Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『カーラヌカン』あらすじとキャスト。公開日時と映画館も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『カーラヌカン』は、3月10日より渋谷HUMAXシネマほか全国ロードショー!

写真家の主人公の大山光は、都会での心が満たされない生活から離れ、沖縄を訪れます。

美しいサンゴ礁の浅瀬にいた美少女の石垣真海とは…。

大山光が誘われた琉球の古から綿々と続く、“知ることよりも感じる価値”とは?

スポンサーリンク

1.映画『カーラヌカン』の作品情報


(C)2017映画「カーラヌカン」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原題】
カーラヌカン

【監督】
浜野安宏

【キャスト】
GACKT、木村涼香、秋吉久美子、加藤登紀子、マリーン、油井昌由樹、木村祐一

【作品概要】
映画のタイトルにもなった「カーラヌカン」は、沖縄の八重山地方にある方言で「川の神」を意味します。

本作の主演はミュージシャンであり、俳優としても活動するGACKTが主人公の大山光役を演じ、八重山地方の豊かな自然を背景に描かれた幻想的な愛の物語です。

2.映画『カーラヌカン』のキャスト


(C)2017映画「カーラヌカン」製作委員会

GACKT(大山光役)

GACKTが主役を務める大山光は、東京で活躍する世界的に有名な写真家という役柄です。

【GACKTのプロフィール】
GACKTは英語、中国語、ハングル語、フランス語と語学が堪能で、テコンドーや空手、また日本刀のアクロバットなアクション得意としいます。

趣味はDrive、スノーボード、乗馬。『人の背中を押す事』こそ自分の使命と考え、卒業式ライブほか、慈善事業にも貢献しています。

GACKTは自らを“表現者”と称し、ミュージシャンという枠にとらわれない多才な活動を行う個性派アーテイスト。

これまでCDシングル48枚とアルバム19枚をリリースしており、男性ソロアーティストのシングルTOP10獲得数は 歴代1位を保持しています。(2017年12月現在)

木村涼香(石垣真海役)

木村涼香の演じたヒロインの石垣真海は、沖縄の自然で育ちながら、祖母からノロの血、母から文化を受け継ぐ少女です。

【木村涼香のプロフィール】
木村涼香は1997年7月10日生まれ。

『カーラヌカン』のヒロインオーディションで、総勢700人の中から選ばれました。

特技としては18歳まで新体操選手として、国体での優勝経験も持つ一面もあります。

そのほか「小学館ミスビジュアルウェブS」初代グランプリを獲得、「週刊ビッグコミックスピリッツ」巻頭などグラビアでも活躍しています。

さらには ミュージカル『素敵な世界』で初舞台ながらも本多劇場でメインキャストを果たしました。

スポンサーリンク

3.映画『カーラヌカン』のあらすじ


(C)2017映画「カーラヌカン」製作委員会

世界を股にかけ活躍する写真家の大山光は、よく引き締まった身体、優しい面影をもつイケメン。

東京での華やかな暮らしぶりに不在感を感じていたある日、心の安らぎを求めて沖縄を訪れます。

澄み切ったイノー(サンゴ礁の浅瀬)から現れた美しい姿態の美少女の石垣真海と出逢います。

しかし、すぐにいなくなってしまった彼女を探し歩きます。

大山はカーラヌカンという不思議な祈りの声に誘われると、ニライカナイ海の火祭りの中に真海を見つけます。

そして三日月の夜に「写真を撮らせて欲しい」と彼女を説得すると、八重山地方をロケーションに真海を撮影していました。

その時、突然、強い太陽光線が大山を包み込むと目の前が真っ白になります。

気がつくと真海が忽然と消えていました。

大山は琉球の古から続く自然信仰の力に押し流され、何も状況のつかめぬまま、八重山の奥深くで消えた真海を探し続けますが…。

4.映画『カーラヌカン』の公開される劇場


(C)2017映画「カーラヌカン」製作委員会

北海道地域

北海道 ユナイテッド・シネマ札幌(2018年3月10日〜)

関東地域

東京 渋谷HUMAXシネマ(2018年3月10日〜)
東京 ユナイテッド・シネマアクアシティお台場(2018年3月10日〜)

千葉 イオンシネマ幕張新都心(2018年3月10日〜)

埼玉 イオンシネマ春日部(2018年3月10日〜)

茨城 イオンシネマ守谷(2018年3月10日〜)

中部地域

名古屋 イオンシネマ名古屋茶屋(2018年3月10日〜)

北陸地域

新潟 イオンシネマ新潟西(2018年3月10日〜)

石川 イオンシネマ金沢(2018年3月10日〜)

東海地域

静岡 シネプラザサントムーン(2018年3月10日〜)
静岡 ユナイテッド・シネマ豊橋18(2018年3月10日〜)

近畿地域

大阪 シネプレックス枚方(2018年3月10日)

九州地域

福岡 ユナイテッド・シネマキャナルシティ(2018年3月10日〜)

沖縄地域

沖縄 MIHA7PLEX(2018年3月10日〜)

スポンサーリンク

まとめ

本作のタイトルの「カーラヌカン」は、沖縄にある八重山の方言で、 「カーラ=川」、「ヌ=の」、「カン=神」を意味する「川の神」。

この沖縄の幻想的な方言が導くバックボーンと、GACKT演じる主人公の大山光という現実的なメタファーなキャラクターが、美しく絡みながら綴られた愛の物語を紡ぎます。

また、スクリーンからでも琉球神道のイニシエーションを通じて、あなたの気持ちが浄化再生していくような映像には、「太陽の輝き、海の美しさ、自然の優しさ」といったものをふんだんに感じさせてくれます。

琉球の自然は「敵や味方もなく、左も右もない」という2対立構造ではない、自然本来の多様さと“良い意味でも無駄(何も不必要なものはない)”といった本来の気づきを感じさせられるでしょう。

映画『カーラヌカン』は、3月10日より渋谷HUMAXシネマほか全国ロードショー!

お見逃しなく!

関連記事

ラブストーリー映画

映画『ひるなかの流星』あらすじとキャスト一覧。【永野芽郁×三浦翔平×白濱亜嵐出演】

“はじめて人を好きになった瞬間、はじめての告白、はじめての失恋、そしてはじめての…” 究極の三角関係を描いた胸キュン度200%のラブストーリー『ひるなかの流星』をご紹介します。 スポンサーリンク CO …

ラブストーリー映画

『東京の恋人』映画内容と考察解説。森岡龍×川上奈々美W主演で描いた下社敦郎監督作品の見どころポイントとは

明日からは、あなたなしで生きていくのね。ラブユー、ラブユー、東京。 志半ばで夢をあきらめ東京を離れた男が、学生時代付き合っていた彼女との再会のため、10年ぶりに東京へ。 2人の再会は、輝いていた青春の …

ラブストーリー映画

映画『男と女』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

揺れ動く男と女の心情を巧みに描いた、あまりにも美しい愛の物語。 クロード・ルルーシュの名を世に知らしめた不朽の名作『男と女』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『男と女』の作品情報 …

ラブストーリー映画

浅野忠信映画『壊れた心』ネタバレ感想と評価解説レビュー。宗教的要素が散りばめられた贖罪と救いの物語

ようこそ、愛と破滅の世界へ。 フィリピンのスラム街を舞台に、『岸辺の旅』『淵に立つ』の浅野忠信が扮する冷酷な殺し屋と、『闇のあとの光』のメキシコ人女優ナタリア・アセベドが演じる娼婦の逃避行を描いたクラ …

ラブストーリー映画

映画『あのコの、トリコ。』あらすじと感想レビュー【吉沢亮&新木優子共演】

キラキラ映画『あのコの、トリコ。』は、10月5日(金)より、全国ロードショー! 『あのコの、トリコ。』主演にはイケメン人気俳優の吉沢亮を迎え、ヒロインに映画ドラマで活躍の新木優子、そして最強ライバル役 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学