Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/25
Update

映画『キャプテン・マーベル』あらすじキャスト。マーベル史上初の女性ヒーローをスクリーンXで目撃せよ!

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『キャプテン・マーベル』がScreenXにて2019年3月15日(金)より公開

マーベル史上初となる女性ヒーローが主役となる映画『キャプテン・マーベル』がScreenXにて2019年3月15日(金)より公開決定

アイアンマンに続き、今後のマーベル・ヒーローの中心人物となる“キャプテン・マーベル”。

アベンジャーズ誕生の鍵を握り、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の新時代を担うヒーロー伝説がついに幕を開けました

ScreenXシアターでの『キャプテン・マーベル』公開決定に合わせて、特別ティザー映像が解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『キャプテン・マーベル』とは

マーベル・コミックに登場する架空のヒーロー、キャプテン・マーベルが主人公の映画です。

様々な「マーベル・コミック」の実写映画を同一の世界観のクロスオーバー作品として扱うマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズとしては21作目で、初の女性ヒーローが主役となります。

ある事故によりエイリアンのDNAと融合したキャプテン・マーベルが、地球に墜落したことで、エイリアンの戦争に巻き込まれていきます。

記憶を失っている彼女の戦いを描きます。

キャプテン・マーベルを務めるのは、2016年公開の『ルーム』で、アカデミー賞初ノミネートにして主演女優賞を獲得した女優ブリー・ラーソン。

キャプテン・マーベルが共に戦うシールドのヘッドエージェント、ニック・フューリーを演じるのはシリーズを通してこの役を演じるサミュエル・L・ジャクソン。

これまでは左目にアイパッチをしているのがおなじみの姿でしたが、今回の作品は左目を失う以前の物語のため、アイパッチのないニック・フューリーが描かれています。

またデジタル技術により、25歳若返った姿で描かれています

若き日のニック・フューリーと共にシールズで働くフィル・コールソンを演じるのは、『アイアンマン』(2008)以降コールソン役を続投しているクラーク・グレッグ

彼もまた25歳若返った姿で活躍。

キャプテン・マーベルが所属していたスターフォースの司令官役にはイギリス人俳優のジュード・ロウ

その端麗な容姿もさることながら、アカデミー賞やゴールデングローブ賞に何度もノミネートされる実力派で名を馳せています。

2018年に公開された『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ではアルバス・ダンブルドア役を務めました。

ScreenXシアターでの特別ティザー映像

解禁されたScreenXの特別ティザー映像は、キャプテン・マーベルが若き日のニック・フューリーと出会い、ヒーローとして覚醒して宇宙空間へと飛び立つシーンです。

270度でワイドに展開された映像が、新たな戦いへの期待度MAXな内容となっています。

まるで自分も宇宙空間にいるのではないかという錯覚に陥るような映像ですね。

キャプテン・マーベルの降臨をワイドスクリーンで目撃してください!

キャプテン・マーベル × ニック・フューリーの挟み撃ちをScreenXで!

キャプテン・マーベルがシールドのエージェントであるニック・フューリーに出会い、閲覧室と格納庫で繰り広げる戦闘と、これに続く戦闘機による空中戦をScreenXで楽しめます。

本棚がずらりと並ぶ閲覧室では、誰が敵なのか分からない状況の中で激しい戦いが繰り広げられ、ScreenXの左右両サイドの画面に閲覧室が壁面のように広がる空間をより一層実感できます。

続く空中戦では、空に飛び立つシーンから峡谷の間をギリギリに通り抜けるシーンまで、すべてScreenXで楽しむことができます。

キャプテン・マーベルの主観で描かれるニック・フューリーとの戦闘機の内部シーンは、観客も戦闘機に乗って一緒に空に飛び上がるようなスリルを体感でき、青空を飛び回る戦闘機を見渡すシーンでは、ScreenXならではのワイドな全景を満喫できます。

キャプテン・マーベルの失われた過去が両サイドで展開!

ScreenXでキャプテン・マーベルが忘れていた過去を思い出す回想シーンも名場面になっています。

キャプテン・マーベルが過去に吸い込まれていくような演出は、ScreenXで絶賛された『アントマン&ワスプ』(2018)の量子世界のシーンが思い出されるほど、夢幻的な雰囲気を漂わせます。

ScreenXの左右両サイドの画面で展開される彼女の内面の苦しみが、観客にひしひしと伝わるように演出されています。

宇宙船の中で覚醒したキャプテン・マーベルの最初の戦闘

キャプテン・マーベルがヒーローとして覚醒した後の戦闘はScreenXならではの特別な目撃体験となります。

キャプテン・マーベルが、流れる音楽に合わせて繰り広げる船内での激しい戦闘シーンでは、ScreenXによって観客も船内にいるような臨場感を体感できます。

さらに、キャプテン・マーベルの強力なパワーによって四方に跳ね飛ばされる敵の姿がScreenXで表現され、マーベル映画特有のコミカルで明るいエネルギーを感じることができるでしょう。

『キャプテン・マーベル』の宇宙が、ScreenXで展開

マーベル史上、最も強力なヒーローであるキャプテン・マーベルによる宇宙を背景にした最後の戦闘シーンが、ScreenXでより鮮明に展開されます。

覚醒したキャプテン・マーベルは、敵の大艦隊と素手で戦うという超人的な能力を見せますが、宇宙を駆け回りながら発揮する“キャプテン・マーベル”のパワーが左右のスクリーンに伸びて快感を高めます

ScreenXの左右のスクリーンに噴出する彼女の超人的なパワーに圧倒されるだけではなく、直感的に“キャプテン・マーベル”を応援することになりそうですね!

スポンサーリンク

映画『キャプテン・マーベル』の作品情報


(C)2019 MARVEL

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Captain Marvel

【監督】
アンナ・ボーデン、ラアン・フレック

【キャスト】
ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、クラーク・グレッグ

【作品概要】
マーベル史上初の女性ヒーローが単独で主役となったアクション・エンタテインメント作品。

アベンジャーズ結成以前の1990年代を舞台に、過去の記憶を失った女性ヒーローのキャプテン・マーベルの戦いを描きます。

のちにアベンジャーズ結成の立役者となるニック・フューリーも登場し、アベンジャーズ誕生のきっかけとなるヒーローの始まりが明らかにされます。

キャプテン・マーベル役を務めるのはブリー・ラーソン。

2016年に公開された『ルーム』では初めてアカデミー賞にノミネートされ、主演女優賞を受賞しました。

ニック・フューリー役には、シリーズを通してこの役を務めているサミュエル・L・ジャクソン。

今回の作品ではニック・フューリーが左目を失う前の1990年代が舞台ということで、アイパッチをしていない彼が描かれています。

また、スターフォースの司令官役としてジュード・ロウが、ニック・フューリーと共に働くエージェントのフィル・コールソンとしてクラーク・グレッグが共演しています。

監督は『ワイルド・ギャンブル』でも共同で監督を務めたアンナ・ボーデンとライアン・フレック。

映画『キャプテン・マーベル』のあらすじ


(C)2019 MARVEL

マーベル史上最強といわれるキャプテン・マーベルは、記憶を失ったヒーロー。

1995年のある日、ロサンゼルスのビデオ店に記憶を失った女性が降り立ちました。

驚異的なパワーを持つ彼女の記憶には秘密が隠されていて、正体不明の敵が襲い掛かってきます。

キャプテン・マーベルとなった彼女は、若き日のニック・フューリーと共に自らの記憶をめぐる戦いに立ち向かっていきます。

孤独や不安に打ちのめされても、不屈の精神で何度も立ち上がる新たなヒーロー。

果たして彼女は、記憶を取り戻しこの戦いを終わらせることができるのでしょうか?!

スポンサーリンク

まだScreenXシアター未体験のあなたに

「ScreenX」は2012年に韓国の映画配給会社CJ CGVが世界初で開発した新次元の3面マルチ上映システムで、ハリウッドのブロックバスター映画を続々と公開中です。

現在アメリカ、フランス、スイス、イギリス、中国、タイ、インドネシア、ベトナム、トルコ、アラブ首長国連邦など、全世界17ヶ国198スクリーンを運営中です。

日本では、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にオープンしたのをはじめとして、石川県「シネマサンシャインかほく」、山口県「シネマサンシャイン下関」、福岡県「ユナイテッド・シネマ 福岡ももち」がオープンし、日本国内4劇場にて導入中です。(※2019年2月現在)

「ScreenX」とは、次世代型映画上映システムとして世界的に注目を集めている3面マルチプロジェクション・映画上映システムです。

正面のスクリーンに加え、両側面(壁面)にも映像が投影され、270度の視界すべてで映画を鑑賞することができ、映画の世界に自分の感覚が没入していくような臨場感を体験することができます。

「ScreenX」で上映される映画は、シーンによって正面のみに映像が投影されるシーンと、両側面に映像が投影されるシーンがあります。

左右に広がる画面は映画のシーンにさらなる抑揚と臨場感をもたらす効果を生み出し、映画自体の持つポテンシャルを最大限に表現することを可能にしました。

映画『キャプテン・マーベル』のScreenX上映館情報

【ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場】

【ユナイテッド・シネマ 福岡ももち】

【シネマサンシャインかほく】

【シネマサンシャイン下関】

まとめ


(C)2019 MARVEL

ScreenXシアターでは、2018年公開映画のNo.1ヒットとなった『ボヘミアン・ラプソディ』で、巨大ステージから小道具までを完璧に再現し、クイーンが披露する数々のライブシーンをまるでその会場にいるかのようなリアルな映像体験を提供したことで話題となりました。

2019年2月22日(金)からは、ジェームズ・キャメロンの超進化スペクタクル・アドベンチャー『アリータ:バトル・エンジェル』も公開され、新しい映画の鑑賞方法となっています。

正面からの映像だけでなく、左右からの映像も展開されることにより、自分がニック・フューリーやキャプテン・マーベルと共にエージェントの一員になっているかのような感覚を味わうことができるでしょう。

新たなスクリーンのビジュアル革命ともなるScreenXで、新時代のヒーロー誕生の瞬間を目撃してください!

映画『キャプテン・マーベル』は3月15日(金)より全国のScreenXシアターにて公開!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『トゥルーノース』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。北朝鮮の強制収容所で生き抜く家族を3Dアニメーションで描く!

それでも、生きていくー。世界の映画祭で絶賛された衝撃の物語。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所の内情を描きつつ、過酷な環境で生きていく家族とその仲間たちが生き抜いていく姿を3Dアニメーションで描い …

新作映画ニュース

映画『斬、』キャスト池松壮亮&蒼井優の思い。塚本晋也監督の新作とは

(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER 塚本晋也監督が挑んだ初時代劇『斬、』(ざん、) は、2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開。 本作品『斬、』の …

新作映画ニュース

映画『空母いぶき』舞台挨拶リポート。西島秀俊・佐々木蔵之介らが完成披露試写会のゲストで登壇!

映画『空母いぶき』は2019年5月24日(金)に公開 2019年5月24日(金)に公開される、かわぐちかいじによるベストセラーコミックを、破格のオールスターキャストで映画化した超大作『空母いぶき』。 …

新作映画ニュース

ホアキン・フェニックスが実在の漫画家を演じた映画『ドント・ウォーリー』メイキング映像解禁!

ホアキンの情熱が伝わるメイキング 故ロビン・ウィリアムズが映画化を熱望した風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を描いた、映画『ドント・ウォーリー』。 ガス・ヴァン・サント監督がホアキン・フェニックスを主 …

新作映画ニュース

【角川シネマ新宿】アニメ専門劇場にリニューアル!細田守フィルムフェスティバル開催

5F エントランススペースイメージ画像 角川シネマ新宿が2018年7月28日(土)より、リニューアルプレオープン。 邦画・洋画、実写・アニメとジャンルを問わず上映してきた、角川シネマ新宿がリニューアル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学