Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/11/24
Update

映画『クラッシュ』感想評価と考察解説。クローネンバーグ監督の1996年問題作が4K無修正版で2021年にリバイバル公開

  • Writer :
  • 松平光冬

デヴィッド・クローネンバーグ監督の問題作が4K無修正版で2021年公開!

『ザ・フライ』(1986)、『裸のランチ』(1991)の鬼才、デヴィッド・クローネンバーグ監督が1996年に発表した『クラッシュ』

自動車事故で性的興奮を覚える人々を描いた、イギリスの作家J・G・バラードの小説を見事に映画化した本作が、新たに『クラッシュ 4K無修正版』として、2021年01月29日(金)よりシネマート新宿ほかで全国順次ロードショーされます。

スポンサーリンク

映画『クラッシュ 4K無修正版』の作品情報


(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

【製作】
1996年(カナダ映画)

【4K無修正版公開】
2021年

【原作】
J・G・バラード
【原題】
Crash

【監督・製作・脚本】
デヴィッド・クローネンバーグ

【撮影】
ピーター・サシツキー

【音楽】
ハワード・ショア

【キャスト】
ジェームズ・スペイダー、ホリー・ハンター、イライアス・コティーズ、デボラ・カーラ・アンガー、ロザンナ・アークエット

【作品概要】
イギリスのSF作家J・G・バラードが1973年発表の同名小説を、1996年にデヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化。

自動車事故をきっかけに、倒錯したセックスにのめりこむようになった男女を描き、過激な性描写が賛否両論を巻き起こすも、第49回カンヌ国際映画祭で審査委員特別賞を受賞しました。

主要キャストに、2013年放送開始の人気テレビドラマシリーズ『THE BLACKLIST ブラックリスト』のジェームズ・スペイダー、『ピアノ・レッスン』(1993)のホリー・ハンター、『グラン・ブルー』(1988)のロザンナ・アークエット。

本作は、長らく紛失状態にあった35mmオリジナルネガがカナダで発見されたのを機に、クローネンバーグとタッグを組んでいる撮影監督のピーター・サシツキーが、3ヶ月かけて4K化したバージョンの上映となります。

映画『クラッシュ 4K無修正版』のあらすじ

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

ある日、映画プロデューサーのジェームズ・バラードは、車で正面衝突事故を起こします。

相手ドライバーのレミントン夫妻は、夫が死亡し、妻ヘレンはジェームズと同じ病院に運び込まれることに。

院内でジェームズは、夫の死に動揺していないヘレンと、彼女に付き添うヴォーンという男と会います。

退院後、ジェームズは廃車となった自分の車を見に行った場所でヘレンと再会し、その車内でセックスをします。

2人は、自動車事故の瞬間に性的エクスタシーを覚えるようになっていたのです。

やがてジェームズは、ヘレンによってヴォーンが主宰の、“クラッシュ・マニア”と呼ばれる秘密の集団の会合に招かれ、さらにその世界にのめり込んでいくことに…。

スポンサーリンク

映画『クラッシュ 4K無修正版』の感想と評価

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

「ニューウェーブSF」提唱者による倒錯した性愛

本作『クラッシュ 4K無修正版』の原作者J・G・バラードは、「SFは外宇宙より内宇宙を目指せ」と提唱する「ニューウェーブSF」の先駆者として、1960年代から人間の心(精神世界)をテーマとした小説を次々と発表。

『沈んだ世界』『燃える世界』『結晶世界』の、俗に言う「破滅三部作」などでのシュールな作風が話題を呼びました。

そんな中、バラードは1968年に、自動車事故がもたらす性的エクスタシーを綴った短編『衝突!』を発表し、さらに72年には、その短編を元にバラード自身が主演するテレビドラマ『Crash!』を製作(Youtubeで視聴可能)。

そうした段階を経て、彼が73年にあらためて執筆したのが、本作の原作となった長編『クラッシュ』となります。

バイオレンスとエロティシズムを追及する監督クローネンバーグ

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

本作監督のデヴィッド・クローネンバーグは、デビュー以降、センセーショナルかつタブーの領域に挑むかのようなテーマの作品を撮り続けています。

そのテーマとは、登場人物が現実世界とは別のもう一つの世界に足を踏み入れていくというもの。

『ヴィデオドローム』(1982)では拷問や殺人メインのアンダーグラウンド番組に魅了される男を、『ザ・フライ』では物質転送装置によりハエと融合してしまう男を、『イグジステンズ』(2000)ではバーチャルリアリティゲームをめぐる陰謀に巻き込まれる男女を、それぞれ描きました。

加えてクローネンバーグは、バイオレンスでグロテスクかつエロティシズムな描写を躊躇なく多用。

アングラ番組によって暴力的かつ性的な幻覚に惑わされる男が主人公の『ヴィデオドローム』は言わずもがな、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(2005)では夫の秘められた暴力性に戸惑うと同時に性的魅力を感じていく妻が描かれます。

少年時代からフランツ・カフカやウィリアム・バロウズ、フィリップ・K・ディックといったニューウェーブSF小説を読んで育ったクローネンバーグ。

そんな彼が、ニューウェーブSF小説の提唱者であるバラードの作品を熟読していないはずがありません。

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

かつて、ディック原作の『追憶売ります』の映画化が頓挫し、悔しい思いをしたクローネンバーグにとっても、バラード作品の映画化は是が非でも実現させたい企画でした。

自動車事故を機に、異性だけでなく同性同士、さらには車同士によるさまざまなセックスが描かれる原作『クラッシュ』の序章で、バラードはこう綴ります。

『クラッシュ』全体を通して、わたしは単なる自動車を性的イメージではなく、今日の社会における人間生活全体のメタファーとして使用している。

人間は予期せぬ事態に追い込まれたときほど、自身の個が確立される――クローネンバーグは、自動車事故というバイオレンスと、死と性的エクスタシーの境界線に憑りつかれた者たちの姿を通し、社会に実存する悦びを忠実に映像化しています。

ちなみに、フィリップ・K・ディックもやはり人の実存を問うSF作品を手がけてきた作家ですが、彼の『追憶売ります』をクローネンバーグに代わってポール・バーホーベンが映画化した『トータル・リコール』が、本作とほぼ同時期に「公開30周年記念」として4Kデジタルリマスター版が上映されるのも、何かの因縁を感じます。

『トータル・リコール 4Kデジタルリマスター』(2020)

まとめ

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

「理性を抹殺しなさい」

フィルムメーカーが自作について語る書籍『クローネンバーグ オン クローネンバーグ 映画作家が自身を語る』(フィルムアート社・刊)にて、クローネンバーグはインタビュアーにそう告げています。

この言葉こそ、クローネンバーグ作品の何たるかを如実に表しています。

本作の登場人物であるジェームズやヘレン、ヴォーンたちが取る行動は、普通の理性や価値観では理解できないかもしれません。

しかしクローネンバーグは、そうした概念に常にクエスチョンを投げかけます。

クローネンバーグが提示するもう一つの世界に、あなたも足を踏み入れてはいかがでしょうか。

『クラッシュ 4K無修正版』は、2021年01月29日(金)よりシネマート新宿ほかで全国順次ロードショー

関連記事

ラブストーリー映画

映画『マーメイド・イン・パリ』あらすじ感想と解説評価。フランス産人魚姫は恋愛ラブストーリーとキュートなキャラクターに魅了される

映画『マーメイド・イン・パリ』は2021年2月11日(木・祝)より公開。 古くから、切ないラブストーリーのテーマとして描かれてきた、人間と人魚の恋。 アンデルセンの童話『人魚姫』をモチーフに、フランス …

ラブストーリー映画

映画リベンジガール(girl)|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

桐谷美玲主演の『リベンジgirl』は、2017年12月23日より全国公開! 男に弄ばれた失恋をきっかけに女性初の総理大臣を目指す、宝石美輝役に桐谷美玲。 自分を振った相手を向こう戦う選挙戦の“リベンジ …

ラブストーリー映画

映画『ロンドン、人生はじめます』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『ロンドン、人生はじめます』は2018年4月21日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか公開。 アカデミー賞女優ダイアン・キートンが、またもチャーミ …

ラブストーリー映画

映画『あいが、そいで、こい』感想と評価。小川あん&高橋雄祐が演じた大人になる必要と切なさを描いたラブストーリー

2018年に話題となった映画『カメラを止めるな!』のENBUゼミナールのシネマプロジェクト第8弾作品となる、映画『あいが、そいで、こい』。 2019年6月22日から、新宿K’s cinem …

ラブストーリー映画

映画『巴里のアメリカ人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『巴里のアメリカ人』は、アーサー・フリード、ヴィンセント・ミネリというMGMミュージカルの黄金コンビが、ジーン・ケリーを主役に、新星レスリー・キャロンを迎えて撮った傑作ミュージカルです。 以下、あらす …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学