Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/02/26
Update

『聖なるもの』映画主題歌はボンジュール鈴木。顔も可愛いと評判のアーティストとは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『聖なるもの』は、4月13日(土)より、ポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー!

PFFアワード2016の準グランプリ映画『花に嵐』で知られる岩切一空監督が、“フェリーニmeets 庵野秀明!?”とキャッチーで贈る映画『聖なるもの』。

この作品で映画主題歌を担当するのがボンジュール鈴木。今回は彼女の魅力を紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『聖なるもの』の作品情報


©2017『聖なるもの』フィルムパートナーズ

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
岩切一空

【キャスト】
南美櫻、小川紗良、山元駿、縣豪紀、希代彩、半田美樹、佐保明梨、青山ひかる、松本まりか

【作品概要】
岩切一空監督が最後の自主制作映画と語った作品で、監督が5年越しで出演交渉をしたヒロインの南役をプロフィール非公開の南美櫻が務め、もう1人のヒロインの小川役を小川紗良が演じています。

劇中歌と主題歌をボンジュール鈴木が担当。MOOSIC LAB2017でグランプリでは、最優秀女優賞など4部門を受賞しました。

2.映画『聖なるもの』のあらすじ


©2017『聖なるもの』フィルムパートナーズ

早稲田大学の映画研究会に所属はするものの、1本の映画も撮れないまま、3年生を迎えてしまった岩切。

橘先輩が制作する新作の主演女優を探し始めた彼は、その際に橘先輩から言われた「自分の生活を撮影しろ」というアドバイスを聞き、生活の自撮りを始めます。

やがて大学の新歓前に行われた花見の宴席で、舞先輩から4年に1度現れるという“新歓の怪談”の話を聞きます。

それは新歓合宿に現れるという、黒くて長い髪、大きな目、透き通るような白い肌を持った少女にまつわる話でした。

「彼女を見た者は、衝動的に映画を撮りたくなり、唯一彼女に選ばれ、彼女を被写体に撮った映画は必ず大傑作になる」という噂がありました。

しかし、それを行うにはルールが存在しました。

1つ目は、彼女のために脚本を書く。

2つ目は、何があっても撮影を止めない。

3つ目は、今だに誰もわからないと言われていました。

そして迎えた新歓合宿に向かうバスの車内で、岩切は車酔いの気分を癒すために、独り座席に座っている時のことでした。

後部座席には誰もいないはずなのに、見知らぬ目の大きな“怪談の少女”は現れます。

岩切は思わず新歓の合宿所を出て、その少女の後を追いかけます。

そして、「僕の、映画に、出てくれませんか?」と声をかけてしました。

無口どころか、名前も名乗らない彼女を岩切は自宅に招き入れると、山積みにしてあったマンガ本にあった登場人物ヒロインの名前を取り、「南」と名付けます。

やがて、岩切と南のための映画製作が始まったのだが…。

スポンサーリンク

3.映画『聖なるもの』の劇中歌&主題歌は

劇中歌&主題歌を提供したボンジュール鈴木

作詞作曲・編曲、歌、演奏、mixマスタリングまでを1人でおこなう女性マルチ・アーティストでサウンドプロデューサーです。

幻想的でファンタジックなサウンドに、ピアノ、お箏、Viola、アコーディオン、ハンドベルなどの楽器を生で重ねたり、またサンプリングした犬の鳴き声や自然音などを混ぜるなどユニークな音楽作りで注目を集めています。

ボンジュール鈴木の MV「Lollipopシンドローム」

ボンジュール鈴木は3歳の頃にクラシックピアノをはじめ、Jazz歌手だった母とフランスの親族の影響で幼少期からヨーロッパを中心とした様々な音楽にふれる環境のなかで、次第に作曲活動をはじめます。

南フランスのカトリックの大学へ留学中に聴いた、ヨーロッパのエレクトロニカ/ヒップホップ・シーン、クラシック、教会音楽からの影響が色濃いサウンドが特徴です。

そこで北欧エレクトロニカ勢と共鳴する透明感と、ドリームポップ、トリップ・ホップの流れを汲んだ深遠な響きが共存を見せています。

ボンジュール鈴木「5番目のPoupée “コレット”」

日本語、フランス語、英語をPOPなメロディーで織り交ぜ、フランスのボイス・トレーニングで身につけた、甘い独特のロリータウィスパー・ヴォイスと絡みあ合う童話のような不可思議な音楽は聴く者に中毒性を感じさせ、現在のミュージック・シーンで異彩を放っています。

2017年のテレビアニメ『魔法陣グルグル』ED曲『ROUND&ROUND&ROUND』にECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND feat.ボンジュール鈴木として歌唱参加しています。

アニメ『魔法陣グルグル』ED主題歌「Round&Round&Round」MV

映画『聖なるもの』を自身の自主制作の最後の作品とした岩切一空監督は、撮影後のポストプロダクションの音楽漬けの段階で、ボンジュール鈴木の楽曲をどのように選曲したかの問いに、次のように述べています。

「僕の中で『聖なるもの』は、片思いの映画という認識があることもあって、ボンジュールさんの楽曲の中でも、あえて片思いの要素がある曲をピックアップして、それを乗せていきました」

岩切監督が自身の片思い映画に、ボンジュール鈴木の何を劇中歌や主題歌に選んだのか、ぜひ劇場でチェックしたいですね。

互いの映像と音楽の才能を引き合わせながら相乗効果となった映画『聖なるもの』に要注目です。

まとめ


©2017『聖なるもの』フィルムパートナーズ

映画『聖なるもの』は、4月13日(土)より、ポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー!

岩切一空監督とボンジュール鈴木のコラボレーションどのようなファンタジックさや甘い切なさを見せるのか?

ぜひ、劇場でお楽しみくださいね。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』ネタバレ感想レビュー。原作を大きくアレンジした違いとは

三上延のベストセラーシリーズ『ビブリア古書堂の事件手帖』の映画化。 “キャラクター文芸“ブームの火付け役とも言える同シリーズが、コミック化やTVドラマ化を経て、遂に実写映画化。 “過去”と“今”が交差 …

ラブストーリー映画

映画『雪の華』あらすじネタバレと感想。登坂広臣と中条あやみ共演で中島美嘉の2003年のヒット曲を映像化

中島美嘉の2003年のヒット曲『雪の華』を基にしたラブストーリー映画『雪の華』は、2019年2月1日(金)より全国ロードショー。 本編の約半分を北欧フィンランドで撮影、爽やかな日差しのさす夏と雪に囲ま …

ラブストーリー映画

綾瀬はるか映画『今夜、ロマンス劇場で』あらすじ!原作はある?

女優の綾瀬はるかとモデルで俳優の坂口健太郎の初共演を果たす映画『今夜、ロマンス劇場で』。 武内組の映画撮影の現場が2017年6月にクランクアップ。これから撮影を終えた映像の編集作業やポスプロなど行う予 …

ラブストーリー映画

映画『あなたの名前を呼べたなら』ネタバレ感想とレビュー評価。インドの女性監督がカースト制度でのラブストーリーを描く

インドの差別社会に一石を投じる作品。 自分らしく生きるとは? インドのムンバイを舞台に、メイドのラトナと主人のアシュヴィンの、身分違いの恋を描いたラブストーリー『あなたの名前を呼べたなら』。 監督は、 …

ラブストーリー映画

オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』感想レビューと評価。川井田育美監督の「はちみつイズム」で描いた“恋愛の厳しさ”

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)イオンシネマ名古屋茶屋ほか全国順次公開。 若手の監督とキャストによる、4つの恋愛ストーリーを描いた、映画『おかざき恋愛四鏡』。 それぞれ違う作風を持 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP