Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/02/05
Update

松本動監督の映画一挙上映!『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』2月18日に渋谷ユーロライブにて開催

  • Writer :
  • 石井夏子

全世界累計139の映画祭を席巻!! グランプリ11冠を含む全50冠の作品群!!

2021年2月18日(木)渋谷のユーロライブにて、国内外の映画祭を席巻して来た実力派の新鋭、松本動(ゆるぐ) 監督の作品群が一挙上映されるイベント『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』の開催が決定しました。

今回のイベントで上映されるのは、コロナ禍でも制作が行われていた事でも話題となった最新作の『2020年 東京。12人の役者たち』や『パレット』を含む長編作品2本、短編作品5本の計7作品

松本動監督作が一挙に観られる上映イベントとなっています。

スポンサーリンク

『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』について

上映作品は3つのプログラムに分けられ、《Aプログラム》は『星に語りて~Starry Sky~』の長編を1本

《Bプログラム》は ショートフィルムセレクションとして『ミックス』『ガチャガチャ/GACHA GACHA』『公衆電話』『カセットテープ』『パレット』の短編を5本

《Cプログラム》は『2020年 東京。12人の役者たち』の長編1本を上映します。

『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』開催概要

【開催日】
2021年2月18日(木)

【上映開始時間】
《Aプログラム》13:00開場/13:30開演
《Bプログラム》16:00開場/16:30開演
《Cプログラム》19:10開場/19:30開演
※各プログラムごとに、監督・出演者等による舞台挨拶あり (監督は全ての回に参加予定)

【上映作品】
《Aプログラム》『星に語りて~Starry Sky~』※蔵出しメイキング映像上映
《Bプログラム》『ミックス』『ガチャガチャ/GACHA GACHA』『公衆電話』『カセットテープ』『パレット』 ※幻の8mm初期作品(ダイジェスト版)上映
《Cプログラム》『2020年 東京。12人の役者たち』 ※完全版プレミア上映

【会場】
ユーロライブ
渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F

【入場料】
0円~の投げ銭

【予約】
Peatixのサイトにて

松本動監督からのメッセージ

この度、私が監督を務めた7作品を一挙に上映するイベントを『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』と銘打って開催する運びとなりました。こんなコロナ禍に不謹慎な奴だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私が映画創りを始めた頃に影響を受けた寺山修司の監督作品「書を捨 てよ 町へ出よう」から、今年がちょうど50年という節目の年であり、そんな節目の年に上映会を開催するという事と、今や映画をVODで鑑賞するのが普通の時代ではありますが、やはり映画は劇場のスクリーンで鑑賞するのが一番だと思い、「ネットにばかり繋がっていないで、Wi-Fi捨てて渋谷の劇場に来てスクリーンで映画観なよ」という抗いの意を込め拝借しました。そんな私ですから、当然自分の監督作品のVOD配信を躊躇っているわけですが、いつかは受け入れざるを得なくなる日が訪れると思いますので、『スクリーンでしか観られない』という特別感に浸れる残された僅かな時間を、ぜひ体感しに渋谷のユーロライブにお越し頂けたら幸いです。

松本動監督のプロフィール

松本 動(まつもとゆるぐ)は東京都出身の映画監督。90年代から8mmフィルムで自主映画制作を始め、その後、商業映画の道へと進み、石井隆、山崎貴、中村義洋、矢崎仁司、佐藤信介等の監督作品にフリーの助監督として従事。

大林宣彦監督『花筺/HANAGATAMI』での監督 補佐を最後に助監督を退任した。

現在は監督として、テレビのドキュメンタリードラマを中心に活動し、2015年から再開した自主映画作品が多くの映画祭で高い評価を得ている。

中でも『ガチャガチャ/GACHA GACHA』は国内外30以上の映画祭で 16の賞を獲得。続く『公衆電話』では、国内外60近い映画祭を席巻し、グランプリ5つを含む18冠に輝き、その続編『カセットテープ』は、『第6回八王子Short Film 映画祭』にてグランプリ&観客賞のW受賞。

その後 『第23回横浜映像天国』でもグランプリ&主演女優賞のW受賞を果たし、前人未到の同映画祭グランプリ4連覇の偉業を成し遂げる。

他には乃木坂46のショートムービー『バージン・ブリーズ』を脚本・監督して好評を博す。

2011年東日本大震災の際、障害者の置かれた知られざる実情を描いた長編映画『星に語りて~Starry Sky~』の監督を務め、『第37回日本映画復興賞』 で奨励賞を受賞し、アメリカのハリウッドで開催された 『JAPAN CONNECTS HOLLYWOOD 2020』では最優秀作品賞を受賞するなど、アイドルから社会派作品まで幅広い映像分野で活躍している。

スポンサーリンク

まとめ

参考動画:『パレット』

本イベントは、来場特典として、『星に語りて~Starry Sky~』の蔵出しメイキング映像や、幻の8mm初期作品(ダイジェスト版)のデジタル上映がされます。

また、来場者にはもれなく特製ポストカードがプレゼントされる、盛沢山のイベントとなっています。

松本動(ゆるぐ) 監督の作品群が一挙上映されるイベント『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』は、2021年2月18日(木)に渋谷のユーロライブにて開催です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』公開日/上映館。1人の若者の変化と成長を追ったドキュメンタリー

NHK番組版がギャラクシー賞候補になったドキュメンタリーが遂に劇場公開! 《女》から《男》へ、そしてその先にあるものとは? (C)2019 Miyuki Tokoi NHKで放映されギャラクシー賞候補 …

新作映画ニュース

ジュラシック・ワールド 炎の王国|日本4DX映画の歴代最高記録を達成!

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』4DX版が、公開2週間にして約17万人動員、約4億3千万円超え、日本4DX映画の歴代最高記録を達成! 公開初日からSNS口コミ率が非常に高い本作、気になる投稿の一部 …

新作映画ニュース

水橋研二×瀧内公美映画『カゾクデッサン』あらすじとキャスト。公開日は3月21日で家族の絆を描く

家族って、どこまでが家族ですか? 彷徨う大人たちと子どもを結ぶ 色とりどりの「絆」と「幸せ」のかたち 水橋研二×瀧内公美×大友一生といった日本映画の際立つ才能が交ざり合う映画『カゾクデッサン』。 家族 …

新作映画ニュース

前田多美・佐伯日菜子らがちば映画祭2020のゲスト!1月18日(土)アテネフランセ文化センターにて開催

新年一発! ちば映画祭2020 in アテネ・フランセ文化センターの来場ゲスト発表。 千葉県初上映の若手映画監督の作品上映をメインの作品を上映しているちば映画祭。 2020年1月18日(土)に、千葉県 …

新作映画ニュース

古川登志夫がキャラを演じ分けた予告動画紹介!『シッチェス映画祭2020』はロブゾンビ新作ホラーも上映

衝撃の映像が露わに! レジェンド古川登志夫が語る、衝撃の予告編が完成。 スペインで毎年開催されるシッチェス映画祭の上映作から厳選した作品を日本で上映する「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクショ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学