Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/09/04
Update

映画『ガチ星』あらすじネタバレと感想。結末まで安部賢一の熱演と江口カン監督の演出が光る

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

競輪発祥の地である福岡県の小倉を舞台にした映画『ガチ星』。

演出は福岡発ドラマ『めんたいぴりり』の江口カン監督が務め、主演の濱口役には実際に競輪選手を目指したこともある安部賢一、そのライバル久松役は映画『デメキン』の福山翔大。

30歳を過ぎてプロ野球選手としての戦力外通告を受ける濱島浩司。自暴自棄となった濱島は妻子にも捨てられ、パチンコ屋通いの自堕落な生活を過ごしていた。

濱島は手を差し伸べてくれた親友を裏切り、別居中の息子との約束すら守れず、またも言い訳じみた嘘をつく。それは競輪選手への道だった…。

スポンサーリンク

映画『ガチ星』の作品情報


(C)2017 空気/PYLON

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
江口カン

【キャスト】
安部賢一、福山翔大、林田麻里、船崎良、森崎健吾、伊藤公一、吉澤尚吾、西原誠吾、博多華丸、モロ師岡

【作品概要】
福岡県小倉という競輪発祥の地で競輪選手として再起をかける元プロ野球選手の中年男の姿を描いた作品で、2016年のテレビドラマ『ガチ★星』を再編集した劇場版。

濱島浩司役を安部賢一が務め、ライバル久松役を福山翔大が演じます。脇役にモロ師岡、博多華丸たちも集結し、演出はドラマ『めんたいぴりり』の江口カン監督。

[

映画『ガチ星』のあらすじとネタバレ


(C)2017 空気/PYLON

濱島浩司は中年39歳。8年前までプロ野球選手として活躍していました。

歳を重ねた濱島は中継ぎピッチャーを担当するも、ベンチ裏で肩を鳴らすこともせず、紫煙を潜らせていた煙草を消してマウンドに向かいます。

負け試合を終えた濱島は愛車に乗ると、助手席の窓ガラスを叩く監督の姿。戦力外通告を受けたことを妻に告げると先行きの不安から言い合いになります。

「仕事を探してくればいいんだろう」と妻子に言い放ち自宅を出は濱島は、キャバクラで遊びに興じます。

自暴自棄になり、結局妻と離婚。


(C)2017 空気/PYLON

やがて、故郷の北九州で小さな居酒屋を営む親友の店を手伝うものの、パチンコ屋通いと酒に溺れ自堕落な生活を過ごします。

挙げ句の果てには、仕事を世話してくれた親友の妻を寝取ってしまい、友情と職を失います。

また、息子の誕生日に会うを約束をしたにもかかわらず、パチンコ屋に入り、大切な約束をすっぽかしてしまいます。

何をやってもダメな濱島は、なじみのラーメン屋に行き食事をしていた際にテレビから流れていた、競輪選手は40歳以上でも学校に入学できることを知らされます。


(C)2017 空気/PYLON

そんな矢先、裏切ってしまった息子からガラケーに電話があり、なんで約束を守らなかったのか尋ねられ「仕事があったから」と嘘を答えると、息子から「何の仕事?」と聞き返されます。

濱島は手元にあった競輪新聞を見つめ、「今はまだ言えない、そのうち見に来い」と伝えると電話を切ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ガチ星』ネタバレ・結末の記載がございます。『ガチ星』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

頭を丸め競輪学校に入学した濱島だったが、彼を待っていたのは、教官からの猛烈なシゴキと、20歳以上も歳下の若者たちの冷笑とイジメの現実でした。

持ち前の負けん気で過酷なトレーニングに必死に食らいつき、シゴキやイジメにも屈しない濱島。

しかし、いっぽうで学校が休みの日には、酒や煙草に溺れ自堕落な生活からは抜け出せずにいました。

濱島にとって競輪選手は再起うぃかけた夢でなく、“努力”も可能な範囲内のことでした。そのため成績は一向に振るいませんでした。

競輪学校の若者たちに混じりながら、濱島がオッサンと揶揄されるのは、自らの中途半端な気持ちが招いていたことでした。

ある日、荷物をまとめた濱島は、競輪学校を退学したいと校長に告げ、寮を後にします。寮を出ると、その晩も濱島と同郷の北九州出身の久松孝明は独り自転車を漕ぐトレーニング台で走っていました。

ほかの生徒とは違い、圧倒的な成績を残す久松は、日々の努力を惜しんでいませんでした。

久松は痴呆症になった母を施設に預け、帰る家も無く競輪にすべてをかけていたのです。

濱島は「おい!なんでそんなにやるん」と久松に尋ねると、「これしかねえっちゃ」とただ一言返します。

黙々と自転車を漕ぐ久松の姿に吸い寄せられたかのように、濱島も自転車に跨り必死で漕ぎ始めました。

トレーニング室の外から、そんな2人の様子を校長と教官が見つめていました。

濱島はそれまでには達成できなかった難関トレーニングも熟すことが出来るようになり、無事に競輪学校を卒業。

競輪選手としての仕事に再就職します。

しかし、濱島の競輪選手としての成果は振るわず、相変わらず仕事の裏ではパチンコと酒は止めることなく、ヤサグレた生活を送っていました。

また、周囲の選手とイザコザを起こすなど、真剣にはことにあたらず、「どうせ博打の駒じゃろか」という口ぶりも見せていました。

いっぽうの久松は、競輪選手として5回の優勝に輝く高成績を出していました。

そんなレース後の久松に濱島は、結果に賞賛の声をかけますが、久松は濱島のことも名前すら覚えていませんでした。

そのことに怒りと驚きを隠せない濱島。彼は競輪学校を卒業し、競輪選手にはなったものの、単にその中のひとりの選手でしかなかったのです。

その後、濱島は久松と同じレースに出場する機会を得ます。もともと負けん気だけは強い濱島は、否が応でも久松を強く意識しました。

レースが始まり、久松の後を追うように自転車を疾走させる濱島。ふたりはガチンコ勝負を見せながらゴールを目指します。

そして、濱島が競り勝とうとした瞬間、久松に頭から強く接触し、互いの自転車は転倒してしまいます。

レース場の地面に叩きつけられた濱島は全身を打撲。一方、久松の自転車に衝突され大きく脊髄を負傷し、歩くことすらできない大怪我を負っていました。

濱島は自分が引き起こしたことで、久松の選手生命に大きな影響を与えたことに意気消沈します。

そこに濱島のもとを訪ねて来た競輪学校の教官が、久松との接触事故のレースでの、濱島のレース展開は何も間違っていないと認めてくれました。

そして、教官は、久松の入院先を記したメモを手渡します。濱島は初めて他人に大きく頭を下げまるのでした。

久松の入院している病院を訪ねますが、彼が入院している相部屋のベットに彼の姿はありませんでした。


(C)2017 空気/PYLON

“努力”という掛け軸がかけられたリハビリセンターで、久松は歩行訓練をしていました。

濱島は久松の名前を何度も呼び、謝り続けます。しかし、久松は大怪我をさせた濱島に対して、泣き叫び怒りの感情を爆発させます。

久松は張り詰めていた言葉にならない思いをすべて吐露した後、またも、ひとり黙々と歩行訓練を開始します。その姿に驚愕する濱島。

濱島は競輪学校を辞め逃げ出そうとした晩、久松は孤独にトレーニングを積んでいたことが脳裏を過ったのか、病院を飛び出した後、「わかったぞ〜」「わかった!」と何度も叫びながら、笑顔で狂喜乱舞します。

濱島は本当の自分を取り戻すために立ち上がりました。

煙草や酒を一切止め、好物のラーメンを断ち、トレーニングを積んでいきます。


(C)2017 空気/PYLON

それは肉体的な自己改造だけではありませんでした。若い同級生の選手に頭を下げて競輪の戦術の教えを請い、競輪学校では校長と教官から指導を受け、改めて、受けなおしました。

時折久松の病院に行き、北九州の同郷にあるサニーパンをそっと差し入れしました。

やがて、人一倍ハングリー精神を持った久松は、競輪選手としてレースに復帰することになりました。

レース本番を前にした久松と濱島のふたりは、場内の廊下ですれ違います。


(C)2017 空気/PYLON

目も合わせず、会話もないまま過ぎた後、「サニーパン、本当は好きじゃないですよ、濱島さん…」と久松。

濱島はわずかに右の口角を上げました。

ドラが鳴り響くと、いよいよレース本番!ガチンコ勝負を見せ合う濱島と久松。そこには競輪というスポーツに、同じく再起をかけた濱島と久松の姿がありました。

テレビ中継を見守る競輪学校の校長と教官は、濱島と久松に声援を送ります、濱島が食べに来ることがなくなったラーメン屋のオヤジも見守ります。

濱島はこれまでの過去の自分を消し去るようにペダルを必死に漕ぎ、久松に食らいついていきます。しかし、それは他の競輪選手も同じでした。

生まれたばかりの自身の子どものために戦いに挑む者、競輪選手だった亡き父親の意思を継ぐ者…。選手は皆ブレーキのない自転車で今の自分を完全燃焼させます。

レースは久松の完全復帰の優勝。濱島はまたしても彼の背中を追うことになりました。

今を出し切った濱島は、その時、場内のスタンドからエールを送っていた濱島の息子と濱島の母親の姿を見つけます。

そして、テレビ中継を鎮座して見つめていたのは濱島の元妻。誰よりもスポーツ選手としての復帰に嬉しそうな笑顔を見せていた…。

スポンサーリンク

映画『ガチ星』の感想と評価


(C)2017 空気/PYLON

自分の人生と重なるストーリーに挑戦した江口カン監督

本作品『ガチ星』は、2016年に江口カン監督が演出をしたテレビドラマ『ガチ★星』の全4話の再編集版です。

しかし、もともとはドラマ放送を目的にして企画したものでなく、江口カン監督は「純粋に映画として作りたい」と、彼自身のパーソリティに紐づいた特別な作品のようです。

江口カン監督は、いつか自転車が出て来る映画を制作したいという思いがありました。

そんなおり、たまたまテレビで競輪学校のドキュメンタリー番組を目にします。

地元の球団を戦力外になった野球選手が競輪で再起を果たそうとした内容でした。その取材対象だった人物は20代後半で、周囲は若い生徒ばかり。その様子が面白かったと語っています。

そのドキュメンタリー番組を見た江口カン監督は、次のように考えました。

「競輪はアスリートにとって再起の場所の1つなんだと興味を持ったんです。また競輪は地元福岡が発祥の地だと知っていたので、地元の映画を撮ることができる」

このようなアイデアが思い浮かんだ江口カン監督は、作品テーマを“年齢を重ねてからの再チャレンジ”として、当時40歳を過ぎた自分の人生を重ね合わせ、第2の人生に挑戦に挑む映画を撮ることを決めます。

企画から7年が経ち、ドラマ放送後、どうしても映画として本作『ガチ星』を世に出したいという思いから、新たなシーンを追加し、音響なども劇場用に入れ直して再編集したそうです。

テレビ版は視聴していませんが、この作品は映画としての完成度は高い仕上がりになっています。劇場版としての尺106分でも作品として充分魅力的です。

作品の前半では、主人公の濱島が野球選手を戦力外通告され、どんどん自暴自棄にヤサグレていくダメ男ぶりをゆったりと見せ、そのことが濱島と久松の出会いとライバルとしての確執の起爆剤となって、物語の盛り上がりを見せてくれます。

後半の競輪で再起した時の映像の編集は、濱島のそれまでの過去の出来事のフラッシュ・バックとともに、他の競輪選手にもバックボーンがあるというエピソード映像がインサートされることで、“競輪選手の再チャレンジ”のテーマが重層的な魅力となっています。

これらが単にテレビ版のまとめ編集ではなく、ある種、豊かに撮影した素材を活かした作品であるのは、ご覧いただければ理解できます。

江口カン監督が映画として描くテーマの中心ある、“歳を重ねた人間の挑戦”は、日本映画としては珍しく、ハリウッド映画のような香りを感じさせてくれるはずです。

人生を重ねたもうひとりの男・安部賢一


(C)2017 空気/PYLON

この作品の主人公の濱島に自分を投影した当時40歳を過ぎた江口カン監督。そのほか、脚本家の金沢知樹も同じようにキャラクターに自分を反映させてシナリオの執筆に臨みました。

そんなこともあり、江口カン監督と脚本家の金沢知樹は、主人公の濱島役には俳優自身も崖っぶちな人物がいいと、40代で鳴かず飛ばずの役者を集めたオーディションを実施します。

そこに“奇蹟的な配役”だと言い切っても良い安部賢一が訪れます。

安部賢一はこのオーディションで落選したら、役者をやめて九州に帰ることを夫人に伝えていたそうです。

当時42歳の安部賢一は、どこに俳優の売り込みに行っても「40代で鳴かず飛ばずの役者なんていらない」と言われていました。まさにこのオーディションは彼のために用意された運命だったのでしょう。

実は、安部賢一はこのオーディションに2度も落とされています

1度目は俳優が集められたオーディション会場。そして2度目は、「もう一度だけチャンスをください」と泣きながら江口監督に泣きついてお願いした再チャンスの後です。

そのどちらも安部賢一は、体調が悪い状態で挑み、病院で点滴までしていたそうです。その時、みっともない自分に笑いがこみ上げ、吹っ切れたことで最後のオーディションで濱島浩司役を勝ち取ります。

先ほど安部賢一に“用意された運命”というのは、「野球」「競輪」「崖っぷち」という濱島役の要素を彼はすべて持ち合わせていたからです。

安倍賢一はかつて高校球児でしたが、肩の故障で野球選手という将来をあきらめ、また競輪選手に再起をかけますが、試験のレースタイムが足りずにスポーツ選手としての人生をあきらめます。

そして40歳まで鳴かず飛ばずの役者、安部賢一の経歴とほとんど重なる役柄だからです。

彼が濱島役を演じているのを見たら、どこの球団にいた元野球選手だろうと誰もが感じるでしょう。

濱島浩司というキャラクターには、監督をはじめ脚本家と俳優の強い思いが重なり合い、ストーリーの中で活き活きとした人間臭さを見せ、観客に説得力を提示してくれるはずです。

まとめ


(C)2017 空気/PYLON

本作品『ガチ星』では、主人公濱島浩司がとても人間らしい魅力を見せてくれています。

しかし、それはたった一人のキャラクターが可能にしたものではありません。登場人物たち各人がそれぞれ個性的な人物。

なかでも濱島の若きライバル久松に注目です。久松役を演じた福山翔大の演技もまた、安部賢一と同様に見る者を惹きつけます。

ひとりトレーニングを積むストイックな姿、母親を見捨てる息子の思いを見事に演じており、なかで濱島に感情を爆発させ、泣きじゃくる場面は必見です。

老いも若きも競輪というスポーツに再起をかけた男たちの“努力”のストーリー『ガチ星』は、2018年おすすめの邦画1本です。

ぜひ、お見逃しなく!


(C)2017 空気/PYLON



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『Noise ノイズ』感想評価と内容解説。20代の松本優作監督が切り取る現代社会の問題点

映画『Noise ノイズ』は、2019年3月1日からテアトル新宿ほかので順次公開 立場の違う若者3人が、それぞれの理由で集まる街、秋葉原。 若者たち、その周囲の大人の視点から、現代社会のの問題点を問い …

ヒューマンドラマ映画

映画『泳ぎすぎた夜』あらすじと感想レビュー!ヴェネチアでの評価は?

第74回ヴェネチア国際映画祭に正式出品され、9月5日(現地時間)より、ワールドプレミア上映が予定されている五十嵐耕平とダミアン・マニヴェル共同監督作品『泳ぎすぎた夜』。 本作は2018年4月14日(土 …

ヒューマンドラマ映画

佐藤健映画『サムライマラソン』あらすじネタバレと感想。“洋の東西の懸け橋”ジェレミー・トーマスに注目!

史実に基づく幕末エンタテインメント作品に豪華オールスターキャストと、アカデミー賞スタッフが集結! 映画『サムライマラソン』2019年2月22日(金)全国ロードショー。 日本で最初のマラソンと呼ばれる“ …

ヒューマンドラマ映画

映画『だれかの木琴』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【常盤貴子&池松壮亮】

ある美容師が平凡な主婦の髪に触れた事をきっかけに、ふたりの日常は何か逆らえない力によって狂わされていく…。そんな日常狂気映画『だれかの木琴』をご紹介します。 “これを観れば女の気持ちが分かる!”と言う …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハルチカ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

卒業式シーズンに若い学生たちに贈るアイドル映画『ハルチカ』。 市井昌秀監督は15〜17歳の学生でなく、昔学生だった人たちも楽しめる映画を作ったと、自負するほどの自信作。 ジャニーズの「Sexy Zon …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP