Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

ブリジット・ジョーンズの日記|ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。レニー・ゼルウィガーが等身大の独身女性をキュートに演じる

  • Writer :
  • 谷川裕美子

ぽっちゃり女子ブリジットの魅力にはまる女性が続出!

恋に仕事に奮闘する32歳の独身女性を等身大に描いたヘレン・フィールディングによるベストセラーを映画化した大ヒットコメディ『ブリジット・ジョーンズの日記』。

主演のレネー・ゼルウィガーが10kgも体重を増やし、ぽっちゃりヒロインをチャーミングに演じて大きな話題となりました。

コリン・ファースとヒュー・グラントという名優2人が、ヒロインを奪い合う恋敵を好演しています。

世界中の女子を応援して大きな共感を呼んだユーモアたっぷりの名作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』の作品情報

【公開】
2001年(アメリカ映画)

【原作・製作総指揮】
ヘレン・フィールディング

【脚本】
ヘレン・フィールディング、アンドリュー・デイヴィス、リチャード・カーティス

【監督】
シャロン・マグワイア

【出演】
レネー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース、ジム・ブロードベント、ジェマ・ジョーンズ、シャーリー・ヘンダーソン、サリー・フィリップス、ジェームズ・キャリス

【作品概要】
ヘレン・フィールディング原作の同名ベストセラーをシャロン・マグワイア監督が映画化したロマンティック・コメディ。

脚本はフィールディングのほか、『ラブ・アクチュアリー』(2004)のリチャード・カーティス、アンドリュー・デイヴィスが担当しています。

主演を務めるのはレネー・ゼルウィガー。『ジュディ 虹の彼方に』(2020)でアカデミー賞主演女優賞を受賞した演技派が、体重を10kg増やし、イギリス英語を身に着けてキュートなヒロインを好演しています。

共演は『英国王のスピーチ』(2011)でアカデミー賞主演男優賞を受賞したコリン・ファース、『ノッティングヒルの恋人』(1999)のヒュー・グラント。

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』のあらすじとネタバレ

独身32年目の正月を迎えた出版社勤務のブリジット・ジョーンズ。新年パーティーのために実家を訪れ、幼い頃に一緒に遊んだバツイチの弁護士マーク・ダーシーに紹介されます。

彼こそ夢の彼氏になる相手かもと期待して彼をみつめたブリジットは、彼の着ているトナカイ柄のセーターを見てがっくり。マークも酒とタバコ好きなブリジットに幻滅します。

ロンドンに戻ったブリジットは、「しっかり生きるために日記をつけてブリジット・ジョーンズの真実を語ろう。」と決意。体重やタバコの本数、アルコールの量なども書きつけ、10キロの減量と、良識あるボーイフレンドをみつけるという誓いをたてます。

彼女の憧れる編集長のダニエル・クリーヴァー。その彼から、遅刻したブリジットに緊急メールが届きます。

それはブリジットの超ミニスカートへのメッセージで、「スカートははき忘れた?」とありました。笑ってスカートは病欠ではありませんと答えるブリジット。

翌日、さらにセクシーな服装で出勤した彼女と、ダニエルとのメールのやりとりが続きます。

食事に誘われたブリジットは、体と知性を磨く努力を始め、セクシーランジェリーとお腹をひっこめる効果抜群のデカパンの間で悩みます。

出版記念パーティーに出席したブリジットはマークに再会し、同僚弁護士のナターシャを紹介されます。

ダニエルから、彼がマークとケンブリッジ大の同級生で、結婚式の介添人だったことを聞きます。ダニエルがフィアンセをマークに奪われたと聞いて怒るブリジット。

その後、ダニエルの家で結ばれたふたり。ダニエルからデカパンに驚かれてしまうものの、楽しく笑い合います。

母のパメラは通販チャンネルのジュリアンのアシスタントとなり、彼と同棲を始めます。父を一人残して。

地元のパーティーに出るのを兼ねて、ダニエルと週末旅行に出たブリジットは、またもやマークとナターシャに再会。ダニエルと楽しく過ごしますが、翌朝突然彼は仕事で帰ってしまいます。

ひとりでバニーガール姿で仮装パーティーに向かったブリジットでしたが、仮装ではない普通のパーティーに変更されており浮いてしまいます。マークに対して、ダニエルにしたことを責めるブリジット。マークは黙って去っていきます。

ロンドンに戻ってダニエルの部屋に直行し、浮気相手のララと鉢合わせしたブリジット。翌日オフィスでダニエルからララとの婚約を告げられます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ブリジット・ジョーンズの日記』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ブリジット・ジョーンズの日記』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ブリジットは引き留めるダニエルを振り切ってテレビ業界へ転職します。

ブリジットが友人夫妻のパーティーに出席するとカップルばかりで、マークとナターシャの姿もありました。彼女は帰り際にマークから、「ありのままの君がとても好きだ」と告白されます。

11月9日。33歳の誕生日。アガーニー・ヒーニー事件の人権裁判取材に行ったブリジットは、担当弁護士だったマークのはからいで独占インタビューに成功。一躍スターとなります。

友達を呼んでパーティーを開こうと料理に奮闘中のブリジット。そこに、彼女が載った新聞記事を手にしたマークが祝福に現れます。彼に料理を手伝ってもらい、友人たちと乾杯していたところに、ララと破局したダニエルがやって来ました。

ブリジットに復縁を迫るダニエルを表に呼び出すマーク。そして「遅すぎた」と言って突然殴ります。

ダニエルも殴り返し大乱闘に。最後の一発を入れたマークをブリジットがののしり、彼は自分がバカだったと言って去っていきます。ブリジットはダニエルからも離れていきました。

12月25日。父とクリスマスを過ごしていたブリジットのもとに母が戻ってきました。夫婦は固く抱き合います。

母からダーシー夫妻のルビー婚パーティーに誘われたブリジット。ダニエルがマークの妻を寝取ったことが離婚の原因だったことを母から聞いた彼女は、一緒に急いでダーシー宅へと向かいます。

マークをみつけ、自分もありのままのあなたが好きだと思いを伝えるブリジット。驚きながら会場へとマークは戻ります。

マークの両親から、マークがニューヨークに栄転すること、ナターシャも同行し近く家族になるかもしれないことが発表されました。思わず「だめよ」と叫ぶブリジット。イギリスの損失だからと慌てて取り繕います。

ひとり帰宅したブリジットは日記に「独身のイカれ女」と書き加えました。

友人に誘われ、雪の中パリへ行こうとしていたブリジットは、やってきたマークに気づきます。

思いが通じ合ったふたりは、部屋へ入りました。少しだけ待ってもらって、セクシーランジェリーに履きかえるブリジット。その間に、マークは自分の悪口が書かれた彼女の日記を読んでしまいます。

黙って去って行くマーク。ブリジットはセクシーな下着にカーディガンだけ羽織った姿で、雪の中に飛び出していきます。

やっとマークをみつけたブリジット。彼は彼女のために新しい日記帳を買っていました。周囲も気にせず熱いキスを交わすふたり。マークは自分のコートで彼女をやさしく包みました。

スポンサーリンク

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』の感想と評価

シングル女性たちの絶対的な味方ブリジット・ジョーンズ

世界中から愛されるキュートなブリジット・ジョーンズを演じるのは、2年にわたってサーチされた末に選ばれたレネー・ゼルウィガーです。演技派の彼女の魅力が炸裂する名作となり、続編2作もその後公開されました。

後に『ジュディ 虹の彼方に』でアカデミー賞主演女優賞を受賞する実力派女優のレネーは、イギリス英語のアクセントをしっかり学び、役作りのために出版部見習いとして働くなどの徹底した努力を重ねて、見事にイギリス人ヒロインを演じました

本作でもアカデミー主演賞ほか数々の映画賞にノミネートされています。

おバカっぽいのに下品ではなく、どこか色っぽい笑顔と喋り方がたまらなくかわいいブリジット。魅力的なムチムチボディは、レネーが10kgの体重を増やして作り上げたものです。

どんなにセクシーな姿でもいやらしくならず、下品な言葉を言っても品なく聞こえず、いつでもチャーミングさが勝っている。そんなレネーの演技の絶妙な匙加減に唸らされます

ブリジットには、女子なら共感せずにはいられない魅力がたくさんあります。たとえば…

フラれたらバラードをかけて大泣きしながらお酒をがぶ飲みしてしまうところ、とか。

プレイボーイには近づかないようにしようと思っているのに、口説かれたら簡単におちてしまうところ、とか。

トナカイ柄のセーターを着ていたら、エリート弁護士でもごめんなさいしてしまうところ、などなど。

張り切るほどに失敗を重ねてしてしまうところも、自分に重なって見えてくるのではないでしょうか。

セクシーなランジェリー姿で必死で雪の中走り抜けるブリジットは滑稽ですが、それ以上に観る者の胸を熱くさせます。

自分に正直すぎる彼女の魅力が、イケメン男性ふたりに愛される夢物語にリアリティを与えているのです。

ポンコツなハンサム男子の魅力

ブリジットの恋の相手は、弁護士のマーク・ダーシーと編集長のダニエル・クリーヴァー。ふたりともハンサムなエリートですが、どこかポンコツな愛されキャラです。

マークを演じるのは名優コリン・ファースです。原作者のフィールディングは、名作『高慢と偏見』にインスピレーションを得て小説を書き上げたと明かしており、BBCドラマ版でダーシー役を演じたコリン・ファースにほれ込み、ファースを念頭に置いてマークをキャラクター化したそうです。

眉間にしわを寄せ、神経質そうで真面目なマークが、トナカイ柄のドン臭いセーターを着ている姿は最高に笑えます。

プレイボーイのダニエルを演じるのは、ロマンティックコメディの帝王と呼ばれるヒュー・グラントです。スカしたハンサムを演じたら天下一品の彼が、女にだらしないのに憎めないダニエルを好演しています。ブリジットのデカパンを見ても笑って受け入れるあたり、ダニエルもなかなかユニークないい男です。

生真面目人間と遊び人という正反対のふたりが、自分に正直になってなりふり構わず殴り合うさまはちょっと感動的です。

コリン・ファースもヒュー・グラントも、本作で数々の映画賞にノミネートされるなど高い評価を受けています

まとめ

たくさん不安を抱えた悩めるシングル女子を応援してくれる大人気ロマンティック・コメディシリーズ第1作『ブリジット・ジョーンズの日記』。レネー・ゼルウィガー演じるキュートなぽっちゃりヒロインに癒され、元気をもらえる素敵な一作です

どこか残念なところのある憎めないイケメンエリートたちとのドタバタ恋愛劇がコミカルに繰り広げられます。

ブリジットの個性的なセクシーファッションや、母・パメラのユーモラスで強烈なキャラクターもみどころです。

もがいている女性はぜひ強い味方・ブリジットからパワーを分けてもらってください。きっと笑いで悩みを吹き飛ばしてくれますよ!





関連記事

ラブストーリー映画

映画『胸が鳴るのは君のせい』ネタバレあらすじと結末の感想評価。キャスト浮所飛貴と白石聖の青春ラブストーリー

ドキドキが止まらない!「好き」が鳴り止まない。 紺野りさ原作、累計発行部数250万部を突破する大人気恋愛コミック『胸が鳴るのは君のせい』が、ジャニーズJr.「美 少年」の浮所飛貴と白石聖の共演で実写映 …

ラブストーリー映画

映画『午前0時、キスしに来てよ』あらすじネタバレと感想。主題歌にGENERATIONS from EXILE TRIBEの「One in a Million -奇跡の夜に」を起用

映画『午前0時、キスしに来てよ』は12月6日(金)よりロードショー! 『近距離恋愛』『きょうのキラ君』など映画化された作品も多い、みきもと凛の同題コミックをGENERATIONS from EXILE …

ラブストーリー映画

映画『アンモナイトの目覚め』ネタバレあらすじ感想ラスト結末の評価。大人の恋愛譚をウィンスレットとローナンで描く

19世紀・イギリスの海辺の町を舞台に、実在の古生物学者の人生を大胆にアレンジ。ケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンが初共演を果たした愛の物語 長編監督デビュー作『ゴッズ・オウン・カントリー』で …

ラブストーリー映画

映画『今夜、ロマンス劇場で』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【綾瀬はるか×坂口健太郎共演】

映画『今夜、ロマンス劇場で』は2月10日より全国ロードショー! 映画監督を夢見る青年の前に、突然現れたスクリーンの向こう側のモノクロ映画の王女様美雪。 色彩のある世界に憧れてこちら側の世界にやってきた …

ラブストーリー映画

映画『ある貴婦人の肖像』ネタバレあらすじ考察と感想評価の解説。イザベル役を女優ニコール・キッドマンが見事に演じきったジェーン・カンピオン作品!

19世紀のイギリスとイタリアを舞台に、自由に生きようとした令嬢の運命と真実の愛とは・・・ 今回ご紹介する映画『ある貴婦人の肖像』は、ヘンリー・ジェイムズの小説『ある婦人の肖像』が原作です。「真実の愛に …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学