Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『イースター・パレード』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ミュージカル名作傑作でフレッド・アステアとジュディ・ガーランドが恋のダンスバトルで舞う!

  • Writer :
  • くろみずし

ダンスバトルのミュージカル映画『イースター・パレード』

『イースター・パレード』は、『オズの魔法使い』(1939)でドロシー役を務めたジュディ・ガーランドとブロードウェイのダンサー出身フレッド・アステア主演のミュージカル映画。

1912年のニューヨークを舞台に恋とダンスのバトルが繰り広げられます。


(C)2013 Turner Entertainment Co. and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ダンス一筋でやってきたドン・ヒューズは自分が育てたダンスパートナーのナディーン・ヘイルに捨てられてしまう。ヤケになってドンは新しいパートナーハンナを酒場でスカウトします。

ハンナは右と左の区別もつかない、ダンスも素人だったのです。はたしてドンはハンナを一人前のダンサーに仕上げ、ナディーンを見返すことはできるのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『イースター・パレード』の作品情報


(C)2013 Turner Entertainment Co. and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

【公開】
1950年(アメリカ映画)

【原作】
EASTER PARADE

【監督】
チャールズ・ウォルターズ

【キャスト】
フレッド・アステア、ジュディ・ガーランド、ピーター・ローフォード、アン・ミラー、ジュールス・マンシン

【作品概要】
ミュージカルスターのジュディ・ガーランドとフレッド・アステアが初共演を果たしたミュージカル映画。

作曲家アーヴィング・バーリンが音楽を担当し、彼が生み出した数々の楽曲に乗せて素晴らしいキャスト陣で表現しています。1949年アカデミー賞編曲賞(ミュージカル映画)部門を受賞。

映画『イースター・パレード』あらすじとネタバレ


(C)2013 Turner Entertainment Co. and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

1912年のニューヨーク。今日はイースターのお祝いで街には活気が溢れています。

ブロードウェイダンサーのドン・ヒューズは上機嫌で歌って踊ってお買い物をしていました。

ゴージャスな帽子やウサギの人形を購入し、向かった先はナディーン・ヘイルの自宅。彼女はドンのダンスパートナーです。

ドンは「イースターをこの帽子を被って街を歩きお祝いしよう、そしてお祝い後にシカゴの仕事へと旅立とう」と言いました。

すると、ナディーンは突然他の舞台と契約をしたことを打ち明けます。ドンは慌ててナディーンを説得するものの、ナディーンの心はもう決まっていました。

そんな話をしていると、ドンの親友ジョニーがやってきました。2人のやり取りを聞いたジョニーも、ドンを捨てるナディーンの考えには共感できませんでした。

ドンとジョニーは2人でバーにいました。落ち込むドンを励ましていたのです。ジョニーはドンに戻って彼女を説得したほうがいいと言いましたが、ドンは誰でも仕込めると言って店で踊っていた女性をスカウトしに行きました。

彼女に名刺を渡し、週給100ドルという条件を提示し、明日10時に練習場で待っていると言ってドンはその場を去りました。

彼女の名前はハンナ・ブラウン。ドンが有名な人だとは知らずに貰った名刺を破って捨てましたが、直後にドンの存在を知り、名刺を拾い集めました。

翌日、稽古の時間にハンナは1分遅刻してしまいました。時間に厳しいドンは最初から不機嫌そうな態度を取りました。

ハンナは昨日まで働いていたバーを辞めてきたと告げると、ドンも引くに引けなくなってしまいました。

早速ダンスの練習を始めると、ハンナはダンスの素人だということが発覚しました。それだけでなく、右と左の区別がつけられないのです。ゴムバンドを足に付け右左を区別しながら猛特訓が始まりました。

お昼休憩のため2人で外へ出ました。ハンナはドンなら誰でも選べるとわかっていたので、無理をしなくてもいいと言いました。

ドンは「君を選んだのは僕だから僕のためにも一流になってくれ」とお願いをしました。

2人が歩いていた道はイースター・パレードで盛り上がっていました。前から周りから注目されている派手な女性が1人歩いてきました。

ハンナはその女性を見て素敵だけど、帽子がいまいちだとコメントしました。その女性はナディーンでしたがドンは黙っていました。そして、来年はハンナが彼女のように有名になると言いました。

2人は舞台のドレス選びに出かけました。ドンが選ぶドレスはどれもハンナらしくないうえに、今日からハンナではなくファニータだと言われてしまいました。

そして店を出てドンはハンナに道を1人で歩いて、男性が振り返るかやってみろと命令します。

ハンナは1人で歩き始めますがなかなか振り向かないので、ドンに見えないように変顔をして男性達を振り向かせることに成功しました。

ドンは勘違いし、ハンナに合格を与えました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イースター・パレード』ネタバレ・結末の記載がございます。『イースター・パレード』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ついにハンナ初舞台当日。結果は残念なものとなり、ハンナは落ち込みました。ドンはハンナを慰めました。

ジョニーとナディーンが2人でレストランにいると、ジョニーが大切な人も呼んでいると言い始めました。

するとナディーンはジョニーの父を呼んでいるのかと勘違いをしました。しかし、やってきたのはドンです。

ジョニーは2人が仲直りをする場をセッテイングしたのです。ジョニーは先に席を去り、2人になります。

ジョニーの思いとは裏腹に2人は早速険悪なムードになりました。ナディーンはハンナに自分のマネをさせないでと文句を言いました。ドンはナディーンを残しレストランを出ていきました。

ハンナは1人で食事を終え、お店を出ると雨が降り出していました。お店の入り口で雨宿りをしていると1人の男性が飛び込んできました。

なんとその男性はジョニーでした。ハンナは約束があるのに遅れると困ると話すと、ジョニーは近くにいた人から傘を買い一緒に歩こうと誘いました。

2人で雨のなか相合い傘をして歩いているき、ジョニーは口説くように歌い、ハンナも答えるように歌いました。ハンナは目的の場所へ着くやいなやジョニーの傘から姿を消しました。

ハンナはドンとの約束に30分遅れて到着しました。ドンは突然今までと方向性を変え、ハンナらしく歌って踊れと言い出しました。

言われた通りにハンナらしく歌って踊ってみると、二人の息はピッタリ合いました。ハンナの才能は一気に開花し、2人は舞台を見事に成功させました。

公演を終えると、ドンが目標としていたジークフィールドの舞台に誘われました。ナディーンもその場に現れました。

そして主演はナディーンであることを聞かされました。ハンナはイースターパレードですれ違った女性がナディーンだったことに気が付きました。

そして、なぜドンは前のパートナーだったことを教えてくれなかったのか疑問に思い、怒りだしハンナは出ていきました。

ハンナが外へ飛び出すと、雨の日に出会ったジョニーに再会しました。そこで始めてジョニーとドンは、兄弟同然に仲が良いと知ります。ジョニーはハンナを食事に誘いました。

ハンナがホテルへ戻るとドンがやってきました。ジークフィールドの舞台を断ったと言い始めました。

ハンナは納得できませんでしたが、ドンは2人の舞台が良いのだと説得しました。話をしているとジョニーが花束を持って部屋にやってきました。

ジョニーとハンナで2人で食事へ向かうと、ハンナはジョニーにドンの質問を始めました。すると、ジョニーはハンナがドンに気があることに気がついてしまいました。

ドンの質問タイムが終わると、ジョニーはハンナに恋をしてしまったことを打ち明けました。するとハンナは食欲がないと言い始め、2人でレストランを後にしました。

ついにナディーンの舞台が公演されました。ドンはこっそり観にいきました。そのころハンナはドンがナディーンの舞台が大成功し落ち込んでいるのではないかと心配していました。

電話しても繋がらなかったため、ハンナはジョニーにドンの居場所を聞くため電話をしました。ジョニーもドンの居場所は知りませんでした。

電話の最中にジョニーが現れました。ハンナは電話を切らないまま、ドンと話し始めました。ドンは落ち込んでいるどころか、新しいショーが決まり上機嫌だったのです。

そして2人は今夜お祝いをすることになりました。ドンが部屋から出ていきハンナは電話を切っていなかったことに気が付きました。そしてジョニーとも今夜ディナーの約束をしていることも思い出しました。

するとジョニーは今夜のディナーはまた明日にしようと言ってくれました。電話が終わりジョニーはすぐにナディーンに電話し食事に誘いました。

ハンナがドンの家へ到着すると、ドンは食事を用意してくれていました。ロマンティックなディナーが始まると思っていたハンナでしたが、ドンは早速踊りの話を始めたのです。

ハンナが女性として見られていないことに怒り出すと、ドンは突然キスをしました。するとハンナの機嫌は治りました。最初はナディーンを見返すためにやっていたが、今はハンナを愛しているといい2人は抱き合いました。

2人の舞台は無事大成功で終わりました。2人はお祝いのディナーへ出かけます。そこではナディーンの公演が行われていました。

2人はテーブルからナディーンの舞台を鑑賞していました。演目が終わるとナディーンが突然ドンを舞台へと誘いました。

ドンがリクエストに応え一曲踊ると、ハンナはその場からいなくなりました。ハンナはドンにスカウトされた元職場のバーへ行ってからホテルに帰ると扉の前でドンが待ち構えていました。

ハンナはナディーンを取り戻すために自分を利用したことに怒りをぶつけました。最初は利用しようとしていたことを認めましたが、今はハンナが世界で一番美しいということにも気がついてしまったと説得をしました。

しかし、ドンはホテル関係者に不審人物だと勘違いされ、その場から追い出されてしまいました。

翌日ジョニーがハンナの元へ訪れました。昨晩のドンとのことを後悔しているとジョニーに打ち明けると、ドンが新しい相手を探そうとしていると話しました。

ハンナは混乱しましたが、ドンの元へ向かうことにしました。そして、ジョニーは再びナディーンの元へ。

その頃ドンの家には次から次とプレゼントが届き始めていました。ハンナが部屋に訪れ、今日のイースターパレードへ誘いました。

送り主が不明のプレゼントはハンナからのものだったのです。2人は無事仲直りして、パレードへ向かい注目を沢山浴びました。そんななかで、ドンがハンナの指に指輪をはめ、お話はロマンティックに幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『イースター・パレード』感想と評価


(C)2013 Turner Entertainment Co. and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

本作は、ミュージカルやクラシック映画に苦手意識がある方にこそ見てほしい作品です。

食わず嫌いを一転させてくれる破壊力抜群な内容で、ニューヨークの街並み、舞台や衣装から当時の空気に酔いしれながら最後まで見ることができます

作中の歌やダンスはもちろん注目していましたが、登場人物たちの愛おしいキャラクターがより作品を盛り上げていました。

ヒロインのハンナはどこか少し抜けているような、愛らしい性格で、ドンはダンスに一筋すぎるあまり空回りしてしまう不器用な性格。

ナディーンは元パートナーのドンの舞台評価が気になって仕方がないという、人間らしい少し嫌な性格を持ち、ジョニーは自分が好きな相手からは都合の良い相談相手とされ、自分が興味のない女性からは強く言い寄られてしまうという、周りに振り回されてしまう性格でした。

このように登場人物それぞれが個性豊かな性格をもっています。見た人それぞれ好きになる登場人物がちがくなるのではないでしょうか。

まとめ

本作はアーヴィング・バーリンが生み出した楽曲が輝いています。ブロードウェイ出身のフレッド・アステアは、タップダンスを得意としており、才能が炸裂しています。

また、フレッドに負けず劣らずの存在感を放っているのがハンナ役のジュディ・ガーランドです。

『オズの魔法使い』(1939)でドロシー役でアカデミー賞子役賞を受賞した実力が劣るどころが、さらに本作で魅力が増しています。

ニューヨークの街並み、舞台や衣装から当時の空気に酔いしれてしまう、クラシックミュージカルをポップな恋物語に合わせ老若男女問わず楽しめる作品となっています。


関連記事

ラブストーリー映画

映画『月極オトコトモダチ』感想と評価解説。徳永えりが挑んだ「男女の友情」という永遠のテーマ

映画『月極オトコトモダチ』は、2019年6月8日から「新宿武蔵野館」ほか全国で順次公開! 「男女の間に友情は存在するのか?」というテーマを、「レンタルフレンド」などの現代の要素を踏まえながら描くラブコ …

ラブストーリー映画

『愛と哀しみの果て』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。大人の恋愛映画おすすめをロバート・レッドフォードとメリル・ストリープ共演で描いた“永遠の愛”

雄大な大地に綴られる愛の叙事詩 アフリカの大地に魅せられ、現地でコーヒー園を経営する一人の女性の激動の半生を描く感動作『愛と哀しみの果て』。 『トッツィー』(1983)の名匠シドニー・ポラック監督がア …

ラブストーリー映画

映画『ファントム・スレッド』あらすじと感想。公開される劇場情報も

映画『ファントム・スレッド』は、5月26日(土)より、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー! 男は女にドレスを着せることを望み、女は男を丸裸に …

ラブストーリー映画

映画『パリの恋人たち』ネタバレ感想とレビュー評価。大人のラブストーリーはヌーヴェル・ヴァーグの香り

ホットワインやココアが似合う季節になると、夏よりもなんだか心がそわそわするように感じられるのは気のせいでしょうか。 愛の言葉が似合う言語の国、誰もが恋をする街パリからロマンティックでビターな大人の愛の …

ラブストーリー映画

映画『ラ・ブーム』ネタバレあらすじ感想とラスト内容の考察。13歳のソフィー・マルソー代表作はボンドガールとなる以前の愛らしさが光る

恋に恋する13歳の危うい恋愛事情“ラ・ブーム”とは? 1980年代のパリが舞台の青春ラブストーリー『ラ・ブーム』をご紹介します。 長い夏休みが終わり、9月のパリでは新学期を迎えます。13歳のヴィックは …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学