Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/04/14
Update

映画『パームスプリングス』ネタバレ感想解説とラスト結末の評価。繰り返すタイムスリップの恋愛の行く末

  • Writer :
  • 松平光冬

同じ日常を繰り返す男女の恋模様を描くハートフルコメディ

映画『パーム・スプリングス』が、2021年4月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー中です。

2021年のゴールデングローブ賞で作品賞・主演男優賞の2部門にノミネートされるなど、高い評価を得たタイムループ・ラブコメディを、ネタバレ有でレビューします。

スポンサーリンク

映画『パーム・スプリングス』の作品情報

(C) 2020 PS FILM PRODUCTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2021年(アメリカ、香港合作映画)

【原題】
Palm Springs

【監督】
マックス・バーバコウ

【脚本】
アンディ・シアラ

【製作】
アンディ・サムバーグ、アキバ・シェイファー、ベッキー・スロビター、ヨーマ・タコンヌ、クリス・パーカー、ディラン・セラーズ

【撮影】
クィエン・“Q”・トラン

【キャスト】
アンディ・サムバーグ、クリスティン・ミリオティ、ピーター・ギャラガー、J・K・シモンズ、メレディス・ハグナー、カミラ・メンデス、タイラー・ホークリン

【作品概要】
カリフォルニア州にある砂漠のリゾート地パーム・スプリングスを舞台に、同じ日を繰り返すことになってしまった男女をコミカルに描くタイムループ・ラブコメディ。

ブリグズビー・ベア』(2018)のアンディ・サムバーグと、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)のクリスティン・ミリオティが恋人役を演じ、サムバーグは製作も兼任。

監督のマックス・バーバコウは、本作が長編デビュー作となります。

2021年のゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門で作品賞・主演男優賞にノミネートされたほか、世界の映画賞でも11受賞36ノミネートを数えるなど、高く評価されました。

映画『パーム・スプリングス』のあらすじとネタバレ


(C) 2020 PS FILM PRODUCTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

11月9日に、カリフォルニア州の砂漠のリゾート地パーム・スプリングスで開かれる妹タラの結婚式に出席していたサラは、一人疎外感を感じていました。

そのパーティで、アロハシャツで参加していた男ナイルズと出会います。

タラの友人で、ブライズメイドを務める恋人ミスティに付き添う形でパーム・スプリングスに来たというナイルズから、積極的にアプローチを受けるサラ。

最初こそお調子者のナイルズをウザがるサラでしたが、男グセの悪いミスティがパーティ司会者とセックスしている様子を盗み見したことを機に意気投合。

2人で会場を抜け出し、いい雰囲気になったところで、突如謎の老人が現れナイルズが弓で撃たれてしまいます。

老人から逃れるように謎の洞窟に入っていくナイルズに、「付いて来るな」と言われるサラでしたが、気になり後を追っていくと、途端に赤い光に包まれます。

目が覚めたサラがいたのは前日の朝。つまり記憶はそのままで、同じ11月9日に戻っていたのです。

ホテルのプールでくつろいでいたナイルズを捕まえ、どういうことかと詰め寄るサラ。

ナイルズは、突然起こった地震によって生まれたあの洞窟に一度でも入ってしまうと、“タイムループ”にハマってしまい、眠りについたり命を落としても、目が覚めれば同じ11月9日を迎えると説明。

そのループにより、自分はすでに何万回と繰り返される9日を過ごしていると語ります。

弓を放ってきたのは、結婚式の参加者で、ナイルズと意気投合してドラッグでハイになったまま洞窟に入りループにハマってしまったロイという人物。

ナイルズを逆恨みして命を狙うも、住んでいるアーバインからは距離があるので、姿を現すのに数日かかるとのことでした。

(C) 2020 PS FILM PRODUCTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

なんとかしてループから抜け出そうとあの手この手を試すサラですが、やっぱり気づけば9日の朝に。

そのうち開き直り、やりたい放題のパーム・スプリングスの9日をナイルズと繰り返します。

互いに過去の出来事を語りたがらないことが気になりつつも、次第に距離が縮まっていく2人は、ある9日の夜をテントで過ごしていた際、そこでブロントサウルスの大群を目にします。

その神秘的な光景に感激した2人は、ついに結ばれるのでした。

目覚めることが楽しくなったナイルズですが、一方サラは、目を覚ます場所がタラの婚約者エイブのベッドであることに耐えられなくなります。

再びループを脱出したいという思いを強くしたサラは、ナイルズを殺そうと警官に化けたロイを車で撥ねます。

同じ日を繰り返すからといって人を傷つけるのは良くないと責めるナイルズに対し、何か変化がなければ変わる物も変わらないと反発するサラ。

口論の末にナイルズは、何万回と繰り返してきた9日の間に、ループに入る前のサラと寝ていたことを打ち明けてしまいます。

その事実にショックを受けたサラは、それ以来ナイルズの前から姿を消すのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『パーム・スプリングス』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C) 2020 PS FILM PRODUCTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

サラがいなくなって自暴自棄になったナイルズは、荒れた9日を繰り返すように。

そんな中、エイブの部屋でパーティ参加者たちとくだを巻いていたナイルズは、寝室の枕にサラが付けていた香水の匂いを嗅ぎ取ります。

そこで、彼女がエイブと寝てしまったことを後悔し、9日のループを抜けたがっていた本当の理由を知ります。

そのサラは、繰り返す9日を利用し、パソコンで量子物理学を猛勉強。

そして、目覚めるナイルズの前に久々に姿を現し、タイムループの脱出方法が分かったと告げます。

その方法とは、洞窟内でプラスチック爆弾を爆発させれば、そのエネルギーでループから抜け出るというものでした。

しかしナイルズは、ループから抜けたら9日という日が終わり、サラと出会えなくなってしまう恐れがあると拒み、サラへの愛を告白します。

そんなナイルズに別れを告げたサラは、結婚式でタラを祝福する一方で、エイブに妹を生涯大事にするようクギを刺したのち、体中に爆弾を巻いて洞窟へと向かいました。

(C) 2020 PS FILM PRODUCTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

別れを告げられたあまり、自分を殺してもらおうとアーバインに住むロイの元へ向かったナイルズ。

久しくナイルズの前に姿を見せなかったのは、一緒に暮らす妻と子どもとの時間を大切にしたいと思うようになったからと語るロイの言葉に感化され、急いで洞窟へと向かいます。

サラの前に現れたナイルズは、彼女が抱える事情を全て受け止めた上で、一緒に洞窟に入ることに。

サラもナイルズへの愛を告白し、2人がキスした瞬間にスイッチを押すと、辺り一面が爆風に包まれます。

爆発が開けると、2人は浮き輪に乗ってプールで浮いていました。

本来のプールの持ち主が声をかけたことで、タイムループを抜けて11月10日を迎えられたと知り、2人は喜びます。

そのはるか遠くでは、いつかの前日の夜に見たブロントサウルスの大群が。

そしてロイもまた、9日の結婚式に会ったナイルズが自分のことを知らなかったことで、2人がループから脱出できたと悟るのでした――

スポンサーリンク

映画『パーム・スプリングス』の感想と評価


(C) 2020 PS FILM PRODUCTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

「同じ日を何度も繰り返す」という内容の、いわゆる“タイムループもの”は、すっかり映画ジャンルの定番の一つとなっています。

『ミッション:8ミニッツ』(2011)や『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)といったSFに、ホラー『ハッピー・デス・デイ』(2019)など、多種多様な切り口で描かれてきた同ジャンルですが、本作『パーム・スプリングス』は、『恋はデジャ・ブ』(1993)の流れを汲むラブコメディーです。

『恋はデジャ・ブ』では、タイムループにハマった男性(ビル・マーレイ)が、繰り返される同じ日を利用して意中の女性(アンディ・マクダウェル)のハートを射止めようとしますが、本作では、先にループにハマった男性ナイルズが、手違いで女性サラをも巻き込んでしまいます。

ループにハマった2人は、毎日同じ日を繰り返すうちに距離が近くなるも、「いつまでもサラとループ内に留まりたい」と思うようになるナイルズと、とある理由で「ループから脱出したい」というサラとの間に溝が生じていきます。

実は、今年からAmazonプライム・ビデオで配信が始まった映画『明日への地図を探して』(2021)も、ハマってしまったタイムループから抜け出したい男と、ループに留まっていたい女の恋模様を描くという点で、本作とかなり似ています。

まさにデ・ジャブな関係にある両作品ですが、裏を返せばタイムループものは、それだけフィルムメーカーの腕の見せ所でもあるのです。

(C) 2020 PS FILM PRODUCTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

ちなみに本作では至る箇所で、タイムループを間接的に示す仕掛けを散りばめています。

例えば、ナイルズが飲むビールの銘柄「Akupara(アクーパーラ)」は、インド神話に登場する“無限、永遠”を意味する亀の王を表し、ナイルズが水玉模様のボクサーパンツを履きプールで浮き輪に乗るのは、ループの象徴である“円”を意味しているのです。

『明日への地図を探して』(2021)

まとめ


(C) 2020 PS FILM PRODUCTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

パーム・スプリングス』には「アメリカン・パイ」(2000~12)シリーズや『寝取られ男のラブ♂バカンス』(2008)のようなきわどい下ネタギャグがあるので、苦手な人は注意が必要かもしれません。

ただ、ランニングタイムが90分という短さなので、サクッと観られるかと思います。

不条理なように見えて、その実、タイムループものは人間の日常生活の裏返しでもあります。

毎日同じルーティンを過ごしながらも、次の日にはもっと意義ある出来事が待っているかもしれない。

「今日」を生きるからこそ「明日」がある――そんな、人生を歩むことの意味や大切さを再認識できる一本です。

映画『パーム・スプリングス』は、2021年4月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー





関連記事

ラブストーリー映画

恋愛映画『ホリデイ』動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

映画『ホリデイ』は、イギリスとアメリカを舞台に、男女4人の大人の恋愛をコミカルかつリアルに描いたラブ・ストーリー。 恋に不器用なふたりの女性が、傷ついた心を癒すために家を交換。これが新たな恋の第1歩へ …

ラブストーリー映画

映画『ラ・ラ・ランド』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2017年1月24日に第89回米国アカデミー賞はノミネート作品を発表されました。予想通りの作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞など、13部門に14ノミネートは、『ラ・ラ・ランド』は他の追随を許さない …

ラブストーリー映画

映画『君は月夜に光り輝く』あらすじネタバレと感想。キミツキで見せたヒットメイカー月川翔監督の手腕

映画『君は月夜に光り輝く』2019年3月15日(金)より公開。 佐野徹夜のデビュー作『君は月夜に光り輝く』を『君の膵臓をたべたい』『となりの怪物くん』『響―HIBIKI-』などの青春映画の新ヒットメイ …

ラブストーリー映画

映画『アイネクライネナハトムジーク』ネタバレ感想と解説。今泉監督だからこその平凡な人々の恋愛話が実に生き生きと爽やか

10年の時を超えてつながる恋と出逢いの物語 映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで公開されています。 人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小 …

ラブストーリー映画

おとなの恋の測り方キャストとあらすじ!映画試写会情報も

大ヒット映画『最強のふたり』のスタジオ×オスカー俳優ジャン・デュジャルダン! 逆身長差だけど“最強のふたり”が紡ぐフレンチ・ラブストーリー『おとなの恋の測り方』をご紹介します。 スポンサーリンク CO …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学