Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Entry 2021/01/20
Update

ワンダヴィジョン1・2話のネタバレ感想と内容考察。怖いラスト結末を解説【虚構の世界なのか予想解説⁈】

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。

2019年に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で壮大なクライマックスを迎えたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)。

しかし、世界規模でブームとなったあの作品もMCUの全体構想の中では序盤に過ぎず、まだまだ刺激的な映画体験は続いていくことになります。

今回はMCU初の本編との繋がりを正式に持ったドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』(2021)の「Episode1」と「Episode2」をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。


【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン』の作品情報

(C)2021 Marvel

【原題】
WandaVision

【配信】
2021年1月15日(Disney+独占配信)

【監督】
マット・シャクマン

【キャスト】
エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、テヨナ・パリス、キャスリン・ハーン、カット・デニングス、ランドール・パーク

【作品概要】
アメリカンコミック「マーベル・コミックス」を映像化する企画「MCU」の「フェーズ4」開始作となる配信ドラマ。

監督を務めたのは「ファーゴ」や「ゲーム・オブ・スローンズ」、「ザ・ボーイズ」など大ヒットドラマのエピソードを数多く手がけてきたドラマ監督のマット・シャクマン。

ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode1のあらすじとネタバレ

(C)2021 Marvel

ウエストビューの片田舎の街に越してきた新婚のワンダとヴィジョン。

念動力とテレパシーの能力を持つワンダと「マインド・ストーン」を埋め込まれた人造人間であるヴィジョンは、お互いの能力を駆使し一般人として幸せに過ごしていました。

8月23日、カレンダーに身に覚えのない「ハート」のマークが記載されていることを見た2人。

ワンダは何の記念日かは思い出せないものの、今日が2人の記念日であることを確信し隣人のアグネスに記念日の過ごし方を相談します。

一方、勤務先である「計算サービス社」に出社したヴィジョンは人造人間ゆえの高い計算能力で仕事をあっさりと終わらせます。

しかし、ヴィジョンは長年勤めているはずのこの会社が一体何をしている会社なのかが分からず、同僚のノームに聞いても分からないままでした。

上司のハートから今日の食事会を楽しみにしていると言われたヴィジョンは、カレンダーの「ハート」が上司のハートとの会食であると理解します。

ハートは妻が会食に満足しなかったと言う理由だけで部下のジョーンズを首にするほどに粗野な性格であり、ヴィジョンは今夜の会食に自身の人生がかかっていると恐怖し始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはドラマ『ワンダヴィジョン』Episode1ネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode1をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ハートとその妻を連れ家に戻ったヴィジョンでしたが、ワンダは今日の日を「ヴィジョンとの記念日」と勘違いをしており、人造人間であるヴィジョンは食事をしないため何の準備もしていませんでした。

ヴィジョンがハートの機嫌を取っている間、アグネスの力を借りて料理を急ぐワンダによって簡素ではあるものの料理が完成します。

食事の最中、ハートはワンダとヴィジョンに出身地や結婚して何年目になるのかを質問します。

しかし、2人は自身の出身地や結婚してからの期間を全く思い出すことが出来ず、ハートは徐々に不機嫌になり始めます。

ハートは食事を取る際に喉に何かを詰まらせ苦しみ始め、その様子を見かねたヴィジョンが自身の能力を使いハートを助けます。

先ほどとは打って変わって上機嫌となったハートは、ヴィジョンに昇進を伝えると2人の家を出ていきました。

2人きりとなりワンダはヴィジョンに結婚指輪が欲しいと言うと、ヴィジョンは「君の能力で作ればいい」と言います。

ワンダは2人の指に結婚指輪を作るとヴィジョンに寄り添い、画面にはエンドクレジットが流れ始めます。

2人の私生活はドラマとしてモニタールームで映し出されていました。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode2のあらすじとネタバレ

深夜に物音で目覚めたワンダとヴィジョン。

ヴィジョンはここ数日、ウエストビューで不審人物の噂が流れていることから、不振な音に怯えますがその正体は木の枝が窓を叩く音でした。

翌日、近所付き合いの一環として町の資金集めの催しのショーに参加することを決めた2人はイリュージョンを練習します。

種も仕掛けもあるイリュージョンを行うことで2人は「普通の人間」であることを近隣住民に分かって貰う狙いもありました。

練習の後、家の庭に「S.W.O.R.D.」と言うロゴの書かれたヘリコプターのオモチャを見つけたワンダは「この世界」に違和感を持ち始めます。

隣人のアグネスから、資金集めの催しのリーダでもあり街での高い発言力を持つドッティを紹介されます。

ドッティは気難しくマナーを重視する傾向にあり、ワンダとはそりが合いませんでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはドラマ『ワンダヴィジョン』Episode2ネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode2をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ワンダとドッティが話している最中、近くにあったラジオからワンダを名指しし「誰が君に指示を?」と問いかける声が聞こえます。

その言葉を聞いたことでワンダは「この世界」に対する疑問を再び感じ始めます。

一方、街に住む男たちの会に参加していたヴィジョンは会の最中に貰ったガムを飲み込んでしまったことから誤作動を起こします。

催しが始まり、何とかワンダと合流したヴィジョンでしたが、誤作動のせいで混乱するヴィジョンは空中浮遊や怪力、透過能力と言った自身の能力を使ってしまいます。

その度にワンダが自身の念動力を使いトリックをわざと作り出すことによって笑いに変えることに成功し、2人の能力は何とかバレずに済みます。

イリュージョンの終了後、ワンダはヴィジョンの体内にあったガムを取り除き、ヴィジョンは正気に戻ります。

催しをめちゃくちゃにしてしまったことから隠れて逃げようとする2人でしたが、ドッティは2人のショーが面白かったと絶賛し「お笑いパフォーマンス賞」を2人に授与。

夜、家に戻ったワンダとヴィジョンは愛を確かめ合うためキスしようとしますが、再び家の外から奇妙な音が聞こえます。

家の外を見に行くとマンホールの中から黄色い防護服を見に纏い、蜂が周囲に飛び交う男が現れます。

その姿をワンダが目撃すると時間がビデオテープの巻き戻しのように2人のキスの寸前まで巻き戻り、先ほどとは違い2人はキスをします。

すると景色や2人の身体に色がつき始め、ワンダは妊娠したかのようにお腹が膨らみます。

画面にはエンドロールが流れ、モニタールームには「誰が君に指示を?」と言う声が鳴り響いていました。

ドラマ『ワンダヴィジョン Episode1/Episode2』の感想と評価

(C)2021 Marvel

 
MCUの中でも重要な登場人物となる「ワンダ・マキシモフ」と「ヴィジョン」に焦点を絞った配信ドラマ『ワンダヴィジョン』。

11作目である『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)で初登場した2人は13作目『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の戦いを経て結ばれますが、19作目の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で「サノス」によってヴィジョンが殺害されてしまいます。

アベンジャーズ/エンドゲーム』でヴィジョンの無念は「アベンジャーズ」によって晴らされますが、ヴィジョンは死から戻ることはなくワンダは1人取り残されてしまいます。

「エンドゲーム」から約1年半後を描いた本作ではモノクロの世界で「ワンダ」と死んだはずの「ヴィジョン」が幸せな生活を過ごしている奇妙な空間が繰り広げられ、「Episode1」と「Episode2」では大きな疑問が残りました。

舞台はワンダの作り出した「虚構の世界」?

(C)2021 Marvel

死亡したはずのヴィジョンが登場していることや、「アベンジャーズ」として活躍しているはずのワンダとヴィジョンが住民に知られていないことから『ワンダヴィジョン』で描かれている世界は「虚構」であると想定できます。

ワンダと言うキャラクターは原作となるマーベル・コミックス内で「X-MEN」シリーズの「ジーン・グレイ」と並び、ヒーローでありながら世界崩壊の起因にもなりかねない能力者として危険視されているキャラクターでもあります。

ワンダの力を持ってすれば「虚構の世界」を作り出すことは容易であり、ヴィジョンを失い悲嘆に暮れたワンダが自身の理想とする「ヴィジョンとの平凡な暮らし」を可能とする世界を作り出してしまった、とも考えられます。

「Episode1」内に挟まれる「トーストメイト2000」のCMはヴィジョンの製作者でもある「トニー・スターク」の会社「スターク・インダストリーズ」の製品であり、「Episode2」内に挟まれる時計のCMでは時計の名前がワンダを能力者として育て上げた悪の組織ヒドラの幹部「ストラッカー」の名前が当てられていました。

2人のルーツとも言える要素を盛り込んだ「虚構の世界」を作り出したのはワンダの妄想なのか、それともヴィジョンを現実世界に蘇らせるための意図しての物なのか。

1話ごとに明らかになる世界の真実から目が離せなくなる作品です。

気になる今後の展開を予想

(C)2021 Marvel

MCUの登場人物「ドクター・ストレンジ」を題材とした映画の第2作『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』(2021)は『ワンダヴィジョン』から直結した物語になることが明言されており、ワンダを演じるエリザベス・オルセンの出演も決定しています。

原作内の「アベンジャーズ: ディスアセンブルド」シリーズでは、ワンダが子供を失ったことで世界を改変させかねない暴走を繰り返し多数の死者を出した上でドクター・ストレンジによって制圧される、という物語が繰り広げられます。

現段階で『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』のストーリーラインが原作内のどのシリーズを題材にするのかは明らかになっていませんが、ワンダがヴィラン化することも想定できます。

「Episode2」のラストに登場した「虚構の世界」に入り込んだ「防護服を着た男」と、色の付いた「虚構の世界」でのワンダの妊娠を思わせる変化。

ヒドラの手先とも思われる「防護服を着た男」が「世界」にどのような影響を及ぼすのか、ワンダの行く先に不穏さが漂います。

スポンサーリンク

まとめ

モノクロな映像とセリフや行動に付け加えられる観客の爆笑の声から、アメリカの1960年代のコメディドラマを彷彿とさせるドラマ『ワンダヴィジョン』。

底抜けの明るさがあり観ててホッとするようなホームドラマ感を味わえるものの、全てに納得のいかない違和感と不気味さを漂わせます。

1話30分ほどで鑑賞できる気軽さで全9話が予定されている本ドラマは、作中全体にMCUのネタが満載なためシリーズファンぜひ見て欲しいオススメ作品です。







関連記事

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『クォーリーと呼ばれた男』あらすじとキャスト一覧!

ベトナム戦争末期のアメリカを舞台に、陰謀渦巻く闇社会の中で闘い、苦悩する男を描いた衝撃のクライムバイオレンス! 『クォーリーと呼ばれた男』が、2017年5月15日(月)より、スター・チャンネル独占日本 …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『シャーロック シーズン2』1話ネタバレと動画無料視聴

コナン・ドイルの名作、シャーロック・ホームズを現代のイギリスを舞台した海外ドラマのシーズン2。 シーズン2の第1話は原作でも重要なキャラクター、アイリーン・アドラーが登場! 第1話、「ベルグレービアの …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『13の理由』あらすじとキャスト一覧!感想レビュー【Netflix】

Netflixで配信されるや否や、10代の若者を中心に大きな反響を呼び、全世界で物議を醸しだしている話題のドラマ、『13の理由』。 決してハッピーな題材ではなく、むしろヘビーな内容で心重たくなるシーン …

海外ドラマシリーズ

ブラックミラー シーズン1「国歌」ネタバレと感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も

2011年にイギリスで放送されたテレビ番組『ブラック・ミラー』。 1話完結型のSFオムニバスドラマであるこのシリーズは、もともと本国での人気が高かったシリーズですが、Netflixが参入したシーズン3 …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『マニフェスト シーズン1』第1話ネタバレ感想とラスト結末の解説。過去から帰還した飛行機828便の謎の乗客たちが辿るミステリードラマ

U-NEXTオリジナル『マニフェスト 828便の謎』シーズン1が日本配信中 ドラマ『マニフェスト 828便の謎』は、飛行機で搭乗中、乱気流に巻き込まれ、5年後の世界にたどり着いた乗客をめぐるミステリー …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学