Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/23
Update

松本動映画『パレット』あらすじ/キャスト/超特報動画。『2020年 東京。12人の役者たち』の劇中短編を映像化!

  • Writer :
  • 石井夏子

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言解除後、いち早く映画制作を再開。
松本動監督の撮影現場、メイキング映像を解禁!!

コロナ禍の中でも撮影が続けられて来た長編映画という事で話題となっている、松本動監督の最新長編映画『2020年 東京。12人の役者たち』。

この度、劇中内で展開される短編劇映画『パレット』の制作が急遽決定し、撮影が行われました

また、『パレット』撮影時のメイキング映像と、超特報動画が解禁となりました。

本記事では2020年夏に完成予定の映画『2020年 東京。12人の役者たち』と、その中で展開する『パレット』についてお伝えします。

スポンサーリンク

映画『2020年 東京。12人の役者たち』とは?

2019年9月、映画監督・松本動(まつもとゆるぐ)が、俳優向け演技ワークショップ「CiNEAST」にてゲスト講師を務めるにあたり、ワークショップを通しての映画制作を提案し、俳優と映画監督のコラボレーションワークショップ「シネアストラボ」がスタートしました。

約半年の準備期間を経て、2020年春より本格的な撮影を開始しようとしていた矢先、新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発令、撮影中止を余儀なくされます。

2020年4月、プロジェクトの中止も検討される中、松本動監督とCiNEASTは今だからこそ伝えるべきテーマを、今だからこそできる手法で制作できないかと模索し、オンラインで映画を制作することを決定。

本企画は混乱する情勢の中で、ワークショップ参加者12人の役者はどう生きるのかを、 「私の職業は自分です」をテーマに掲げ、出演者である役者は自分自身を演じながら、自らスマートフォンを使って日々撮影し、自撮りや独白という表現方法も用いながら、人生観、役者論、未来への展望などなど、内に秘めたあらゆる思考や感情を浮き彫りにし、現実と虚構の間であるイマジナリーラインを往来する事により、ドキュメンタリーで『事実』を捉え、それをフィクションへと昇華し『真実』をあぶり出しました。

本作は、そんな『ドキュフィクション』作品であり、ネット配信の映像作品ではなく、新型コロナウイルスが終息し、再び映画館で映画が思う存分楽しめる未来に希望を込め、劇場上映のための長編映画にこだわって制作しています。

劇中内短編映画『パレット』の撮影について

新型コロナウイルスの影響で映画界全体が危機に瀕している最中でも、オンラインによる映像制作や配信イベントなどが行われ、多くの映像作品がインターネット上に配信されています。

『2020年 東京。12人の役者たち』も、12人の役者が記録した映像を松本監督がネット経由で受け取り、編集するスタイルで進行しています。

しかし、緊急事態宣言が解除となった事を受け、アメリカやヨーロッパ、韓国など、感染防止対策のガイドラインを参考に独自のガイドライン『12人の役者たちモデル』を策定し、感染防止対策を行っての短編映画『パレット』の制作を急遽決定し、改めて役者の同意を得て、このプロジェクトに賛同したスタッフと共に、本来の映画撮影が行われました。

この短編映画『パレット』は『2020年 東京。12人の役者たち』の本編内に展開される構成で現在絶賛編集中です。

スポンサーリンク

映画『2020年 東京。12人の役者たち』の作品情報

【完成予定】
2020年(日本映画)

【製作・監督・編集】
松本動

【キャスト】
秋田ようこ、秋山大地、井之浦亮介、小⻄有也、 杉谷玲奈、清水杏樹、田中栄吾、田村陸、みやたに、 迎祐花、本山勇賢、和田悠佑

短編劇映画『パレット』のあらすじ

2020年にパンデミックとなったCOVID-19は、あたかも終息したかの様に思えました。

しかし、遺伝子変異によって増殖力を増し、ワクチンや治療薬の耐性ウイルスへと変貌したその恐ろしい強毒性ウイルスは、東京23区を中心に感染が一気に拡大し、政府は東京のロックダウンを実施。

新型ウイルスの終息を迎えるまでは、誰一人例外無く東京の出入りは禁止となり、通信各社の情報提供によって、人々は常に政府の監視下に置かれ、外出も禁止となり、違反をすれば罰金か禁固刑が科せられる事となりました。

新型ウイルスは花粉なみの飛散をすると噂が広まり、口や鼻、目の粘膜組織からの感染を恐れ、人々は外出時だけでなく、室内に居る時も防毒マスクの装着を強いられます。

そんな状況下。再び新型ウイルスが蔓延する日が必ずやって来ると危惧した環境活動家の谷口敏行が、東京郊外の山間部で閉校となった元大学の校舎を買い取り、強毒性のウイルス対策を施すための工事を始めました。

矢先に、新型ウイルスの感染が拡がりますが、施設の一部しか陰圧化出来ていません。

防毒マスクを外して生活出来る空間は限られいたものの、谷口の活動に賛同する仲間や、行き場を失った者たちを秘密裏に受け入れ、匿って生活をしていました。

そんな施設でひっそりと暮らし始めた者たちの、切なくも儚い一夜の物語。

スポンサーリンク

まとめ

画像:『パレット』メイキング

長編映画『2020年 東京。12人の役者たち』にて、この度、何処よりも早く映画撮影を再開し、映画業界を活気付けようと、感染防止対策を施して撮影された劇中短編『パレット』。

『パレット』撮影への思いを、松本監督は以下のように語っています。

東京都の緊急事態宣言が解除になってから、もうじき一ヶ月を迎えますが、ニュースでは連日、各業種が感染防止対策を施しつつ、再開へ向けて動き始めた事を伝えていますが、映画館の営業再開やテレビドラマの撮影再開などは時々目にしますが、『映画撮影』の再開については、一向に聞こえて来ませんし、目にもしません。一部の映画人がオンラインで映像制作を行い、ネット配信して活路を見出そうとしていましたが、映画制作に踏み出したという映画人が現われない事に、少し違和感を感じていました。
果たして日本の映画人たちは、いつになったら映画制作を再開出来るのだろうか? なぜ、映画撮影も再開へ向け動き始めたという前向きな情報を発信しないのだろうか? と、自粛生活をしながら悶々としていましたが、そういう自分も『映画制作』はしていても、本来の『映画撮影』はしていないという事に、はたと気づき、ならば自分が本来の映画撮影を再開しようではないかと、緊急事態宣言解除の目処が見えて来た頃に、12人の役者たちに短篇映画制作の意向を伝えたところ、賛同を得る事が出来たので、いち早く映画撮影を再開する事が出来ました。
まだ感染の可能性があるにも関わらず、プロジェクトへの参加を決断してくれたスタッフや役者の皆さんには、心より感謝をしております。 撮影の手応えは、とても良いものがありましたので、完成をぜひ楽しみにお待ち下さい。

『パレット』も本編内で展開となる長編映画『2020年 東京。12人の役者たち』は、2020年夏に完成予定

劇場公開用に作られた本作をスクリーンで見られる日が待ち遠しいですね。

関連記事

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストのモニカ・桜井ユリ役は小西桜子【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

佃尚能映画『万置き姉弟』あらすじとキャスト。前田紘孝が遺した平成最後のお馬鹿ムービー!

世界で25冠受賞している佃尚能監督の映画『万置き姉弟』。 “平成最後のお馬鹿ムービー”『万置き姉弟』が、 2019年3月8日(金)・9日(土)にゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で、世界初公 …

新作映画ニュース

【試写会プレゼント】やまなみ工房の映画『地蔵とリビドー』を10組20名様ご招待(10/2・3 イメージフォーラム)

2018年11月、シアター・イメージフォーラムにてロードショーが決定している映画『地蔵とリビドー』。 上映に先立ち、10月2日(火)、3日(水)にシアター・イメージフォーラムにて行われるマスコミ試写会 …

新作映画ニュース

水橋研二×瀧内公美映画『カゾクデッサン』あらすじとキャスト。公開日は3月21日で家族の絆を描く

家族って、どこまでが家族ですか? 彷徨う大人たちと子どもを結ぶ 色とりどりの「絆」と「幸せ」のかたち 水橋研二×瀧内公美×大友一生といった日本映画の際立つ才能が交ざり合う映画『カゾクデッサン』。 家族 …

新作映画ニュース

【世界のミフネと呼ばれた男】武蔵野館百周年を記念して三船敏郎の代表作品を上映!

武蔵野館100周年の記念企画 いつまでも心に輝き続ける名作を上映。 2020年6月に開館百周年を迎える新宿の映画館・武蔵野館。 百周年の記念企画として毎月テーマに合わせた記念上映が開催されます。 脇田 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP