Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

映画『KAPPEI 』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。カッペイ演じる伊藤英明が初めての恋心との戦いに挑む!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

終末を救うはずだった最強の戦士が、平和な日本で恋の戦いに挑む!

「1999年に世界が滅亡する」という、かつてのノストラダムスの大予言を受け、終末が訪れた日本を平和に導く為に戦う…はずだった「終末の戦士」勝平。

平和になってしまった日本で、勝平が戦うことになるのは、己の恋心だったというラブコメディ『KAPPEI カッペイ』

「『北斗の拳』の主人公、ケンシロウが恋に落ちたらどうなるか?」という発想から生まれた、漫画を原作にした本作は、平和な日本で己の生き方と恋に悩む「終末の戦士」達を、伊藤英明、山本耕史、小澤征悦という演技派俳優が、全力で熱演しており、かなり熱い作品になっています。

『北斗の拳』×ラブコメという、一風変わった本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『KAPPEI カッペイ』の作品情報


(C)2022 映画「KAPPEI」製作委員会(C)若杉公徳/白泉社(ヤングアニマルCOMICS)

【公開】
2022年公開(日本映画)

【原作】
若杉公徳

【監督】
平野隆

【脚本】
徳永友一

【キャスト】
伊藤英明、上白石萌歌、西畑大吾、大貫勇輔、古田新太、森永悠希、浅川梨奈、倉悠貴、橋本じゅん、関口メンディー、鈴木福、かなで、岡崎体育、山本耕史、小澤征悦、アントニー、大トニー

【作品概要】『
『デトロイト・メタル・シティ』で知られる若杉公徳の漫画『KAPPEI』を原作に、平和な日本で迷走する「終末の戦士」達の恋と戦いを描いたラブコメディ。

主人公の勝平を「海猿」シリーズはじめ、『悪の教典』(2012)など数々の話題作に出演している伊藤英明が演じる他、山本耕史、小澤征悦という演技派に加え、プロダンサーの大貫勇輔が「終末の戦士」を奇抜な衣装と濃すぎるキャラクターで熱演しています。

勝平が恋をするヒロインのハルを上白石萌歌、「終末の戦士」達に巻き込まれる好青年啓太を、アイドルグループ「なにわ男子」の西畑大吾が演じる他、古田新太や橋本じゅん等のベテラン俳優がコミカルな演技を見せています。

監督は、これまで『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』(2021)、『七つの会議』(2019)など、数々の話題作をプロデュースしてきた平野隆。

脚本は『翔んで埼玉』の徳永友一。

映画『KAPPEI カッペイ』のあらすじとネタバレ


(C)2022 映画「KAPPEI」製作委員会(C)若杉公徳/白泉社(ヤングアニマルCOMICS)

「1999年に世界が滅亡する」という、ノストラダムスの大予言を受け、終末の日本を平和に導く為、人知れず師匠の下で修業に励んでいた「終末の戦士」たち。

勝平も幼少の頃より師匠の指導を受け「無戒殺風拳」を体得しましたが、2022年になっても終末が訪れる様子が一切無い為、突如師匠から「解散」を告げられます。

幼少の頃より洞窟で厳しい修行を受けて来た勝平は、全く外の世界を知らない為、師匠が用意した短すぎる短パンと、ジージャン姿で渋谷を歩き回ります。

己の次の生き方を模索していた勝平は、街でチンピラに絡まれていた大学生、啓太を助けます。

啓太を助けたことで、花見に誘われた勝平。

ビール2杯を飲んだところで、己の次の使命を探す為に、花見の席を去ろうとした際、啓太と同じ大学に通う山瀬ハルに出会います。

ハルに一目ぼれした勝平は、何故か住み着いた啓太の部屋で、悶々とするようになります。

これまで、女性を見たことも無く、師匠に「恋愛禁止」を言い渡されていた勝平は、自身の感情に戸惑いますが、とりあえず「啓太を守る」ことを次の生きる道にし、ハルに再び会う為に啓太の大学へ通います。

大学の食堂でハルに再開した勝平は、己の中に芽生えた、ハルへの恋心との戦いを決意しますが、ハルには思いを寄せる先輩がいました。

師匠から「先輩というだけで3割増しに見える『先輩マジック』が存在する」と聞かされていた勝平は、先輩に対抗心を燃やすようになります。

一方、勝平と同じ「無戒殺風拳」の修行を受けた「終末の戦士」守が、勝平の前に現れます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『KAPPEI カッペイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『KAPPEI カッペイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022 映画「KAPPEI」製作委員会(C)若杉公徳/白泉社(ヤングアニマルCOMICS)

守と再会した勝平は、守から「平和になった日本を、自分達の手で終末に変えないか?」と誘われます。

実は守も、旅の途中で美麗というダンサーに恋をしましたが、美麗には和也という憧れのダンサーがいました。

美麗を振り向かせる為に、ダンスに没頭した守でしたが、美麗が自分に振り向くことが無かった腹いせに、日本を終末に陥れようとしていたのです。

当初は守を相手にしなかった勝平ですが「ハルはブス」と言われたことで怒り「無戒殺風拳」の「獅闘流(しとうりゅう)」奥義を放ちます。

守も「無戒殺風拳」の「蛇戦流(じゃせんりゅう)」で応戦しますが、勝平の一撃で倒されます。

啓太が帰宅すると、勝平が守を家で寝かせていました。

勝平は、兄弟子であり「無戒殺風拳」最強の使い手、英雄も日本を終末に陥れようとしていることを聞き、困惑します。

勝平は守と2人で、最近町内で多発している強盗事件を捜査します。ですが、勝平は「ハルが先輩に告白する」と聞き、落ち着かなくなり、ハルを探します。

公園で泣いているハルを見つけた勝平は、ハルが先輩に振られことを知り「告白した、その勇気は素晴らしい」と慰めます。

一方、強盗事件を捜査していた守は「終末の戦士」正義(まさよし)と対面します。

「終末の戦士」の中でも、正義感が強かったはずの正義が、中学生の暴走族を率いて、夜の校舎の窓ガラスを割って歩いていることに驚愕した守。

また、今年で45歳になる正義が、中学生の暴走族のトップになっていたことも衝撃を受けます。

正義は、解散後に群馬へ辿り着きましたが、誰も自分を受け入れてくれず悩んでいました。

そんな時に尾崎豊を聞いたことで「支配からの卒業」を決意し、夜の校舎を窓ガラス割って歩いていたのです。

守は正義を止めようとしますが、尾崎の力を手に入れた正義に完敗します。守の敵を討つ為に、正義の前に現れた勝平。

正義は「無戒殺風拳」の中でも最強クラスの破壊力を持つ奥義「馬跳流(ばちょうりゅう)」を放ちますが、実戦に向かない奥義の為、一撃で勝平に倒されます。

その時、凄まじい「殺風」を感じた、勝平と正義、守は「殺風」を追いかけてレストランに辿り着きます。

そこは、ハルがバイトをしていたお店で、強盗が入った際の巻き添えを受け、ハルは怪我をしていました。

ハルが傷ついたことで、怒りを爆発させる勝平でしたが、強盗は同じバイト先のスタッフが捕らえていました。

そのバイト先のスタッフこそ、英雄だったのです。

英雄は「無戒殺風拳」の中でも最強クラスに昇り詰めましたが、弟子に「恋愛禁止」を言い渡していた師匠が、デリヘルに電話していたことを知り激怒。

修行に使われていた島ごと「殺風」で吹き飛ばし、失われていた青春を取り戻すことを決意したのです。

真実を知り、落ち込む勝平は、心配したハル達と、温泉所旅行に出かけることになります。

そこで、ハルに「悪者がいないアクション映画の主人公は何をすればいい?」と聞き、ハルに「幸せになればいいんじゃないかな?」と伝えられます。

自分の幸せを掴む為、ハルを映画に誘うことにした勝平でしたが、そこに英雄が立ちはだかります。

実は英雄も、ハルに恋心を抱いており、ハルに近付く為に、同じレストランで働いていたのです。

勝平が英雄に「それはストーカーだ!」と言ったことで、両者による戦いが勃発。

互いの最強奥義を撃ち込み、相打ちになりますが、お互いが「どれだけハルのことが好きか?」を確かめ合ったことで、友情が芽生えます。

ハルの誕生日、この日に勝平と英雄が告白することを決めます。まず最初に告白するのは英雄。

レストランを予約し、オリジナルのバースデーケーキを用意し、フラッシュモブまで準備していた英雄でしたが、仕込みすぎが仇になり振られてしまいます。

次は勝平の番でしたが、何かと理由をつけ別日にしようとする勝平に、啓太が激怒します。啓太に押され、ハルの前に現れた勝平。

勝平が告白しようとした瞬間、緊張した勝平の「殺風」により、近くにあったキッチンカーが暴走します。

ハルを助け、タイヤの下敷きになった勝平は、何故かその状態のままハルに告白しますが、振られてしまいます。

振られたショックから、捨て台詞を吐きかけながらも、思いとどまった勝平は、泣きながら走り去ります。

2023年。まだ啓太の家で居候している「終末の戦士」たち。花見をしているところに、大学を卒業したハルが現れます。

勝平は、もう一度思いを伝えようとした瞬間、地球に隕石が飛来。海は枯れ、地は裂け、あらゆる生命体が絶滅したかにみえた終末の日本。

ここで、勝平はハルと共に、終末の日本の平和を守る戦士として戦っていました。2人は新たな戦いの地へ向かう為、バイクに乗ってアルタ前へと向かいました。

スポンサーリンク

映画『KAPPEI カッペイ』感想と評価


(C)2022 映画「KAPPEI」製作委員会(C)若杉公徳/白泉社(ヤングアニマルCOMICS)

平和な日本を舞台に、戦うことを使命に生きてきた「終末の戦士」達の、迷走を描いたラブコメディ『KAPPEI カッペイ』

もともとの原作漫画は『北斗の拳』から着想を得て、主人公の勝平も「不器用なケンシロウ」というイメージです。

まぁ、ケンシロウも幼少の頃から「北斗神拳」の修行ばかりしていたので、世紀末が来なければ、平和な世界で勝平みたいになっていたかもしれません。

その主人公である勝平を伊藤英明が演じる、これだけで本作は、最高のコメディとして成功しています

男性用の香水のCMでも、実写版のケンシロウを演じた実績のある伊藤英明は、原作の勝平よりもケンシロウっぽいです。

鋭い目つきと、眉間にしわを寄せた険しい顔つきで、最強の「終末の戦士」を演じており、この勝平が、大学生の恋バナに首を突っ込んだり、温泉へ傷心旅行に出かけたりするのですが、「見慣れた日常に存在する最強戦士」という違和感…というか浮きっぷり、それだけで面白いです。

また他の「終末の戦士」を、山本耕史や小澤征悦という実力のある俳優が演じており、完成披露試写会で「思ったのと違ったが、途中で降板できなかった」と言っていますが、完全にノリノリで演じているのが、観てて分かります。

特に「終末の戦士」守役の大貫勇輔は、世界的に高い評価を得ているダンサーなのですが、上半身裸に、サスペンダーと皮パン姿という、異様なキャラクターを熱演しています。

物語の主軸は、勝平が抱くハルへの片思いが成就するか?という部分なのですが、女性を知らない勝平が抱く恋の悩みは、中学生レベルです。

ですが、それでも、少しづつ精神的に成長していく勝平を、僅かな表情の変化で観客に伝える伊藤英明の演技力、流石です

また、勝平が思いを寄せるハルを演じる上白石萌歌が、優しくて純粋で、守ってあげたくなるような「中学生男子が抱く理想の女子」を好演しており、尋常じゃないヒロイン力を発揮させています。

いい歳した最強の戦士と、女子大生の恋愛コメディという、ハッキリ言えばばかばかしい内容なのですが、そこに全力で挑んだ実力派の俳優と、一流のスタッフの力が集結し、文句なしのエンターテイメント作品が誕生したという印象です。

また、原作にもかなり忠実で、クライマックスでは、車に下敷きになった状態で告白する勝平を、実写で完全再現しているのですが、ここは本当に笑いが止まらなかったです。

ただ、ラストは原作と違うようですが、個人的には映画版の方が、いろいろ振り切っていて好きですね。

作中でも「日本って平和だよな」という台詞がありますが、社会派作品とか、感動作ばかりでなく『KAPPEI』のように、特に重いテーマも無く、完全にノリと勢いで振り切った作品が制作されるということが、本当に素晴らしいと実感しました。

まとめ


(C)2022 映画「KAPPEI」製作委員会(C)若杉公徳/白泉社(ヤングアニマルCOMICS)

完全にエンターテイメント作品として振り切った『KAPPEI カッペイ』

ただ、コメディ映画は観客を笑わせることを前提に制作されていますが、人を笑わすのって難しいですよね。

日本のコメディ作品だと、いわゆるボケとツッコミの関係性で笑わせようとする作品が多い印象ですが、『KAPPEI カッペイ』が凄いのは、「もし日常風景に最強の戦士がいたら?」という、笑いどころが一切ブレていない点です。

過剰な演出で、無駄に笑いを誘うことが無いブレなさは、作品全体が絶妙なバランスで成り立っており、かなり緻密に練られた映画であることが分かります

同じ若杉公徳原作で、2008年に映画化もされ話題になった『デトロイト・メタル・シティ』が好きな人なら、楽しめる作品ですし、ラブコメとして、間違いなく他の作品に無い個性を放っていますので、難しいことは抜きにして、とにかく楽しい映画が観たい方にもお勧めです!





関連記事

コメディ映画

映画『クルエラ』ネタバレあらすじ感想と最後結末の評価。エマストーンのディズニー最強悪女が誕生する

『101匹わんちゃん』に繋がる、恐ろしい悪女誕生の物語 アニメーション映画『101匹わんちゃん』(1961)に登場する、クルエラ・ド・ヴィル。 白と黒をセンターで分けた、ロングヘアーが特徴的なクルエラ …

コメディ映画

ネタバレ感想『おとなの事情 スマホをのぞいたら』結末を解説。日本リメイク映画はキャストの演技力合戦が見どころ!

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』は2021年1月8日(金)ロードショー。 パオロ・ジェノベーゼ監督が2016年に製作したイタリア映画『おとなの事情』。スマートフォンの通話やメールの履歴をさらけ …

コメディ映画

韓国映画『英雄都市』あらすじネタバレと感想。ラストでオールキャストが歌って終わるエンディングが最高に素晴らしい!

ヤクザのボスが国会議員を目指す!! マ・ドンソク主演で大ヒットした『犯罪都市』の監督&オールキャストが再結集!ヤクザのボスがなんと政界に進出か!? 韓国で100万人動員の大ヒットを記録した爽快アクショ …

コメディ映画

シンクロナイズドモンスターあらすじ!2017したまちコメディ映画祭にて

2017年11月3日より劇場公開されるアン・ハサウェイが主演を務める『シンクロナイズドモンスター』。 職ナシ、家ナシ、彼氏ナシ‼︎巨大な怪獣を操るダメウーマンが、負け犬人生と世界の危機に立ち向かう? …

コメディ映画

『セントラル・インテリジェンス』あらすじとキャスト。感想レビュー

“ロック様”こと人気アクション俳優のドウェイン・ジョンソンと、コメディ俳優ケヴィン・ハートがバディを組んだ『セントラル・インテリジェンス』。 元イジメられっ子のCIA捜査官ボブ・ストーンが頼ったのは、 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学