Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/06/15
Update

池松壮亮映画『君が君で君だ』あらすじ感想と評価レビュー解説。満島真之介と大倉孝二の共演で男たちの哀しいラブストーリー!

  • Writer :
  • 西川ちょり

この愛は純情か、それとも異常か!?

松居大悟が監督・原作・脚本を担当した『君が君で君だ』は、7月7日(土)より、新宿バルト9ほか、全国で七夕ロードショーされます!!

スポンサーリンク

映画『君が君で君だ』の作品情報


(C)2018「君が君で君だ」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作・監督】
松居大悟

【キャスト】
池松壮亮、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二、高杉真宙、中村映里子、山田真歩、光石研、向井理、YOU

【作品概要】
愛する女性が憧れる尾崎豊、ブラッド・ピット、坂本竜馬になりきり、自分の名前すら捨て去って10年間、彼女を見守り続けた3人の男たち。彼らの愛は純愛か、はたまた異常か⁈

「尾崎豊」に池松壮亮、「ブラピ」に満島真之介、「坂本龍馬」には大倉孝二が扮し、キム・コッピ扮する韓国人女性に想いを寄せる。そんな三人の前に現れたのは借金取りの女とその子分だった。彼らの恋が走り出す。

映画『君が君で君だ』のあらすじ


(C)2018「君が君で君だ」製作委員会

僕らが彼女と初めて会ったのはカラオケ屋でした。好きな人に振られてやけっぱちで歌っていた時、オーダーした飲み物を持ってきてくれたのが彼女だったのです。その話し方から韓国から来た女性とわかりました。

すっかり酔っ払って、道行くカップルに毒づいていた僕たちは、彼女が悪いやつらに無理やり誘われているところに出くわします。助けようと思って男たちに向かって行ったはいいものの、ボコボコにやられてしまいます。

その時、彼女は側にあったビール瓶を割って不良たちに立ち向かい、その姿を見た彼らは、あわてて逃げていきました。

彼女は、「HERO」とプリントされている僕のTシャツがツボにはまったらしく大笑いし、切れた口元にハンカチをあてて、血をぬぐってくれたのです。

十年後…。

僕たちは、自分の名前を捨て去り、「尾崎豊」、「ブラピ」、「坂本龍馬」になりきって生きていました。あの時出逢った、彼女、ソンの好きな三人の男になりきり、ひたすら彼女を守るために、この十年を費やしてきたのです。

彼女のマンションの向かいのボロアパートに住み、十年間、彼女の全てを見てきました。彼女の好みのカップ麺を彼女と同時に食べ、歓びを感じる三人。全てを「姫」のために費やしてきたのです。

「姫」は今、宗太という男と付き合っているのですが、この男が作った借金のせいで、借金取りが執拗に取り立てに来ていました。

ある日、三人で「尾崎」を大声で歌っていると、その借金取りが突然三人の部屋に現れました。

謝金取りは、三人の部屋中に貼られたソンの写真を見て、驚きます。「お前ら何やってるんだ!?」

そこに宗太まで現れ、混沌とする中、彼女の姿が見えなくなりました。こんなことは初めて。三人は姫を「守る」ことが出来るのか!?

この愛は純情か、それとも異常か。国境も常識も超えた愛の物語が、観る者の恋愛観を揺さぶります!

スポンサーリンク

映画『君が君で君だ』の感想と評価

本作は松居大悟監督が原作・脚本も担当したオリジナル作品です。

これまで数多くの恋愛映画が作られ、ストーカーや、異常な恋愛関係を描いた作品も少なくないと思うのですが、かつて、本作のような恋愛映画があったでしょうか!?

今までに類を見ない、オリジナリティ溢れる、怪作、ならぬ快作といって良いのではないでしょうか!?

「尾崎豊」になりきる男を演じるのは、池松壮亮、ハリウッドの超人気俳優「ブラピ」を名乗る男に満島真之介、「坂本龍馬」には大倉孝二が扮しています。

さらに、恋人の宗太を高杉真宙が演じ、いつものクールなイメージとは違う、パンチパーマのバカ恋人になりきっています。

そんな男たちに愛される「姫」こと、ソンに扮するのは『息もできない』(2008/ヤン・イクチュン監督)での演技が今でも鮮明に思い出される韓国人女優キム・コッピです。

YOU演じる借金取りのボスが、彼らの振る舞いを見て、向井理扮する子分に「こんなに愛されたことってある?」と問いかけるシーンがありますが、このときの彼女の表情には一種の羨望のようなものが現れています

しかし、映画は簡単に彼らの「純愛」を称賛したりはしません。彼らの行動を正当化することもありません。都合の良い擁護もせず、ただ、彼らが突っ走る様子をダイナミックに追うのです。

この一種、異様ともいえる彼らの行動に、「恋愛」「恋する」ことのエゴイズムをまざまざと見せられたように感じました。

ふとしたことで恋に落ち、相手の幸せを願い、相手のためと思っていても、それを主張すればするほど、自身の押し付けになっていくというパラドクス

まさに恋愛観を揺さぶられてしまうのです。彼らの恋を皆さんはどのようにご覧になるでしょか?!

まとめ

関連映画:『私たちのハァハァ』(2015)

「感想と評価」において、“他に類を見ない”と述べましたが、実は一つ、この作品を見て思い出した作品があります。

それは、松居大悟監督の2015年の作品『私たちのハァハァ』です。

好きなバンドのツアーのラスト公演を観るために、九州を飛びだして、東京に発作的に向かう女子高生たちを描いた作品です。

彼女たちはあるバンドが大好きという共通項を持った仲間で、その「愛」故に東京へと突っ走るのですが、それぞれに、その対象へのアプローチの仕方、想いに違いがあり、その対象に近づくに連れ、その温度差が顕になっていくのです。

本作品『君が君で君だ』も、次第にそれぞれの違いが鮮明になっていき、そのあたりも是非、注目してみていただきたいです。

それぞれのキャラクターが個性豊かで圧倒されること請け合いですが、とりわけ、池松壮亮のキャラクターの爆発ぶりには凄まじいものがあります

共感するか!? ドン引きするか!? あなたの恋愛観が試される!?

関連記事

ラブストーリー映画

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』ネタバレ感想【白石和彌監督】

『ユリゴコロ』などで知られる沼田まほかるのベストセラー小説を、映画『凶悪』の白石和彌監督が映画化。主演は蒼井優と阿部サダヲ、共演に松坂桃李、竹野内豊。 第22回釜山国際映画祭に正式出品された本作は、か …

ラブストーリー映画

映画『3泊4日、5時の鐘』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2016年10月開催された、第29回東京国際映画祭のコンペティション部門にて、新作『雪女』を発表して話題となった杉野希妃監督。 女優や監督として多才ぶりが注目される一方。彼女は若き才能の育成を目的とし …

ラブストーリー映画

映画『ビール・ストリートの恋人たち』感想と評価解説。バリー・ジェンキンス監督がジェイムズ・ボールドウィンの原作に挑む

映画『ビール・ストリートの恋人たち』は、2019年2月22日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。 『ムーンライト』で2017年のアカデミー賞作品賞に輝いたバリー・ジェンキンス監督がジェ …

ラブストーリー映画

わたしは最悪。|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。失敗をくり返しながら成長する“私”の異色の恋愛ドラマ

まるで自分をみているような映画『わたしは最悪。』 優秀で才能あふれる20代後半の女性・ユリア。なんでもそこそここなすけれど、行き詰まるといつも思う「これじゃない」感。 大胆で好奇心旺盛な彼女が出会った …

ラブストーリー映画

『ラブ・アクチュアリー』ネタバレあらすじと結末の感想評価。オムニバス的恋愛映画をヒュー・グラントやリーアム・ニーソンら総勢19名の群像劇で展開!

ヒュー・グラント、リーアム・ニーソンら豪華俳優が集うラブコメディ 『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)『ノッティングヒルの恋人』(1999)などの脚本家リチャード・カーティスが初監督を務めた群 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学