Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Entry 2021/02/05
Update

ワンダヴィジョン5話感想とネタバレ考察!ピエトロは別人?ラスト結末とMCUシリーズの「ある噂」も解説

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。

作り出された「世界」の真実が明かされ始めたのと同時に、多くの謎がさらに散りばめられた「Episode4」。

遂に「世界」の外側と内側の時間軸が重なり、「Episode5」では境界線を跨ぐような新たな局面を迎えることになります。

今回はシリーズ最大の衝撃のラストに驚愕すること間違いなしの「Episode5/問題エピソード」をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。



【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン』の作品情報

(C)2021 Marvel

【配信】
2021年1月15日(Disney+独占配信)

【原題】
WandaVision

【監督】
マット・シャクマン

【キャスト】
エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、テヨナ・パリス、キャスリン・ハーン、カット・デニングス、ランドール・パーク

【作品概要】
アメリカンコミック『マーベル・コミックス』を映像化する企画「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」の「フェーズ4」開始作となる配信ドラマ。

監督を務めたのは『ファーゴ』や『ゲーム・オブ・スローンズ』、『ザ・ボーイズ』など大ヒットドラマのエピソードを数多く手がけてきたドラマ監督のマット・シャクマン。

ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode5のあらすじとネタバレ


(C)2021 Marvel

乳児の双子トミーとビリーが泣き止まず、途方に暮れるワンダとヴィジョン。

トミーとビリーはワンダのテレパシー能力すらも意に介さず泣き続け、次の方法を考える2人の前に隣人のアグネスが現れます。

乳児をあやすことに絶対の自信を持つアグネスがトミーとビリーを泣き止まそうとしますが、心配性のヴィジョンがアグネスを制止します。

制止されたことを意外に感じたアグネスは戸惑った表情を見せ、ワンダに「もう一度撮り直す?」と尋ねました。

動揺しながらもワンダはアグネスに子供を抱くように言うと、そのやり取りを不審に思ったヴィジョンがワンダを呼び寄せます。

アグネスのワンダに向けていた表情が普通ではなかったとヴィジョンはワンダに問いただしますが、彼女はアグネスが少し変わった隣人だからと繰り返すばかりでした。

なおもヴィジョンは疑問を口にしようとしますが、子供の泣き声が止んだことに気づきます。

2人がトミーとビリーに目をやると、2人は既に5歳ほどの歳に成長していました。

ウエストビューを取り囲むフィールドの外にはじき出されたモニカが目を覚まし、「S.W.O.R.D」の臨時基地での会議に参加します。

FBIのウーと天文学者のルイスも参加するその会議では、モニカの証言からワンダがフィールドを作り出した犯人として断定されていました。

「S.W.O.R.D」はヒドラの構成員だったワンダの過去や、アベンジャーズ加入期間で起こした問題をやり玉にあげ、彼女をテロリストに認定しようとします。

しかし、モニカはワンダから破壊的衝動を感じなかったことから計画的な犯行とは思えず、テロリストに認定することは時期尚早と発言。

「S.W.O.R.D」の長官ヘイワードは安置されていたヴィジョンの遺体が9日前にワンダによって奪われた際の監視カメラの映像を公開し、ワンダの危険性をなおも強調します。

六角形(ヘキサゴン)状に展開されたフィールド「ヘックス」の中に干渉を受けずに入る方法を模索するモニカは、自身が「ジェラルディン」として着ていた服の素材が防弾素材であることに気づきます。

ヘックスの中に入る前にモニカが着ていた防弾チョッキが服に変換された事実から、モニカはヘックスの中にあってもおかしくないものであれば、持ち込むことが出来ると確信します。

仕事場にパソコンが届き同僚のノームに使い方を教えるヴィジョンは、パソコンの中にある「S.W.O.R.D」からのメールを発見。

「マキシモフ事変」と書かれたそのメールを見たヴィジョンはノームの頭に触れ洗脳を解除します。

するとノームはこの街の人間全員がワンダによって洗脳されていることをヴィジョンに話し助けを求めてきます。

興奮したノームを落ち着かせるためにヴィジョンは彼を再びワンダの洗脳状態に戻しました。

一方、外に何かの気配を感じたワンダは家を出ます。

そこには80年代の技術で作られたドローンが飛んでおり、ワンダに話し合いを求めます。

操縦するモニカはワンダを攻撃する気はありませんでしたが、秘密裏にドローンにミサイルを搭載させていたヘイワードが部下に命じワンダにミサイルを発射させました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはドラマ『ワンダヴィジョン』Episode5ネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode5をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ドローンとの接続が切れしばらくすると、「S.W.O.R.D」の臨時基地の前にヘックスから出てきたワンダが現れます。

破壊されたドローンを駆けつけた「S.W.O.R.D」の隊員たちとモニカの前に投げると、ワンダは自分たちに干渉しないようにと「S.W.O.R.D」を脅迫。

実質的な人質となっている住民たちを解放するようにモニカは求めますが、今の「S.W.O.R.D」の隊員たちのように銃を向けて脅してはいないとワンダは拒絶します。

この幸福を二度と手放す気はないとワンダは話すと隊員たちを洗脳しヘイワードに銃を向けさせ、その隙にヘックスの中に消えて行きました。

夜、真実を知ったヴィジョンがワンダに昼間に洗脳を解いたノームに聞いたことや、街の中に一人も子供がいない不自然さから街全体をワンダが支配していることについて詰問します。

ワンダは話をはぐらかそうとしますが、ヴィジョンが街を出て外の世界を確認すると言うと、2人の幸せのためにしたことだと弁解し始めます。

自身のことが全く思い出せないと激昂するヴィジョンに、ワンダは気がついたらこの状況になっていたと話しますが、ヴィジョンは信じることができないでいました。

家のチャイムが鳴り、ワンダが玄関に出るとそこにはワンダの双子であるピエトロが居ました。

そして再会を喜ぼうと話すピエトロにワンダが抱きつきました。

一方、テレビ放送でその様子を眺めるルイスは、登場したピエトロがかつてウルトロンに殺された「この世界」のピエトロではないことに気づくのでした。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン Episode5』の感想と評価


(C)2021 Marvel

ウエストビューに張られた六角形のフィールド「ヘックス」の内側と外側で同時刻を刻み始めた「Episode5」。

本話では遂に「S.W.O.R.D」による「ヘックス」の攻略が計画される共に、異変に気づき始めたヴィジョンによる真実の探索も始まります。

ますます濃厚になるワンダの犯行説にも注目となる「Episode5」ですが、本話ではマーベル映画好きにとっては「MCU」シリーズ最大とも言える衝撃がラストに訪れました。

最大の衝撃についてネタバレとなる要素を含みますので、以下の項目からは注意してご覧になってください。

シリーズ最大の衝撃!驚愕のクロスオーバー


(C)2016 MARVEL & Subs. (C)2016 Twentieth Century Fox

物語のラストに登場したワンダの双子の兄弟「ピエトロ」。

このピエトロは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)に登場したアーロン・テイラー・ジョンソンが演じるピエトロではなく、『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014)に登場したエヴァン・マキシモフが演じるピーターでした。

映画「X-MEN」シリーズは同じマーベル・コミックを題材にしながらも製作及び配給会社が「20世紀フォックス」であったため、同キャラクターでも「MCU」とは設定も俳優も全く異なり、完全な別作品の別キャラクターとして捉えられていました。

しかし、「20世紀フォックス」を「MCU」シリーズを配給するディズニーが買収したことから「X-MEN」シリーズとのクロスオーバーはここ数年噂されていました。

「X-MEN」シリーズのヴィランであり主人公サイドの味方にもなる名キャラクター「マグニートー」の息子という設定を持つピーターの参戦は、更なるシリーズの発展も期待させる衝撃のラストでした。

真実味を帯び始めたある噂


©& TM 2019 MARVEL.©2019 CPII. All Rights Reserved.

ソニーが映画化権を持つキャラクター「スパイダーマン」は、現在までに複数の俳優が主人公ピーター・パーカーを演じてきました。

それぞれが完全に独立したスパイダーマンを演じてきましたが、トム・ホランドの演じたスパイダーマンは遂に「MCU」シリーズに参戦し強い印象を残すことに成功しています。

そんなトム・ホランド演じるスパイダーマンの個別映画3作目には「とある噂」が流れていました。

それは過去にスパイダーマンを演じた「トビー・マグワイア」と「アンドリュー・ガーフィールド」が「スパイダーマン」として「MCU」に参戦するという噂でした。

噂自体は具体的なソースのない不確定なものであることがすぐに判明しましたが、既に『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)でヴィランを演じたジェイミー・フォックスが出演交渉に入っていると言う報道もあり、期待の声は多く寄せられていました。

「Episode5」で製作会社の垣根を越えることが出来ると証明した「MCU」シリーズだけに、噂が眉唾物であると言えなくなってきたのではないでしょうか。

まとめ

(C)2021 Marvel

「X-MEN」シリーズのピーター(ピエトロ)が登場し、物語の進む方向性が全く想像がつかないドラマ『ワンダヴィジョン』。

必要となるマーベル作品の知識が続々と増えていきますが、当コラムではできる限り解説と今後の予想をしていきたいと思います。

次々とどんでん返しがやってくることが間違いない残り4話を、共に駆け抜けていきましょう。








関連記事

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ2017年6月新作おすすめ5選!Huluで面白いのは?

6月の梅雨の時期にお出かけせずに我が家でイッキ見!大人気海外ドラマの新シーズンがHuluに続々到着します。 あなたはどの作品を観ますか?よりどりみどりですよ! © ABC Studio 梅雨の雨降りに …

海外ドラマシリーズ

ストレンジャーシングス 未知の世界シーズン1|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

世界で数多くのオリジナルドラマが制作され、その数は既に数十にものぼるNetflix。 そんな、Netflixオリジナルドラマの中でも根強い人気を持ち、常にランキング等で上位をマークするドラマ『ストレン …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『アウトキャスト』あらすじと無料動画視聴方法【U-NEXT】

田舎町で起こった少年の悪霊騒動を始まりに世界の運命が動き出す…。暗い過去を見せる登場人物たちが繰り広げる恐怖と感動があいまった人間ドラマとは? 海外ドラマ『アウトキャスト』は、「ウォーキング・デッド」 …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『モザイク』あらすじとキャスト。シャロン・ストーン紹介も

シャロン・ストーン主演&スティーヴン・ソダーバーグ監督による海外ドラマ『モザイク~誰がオリヴィア・レイクを殺したか』。 また本ドラマは、BS10スターチャンネルで独占日本初放送!4月8日(日 …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『ウエストワールド シーズン2』あらすじ。真田広之や菊地凛子の出演も

世界が待ち望んだ熱狂の新シーズン!“AIの覚醒”後を描く海外ドラマ『ウエストワールド シーズン2』 最新日本版ビジュアル&予告編が解禁。あの日本人俳優の出演が明らかに! BS10 スターチャンネルにて …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学