Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Entry 2017/05/12
Update

海外ドラマ『クォーリーと呼ばれた男』あらすじとキャスト一覧!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ベトナム戦争末期のアメリカを舞台に、陰謀渦巻く闇社会の中で闘い、苦悩する男を描いた衝撃のクライムバイオレンス!

『クォーリーと呼ばれた男』が、2017年5月15日(月)より、スター・チャンネル独占日本初放送開始!

70年代カルチャー好きのみでなく、映画ファンを魅了する新作ドラマ『クォーリーと呼ばれた男』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.テレビドラマ『クォーリーと呼ばれた男』の作品情報

【原作】
マックス・アラン・コリンズ

【監督】
グレッグ・ヤイタネス(『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』、『LOST』)

【出演】
ローガン・マーシャル=グリーン、ジョディ・バルフォー、デイモン・ヘリマン、ピーター・ミュラン

【作品概要】
アメリカのミステリー作家マックス・アラン・コリンズの人気小説「クォーリー・シリーズ」(日本未翻訳)を『ゲーム・オブ・スローンズ』などのHBO®が完全ドラマ化。

闇稼業に生きる男を現実味のある過激なバイオレンス描写と、1960~70年代のソウルミュージックやロックのヒットナンバーを織り交ぜながら映し出す、新感覚クライムバイオレンス・ニューウェーブ。

殺し屋クォーリーを演じたのは、2003年にテレビドラマ『The OC』や2012年の『プロメテウス』で知られるローガン・マーシャル=グリーン。

2017年のマーベル映画『スパイダーマン:ホームカミング』にも出演をしている。

2.テレビドラマ『クォーリーと呼ばれた男』のあらすじ


(c) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

ベトナム帰還兵マックは、謎の男“ブローカー”の誘いだされ、殺し屋稼業に足を踏み入れます。

ブローカーから“クォーリー”(石切り場)と名付けられたマック。

彼の性格を見抜き、心情の固さ。また、危うい人間性から名付けられるが、数々の危険な仕事をこなすマック。

彼自身が掘り出すものとは?また、何を探し出し見つけるのか…。

しかし、愛する妻との関係にも危うい仕事の苦難が降りかかる…。

第1話:「堕ちた英雄」のあらすじ

1972年にベトナム従軍から帰還兵となったマック。愛する妻ジョニーとの久しぶりの再会を喜ぶのも束の間。

マックは戦地で行った民間人虐殺の疑惑を掛けられ、世論の厳しい非難を受けたることになります。

ある日、就職先も見つからず焦燥感を募らせていたマックに、“ブローカー”と名乗る謎の男が訪れ、多額の報酬と引き換えに彼を殺し屋にスカウトするのです。

マックは拒絶したが、後日、同じ誘いを引き受けていた戦友アーサーに援護役を頼まれてしまい、その深みに嵌っていく…。

スポンサーリンク

3.『クォーリーと呼ばれた男』のグレッグ・ヤイタネス監督とは?


http://www.house-fr.com/news/wp-content/uploads/2008/09/greg-yaitanes.jpg

グレッグ・ヤイタネス(Greg Yaitanes)監督は、 1970年6月18日に生まれ。

アメリカ・マサチューセッツ州ウェルズレー出身の映画やテレビの監督です。

1995年に映画『潜入捜査官 Hard Justice』や1997年に 『ザ・クリーナー Double Tap』などの監督を務めました。

2004から2012年まで監督と製作総指揮を兼任した、『Dr. HOUSE—ドクター・ハウス—』にて、エミー賞を受賞。

人気ドラマ『LOST』や『プリズン・ブレイク』でもその手腕を見せたベテランの演出家です。

4.スター・チャンネルで独占日本初放送の放映日時と見どころ!


(c) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

【STAR DRAMA11『クォーリーと呼ばれた男』独占日本初放送(全8話)】

【STAR1 プレミアム】
5月15日(月)スタート 毎週月曜 よる11:00 ~ほか (※5月15日は第一話無料放送)
【STAR3 吹替専門】
5月17日(水)スタート 毎週水曜 よる11:30 ~ほか (※5月17日は第一話無料放送)

70年代当時のファッションや音楽に加え、1968年に公開された名作映画『猿の惑星』や『2001年宇宙の旅』が台詞で引用されるなど、時代背景の再現や映画通をうならせる小ワザが効いています。

それらがリアルなバイオレンス描写と相まって、どこかタランティーノ作品を彷彿もさせてくれます。

スポンサーリンク

5.まとめ

独占日本初放送作品を中心に、映画級のクオリティを誇る海外ドラマを月曜~金曜よる11:00から毎日お届けする、スター・チャンネルの「STAR DRAMA 11」。

映画ファンも満足と納得の力量を持つ『クォーリーと呼ばれた男』全8話を、お見逃しなく!

関連記事

海外ドラマシリーズ

ドラマ『プリズンブレイク』あらすじとキャスト!WOWOW全シーズン放送

伝説的ドラマ『プリズン・ブレイク』が遂にWOWOW初登場!新作を含む全5シーズンの一挙放送決定。 アメリカで2005年に放送された世界各国で知られる人気のサスペンスドラマは、2017年に9話構成された …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『ジーニアス:ピカソ』あらすじとキャスト。アントニオ・バンデラスのプロフィール紹介

アントニオ・バンデラス主演『ジーニアス:ピカソ』は、ナショナルジオグラフィックで日本初放送2018年7月29日(日)放送スタート!  自由と平和を愛し、奔放な愛に生きた20世紀最大の芸術家パブロ・ピカ …

海外ドラマシリーズ

『愛の不時着』あらすじと感想レビュー。キャスト脇役のスピンオフの可能性を考察

韓国の人気ドラマのスピンオフの可能性を考察! 2020年2月からNetflixで配信されている韓国ドラマ『愛の不時着』。 半年以上経っても人気作品のトップ10にランクインするなど、根強い人気です。主人 …

海外ドラマシリーズ

『アイアン・フィスト シーズン1』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

Netflixで次々と制作されるヒーロードラマたち。 今回は、15年の時を経てニューヨークに戻った男の、自分を取り戻すための戦いを描いたアクションドラマ『アイアン・フィスト シーズン1』のあらすじと魅 …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『デブリDEBRIS』ネタバレ第1話あらすじと結末の感想評価。SF本格ミステリーで宇宙船の破片が巻き起こす真相を探る

U-NEXTオリジナル『DEBRIS / デブリ』が2021年6月10日(木)から日本初配信! 世界的なヒット作を生み続ける制作スタジオLegendary。そのTV部門を担うLegendary Tel …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学