Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/22
Update

映画『めんたいぴりり』あらすじとキャスト。江口カン監督のエンタメ性の高さに博多華丸と富田靖子が挑む

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

博多華丸と富田靖子がダブル主演を務めた映画『めんたいぴりり』が、2019年1月18日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開

日常で何気なく食べている「明太子」。そこには、成功の陰にあった知られざる家族の絆と、激動の昭和があった!


(C)2019めんたいぴりり製作委員会

日本で初めて明太子を製造し、販売した福岡・博多の「ふくや」創業者の川原俊夫は、商標登録も製造法特許も取得せずに、地元同業者に製造方法を教え、博多名物として定着させるきっかけを作った人物。

そんな川原の人生をモデルに戦後の混乱期を乗り越え、経済は復興から成長へと変化を遂げる昭和を背景に描く、笑いと涙の感動物語です。

スポンサーリンク

映画『めんたいぴりり』の解禁されたビジュアル


(C)2019めんたいぴりり製作委員会

解禁されたビジュアルでは、「博多明太子を夢見た、夫婦の物語」のキャッチコピーと共に、ダブル主演を果たした博多華丸と富田靖子の2人が、明日を夢見て肩を寄せ合う仲睦まじい夫婦の様子が見られます。

また、明太子つくりに奮闘する博多華丸の喜怒哀楽すべての表情を詰め込んだデザインに仕上がっております。

また、ビジュアルの下部には、福岡出身のでんでん、吉本美憂、田中健ほか、柄本時生、高田延彦、中澤裕子などの豪華キャスト陣を配して作品に彩りを見せています。

笑いと涙の人情味を感じる『めんたいぴりり』の予告編

予告編では、目玉をひんむいた博多華丸の「諸君!お早う!!」の元気な声で始まり、続いて、優しい妻であり母役の富田靖子が「朝ごはん、できたばあ〜い」と掛け声が続きます。

ダブル主演の2人から、元気をもらえそうな映画であることが、とてもよく分かり、明太子で人を幸せにしたいと願う、実話をモデルにした夫婦の人柄を感じさせられます。

また、博多華丸が福岡でたくましく生きる男の姿を身体いっぱいで表現していると、「のぼせもん、上にお人好し病」と揶揄されながらも、きっとみんなから愛されるキャラクターなの伝わってきます。

笑いと涙がギュッと詰まった人情ドラマが好きな映画ファンには見逃せませんね。


(C)2019めんたいぴりり製作委員会

映画『めんたいぴりり』の作品情報


(C)2019めんたいぴりり製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
川原健「明太子をつくった男~ふくや創業者・川原俊夫の人生と経営~」

【脚本・監督】
江口カン

【キャスト】
博多華丸、富田靖子、博多大吉、中澤裕子、高田延彦、吉本美憂、柄本時生、田中健、でんでん

【作品概要】
明太子を日本で初めて製造販売した「ふくや」の創業者の川原俊夫をモデルに、2013年に放送されたテレビドラマの劇場版。

ドラマ同様に主人公の海野俊之は博多華丸が演じ、妻の千代子を富田靖子が務めます。

スポンサーリンク

映画『めんたいぴりり』のあらすじ


(C)2019めんたいぴりり製作委員会

昭和30年代の博多。戦後の傷跡がまだ残る中洲の一角で、海野俊之(博多華丸)は、小さな食料品店「ふくのや」を立ち上げ、妻・千代子(富田靖子)と営んでいました。

馬鹿がつくほどの“お人好し”で、「博多祇園山笠」に情熱を燃やす“のぼせもん”である俊之でした。


(C)2019めんたいぴりり製作委員会

俊之は「おいしいもので人を幸せにしたい」との思いから、生まれ育った韓国・釜山で出会った総菜をヒントに日夜問えわず、明太子づくりに励みます。

試行錯誤の末、明太子づくりが軌道に乗り出した矢先、俊之の明太子の一番のファンだった元博多人形師・丸尾の死、可愛がっていた英子の旅立ちなど悲報が相次ぎます。


(C)2019めんたいぴりり製作委員会

そのような不幸が続いた俊之は、明太子では誰も幸せにできないと自信喪失します。

ついには、明太子づくりまでを諦めてしまい…。


(C)2019めんたいぴりり製作委員会

まとめ


(C)2019めんたいぴりり製作委員会

本作『めんたいぴりり』のダブル主演のひとりを務めた博多華丸は、ファンに向けて次のようなメッセージを贈っています。

こんにちは博多華丸です。いえ、海野俊之です。 ドラマを2回、博多座で1回やったふくのやの集大成になる映画です。

やれることはやりました!出せるもんは出しました!もう鼻血もでません!

せめで同時上映で『もつ鍋ニラニラ』とか『ゴマ鯖ごまま』でもやってくれる のであれば、心強いのですが、今回は『めんたいぴりり』だけの上映ということで、 みなさんのお口に合えば幸いです。2019年のお正月、数の子代わりに召し上がれ。

本作に登場するキャラクターの海野俊之さながらに、ユーモアを交えたファンへのメッセージですね。

また、もうひとりの主演である妻の千代子役を演じた富田靖子の存在を映画ファンとしては、忘れてはなりません

1983年公開の『アイコ十六歳』のヒロイン役のオーディションで主役に抜擢され、その後も1985年の大林宣彦監督の『さみしんぼう』や、1987年には市川準監督の『BU・SU』を知っている世代なら、お気付きですね。

この役柄は、富田靖子にぴったりなのは言うまでもありません。


(C)2019めんたいぴりり製作委員会

本作品『めんたいぴりり』の演出は、江口カン監督。実は今注目の監督のひとりに挙げられる存在です。

テレビ西日本が制作した2013年のテレビドラマ版の『めんたいぴりり』、その後『めんたいぴりり2』(2015)を経て、同局のテレビドラマの『ガチ★星』があります。

その『ガチ☆星』も念願の映画として、再編集と追加撮影や音処理を加えて、2018年に劇場公開されました。

すでに次回作は岡田准一主演で『ザ・ファブル』(2019年公開予定)も決まっています。

『ガチ☆星』『ザ・ファブル』、そして本作『めんたいぴりり』と、どの作品も毛色が違うエンターテイメント性の高い作品をだといえるでしょう。

そのなかでも、博多華丸に「やれることはやりました!出せるもんは出しました!もう鼻血もでません!」とまでいわせた、笑いと涙のエンターテイメントには注目です。

博多華丸と富田靖子がダブル主演を務めた映画『めんたいぴりり』が、2019年1月18日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開です。

お見逃しなく!


関連記事

新作映画ニュース

小説版『哀愁しんでれら』結末ネタバレ!映画を原作に凶悪事件をもう一人のシンデレラの物語として描く

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー。 「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠 …

新作映画ニュース

『凪待ち』生中継舞台挨拶。香取慎吾を前にデニム姿の音尾は「つよポン?」白石監督は「吾郎ちゃん⁈」と盛り上がった全国78館イベント

映画『凪待ち』は2019年6月28日より絶賛公開中! 監督・白石和彌。そして、俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台に描かれる重厚なヒューマン・サスペンスドラマ …

新作映画ニュース

『科捜研の女-劇場版』キャスト沢口靖子は榊マリコ役!演技力の評価とプロフィール

映画『科捜研の女-劇場版-』は2021年9月3日よりロードショー 20年以上続くテレビ朝日の人気ドラマシリーズ『科捜研の女』が初の映画化。2021年9月3日(金)より公開されます。 最新の科学捜査テク …

新作映画ニュース

映画『PLAY 25年分のラストシーン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。パリの90年代カルチャーが青春を彩る!

サン・セバスティアン国際映画祭正式出品作。 13歳から撮り続けた「僕の25年間」。 2019年のサン・セバスティアン国際映画祭に正式出品され、その斬新な試みが話題となったフランス映画『PLAY』。 ( …

新作映画ニュース

映画『再会の夏』あらすじとキャスト。実話を基に犬がつなぐ絆をジャンベッケルが描く

“愛犬”だけが真実を叫び続けた。 © ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA – UMEDIA 『最強のふたり』のフラ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学