Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/02/07
Update

実写映画『ヲタクに恋は難しい』あらすじネタバレと感想。キャストの高畑充希が魅せる歌唱とダンスは本格的⁈

  • Writer :
  • 村松健太郎

脚本・監督:福田雄一による実写映画『ヲタクに恋は難しい』は、2020年2月7日(金)公開。

累計発行部素900万部のベストセラーコミック『ヲタクに恋は難しい』を、「銀魂」シリーズのヒットメーカー福田雄一監督が待望の実写映画化。

『銀魂』『女子ーズ』『斉木楠雄のψ難』などで、すでに福田雄一監督の世界観の住人となっている高畑充希、山崎賢人、菜々緒に加えて斉藤工や今田美桜なども出演。

もちろん、“THE福田組”(=ムロツヨシ、佐藤二朗、賀来賢人、若月佑美などなど)とも呼べる、いつも見るキャストも集結しています。

スポンサーリンク

映画『ヲタクに恋は難しい』の作品情報


(C)2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会
(C)ふじた/一迅社

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
ふじた

【脚本・監督】
福田雄一

【キャスト】
高畑充希、山崎賢人、今田美桜、ムロツヨシ、佐藤二朗、賀来賢人、若月佑美、菜々緒、斎藤工

【ミュージカル音楽】
鷺巣詩郎

【作品概要】
ふじたによる累計発行部素900万部のベストセラーコミック『ヲタクに恋は難しい』(通称“ヲタ恋”)が『銀魂』『今日から俺は‼』のヒットメーカー福田雄一監督によって実写映画化。長編映画化に合わせて大胆に取り込まれたミュージカルパートは『シン・ゴジラ』『新世紀エヴァンゲリオン』などの音楽を担当してきた鷺巣詩郎を起用する本格仕様です。

映画『ヲタクに恋は難しい』のあらすじとネタバレ

26歳のOL桃瀬成海は、転職先のIT系企業で幼馴染の二藤宏嵩と再会します。

軽い挨拶だけでやりすごそうとうした成海ですが、宏嵩は何気ない様子でコミケにはいくのか?と聞いていきます。

その場を何とかしのいだ成海は、夜に宏嵩を呼び出します。実は、成海はBL大好きな隠れ腐女子でした。

しかし、前の職場で同僚だった彼氏にヲタバレしたことから破局➡居難くなって退職となった成海は、新しい職場ではヲタクであることを隠し通そうと決意していました。

一方の宏嵩は極度のゲーヲタですが、そのことを職場で隠す気もなく周囲の人間にも知られていまが、仕事がデキるので、あまり問題視されていません。

そこで、宏嵩はヲタク同士で付き合えば、ヲタバレなどの余計な気遣いもしないで済むし、フォローもしあえるから自分と付合えばいいのではと提案します。

ヲタバレを気にしないで良いという言葉に飛びついて交際を始めることにした成海。ところが、成海は子供ころから知っている宏嵩を“恋人”として改めて見ることに大きく戸惑います。

気軽にヲタクライフを過ごすことができると思っていたものの、そんなことよりもはるかに難しい恋という障害に悪戦苦闘することになります。それはやがて、先輩社員カップルの樺倉太郎と小柳花子を巻き込んでいきます。

以下、『ヲタクに恋は難しい』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヲタクに恋は難しい』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

恋人としての関係性を作るために、”ヲタク行動・言動禁止縛り“のデートをしたり、自宅に成海を呼んだりして“普通の恋人”としてのステップを踏んでいこうとする宏嵩ですが、それはかえって成海に窮屈な思いをさせてしまうばかりでした。

微妙に溝ができてしまう二人。そして、宏嵩が成海にも知らせずに溜まっていた有給休暇を使って社内から姿を消します。

メールの返信もなく気を揉む一方の成海…。ある時、急に宏嵩に呼び出された成海が駆けつけた場所は、なんと声優アイドルのライブ会場。

同僚で古参声優ドルヲタの坂元と、おそろいの法被姿でヲタ芸に挑む宏嵩の姿を見た成海は、戸惑いを隠せません。

さらに、その後訪れた宏嵩の部屋は全体に萌えキャラのグッズで溢れかえっていました。

突然の宏嵩のキャラ変に加えて、仕事で顔も言動も怖い樺倉太郎のサポート役をすることになった成海は、公私で忙しさと混乱に巻き込まれてしまいます。

しかし、成海は冷静になって思い返してみると、それは自分の守備範囲ではないジャンルにも必死に手を伸ばして、成海と趣味を共有しようとする宏嵩の努力だったことに気が付きます。

とてつもなく不器用な宏嵩の愛情表現に苦笑いをしながらも嬉しさも感じる成海。

結果的に恋人としても少し距離が詰まった二人は手を繋いでゲームセンターに向かうのでした。

スポンサーリンク

映画『ヲタクに恋は難しい』の感想と評価

福田福田雄一監督は、原作の短いエピソードの中から主役二人の恋物語のエピソードを抽出して、大きな物語の縦軸を作ったうえで、ミュージカルパートをふんだんに盛り込み右に左に話を踊らせています

入口こそ特殊ですが、そこを超えればシンプルな恋に不器用な者たちのラブストーリーとなっていて、とても楽しめ、多幸感に溢れた映画になっています。

高畑充希と山崎賢人のキャラクターへの寄せ具合も絶妙です。

先輩カップルも含めて役者の実年齢で見るとちょっとちぐはぐな感じもあるのですが、再現度が高くてあまり気になりません。主役2人に焦点を合わせた結果、先輩カップルの出番の短さが少し物足りなくも感じるので、早くも続きが欲しくなります

“THE福田組”が演じる映画オリジナルキャラクターも多数登場することもあるので、彼らがもっとふざける部分が見たくなります。

まとめ

「銀魂」シリーズや「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督のもとに、高畑充希、山崎賢人、佐藤二朗、若月佑美、賀来賢人、今田美桜、ムロツヨシ、菜々緒、斎藤工といった豪華キャストが集結しました。

基本的にはコミックの一巻の中だけでエピソードで構成されているので、全体の流れで見れば、まだスタートラインにたどり着くまでのの物語になっています

そのため、原作に触れていなくても予備知識が要らない作りになっていて、ビギナーでも充分に入り易く楽しめる作りになっています。

短いエピソードが続く原作を長編映画にするために福田雄一監督が選んだ手段が、なんとミュージカル映画への大胆なアレンジということにも驚かされますが、『シン・ゴジラ』などの鷺巣詩郎を起用するなど本格仕様。

2007年から2012年の間、ミュージカル舞台『ピーターパン』を5年務めただけあって、高畑充希の歌唱とダンスシーンは本格的です。

2019年に『ダンス・ウィズ・ミー』や『少年たち』と言ったミュージカル邦画がありましたが、本作ではヲタク・コスプレイヤーの世界という特殊な住人が出ることで、さらに一歩踏み込んでミュージカル映画の違和感をも丸々飲み込んだような作りになっています。

また、“自分にはダンサーの血が流れていない”と悪戦苦闘した山崎賢人に加えて、先輩カップルを演じた斎藤工と菜々緒もその手足の長さをしっかりと活かして映える画を創り上げています。

程よい笑いと苦笑いが混じった娯楽作品として、充分に機能した作品となっている作品です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『博士と狂人』ネタバレあらすじと感想評価。オックスフォード英語大辞典に編纂に挑んだ男たち

「オックスフォード英語大辞典」の編纂に挑んだジェームズ・マレーと、殺人を犯した罪の意識から、辞書の編纂をサポートする男、ウィリアム・チェスター・マイナー。 この2人が礎を築いた「オックスフォード英語大 …

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星】

映画『虹色デイズ』は、7月6日(金)より全国公開! 水野美波の同題人気コミックの映画化した。佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星といった若手のホープが揃った男子生徒目線で描く学園ラブストーリー。 ま …

ヒューマンドラマ映画

映画『灰とダイヤモンド』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今でも色褪せないモノクロ映画の世界。ポーランドのジェームズ・ディーンと謳われた、主演のZ・チブルスキーのワイルドさに惹かれます。 時は第二次世界大戦末期、ナチス・ドイツが敗北へと向かう中、ポーランドで …

ヒューマンドラマ映画

映画『ミセス・ノイズィ』予告編/上映館。騒音おばさんのラストのセリフまで見逃せないご近所バトルとは!?

第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門上映作品。 第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門にて上映され、“隣人トラブル”からマスコミやネット社会を巻き込んで大きな騒動へ広がっていくとい …

ヒューマンドラマ映画

映画『エミリー・ディキンソン静かなる情熱』あらすじネタバレと感想。詩人の生涯をシンシア・ニクソン主演で描く

映画『エミリー・ディキンソン静かなる情熱』の内容解説 エミリー・ディキンソンという詩人をご存知でしょうか。 画家のゴッホと同じく、生前は無名に等しかったものの、今では19世紀最高の天才詩人と称される女 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学