Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/03/30
Update

映画『アボカドの固さ』感想レビューと評価解説。キャスト前原瑞樹の実体験をもとに恋人への執着を痛々しくもユーモラスに描く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『アボカドの固さ』は2020年9月19日(土)より渋谷・ユーロスペースにて劇場公開。

5年間付き合った恋人に、突然別れを告げられた若者が、復縁を望み悪戦苦闘する30日間の物語、映画『アボカドの固さ』。

恋人に執着し続ける主人公、前原をの姿を通して、世の中に悪戦苦闘する20代という時期をユーモラスに、そしてリアルな痛々しさを交えて描く、本作をご紹介します。

映画『アボカドの固さ』の作品情報

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
城真也

【共同脚本】
山口慎太朗、前原瑞樹

【キャスト】
前原瑞樹、多賀麻美、長谷川洋子、小野寺ずる、空美、並木愛枝、兵藤公美、山口慎太朗、西上雅士、日下部一郎

【作品概要】
5年付き合った恋人の清水緑に、ある日突然別れを告げられた主人公、前原瑞樹が経験する、30日間の物語を描いた映画『アボカドの固さ』

劇団青年団に所属し、近年では『友だちのパパが好き』『世界でいちばん長い写真』『ウィーアーリトルゾンビーズ』『あの日々の話』などの映像作品に多数出演している、実力派若手俳優の前原瑞樹が、自身の恋愛経験をもとに、作中の前原瑞樹を自分で演じるという、少し風変りな作品です。

前原の恋人の緑役に、さまざまな舞台に出演し活躍している女優、多賀麻美、前原の姉、美野里役をドラマ『まだ結婚できない男』などに出演し活躍している、小野寺ずるが演じるなど、実力派の俳優が、自然な演技を見せています。

監督は、2017年の作品『さようなら、ごくろうさん』で、「PFFアワード2017」に入選し、本作が長編デビュー作となる、期待の新人監督、城真也、脚本は、作家ユニット「くらいくらい公園」で活躍する山口慎太朗。

映画『アボカドの固さ』あらすじ

駆け出しの俳優として活動し、姉と同居しながら生活している、24歳の前原瑞樹。

前原には、5年間付き合っている恋人、清水緑がいました。

ある時、2人でホームセンターに行き、ソファーを選んでいた時に、突然、緑から一方的に別れを告げられます。

最初は強がって、別れを受け入れた前原でしたが、次第に緑が恋しくなります。

前原は緑を食事に誘い、復縁を望みますが、緑は一切応じようとせず、逆に拒否されてしまい、2人の仲は絶望的となります。

別れの理由もハッキリ聞かされないまま、一方的に別れを告げられた事にショックを受けた前原は、周囲に恋愛相談をして周ります。

ある時、前原は友人たちを飲みに誘い、相談する中で、「お互い別れたばかりで、気持ちが落ち着いていない」という話になり「30日間の猶予を置く」事を提案されます。

30日後に、前原は25歳となる為、その時まで、緑とあえて距離を置き「お互いの気持ちを落ち着けた方が良い」という事でした。

前原はアドバイスを参考に、俳優の仕事に専念し、少しずつ生活を変えようとしますが、思い通りにならない毎日に苛立ちを覚えます。

自暴自棄に陥る前原を、姉の美野里は、厳しい言葉を浴びせながらも、優しく見守ります。

そんな中で、前原は仕事で出会った女性、佐々木に恋をしますが、頭から緑の事が離れません。

緑への強い想いを抱き、目の前の事に悪戦苦闘し、右往左往する前原ですが、いよいよ25歳の誕生日を迎えます。

30日間の猶予を過ごした前原は、緑と再会できるのでしょうか?

映画『アボカドの固さ』感想と評価


突如、恋人の緑から別れを告げられた前原が経験する、30日間の物語を描いた映画『アボカドの固さ』。

本作の主人公、前原瑞樹を演じている、俳優の前原瑞樹が、自身の経験をもとにした本作は、20代の若者を描いた、なんとも痛々しい作品となっています。

まず、前原のキャラクターですが、社交性のある積極的な性格で、友人も多い、明るい性格です。

俳優としても、物語の序盤で、緑と映画を観に行った前原が、映画館で偶然出会った女性に「出演作を見た」と言われ、握手を求められる場面がある事から、それなりに仕事をしている事が分かります。

ただ、物語が進んでいくと、前原の友人は全員年下で、なんとなく前原に気を使っているような人達ばかりであり、前原の社交性も、一方的すぎて空回りしている事が分かります。

俳優としても、それなりに仕事はありますが、大きな仕事は経験していません。

前原は、緑に別れを告げられる、決定的な理由を持っていませんが、全てにおいて未熟とも言えます。

特に、前原が迎える25歳という年齢は、俳優を続けるには「若くないかもしれない」という、少し現実を感じずにいられない年齢となっており、物語の後半は、前原のそんな心情を感じるさまざまな描写があります。

また、悩んで少し荒れた様子を見せる前原を、本作は徹底した第三者目線で淡々と描いています。

前原の心情などを吐露する場面なども無い為、時には共感できずに「何を考えているか分からない」と、感じる場面もあるでしょう。

ですが、20代とは、そういう年齢ではないでしょうか?

ある程度社会で認められ始め、楽しさを感じながらも、自身の立ち振る舞い方が分からず、葛藤する年代。

本作は、そんな20代のリアルな雰囲気を表現しており、だからこそ痛々しく感じる作品です。

主人公の前原を通して、20代の若者の痛々しさを描いた、本作のタイトルが何故『アボカドの固さ』なのでしょうか?

タイトルになっているアボガドは、その固さで食べ頃を判断しますが、固すぎず、弾力のあるものが、食べ頃と言われています。

作中でも言われていますが、アボガドの食べ頃を判別するのは、非常に難しいです。

熟しきれない、世の中から見ると未熟な前原の姿は、誰もが経験のある、または経験している事でしょう。

未熟ながらも、悪戦苦闘する前原の姿をユーモラスに描いていますが、その姿には、必ず何か感じるものがある、そんな作品です。

まとめ


本作は20代の若者の日常を、リアルな雰囲気で描いた作風が特徴的です。

特に居酒屋で、前原が友人とお酒を飲みながら、馬鹿話をする場面は必見で、馬鹿話をしながらも「30日間の猶予を置く」事を提案されるのですが、前原と友人たちの空気感が自然で、まるで演者のアドリブ演技のみで撮影したような、そんな印象を受ける程です。

その後の物語の核ともなる、重要な場面なのですが、その様子を固定カメラで、ワンカットのような感じで撮影しており、居酒屋での日常的な光景を、覗き見しているような感覚に陥ります。

作品全体が、必要以上に過剰な演出は無く、メインのストーリーとして「前原と緑は、どうなるのか?」という部分がありますが、ほとんどのエピソードが1人で悪戦苦闘し、空回りする前原の日常となっています。

特に、佐々木と出会い、少し浮かれ気味になった前原が、友人に語る「もしかしたら、向こうも気があるかも」エピソードは、会話内容が非常に痛々しいのですが、男性であれば、20代の頃に似たような経験があるのではないでしょうか?

このように、20代特有の、何とも言えない会話の応酬も、本作の見どころとなっています。

そんな中で迎える、運命の25歳の誕生日。

決してドラマチックではないのですが、これまで前原の日常を淡々と描いてきた本作だからこその、なんとなく幸せを感じる展開で、本作ならではの感動があります。

本作のテーマは、決して分かりやすい形で前面に押し出したものではありませんが、人によっては温もりを感じ、人によっては痛々しいを記憶を掘り返す事になるかもしれません。

生々しくリアルな作風の映画だからこそ、過剰ではない、日常的な感動が素晴らしい作品となっています。

関連記事

ラブストーリー映画

黒島結菜映画『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』あらすじとキャスト紹介

2018年2018年3月3日(土)よりTOHOシネマズほか全国ロードショー中の『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』。 いくえみ綾による人気少女漫画『プリンシパル』が遂に待望の実写化! 「好き」 …

ラブストーリー映画

映画『民生ボーイと狂わせガール』あらすじネタバレと感想!ラストも

渋谷直角のサブカルマンガを大根仁監督により、キャスト妻夫木聡&水原希子主演で映画化! 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』をご紹介します。 CONTENTS映画『奥田民生になりた …

ラブストーリー映画

映画『仕立て屋の恋』あらすじネタバレ感想とラスト結末の考察。大人の恋愛ラブストーリーを名匠パトリス・ルコントが描く

今回ご紹介する映画は、フランス映画らしい恋愛映画『仕立て屋の恋』。 1989年に制作されたのですが、日本公開されたのは1992年。パトリス・ルコント監督の『髪結いの亭主』がヒットしたことで、前作も急遽 …

ラブストーリー映画

『エターナルラブが蔓延した日』あらすじ感想と評価解説。新型殺人ウィルスに立ち向かう天才科学者と天才歌手を描く長谷川千紗の奇想天外な初長編監督作

『エターナルラブが蔓延した日』は2023年11月21日(火)よりネオ書房@ワンダー店、12月1日(金)よりCINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)、12月18日(月)よりシ …

ラブストーリー映画

映画『アンナ(1966)』あらすじネタバレと感想。2019年にデジタルリマスター版にて復刻リバイバル

世界がアンナに恋をした。 伝説の女優アンナ・カリーナ、幻の傑作。 『アンナ』は始め、1966年、フランス国営放送が初のカラーテレビ番組として製作した作品でした。 主演のアンナ・カリーナは『気狂いピエロ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学