Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2022/02/22
Update

映画『よだかの片想い』原作小説あらすじネタバレと結末の評価解説。島本理生が描く‟偏見と恋愛”に揺れ動く主人公が得たものとは⁈

  • Writer :
  • 星野しげみ

小説『よだかの片想い』が2022年9月16日(金)に映画公開!

顔にアザがある女性の恋愛を描いた直木賞作家・島本理生の恋愛小説『よだかの片想い』が、映画化されます。

監督は『Dressing UP』(2012)や『蒲田前奏曲』(2020)の安川有果。『性の劇薬』『アルプススタンドのはしの方』(2020)の城定秀夫が脚本を手がけました。


(C)島本理生/集英社 (C)2021映画「よだかの片想い」製作委員会

顔にアザがあるアイコは勉強一筋の生活を送っていましたが、「顔にアザや怪我を負った人」のルポタージュ本の取材を受けたことから生活が一変。監督の飛坂に恋心を抱き、コンプレックスと向き合うことになります。

幕が下りたら会いましょう』(2021)『今日も嫌がらせ弁当』(2019)の松井玲奈がヒロイン・アイコを演じ、飛坂役は『グッド・ストライプス』(2015)の中島歩が扮します。

映画公開に先駆けて、小説『よだかの片想い』をネタバレ有りでご紹介します。

小説『よだかの片想い』の主な登場人物

【前田アイコ】
生まれつき顔にアザがある女性。周囲からの「可哀想」などの言葉から自分にも恋愛にもコンプレックスを持つようになります。

【飛坂逢太】
映画監督。アイコが表紙を飾った本の映画化にあたり、監督を務める。

【ミュウ先輩】
アイコの大学院の先輩

【まりえ】
アイコの中学生からの友人

【原田】
アイコの大学院の後輩

小説『よだかの片想い』のあらすじとネタバレ


島本理生『よだかの片想い』(集英社文庫)

生まれつき顔にアザがある前田アイコ。その容姿のコンプレックスは成長とともに大きくなっていきます。

小学生の頃は「アザが琵琶湖にそっくりだ」とクラスの男の子に言われ、「いいかげんにしろ。なんてひどいことを言うんだ!」と怒った担任の言葉の方に驚きました。

中学生の頃には、「(自分たちだって)ああなってた可能性はあるわけだし。(前田は)可哀想だって」と自分のことを話す男子の会話を聞いて愕然とします。

自分では少しも可哀想だと思っていないのに……。生まれつきのものを可哀想だと言うのなら、アイコは一生否定されることになってしまいます。あえて否定的な考えは持ちたくありません。

高校に入ると、地元の友達が少なくて知らない子だらけでしたので、アイコは少し気分が軽くなりました。

ある日、アイコはクラスメイトからメンバーに欠員が出たからとカラオケの合コンに誘われます。

少し浮き浮きした気分で参加しようとしたのですが、待ち合わせ場所で「ほかに誘う子いなかったの?」と噂されているのを聞き、すぐにその場を立ち去りました。

その時から、アイコは普通の人と同じような夢を見たり、出会いがあるかもという期待をしたりしないでおこうと心を決めました。

それからしばらくして、アイコは部員不足だった物理部の部員になりました。

自分の容姿にコンプレックスを持ってからアイコは物理の勉強に没頭するようになり、国立大学の理学部に合格できました。

大学に入ったらアザも目立たなくなるのだろうか。自分にも素敵な出来事がちょっとくらいはあるのかもしれない。

アイコはそんなことを思って、そんなに簡単に変わるわけがないと、すぐに打ち消します。

結局、大学の4年間をアイコは勉強ばかりして過ごし、大学院に進みました。

あるとき、大学卒業して出版社で働く友人のまりえから「顔にアザや怪我のある人たちのルポルタージュを作成したい」と頼まれ、アイコは了承してインタビューを受けます。

おまけに表紙モデルも頼まれ、写真を撮ってもらい、表紙を飾りました。すると、その本は話題となり映画化の話が舞い込みます。

アイコは勝手に独り歩きする自分の話に抵抗はあったのですが、映画監督・ 飛坂逢太と対談することを了承しました。

飛坂はアイコの強い表情が気に入ったと言い、飲み会の帰りに手鏡をプレゼントしてくれました。

自分の顔のアザに同情せず、自然に振る舞ってくれる飛坂にアイコは初めて恋をしたのです。

忙しくてこれまで彼女と長続きしたことがないという飛坂と付き合うことになったアイコ。

ある日のデートの帰り道、アイコの母親に偶然見られてしまった2人は、アイコの家に招かれて夕食を共にします。

そこでアイコの母は飛坂に、「アイコは本当にいい意味で普通に育ったの」と言いました。

意思が強くて頑丈そうに見えるけど、アイコは繊細な子なんです。この子の真っすぐにモノを見るところだけは、失われないでいてほしい、と頼みました。

夕食後、アイコは飛坂を駅まで送って行きました。

「アイコさんは、すごく親に愛されているんだな」と飛坂は孤独な少年の眼をして言います。

実は飛坂は有名な役者の父親のスキャンダルのせいで誹謗中傷を受け、普通とは程遠い人生を歩んできたのです。

だから、飛坂はアイコの母親の言葉を聞いて少し寂しくもあり、両親から愛され大切に育ったアイコと付き合う重みを感じはじめていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『よだかの片想い』ネタバレ・結末の記載がございます。『よだかの片想い』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

撮影で忙しい飛坂となかなか会えないでいたアイコは、偶然 飛坂と女優の路上キスの週刊誌の記事を目にします。

飛坂は女優とは付き合っておらず、酔った勢いでキスをしたことを認め謝罪しました。しかし、アイコはどうしても飛坂の行為が許せずに、気まずいまま別れてしまいました。

数日後、アイコはレーザー治療でアザを薄くしようと決め、病院を訪れました。

治療は何回かにわけて細かくレーザーを当てていくものだそうです。アイコのアザの大きさだと2年ぐらいかかると言われます。

お金のこともあるから両親と相談して次回の予約をしますと病院で答え、アイコは母に打ち明けました。

子どもの頃、レーザー治療を怖がっていたアイコの変貌に「飛坂さんと何かあったのか?」と母は聞いてきます。

「何もない」と答えたアイコですが、アザがあったから飛坂さんの素敵なところをたくさん知ることが出来て好きになったんだと改めて思いました。

母には、レーザー治療のことはしばらく考えると告げ、飛坂と会えないままでいたアイコ。

ある日 大学の研究室で泣いているところを後輩の原田に見られてしまいます。以前よりアイコに好意を抱いていた原田はアイコをデートに誘い始めました。

そんなある日、アイコは相談相手のミュウ先輩こと筧奈穂美がバーキューをした際に大やけどしたことを知ります。

病院で包帯でグルグル巻きにされたミュウ先輩を見ると、過去の悲しい記憶も蘇り、アイコはどう接していいか分からず、病室の前から逃げ出してしまいました。

アイコは、たまらず飛坂に電話をして、怪我をした先輩の悲痛な声を聞いて、自分の悲しい記憶を思い出したことを打ち明けました。

アイコが先輩に会って元気づけられるか自信がないと言うと、飛坂さんは「アイコさんの真面目さや真剣さをきっと欲しているんだよ」と励ましてくれました。

その言葉を胸に、アイコはミュウ先輩の病室へ行きました。ミュウ先輩は、アイコに「アイコちゃんのアザはレーザーで取れるの?」と聞きます。アイコは堂々と答えます。

「私はずっとこのアザを通して人を見てた。でも、だからこそ信頼できる人と付き合ってこられたんです。ミュウ先輩もその一人です」。

そしてアイコは病院には行ったものの、治療はやめたことを打ち明けました。

その後、飛坂と会う約束をしていたアイコですが、時間に間に合わなくなり飛坂に電話をかけました。飛坂から急な打ち合わせが入り、今日の約束は別の日にしてほしいと言われ、アイコは目が覚める思いがしました。

飛坂は、アイコの前向きな言葉が無性にほしくなるときがあったと言いました。

続けて、「それはアイコさんばかりに負担をかける残酷なことで、僕はまた君を傷つけると思うけれども、それでもいいなら僕とやり直して欲しい」と告げます。

出会った頃だったらこの言葉で満足できたとアイコは思います。でも今は違う。約束は守ってほしいし、自分と会うことを一番楽しみにしてほしい。相手にもこちらと同じぐらいに好きになってほしいのです。

求められることの幸せを知ったアイコは、片想いじゃなくて両想いの関係でいたいと思い、飛坂に「さよなら。そしてありがとう」と告げました。

それからしばらくして、アイコと原田はショッピングに行きました。そこでアイスを食べるアイコを見て、原田は素直に「可愛い」と言います。

男の人から初めて可愛いと言われたアイコは、原田くんのことを好きになってもならなくても、この大切な日は忘れないでおこうと思いました。

数日後、飛坂からアイコを題材に制作した映画の試写会のチケットが届きました。試写の前には、出演者と監督のトークイベントがあると書かれています。

複雑な思いを抱えたまま、アイコは試写会へ赴きました。

トークイベントで、飛坂は舞台の上で、撮影が始まる前に実際にアザのある女性に会った時のことを話します。そのアザが女性が葛藤しながらも強く生きてきた証に思えたと言う飛坂の言葉が、会場に響き渡りました。

試写が終わるとアイコは、夜空に向かって「飛坂さん、あなたを好きになって本当に良かった」と呟き、遠い星を見つめました。

小説『よだかの片想い』の感想と評価

原作者島本理生はこの小説において、顔にアザがある女性を主人公にしています。

ただでさえ全て成就といかないラブストーリーにおいてのこの配役に、どんな顛末が待っているのかと気になります。

案の定、主役のアイコは小学校・中学校と周囲の反応から自分が普通でない子だと自覚し、何かを期待することを諦めていました。

そんなアイコの写真が「顔にアザや怪我のある人たちのルポルタージュ」本の表紙を飾り、人生が一変します。

映画化の話が舞い込み、その映画監督の飛坂に恋をします。果たしてこの恋の行方はどうなるのでしょう。

一生におけるハンディキャップともいえるアザを受け入れて生きているアイコ。

レーザー治療でアザを取ることも考えますが、このアザがあったから飛坂とも出会えたと思うと思い切って取り去る気になれません。

それは、自分がずっとこのアザを通して人を見てたと、自身の存在証明に気づいたからでもあります。

ラストは、アイコが遠い星を見つめるシーンで終わりますが、なんとも納得感のある結末です。

人を好きになって片想いに終わっても、アザを自分の個性と考えられるほどひと回りも二回りも大きく成長したアイコ

空いっぱいに瞬く星空のその先には、きっと幸福が待っていると、明るい希望を持てる作品でした。

映画『よだかの片想い』の見どころ

顔のアザにコンプレックスを抱く女性が、恋をきっかけに自身と向き合うストーリーの『よだかの片思い』。

主人公のアイコはコンプレックスを持ちながらも真っ直ぐに生きている強い女性です。

‟顔にアザや怪我のある人たち”は大人しくしていても、いじめの対象になったりと偏見の眼でみられがちですが、アイコはそんな偏見に負けそうになりながらも、涙をこらえて立ち向かいます。

映画でこんなアイコを演じるのは、松井玲奈。原作の大ファンという彼女は、複雑に揺れ動く細やかなアイコにしかわからない心の動きを読み取ろうとしていたといいます。

どんなに他人がアイコを思いやっていたとしても、逆効果な言葉や行動があるということもわかる本作で熱演する松井玲奈。

彼女が演じ切る、不器用でも必死に生きるアザのあるアイコに注目です。

映画『よだかの片想い』の作品情報

【公開】
2022年公開(日本映画)

【原作】
島本理生『よだかの片想い』(集英社文庫)

【監督】
安川有果

【脚本】
城定秀夫

【キャスト】
松井玲奈、中島歩、藤井美菜、織田梨沙、青木柚、手島実優、三宅弘城

まとめ


(C)島本理生/集英社 (C)2021映画「よだかの片想い」製作委員会

直木賞作家・島本理生の恋愛小説『よだかの片想い』をご紹介しました。

生まれつき顔にアザがある女性の恋愛はコンプレックスとの戦いと言えます。ありのままの自分を受け入れてくれる人は、なかなかいないのではないでしょうか。

そういう意味では主人公アイコの片思いは、勇気ある選択だったのです。

映画では、原作とは違うラストが用意されているそうです。

アザへの偏見などの社会的な問題がクローズアップされているのか、ひとりの女性の恋愛ストーリーにスポットライトが当たるのか

監督と脚本家の間でも議論があったというストーリー展開に、本作への期待も高まります。

映画『よだかの片想い』は2022年9月16日(金)に全国公開!







関連記事

ラブストーリー映画

映画『ロマンスドール』ネタバレ感想とレビュー評価。高橋一生×蒼井優をキャストにタナダユキ監督が自ら執筆した小説を実写化

映画『ロマンスドール』は、2020年1月24日(金)より全国ロードショー! 2008年に『百万円と苦虫女』、2012年には『ふがいない僕は空を見た』などで知られるタナダユキ監督が、10年前に発表した同 …

ラブストーリー映画

映画『愛がなんだ』あらすじとキャスト。原作の感想と評価は【岸井ゆきの&成田凌】

(C)2019「愛がなんだ」製作委員会 映画『愛がなんだ』は第31東京国際映画祭“コンペティション部門”に選出された、恋愛映画の概念をぶち破る意欲作です。 原作は直木賞作家、角田光代の傑作同名小説。監 …

ラブストーリー映画

映画『南瓜とマヨネーズ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【臼田あさ美×太賀×オダギリジョー出演】

漫画家の魚喃キリコの代表作で、1998年から1999年にかけて『CUTiE Comic』にて掲載された漫画『南瓜とマヨネーズ』。 キネマ旬報ベスト10にもランキングされた『ローリング』の奇才・冨永昌敬 …

ラブストーリー映画

映画『男と女(2020)人生最良の日々』ネタバレ結末あらすじと感想評価。ロケ地ドーヴィルの海辺を舞台に撮影10日間で描く

映画『男と女 人生最良の日々』は、2020年1月31日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー。 “愛の伝道師”クロード・ルルーシュ監督が紡ぐあの恋愛映画 …

ラブストーリー映画

映画『九月の恋と出会うまで』あらすじネタバレと感想【高橋一生&川口春奈のW主演作品】

高橋一生&川口春奈のW主演! 映画『九月の恋と出会うまで』は、2019年3月1日(金) 全国ロードショー! 書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説として、ロングセラーとなった松尾由美の同名小 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学