Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/08/22
Update

あらののはて|しゅはまはるみキャスト陣と監督が映画を語る!池袋シネマロサの初日舞台挨拶に登壇

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『あらののはて』は2021年8月21日(土)より池袋シネマ・ロサ他にて全国順次公開!

カメラを止めるな!』の女優・しゅはまはるみ、『イソップの思うツボ』の俳優・藤田健彦、舞台演出やアニメ作品制作に携わってきた監督・長谷川朋史が結成した自主映画制作ユニット「ルネシネマ」。

第2作となる映画『あらののはて』は、高校時代に感じた“ある感情”を8年経っても忘れられずにいる女性と、そのきっかけとなった元同級生の間に残り続ける“青春”を描いた作品です。


(C)Cinemarche

劇場公開を迎えた2021年8月21日(土)、池袋シネマ・ロサでは初上映と併せての初日舞台挨拶を実施。主人公・野々宮風子を演じた舞木ひと美をはじめ、キャストの髙橋雄祐しゅはまはるみ藤田健彦、そして長谷川朋史監督がゲストとして登壇しました。

本記事では、その初日舞台挨拶の模様をご紹介いたします。

スポンサーリンク

『あらののはて』初日舞台挨拶リポート!

珠美役:しゅはまはるみさん


(C)Cinemarche

「ルネシネマ」の名を轟かせていきたい

映画『あらののはて』公開初日の2021年8月21日(土)、池袋シネマ・ロサで行われた初日舞台挨拶。本作を手がけた長谷川朋史監督による司会進行のもと、主人公・風子を演じた舞木ひと美をはじめ、キャストの髙橋雄祐しゅはまはるみ藤田健彦が登壇しました。

元々舞台演出家として活動していた長谷川監督が、20年来の演劇仲間であるしゅはま、藤田とともに2017年末に結成した自主映画制作ユニット「ルネシネマ」の第2弾作品となる映画『あらののはて』。

「ルネシネマへの期待」について質問されたしゅはまは、本作の公開初日と同日に、ルネシネマによる新作映画の製作が決定されたことを発表。そして劇場公開を迎えた映画『あらののはて』今後全国、そして海外へと上映の場が拡げる中でルネシネマの名を轟かせていきたいと語りました。

「不思議ちゃんたちの映画」のためそれぞれに役作り

主人公・野々宮風子役:舞木ひと美さん


(C)Cinemarche

本作の主演・プロデュースを務めた舞木は、作中にて主人公・風子が髙橋演じる同級生・荒野にデッサンモデルを頼まれ応じる場面での演技について、主人公にとっての8年にわたる心残りとなった「絶頂感」に言及。それまで役作りで考えたことのなかった「女性の絶頂感」を、心身の両面からどう演技としてアプローチすればいいのかを毎日考え続けていたと明かしました。

大谷荒野役:髙橋雄祐さん


(C)Cinemarche

一方で風子にデッサンモデルを頼む同級生・荒野を演じた高橋は、本作の役作りのためにひたすら街中で「高校生」を観察し続けたと告白。その上で長谷川監督から「不思議ちゃんたちの映画」と説明された映画『あらののはて』での演技に向け「街中で決して見かけることのなかった高校生」の人物像を形作っていったと話しました。

小劇場界の「レジェンド」たちも出演!

山田先生役:藤田健彦さん


(C)Cinemarche

風子と荒野が通う高校の教師・山田役を務めた藤田は、作中の授業の場面に関しては長谷川監督からほぼ「おまかせ」で頼まれ、自身でその内容と芝居を進めていったとのこと。しかし長谷川監督から「授業内容は事前にテキストを渡していた」と指摘されると「そういえばそうでしたね(笑)」と笑いながら答える場面もありました。

8年ぶりに荒野に会いに行くよう風子に促す絵画教室の講師・珠美を演じたしゅはまは、絵画教室に通う生徒役として出演している通称「おじさんズ」について言及しました。

小劇場で長らく活動してきたしゅはまにとって「おじさんズ」は全員、小劇場界で常に話題をもたらしてきた「大先輩」ばかりであり、映画『あらののはて』での友情出演は小劇場界が騒ぐほどの非常に貴重な出来事であったため、共演中にはずっと緊張していたと明かしました。

映画『あらののはて長谷川朋史監督


(C)Cinemarche

そして最後に長谷川監督は、キャスト陣ならびに劇場に訪れた人々へ劇場公開を迎えられたことへの感謝を述べた上で、劇場で直接感想をお聞きすることが難しい状況が続くからこそ、ぜひSNSなど様々な形で映画『あらののはて』の感想を聞かせてほしいと呼びかけました。

野々宮風子役:舞木ひと美さん公開記念インタビューが掲載中!


(C)Cinemarche

映画『あらののはて』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本・撮影・編集】
長谷川朋史

【キャスト】
舞木ひと美、髙橋雄祐、眞嶋優、成瀬美希、藤田健彦、しゅはまはるみ、政岡泰志、小林けんいち、山田伊久磨、兼尾洋泰、行永浩信、小谷愛美、才藤えみ、佐藤千青、藤井杏朱夏

映画『あらののはて』のあらすじ


(C)ルネシネマ

25歳フリーターの野々宮風子(舞木ひと美)は、高校2年の冬にクラスメートで美術部の大谷荒野(髙橋雄祐)に頼まれ、絵画モデルをした時に感じた理由のわからない絶頂感が今も忘れられない。

絶頂の末に失神した風子を見つけた担任教師(藤田健彦)の誤解により荒野は退学となり、以来、風子は荒野と会っていない。

8年の月日が流れた。あの日以来感じたことがない風子は、友人の珠美(しゅはまはるみ)にそそのかされ、マリア(眞嶋優)と同棲している荒野を訪ね、もう一度自分をモデルに絵を描けと迫るが……。

スポンサーリンク

まとめ


(C)Cinemarche

2021年8月21日(土)より、池袋シネマ・ロサにてついに劇場公開を迎えた映画『あらののはて』。監督・キャスト陣が登壇した初日舞台挨拶では盛況の中で無事幕を閉じました。

TwitterをはじめSNS上では、すでに映画『あらののはて』を劇場で観た人々の感想が多数投稿されている様子がうかがえます。そしてそれらの投稿は、どれもがまさに「好評」といういうべき内容ばかりでした。

映画の劇場公開において困難な状況が続く中、公開初日に快調なスタートを切った映画『あらののはて』しゅはまが舞台挨拶にて触れた通り、本作が今後全国、そして海外へと上映の場が拡がっていく期待は高まる一方です。

映画『あらののはて』は2021年8月21日(土)より池袋シネマ・ロサほかにて全国順次公開!





関連記事

新作映画ニュース

映画『インフル病みのペトロフ家』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カンヌを驚愕と喝采の渦に巻き込んだキリル・セレブレンニコフ監督の衝撃作品

鬼才キリル・セレブレンニコフ監督が描く迷宮のような最新作 『LETO-レト-』(2018)で知られるロシア演劇界の鬼才にして気鋭の映画作家キリル・セレブレンニコフ監督が、大ベストセラー小説を原作に描き …

新作映画ニュース

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』キャストの大沢たかおは隠神刑部(いぬがみぎょうぶ )役に挑む。かっこいい魅力のある演技力とプロフィール紹介!

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は2021年8月13日よりロードショー 2005年に三池崇史監督が神木隆之介主演で製作した『妖怪大戦争』に続く、超ド派手妖怪ファンタジーエンタテインメント『妖怪大戦争 …

新作映画ニュース

映画『ブレス あの波の向こうへ』あらすじとキャスト。サイモン・ベイカーが美少年サーファーを撮る

オーストラリアで5週連続TOP10入りの大ヒットを記録! ティム・ウィントンが描いた伝説のサーフ文学『ブレス:呼吸』を、人気俳優サイモン・ベイカーが初監督と主演を務め、邦題『ブレス あの波の向こうへ』 …

新作映画ニュース

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』あらすじ。公開日は2020年2月8日と決定のアレックス・プロヤスのデビュー作

“日本人の心に残り続けた”幻のファンタジー映画。 アレックス・プロヤス監督の“失われた傑作”が30年の時を越えてデジタル・リマスター版で日本に帰ってきます。 ©1988 COMPANY BIZARRE …

新作映画ニュース

第91回アカデミー賞ノミネート2019『バイス』あらすじとキャスト。クリスチャン・ベールのなりきり遍歴!

またもクリスチャン・ベールがやってくれました! これまでも数々の作品で肉体改造を行ってきたクリスチャン・ベールが、映画『バイス』でも体重を20キロ増やして髪を剃り、アメリカ史上最も権力を持った副大統領 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学