Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2023/09/15
Update

SF映画『JOURNEY』“Jホラーの父”鶴田法男監督ら応援コメント到着!芦澤明子(カメラマン)も“圧倒的な映像”と称賛

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『JOURNEY』は2023年10月21日(土)より池袋シネマ・ロサにて限定劇場公開!

弱冠21歳(制作当時)にして「SKIPシティアワード賞2022」、2023年には欧州最大の日本映画祭であるドイツ「ニッポン・コネクション」に入選した霧生笙吾による長編監督第1作『JOURNEY』

60分のアブストラクトSF詩篇である本作は、2023年10月21日(土)より池袋シネマ・ロサにて限定劇場公開されます。


(C)JOURNEY 2023/Cinemago

このたび、劇中でも使用されているフランツ・リストのピアノ曲『おお、愛しうる限り愛せ』にのせて紡がれる1分30秒の映画予告編が解禁

あわせて「Jホラーの父」こと鶴田法男監督、主演映画『卍』『いずれ あなたが知る話』が公開中の俳優・小原徳子、ライター/編集者の月永理絵からの応援コメントが到着しました。

映画『JOURNEY』について

映画『JOURNEY』予告編

脚本・監督・製作を務めた霧生笙吾の2022年武蔵野美術大学の卒業制作作品であり、自身初の長編監督作品である『JOURNEY』。

2022年7月に開催されたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022における国内コンペティション長編部門に入選した本作は、才能ある次世代映画作家に贈られる「SKIPシティアワード」を受賞

また2023年6月にはドイツで開催される「ニッポン・コネクション」にて上映され、国内外問わず、その独自の映像感覚を高く評価されました。

今回、2023年10月21日(土)からの池袋シネマ・ロサでの初の劇場公開にあたって、映画祭上映版から装いを新たに、霧生監督自ら“ファイナル・カット版”と題して再編集

SF詩篇の世界を支える、鮮やかな音楽を調整する整音を『夢見るように眠りたい』『地獄の警備員』『ヘブンズストーリー』の録音技師で知られる鈴木昭彦に依頼し、喪失と回帰の輪廻を描く『JOURNEY』の映像世界に新たな命が吹き込まれました。

映画『JOURNEY』応援コメント(敬称略/順不同)


(C)JOURNEY 2023/Cinemago

鶴田法男(映画監督/小説家)

私は「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022/国内コンペティション部門」の審査員を努めていたので、本作を「SKIPシティアワード」に推した1人でもあります。私が『JOURNEY』を評価した理由は、『2001年:宇宙の旅』、『惑星ソラリス』等に刺激を受けながらも、VFXや未来的美術セットに頼らないSF映画であるジャン=リュック·ゴダールの『アルファヴィル』や『愛すべき女·女(め·め)たち』内『二〇〇一年愛の交換“未来”』や、ジョージ·ルーカスの『電子的迷宮/THX-1138:4EB』の系列に本作があると思ったからです。私と同年代の観客はSF映画が輝いていた70年代の懐かしくも幸福な映画体験が出来るでしょう。それは、今の若い人々には新鮮な体験になると思います。

芦澤明子(カメラマン)

丁寧に撮られた圧倒的な映像と、豊かな音に包まれた本作は監督が、思い描くSF映画の枠を大きく飛び抜け、いつのまにか日常の中にしっかり絡みついてきている。
父や家族のことまでも。
生まれる時も1人、死ぬ時も1人か、なんて思わずつぶやいてしまう、
そんな旅の映画です。

堤真矢(映画監督)

混じり気なしの純粋SF。
わからない。もどかしい。

何を感じる“べき”なのか。
正解が知りたい。でも考察記事や解説動画は見たくない。
登場人物と一緒に答えのない探究へと連れ去られる、得体の知れない体験。
画の醸し出す圧倒的オーラと、ゆったりと流れる深遠。
そう、この「わからなさに身を委ねる」感覚こそが、実は生きるということなのではと思い出させてくれる。

でも一番理解が追いつかないのはこれが卒業制作ということ…
恐ろしい才能!

日向史有(ドキュメンタリー監督)

映画は、とても純粋に問いかけてくる。
身体と意識を隔てるものはなにか。自分と他者の境界はどこか。
痛みのない世界で生きる時間は幸せなのか。そして、自分とは誰か。
そんな普遍的な問いと一途に向き合い制作された「美しい作品」に、心が震える。

クリストフ・シャルル(武蔵野美術大学教授)

日常的な風景を旅しているが、日常の時間枠の外と感ずる。いわば平行世界という概念にも似ている。
映画『JOURNEY』では、空間、時間、色彩、音の構成、それらの間隔や動きが細かく統一されている。各要素は、割り当てられた場所にあるが、その位置付けは要素を混乱させるものではない。余裕を持って展開する時間と空間の範囲内で、我々は自由に見聞きすることができる。環境音、動作音、登場人物の声が、互いを妨げることなく重なり合っている。登場人物と環境はぶつかることなく共存し、前景と背景の関係は有機的で柔軟だ。同じように、地球と宇宙の環境は互いに重なり合っている。それは内省と旅への誘いであるが、現実からの逃避を望んだとしても、逃避ができるわけではない。旅は今この瞬間、音と光とともにする。

神威杏次(俳優/映画監督)

誰もが思考する力を奪われたような昨今の世の中で、考えることの大切さを教えてくれる。
今すぐテレビを消して、劇場に向かって頂きたい。
そして、やがて襲ってくるであろうコマーシャリズムという敵と彼がどう闘っていくのか。
僕らは、ぜひ見届ける必要がある。
映画という文化の本質を、後世に残していける数少ない旗手として。

田中晴菜(映画監督)

切り取る画に、ショットの組立に、霧生監督の信じる美学が通底している。
旅に目的地が無くても、詩に主旋律が無くても、彼が放ったその一滴は、ひとつのところに向かうのだろう。

宗野賢一(映画監督)

未来を描くSFでありながらも、「今」を強く感じる。
もし今、この映画で描かれる肉体から意識を解放することが可能になったならば、どれだけの人がその選択を行うだろうか。
霧生監督は詩的な映像を用いて私たちの意識を現実から解き放ってくれる。
一見、悲観的な物語だが、どこか希望を感じさせる光を使った演出からは、真理への探求心を持ち続ける人間に対する監督の優しい視線を感じることができる。

月永理絵(ライター/編集者)

微小なものから、ふいに巨大な何かが現れる。その瞬間を目撃することが、映画を見る何よりの喜びだ。手のひらに握られた小さな石ころから無限の時間が広がっていく『Journey』は、まさにこの驚くべき瞬間をつくりだすことに賭けた、実に勇敢な映画だと思う。

渡邉正峰(東京大学准教授 専門分野:認知神経科学)

“意識化”することによる精神の肉体からの解放。
“共同意識化”すれば、金輪際、孤独に苛まれることもない。そんなあるかもしれない未来を珠玉の映像美で描きだした本作に心惹かれた。

わたし自身、意識研究を生業としている。意識の神経メカニズムを解き明かし、その副産物として「意識のアップロード」を実現しようとしている。意識のアップロードが実現したとき社会はどのように変わるのか。

そんなことを頭の片隅で考えつづけてきたが、本作をとおして、なによりも大切なのは個々人の内面であることに気付かされた。巨匠霧生監督のデビュー作をご覧になり、“意識化”の未来がはたしてディストピアなのか、はたまた精神の楽園なのか、ご自身の目でぜひ確かめてほしい。

小原徳子(俳優/脚本家)

未来の物語でありながら、描かれているのは普遍的なもので、この世界に順応しきれずに生きるしかない登場人物たちの心情と、光が持つイメージが徐々に変わっていく展開にゾッとする。

希望を持つということは、孤独や痛みとの戦いであると教えられた。

映画『JOURNEY』の作品情報


(C)JOURNEY 2023/Cinemago

【日本公開】
2023年(日本映画)

【脚本・監督・編集】
霧生笙吾

【キャスト】
宮﨑良太、伊藤梢、森山翔悟、みやたに、山村ひびき、廣田直己

【作品概要】
脚本・監督・製作を務めた霧生笙吾が2022年武蔵野美術大学の卒業制作作品にして、自身初の長編監督作品。

2022年7月には開催されたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022における国内コンペティション長編部門に入選し、才能ある次世代映画作家に贈られる「SKIPシティアワード賞」の栄冠に輝きました。

また2023年6月にはドイツで開催される「ニッポン・コネクション」にて上映され、国内外問わず、その独自の映像感覚を高く評価されています。

映画『JOURNEY』のあらすじ


(C)JOURNEY 2023/Cinemago

肉体から意識を解放することが可能となった近未来。

宇宙飛行士になることを諦め、地球で働く慶次は、心を病む妻の静と暮らしていました。

ある日、慶次は新たな宇宙開発の噂を聞き、静とともに「積極的選択としての死」にも等しい“意識のみの存在”になることへ憧れを抱き始める。

まとめ


(C)JOURNEY 2023/Cinemago

SF映画の金字塔としてカルト的な人気を誇る『2001年宇宙の旅』(1968)や『ブレードランナー』(1982)など、革新的映像表現と哲学的なテーマを内包する作品の影響を受け、映画の世界を構築した霧生笙吾監督作品『JOURNEY』。

今回解禁となった予告編では、劇中でも使用されているフランツ・リストのピアノ曲『おお、愛しうる限り愛せ』にのせて紡がれる3部構成の物語が1分30秒の映像で繋げられています。

霧生笙吾監督による60分のアブストラクトSF詩篇『JOURNEY』は、2023年10月21日(土)より池袋シネマ・ロサにて限定劇場公開!



関連記事

新作映画ニュース

ピストルライターの撃ち方|瀬々敬久監督から「これが映画だ」絶賛コメント到着! 予告編と新ワイドビジュアルも解禁

映画『ピストルライターの撃ち方』は2023年6月17日(土)より渋谷ユーロスペース他で全国順次公開! 東京藝大大学院・映像研究科修了作品『しんしんしん』(2011)、ndjc2018『サヨナラ家族』( …

新作映画ニュース

映画『山〈モンテ〉』公開日情報。黒澤明の精神を継ぐ傑作【アミール・ナデリ作品】

現代イラン映画の巨匠アミール・ナデリ監督が、イタリアでオールロケを敢行した映画『山〈モンテ〉』。 ミケランジェロなどのイタリア彫刻にインスピレーションを受けて制作された本作は、肉体を過剰に酷使しながら …

新作映画ニュース

映画業界のハラスメント防止に向けて、是枝裕和、諏訪敦彦、西川美和ら連盟で文化庁へ要望書提出

業界のハラスメントに監督たちが立ち向かう! 声明文「私たちは映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します。」が、2022年3月18日(金)に是枝裕和、諏訪敦彦、岨手由貴子、⻄川美和、深田晃司、舩橋 …

新作映画ニュース

映画『バーニング・ダウン 爆発都市』あらすじ/キャスト/上映館/特報映像。アンディ・ラウが放つ香港アクションの超大作が日本上陸!

香港映画界の鬼才と豪華キャストが放つアクション超大作! 『イップ・マン 最終章』などを手掛ける香港映画界の鬼才ハーマン・ヤウ監督と、香港随一のスター俳優アンディ・ラウら豪華キャストが放つアクション超大 …

新作映画ニュース

『ある船頭の話』映画公開初日は9月13日!オダギリジョー監督のポスターと特報予告解禁

9月13日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー! © 2019「ある船頭の話」製作委員会 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』の公開初日が2019年9月13日(金)に決定しました。 あわ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学