Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/09/28
Update

映画『ディナー イン アメリカ』ネタバレ結末あらすじと感想考察。ラブストーリーを孤独な少女とパンクなバンドマンで“純愛とは何か”を描く

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

超過保護な過程で育った孤独な少女が出会ったのは、好きなバンドのボーカルだった!?

俳優としても活躍するベン・スティラーがプロデュースを務め、アダム・レーマイヤーが監督を務めた異色のラブストーリー。

過保護に育てられた孤独な少女パティは、ひょんなことから警察に追われるサイモンを匿うことに。

しかし、サイモンはパティが好きなパンクバンドのボーカルであり、パティの“心の恋人”だった!出会うはずのない2人の運命的な出会い。

現代社会の偏見をむき出しにし、直球のメッセージを突きつけるパンクでパワフルな映画をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ディナー・イン・アメリカ』の作品情報


(C)2020 Dinner in America, LLC. All Rights Reserved

【日本公開】
2021年公開(アメリカ映画)

【原題】
Dinner in America

【監督・脚本】
アダム・レーマイヤー

【製作】
ベン・スティラー、ニコラス・ワインストック、ロス・プットマン、デビッド・ハンター、ジョン・コバート、サム・スレイター

【キャスト】
エミリー・スケッグズ、カイル・ガルナー、グリフィン・グラック、パット・ヒーリー、メアリー・リン・ライスカブ、ハンナ・マークス、リー・トンプソン、デビッド・ヨウ、ニック・チンランド

【作品概要】
『ズーランダー』(2001)、『LIFE!』(2013)など俳優、監督として活躍するベン・スティラーがプロデューサーを務め、監督・脚本は『バニーゲーム』(2010)でデビューしたアダム・レーマイヤーが務めました。

パティを演じたエミリー・スケッグズは、ミュージカル『ファン・ホーム』で主人公アリソンの学生時代役を演じ、高評価を受け、シアターワールド賞を受賞しました。『ミスエデュケーション』(2018)、 『マイル 22』(2018)に出演、本作が長編映画初主演作。

サイモン役には『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』(2001)で映画初主演、『エルム街の悪夢』(2010)、『アメリカン・スナイパー』(2014)、『ビューティフル・ボーイ』(2018)など多数出演する新鋭の若手俳優カイル・ガルナー。

映画『ディナー・イン・アメリカ』のあらすじとネタバレ


(C)2020 Dinner in America, LLC. All Rights Reserved

サイモン(カイル・ガルナー)は治験のアルバイトに来ていましたが、途中で帰されてしまい、報酬ももらえませんでした。

仕方なく帰ろうとバス停に向かうと、もう一人途中で帰された女性がいました。その女性に食事に誘われます。突如やってきたサイモンに対し女性の家族は怪訝な顔をしますが……、何故か女性の母親に気に入られ誘われます。

誘いに乗ろうとしたサイモンでしたが、その様子を他の家族に見られてしまいます。サイモンを誘ったはずの母親はサイモンに襲われたと嘘をつき、サイモンは悪者にされてしまいます。逆上したサイモンは窓ガラスを割り、植木に放火して逃亡します。

一方パティ(エミリー・スケッグズ)は短大を卒業し、親に勧められるままペットショップで働いています。通勤中のバスでは2人組の男にからかわれ下品な言葉を浴びせられます。「負け犬」と馬鹿にされても黙って耐えるパティ。

夕食の際にパティはライブに行きたいと両親に言いますが、両親は過激な音楽は好きじゃないと反対し、友達とパジャマパーティをしたらどうかと提案します。もう子供じゃないとパティは怒ります。

感情が昂ったパティは自室で大ファンであるパンクバンド「サイオプス」の曲を大音量で流し、感情のままに踊ります。そして自慰行為をし、自身の下着を写真に撮りファンレターと共に封筒にいれ、覆面ボーカルのジョンQに送ります。

ある日、仕事の休憩中のパティの前にサイモンが現れます。パティとサイモンは短大で同じ授業をとっていたことがあり、顔見知りでした。

サイモンはパティに隠れる場所はないか、と聞きます。パティはサイモンを家に連れていきます。

借りは返すというサイモンにパティはサイコプスが前座で出るアライアンスのライブに連れて行ってくれと頼みます。

サイオプスのレコードもカセットも全部持っていると興奮気味にパティは言い、ジョンQは自分の心の恋人であり、毎週愛の詩を書いていると言います。

パティの言葉にサイモンは動揺し、トイレに駆け込みます。サイモンのリュックの中には沢山の手紙が。サイモンこそがサイオプスの覆面ボーカル、ジョンQだったのです!

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ディナー・イン・アメリカ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ディナー・イン・アメリカ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 Dinner in America, LLC. All Rights Reserved

サイモンはバンドメンバーが集うダイナーに向かい、アライアンスとライブをやるとはどういうことだと怒ります。

しかし、バンドメンバーはボーカルのジョンQが警察に追われ、行方不明のなか、スポンサーがやっと見つけてきたチャンスを手放したくないと言い、バンドの意見は割れてしまいます。

パティはペットショップの仕事をクビになってしまい、新しい職探しをしています。しかも2週間分の給料がまだ払われていません。そのことを知るとサイモンはお金をもらいに行くぞとパティを引っ張っていきます。

バスの中で2人組の男性にからかわれるパティ。サイモンが言い返しますが、2人組に殴られてしまいます。

怒ったサイモンはパティの家の庭にあった猫の死骸を袋につめ、仕返しに行きます。パティに2人を挑発させ、2人がやってくるとバットで殴り、裸にして猫の死骸と共に写真を撮ります。サイモンのぶっ飛んだ仕返しにパティも興奮気味です。

そのままペットショップに向かったパティは普段よりも気が大きくなり、店長に対して強気ででます。給料をもらった2人はバーガーショップに向かいます。

「これってデート?」と聞くパティにサイモンは「ただのランチ、ジョンQが好きなんだろ」と答えます。ジョンQは音楽の恋人だと答え、サイモンにキスを迫るパティ。2人はキスをします。

その後ゲームセンターで遊び、サイモンは射的でパティが欲しいといった大きなクマのぬいぐるみを見事ゲットします。クマを抱え嬉しそうなパティは、「今日は人生最高の日だった」と言います。過保護に育てられ、友達もいないパティにとって全てが初めての体験だったのです。

次の日、面接に連れて行ってと頼んだパティを、サイモンは自分の家に連れて行きます。地下室にある楽器を見て驚くパティに、自分がジョンQだと告げます。最初は信じなかったパティですが、手紙を見て衝撃を受けます。

サイモンは興奮気味にこれの凄さがわかるか、この手紙は最高のポップソングだと言います。サイモンが音楽を作りパティは自分が書いた詩を歌い上げます。

地下室の物音を聞いて家族がサイモンとパティに気づき、皆で食卓を囲むことに。家族は皆サイモンを麻薬中毒の異常者という偏見の目でみて馬鹿にしています。その様子にパティは怒りますが、誰も相手にせずパティを馬鹿な子だと言います。

私って馬鹿だと思う?と聞くパティに、サイモンは二度とそんなことを言うなと強く言います。馬鹿じゃない、パンクロッカーだ、と。

再びパティは「これってデート?」と聞き、サイモンは「デートだ」と答えます。「昨日が人生最高の日と言ったけど、今日はもっと最高」とパティは言います。

サイモンはパティを連れてライブ会場に現れますが、スポンサーやメンバーと揉めてしまい、サイモンに内緒で警察を呼んでしまいます。ライブ中にサイモンは警察に連れていかれてしまいます。

追いかけるパティにサイモンは「散々なデートで悪かった」と言います。

サイモンは刑務所に服役しながら、パティに手紙を送ります。手紙には“ムショはアメリカで唯一まともな食事がでる”と書かれていました。

スポンサーリンク

映画『ディナー・イン・アメリカ』感想と評価


(C)2020 Dinner in America, LLC. All Rights Reserved

パンクでピュアな恋

星条旗のマークのインパクトが強いワンピースを着たパティはお世辞にもイケてる女の子ではなく、鈍くて冴えない残念な女の子です。ビールと煙草アレルギーの父、健康志向なのか変わった食事を作る母親。

パンクバンドのライブに行きたいと言うパティに、刺激の強い音楽は好きじゃないと反対されます。しかしパティ自身もそんな両親に反抗しようとはせず、言いつけを守って一週間分の薬もちゃんと飲み、同世代の男達にからかわれてもやられっぱなしでいます。

そんな彼女の唯一ストレス発散であり、彼女のアナーキーな気持ちを爆発させるのは、パンクバンド「サイオプス」でした。

覆面のボーカリスト、ジョンQに恋をし、思いの丈を詩にして自身の下着の写真と共に送っています。

そんな心の恋人であるジョンQが目の前に現れ、冴えない少女であったパティがサイモンに出会うことで、今までの自分を脱却していく展開はまるで少女漫画のようにロマンティックです。

一方サイモンは、麻薬中毒、放火犯と家族の中でも問題児扱いされ、厄介もの扱いされるサイモン。自分の感情をぶつけられるバンドでさえ、メンバーとうまくいっていません。

そんなサイモンにとって心の拠り所であり、密かに特別な思いを抱いていたのがパティのファンレターでした。

しかし単なるロマンティックなラブストーリーで終わらないのが、本作の魅力です。

家族と食事


(C)2020 Dinner in America, LLC. All Rights Reserved

“ディナー・イン・アメリカ”のタイトルの通り、本作では家族で食事をする場面が出てきます。

治験のアルバイトの後サイモンが誘われて女性の家族と食事、パティの家族とサイモンの食事、サイモンの家族とパティの食事の3つの家庭が出てきます。

サイモンは髪型など外見で受け入れられず、問題児扱いされます。パティもサイモンと出会う前は弟に馬鹿にされ、両親にはライブを却下され、サイモンの家族には馬鹿だと言われてしまいます。

刑務所に入ったサイモンは、パティへの手紙の中で“ムショはアメリカの中で唯一まともな食事ができる”と言っています。刑務所の食事というと一般的に不味いというイメージがあります。

不味いイメージのある刑務所の食事を唯一まともと皮肉って言うところがサイモンのアナーキーな部分であり、社会に巣食う様々な偏見をぶっ飛ばすこの映画のメッセージがありありと浮かび上がってくるのです。

サイモンやパティに対して偏見で決めつけ、自分はまともな側だと信じて疑わない人々。その構図がまさに食事シーンに現れています。確かに2人はぶっ飛んでいるかもしれませんが、彼らを偏見の目で見る人々は“まとも”と言い切れるのでしょうか。

まとめ


(C)2020 Dinner in America, LLC. All Rights Reserved

超過保護な過程で育った孤独な少女が、好きなバンドのボーカルと出会い恋に落ちる異色なラブストーリー。

パティとサイモンのパンクでピュアな恋愛もさることながら、本作で注目して欲しいのは音楽です。

特にパティが自身の思いを綴った曲を歌う場面は過保護に育てられ、全てをノーと禁じられてきたパティが自身を解放するような印象的な場面になっています。

音楽を手がけたのは、映画『ナポレオン・ダイナマイト』(2004)など数多く映画やTVドラマの楽曲を手がけてきたジョン・スウィハートです。

社会への痛烈な皮肉も込めたパンクでアナーキーな映画でありながら、“推し”との運命的なラブストーリーは多くの人に愛されるでしょう。




関連記事

ラブストーリー映画

映画『最も普通の恋愛』ネタバレ感想と考察評価。韓国ラブコメの女王コンヒョジンが“酔っぱらいと恋”をコミカル魅せる

大胆で新鮮さに満ちた2020年代のロマンチック・コメディー! 映画『最も普通の恋愛』が2020年7月31日(金)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋他にて全国順次公開されています。 元カノに未練たら …

ラブストーリー映画

映画『エマ、愛の罠』ネタバレ感想と考察評価。マリアーナ・ディ・ジローラモ(チリ女優)が演じる美しく情熱的な愛情

美しく情熱的なエマに誰もが魅了されてしまう。そんなエマが仕掛ける“愛の罠” 一人の奔放な女性の愛を描く『エマ、愛の罠』は10月2日から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラスト …

ラブストーリー映画

映画『ホットギミック』ネタバレ感想。山戸結希が『溺れるナイフ』以上に作家性を発揮した完成度!

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、2019年6月28日(金)より全国ロードショー 山戸結希監督がジョージ朝倉の原作を映画化した『溺れるナイフ』(2016)に続いて、再び少女漫画作品を実写映 …

ラブストーリー映画

野村周平映画『純平、考え直せ』あらすじとキャスト。上映劇場情報も

映画『純平、考え直せ』は9月22日(土)より、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。 直木賞作家・奥田英朗の人気小説がまさかの実写化! 主演は『ちはやふる』、『帝一の國』などで知られる …

ラブストーリー映画

『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』あらすじとキャスト。上映劇場情報も

映画『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』は、10月6日(土)より全国ロードショー! フェルメールの絵画の世界を作品にしたい、と考えたデボラ・モガーが執筆した小説『チューリップ熱』。 世界的ベ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学