザ・ボーイズ』など大ヒットドラマのエピソードを数多く手がけてきたドラマ監督のマット・シャクマン。

ドラマ『ワンダヴィジョンEpisode6』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Marvel

ワンダとヴィジョンが暮らし始め、初のハロウィーンの日を迎えます。

「ワンダの双子の兄弟」としてピエトロが家に住み着きますが、ワンダとヴィジョンはピエトロが息子のビリーとトミーに気に入られていることを理由に追い出しはしませんでした。

各人の仮装が終わり、ビリーとトミーがお菓子集めに出かける準備をし始めた頃、ヴィジョンは街の平和を見回りに行くために家族とは別行動を取ろうとします。

ワンダは「筋書きと違う」とつぶやきヴィジョンを止めますが、既に彼女を疑っているヴィジョンはひとり家を出ていきます。

ピエトロに子供たちの面倒をお願いすることにしたワンダは、ピエトロがたびたび自分と大きな記憶違いを起こすことに疑問を感じていました。

一方「S.W.O.R.D」の現長官ヘイワードは、この事態を解消するためにはワンダの殺害以外にないと計画を練り始めますが、ワンダの殺害によって「ヘックス」の中と外にどのような影響があるか分からないとモニカは意義を唱えます。

「キャプテン・マーベル」のキャロル・ダンバースをはじめ、ヒーローに協力的な姿勢を示すモニカを気に入らないヘイワードは、モニカとウー、そしてルイスを拘束し「S.W.O.R.D」の基地から追い出そうとします。

作戦司令部から出たところで同行していた職員を逆に拘束したモニカたちは、性急なヘイワードの行動の理由を探るため動き始めます。

ワンダはピエトロが高速移動の能力を使い、トミーとビリーと共にお菓子を乱獲したりカボチャを破壊して回っていることを怒り、ピエトロに文句を言いますが、ピエトロは「破天荒な行動で家族を引っ掻き回すことが自分の役割」と言い張ります。

ピエトロと同じ高速移動の能力に目覚め、街を高速で移動して回りたいと言うトミーに、ワンダはビリーと一緒に高速移動をすること、「エリス街」より外へは決して行かないことを強く言い聞かせます。

一方、臨時基地の事務所に潜入したモニカたちは、サーバからヘイワードが「ヴィブラニウム」の発する線量を測定し、「ヘックス」内部のヴィジョンの位置を特定していたことを知ります。

モニカは再度「ヘックス」内部に潜入しワンダと接触を図ろうとしますが、サーバ内からモニカの血液検査の結果を発見したルイスは、モニカの細胞が恐るべきスピードで書き換えられていることを知り、モニカを制止。

しかし、細胞が書き換えられたことでワンダの心を感じ取れたモニカは、「ヘックス」への潜入を止めようとはせず、ウーも潜入に同行することにします。

モニカたちから同行を求められるルイスでしたが、ヘイワードのみが閲覧出来るファイルを発見したことから、解析のため臨時基地に留まることにしました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはドラマ『ワンダヴィジョン』Episode6のネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode6をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

街全体を見て回るヴィジョンは、街の中心部から離れれば離れるほど、住民が動いていないことに気づきます。そして「エリス街」を出る道路でアグネスの姿を見つけたヴィジョンは、彼女の洗脳を解き話を聞こうとします。

アグネスはヴィジョンを見るなり「アベンジャーズ」が助けに来たと喜びますが、ヴィジョンは「アベンジャーズ」の記憶を思い出すことが出来ず、そのうちにアグネスは自身が死後の世界にいるのではと言い始めます。

ヴィジョンが理由を尋ねると、アグネスは「ヴィジョンが既に死んでいる」と言って錯乱状態に陥ってしまい、止むを得ずヴィジョンは彼女に「必ず街を元に戻す」と語りかけると洗脳状態へと戻しました。

ピエトロはワンダと二人きりになると、「子供を動かすと子供の脳の負担になるから動かさなかったのに、今日はたくさん子供が動いている」とワンダに指摘。

さらにピエトロはワンダに「この街をどう動かしているのか」を聞きますが、ワンダは分からないと答えるばかりでした。

臨時基地内でヘイワードのみが閲覧出来るファイルのロックを解除したルイスは「白目(カタラクト)作戦」と書かれた資料を読もうとします。

その時、「ヘックス」からの脱出を試みるヴィジョンが境界の外に現れ「S.W.O.R.D」の職員は騒然。ヴィジョンは「ヘックス」の外に出ようとするほど身体が崩壊し始めますが、ヘイワードを含めた「S.W.O.R.D」の職員は誰ひとり助けようとせず、駆け寄ろうとしたルイスも拘束されてしまいます。

ヴィジョンの苦しみを感じ取ったビリーは、ヴィジョンの危機をワンダに伝えます。

「一度死んだやつは放っておけ」と吐き捨てるピエトロを吹き飛ばしたワンダは、ヴィジョンが境界の外で危機に瀕していることを知ると住民たちを動かしていた力を集約し「ヘックス」の領域を拡大させます。

拡張し続ける「ヘックス」にヴィジョンもろとも「S.W.O.R.D」の臨時基地は飲み込まれ、領域内に入った職員は「ウエストビュー」のハロウィーンに相応しい姿に変貌。

車に拘束されていたルイスも「ヘックス」に取り込まれ、臨時基地外で潜入の準備を進めていたモニカとウー、そしていち早く逃亡したヘイワードのみが「ヘックス」の侵食を逃れていました。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン Episode6』の感想と評価

(C)2021 Marvel

「ウエストビュー」を包み込む六角形のフィールド「ヘックス」。

洗脳されワンダの筋書き通りの行動を取ることを強要される「ヘックス」において、外と内で真実を知るための行動を行う登場人物が現れた「Episode5」でしたが、「Episode6」では事態に対応すべき「S.W.O.R.D」も一枚岩ではない「危うさ」が描かれ始めていました。

今回は「X-MEN」シリーズから参戦を果たした「クイックシルバー」ことピエトロと、他ヒーローとの繋がりを持つモニカたちをピックアップして今後の展開を考察していきます。

「S.W.O.R.D」の手先?ピエトロの目的とは


(C)2021 Marvel

本話では破天荒な性格のピエトロが、高速移動の能力を使い実際に動き回ると同時に、ワンダに探りを入れる様子が描かれています。

ピエトロは、自身がこの世界の演者のひとりであることを自覚しているような台詞を発しただけでなく、「ヘックス」をどのように操っているのかを、ワンダから聞き出そうとしていました

「ヘックス」内の演者が自身の行動を理解している様子は、登場人物の一人であるアグネスによってくり返し周知されており、放送を受信していた「S.W.O.R.D」の長官ヘイワードも知ることが出来たと考えることができます。

「Episode6」の終盤に登場する「白目(カタラクト)」と言う単語は「白内障」と言う意味を持っていますが、同時に「X-MEN」シリーズに登場するキャラクターであり、天候操作能力を発揮する際には“白目”と化す「ストーム」を連想させる単語でもあります。

また「ヘックス」内に入り込んだ物体は、ワンダの望む形に変換されますが、ピエトロならば変換されることなく侵入可能です。それゆえに「S.W.O.R.D」は既に次元の突破を可能とする技術を手に入れ、「別次元世界のピエトロ」と思われるピエトロを事態解決の要として「ヘックス」に潜入させたのではと考察できるのです。

各ヒーローとの繋がりを持つモニカたち

(C)2021 Marvel

「ヘックス」の外で事態の解決のために動くモニカ、ウー、そしてルイスの3人は、それぞれ「アベンジャーズ」のヒーローたちと繋がりを持っています

モニカは『キャプテン・マーベル』(2019)作中にて、幼少期より「キャプテン・マーベル」ことキャロル・ダンバースと接点を持ち、彼女が装備するスーツのデザインを手がけるなど深い絆で結ばれています。

ウーは『アントマン&ワスプ』(2018)作中で「アントマン」ことスコット・ラングが協定を破らないかを監視するFBI捜査官として登場。そしてルイスは「マイティ・ソー」シリーズにて、ヒロインであるジェーンの親友としてソーと関わりを持つことになります。

このように事態の平和的解決を目指す3人は、ヒーローとの出会いによってヒーローに対する独自の目線を会得しており、彼らの今後の活躍がさらに期待されます。

まとめ


(C)2021 Marvel

ワンダとヴィジョン、ピエトロ、そして「S.W.O.R.D」。数々の想いが入り乱れさらに混沌とする「ヘックス」の内側と外側で、物語はどう収束していくのか。

そして、他の「アベンジャーズ」や「X-MEN」の登場は実現するのか。

いよいよ終盤に差し掛かるドラマ『ワンダヴィジョン』から目が離せません。




関連記事

海外ドラマシリーズ

ドラマ『13の理由』あらすじとキャスト一覧!感想レビュー【Netflix】

Netflixで配信されるや否や、10代の若者を中心に大きな反響を呼び、全世界で物議を醸しだしている話題のドラマ、『13の理由』。 決してハッピーな題材ではなく、むしろヘビーな内容で心重たくなるシーン …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『オスマン帝国外伝』あらすじとキャスト!Huluにて

今までほとんど日本に上陸することのなかったトルコ発のテレビドラマ。 いよいよ!『オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~』が、2017年8月8日(火)からHuluプレミアにて配信スタート! トルコ国内で …

海外ドラマシリーズ

ブラックミラー シーズン1「国歌」ネタバレと感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も

2011年にイギリスで放送されたテレビ番組『ブラック・ミラー』。 1話完結型のSFオムニバスドラマであるこのシリーズは、もともと本国での人気が高かったシリーズですが、Netflixが参入したシーズン3 …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『フライトアテンダント』 第1話のネタバレあらすじとラスト結末の感想。U-NEXTでシーズン1が配信中のお薦めサスペンスでキャストの ケイリークオコが熱演!

HBO Maxオリジナルドラマ『フライト・アテンダント シーズン1』が 5月21日(金)よりU-NEXTで日本初独占配信 全米で話題沸騰の最旬スタイリッシュ・サスペンスドラマ『フライト・アテンダント』 …

海外ドラマシリーズ

パリスジャクソン『STAR 夢の代償』あらすじとフル無料動画視聴方法も

マイケル・ジャクソンの愛娘パリス・ジャクソンがTVドラマ初出演! すでにシーズン2の制作も決定している話題の音楽ドラマ『STAR 夢の代償』のあらすじとキャストと、動画無料視聴の方法をご紹介します。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学