Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『アイネクライネナハトムジーク』ネタバレ感想と解説。今泉監督だからこその平凡な人々の恋愛話が実に生き生きと爽やか

  • Writer :
  • 西川ちょり

10年の時を超えてつながる恋と出逢いの物語

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで公開されています。

人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小説を、『愛がなんだ』が大ヒットした今泉力哉監督が映画化。

人と人の巡り合いの連鎖と愛の行方を追った愛すべきラブストーリーです。

スポンサーリンク

映画『アイネクライネナハトムジーク』の作品情報


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

【公開】
2019年公開(日本映画)

【監督】
今泉力哉

【原作】
伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』(幻冬舎文庫)

【キャスト】
三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造

【作品概要】
『アヒルと鴨のコインロッカー』、『重力ピエロ』、『ゴールデンスランバー』など映画化作品も多いベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小説を、『愛がなんだ』が大ヒットした今泉力哉監督が映画化。仙台をはじめ、宮城県でロケが行われた。

主演の三浦春馬と多部未華子に加え、原田泰造、貫地谷しほり、森絵梨佳、矢本悠馬ら豪華キャストが集結し、10年に渡る恋と人間関係を描く偶像恋愛劇。

原作小説が生まれるきっかけとなったシンガーソングライター・斉藤和義が音楽を担当している。

映画『アイネクライネナハトムジーク』あらすじとネタバレ


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

宮城県・仙台駅前。大型ビジョンには、プロボクサー・ウィンストン小野の日本人初の世界ヘビー級王座を賭けたタイトルマッチが放映されていました。

そんな中、ペデストリアンデッキで街頭アンケートに立つ会社員の佐藤は、なかなかアンケートに答えてくれる人を見つけられずにいました。彼のすぐ側には、路上ミュージシャンがギターの弾き語りを行っていました。

ミュージシャンの奏でる音楽にほんの少しの間聴きいっていた佐藤は、隣にスーツを来た小柄な女性が同じように音楽を聴いて立っていることに気づきます。

思い切って声をかけ、アンケートをお願いすると、彼女は快く応じてくれました。

ふと彼女の手に目をおとすと、手の甲に「シャンプー」と書かれた文字が見えました。思わず「シャンプー」と声に出してしまった佐藤に、紗季は「忘れないように」とはにかむように微笑みました。

〈出会い〉がないから恋人ができないという佐藤に、大学時代からの友人・織田は出会いがないっていう理由が一番嫌い、都合のいい出会いなんてないんだと〈出会い〉について熱弁をふるいます。彼は同級生で皆の憧れの的だった由美と結婚し、2人の子どもにも恵まれ幸せな家庭を築いていました。

佐藤は職場の上司・藤間にも〈出会い〉について相談してみますが、藤間は愛する妻と娘に出て行かれたばかりでそれどころではありません。なぜ、妻が出ていったのか、彼には皆目検討もつかないのです。


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

一方、美容師として働く美奈子も恋人はいないのかと常連客から尋ねられ、〈出会い〉がないんですよ、と応えていました。美容室の常連客・香澄は、じゃぁ、私の弟はどう?と唐突に切り出します。

数日後、香澄の弟から電話がかかってきました。「姉貴から言われて電話した」という彼に、美奈子は「(香澄が言うような)重要な指令はないです」と応えて、電話を切ろうとします。その時、部屋にゴキブリが出て、美奈子は大声を上げてしまいます。

そのことがきっかけで、美奈子は香澄の弟と電話で話すようになり、次第に恋心をいただき始めるのでした。

ところがある日、彼から電話がかかってきて、しばらく仕事に集中しなくてはいけないので、電話できないと言われてしまいます。

ちょっと気落ちした美奈子に香澄は、実は弟が何が企んでいるらしくて、今度、ボクシングのタイトルマッチがあるじゃない? 日本人のウィンストン小野が勝てばあなたに告白するつもりらしいのよと言うのでした。

そんなの他力本願じゃないですか、そんなのなんだか嫌だな、と美奈子は応えます。それはその日本人が負けたらどうなるの!? という不安から出た言葉でした。

タイトルマッチで、ウィンストン小野は劇的勝利をおさめ、初の日本人ヘビー級チャンピオンが誕生しました。ヒーローインタビューで彼は、有る女性に告白したいと述べていました。

その時、香澄が電話してきました。「実は私の旧姓って小野なんだよね」。そう、ウィンストン小野こそ、彼女の弟だったのです。

藤間の妻はまだ実家に戻ったままでしたが、彼はようやく落ち着きを取り戻したようでした。

佐藤が藤間に奥さんとの出会いはどんなふうだったのかと尋ねると、横断歩道を歩いていた時、すれ違う際に、彼女が財布を落として、俺が声をかけたんだ、それが出会いだったと藤間は応えました。

そんな劇的な出会いがあるのだ、と佐藤は織田に話してきかせますが、あくまでも劇的な出会いを否定する織田は、あとであの時、出会ってよかったな、彼女で良かったな、ついてるなと想うのが本当の出会いなんだよ、と力説します。

大学の同級生の友人が結婚式をあげることになり、佐藤と織田も二次会に招かれます。佐藤は、司会も頼まれていました。

ビンゴ大会をすることにした佐藤は、ビンゴの商品を購入していた時、おしゃれなシャンプーセットをみかけて、あの時のアンケートに応えてくれた女性を思い出していました。

結婚式当日、商品を車につめて織田をピックアップした佐藤は、近道をしようとしたために渋滞に巻き込まれてしまいます。道の片側では工事が行われていました。

車を誘導する係が女性だぞと言われ、女性の顔を見た佐藤はそれがアンケートの女性だと気が付きます。彼は途中で車を止めると、荷物の中からシャンプーを掴んで、彼女のもとへと戻っていきました。シャンプーを差し出され、彼女もまた彼に気がついたようでした。あの時と同じように彼女は穏やかに微笑んでいました。

10年後。

高校生の久留米和人は、両親とファミレスにやって来ました。父が注文したのとは違う品が運ばれてきましたが、父は抗議せず、それを食べ始めました。

「魚が食べたいって言ってたんじゃなかったのかよ」という和人の言葉に父は一瞬目をあげますが、すぐに仕事先から電話がかかってきてその場を離れました。

ペコペコしながら電話している父を見て、「お父さんみたいな人間には絶対ならない」と和人が言うと、母は、みんな若い頃はそう思うのよ、と応えます。

「社会の歯車になんてなりたくない」と彼が言うと、「歯車をなめんなよ、基本的にみんな歯車になるのよ」と母に反論されてしまいます。

織田家の長女・美緒は高校生になり、高校では合唱コンクールの練習が行われていました。「合唱祭になんの意味があるの?」と亜美子に問われ、「きっと大人は若者が力を合わせて頑張っているとホっとするのよ」と応えました。

1人の男子生徒が音程をはずしているので、口パクするしかないなと先生に言われている時、和人が「諦めるのはまだ早いです」と同級生をかばいました。

「いいやつじゃん」と美緒はつぶやきます。

放課後、美緒は和人に放課後付き合ってと声をかけました。美緒が連れてきたのは市の駐輪所でした。ちゃんとお金を払ったのに、その証明になるシールを誰かに盗られて忠告の青い紙を貼られたのだと彼女は言います。

彼女とともに犯人探しをすることになった和人は、券売機を見張ったらいい、お金を払わないやつが犯人だと美緒に言います。

すると、1人の中年男がやってきて券売機を素通りし、自転車を止め、隣に停めてある自転車の証明シールをはがして自分の自転車に貼り付けるのを目撃します。

美緒はつかつかと男の前に行き、猛然と抗議を始めました。しかし男は居直って認めようとせず、証拠はあるのかと逆に美緒に詰め寄ります。

その時、むこうから和人の父親が自転車を押してやってくるのが見えました。父は男に近寄ると、「私もかかわりたくないからすぐ立ち去りますけど、そちらのお嬢さんがどなたの娘さんか知っていてそんなことしているとしたら勇気の有る方ですな。お嬢さん、くれぐれも私のことはご内密に」と言って立ち去りました。

男は急に怖気づいて、「払えばいいんだろうが」といって、券売機に向かいました。「織田さんのお父さんってそっち系の人なの?」と和人が尋ねると、「ただの居酒屋の店長だよ」と美緒は困惑したように応えました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アイネクライネナハトムジーク』ネタバレ・結末の記載がございます。『アイネクライネナハトムジーク』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その頃、佐藤は、アンケートで出会って以来、十年間の付き合いになる本間紗季と豪華なディナーをとっていました。眺めのいい雰囲気抜群の場所でプロポーズをするつもりだったのですが、結局できず、帰りの路上でおもむろに指輪を差し出して結婚を申し込む佐藤。

ところが、紗季はどうしてさっきの店で言わなかったの?と佐藤に質問してきました。「ああいうとこじゃ迷惑かなって」と応えると、紗季は「迷惑?」と聞き返しました。

紗季の答えは「しばらく考えさせてほしい」というものでした。OKしてくれるとばかり思っていた佐藤はがっかりしてしまいます。「ちょっとよくわかんなくなってきた。私たちってなんで一緒にいるんだっけ?」と紗季は言うのでした。

テレビをつけると、話題はウィンストン小野が10年ぶりにヘビー級王座のタイトルマッチに挑戦することで持ちきりでした。

10年前、チャンピオンになった時、美奈子に告白した彼は、その後、初めての防衛戦で敗れてチャンピオンの座を奪われてしまいました。苦しい時代に美奈子に支えられて、ここまでやってきたのです。2人は結婚し、男の子を授かりました。

10年前、ウィンストン小野のファイトに多くの人々が励まされ、勇気をもらっていました。

人々は彼の勝利を願い、東京の会場は超満員になりました。その中には、藤間の娘の亜美子もいました。

実は由美子と美奈子が友だちで、その関係で、ウィンストン小野が10年前、織田家に遊びに来たことがあるのです。その時、佐藤がウィンストン小野の勝利で元気をもらったと言っていた藤間のために、色紙にサインをしてもらったのです。

そのサインは藤間から娘の亜美子にプレゼントされ、亜美子はずっと大切にそれを持っていたのでした。結局両親は離婚してしまったのですが。

試合はチャンピオンの圧倒的有利で進みましたが、ウィンストン小野は最後に力を振り絞り、チャンピオンを攻め立てました。

ダウンをとったものの、ゴングがなったあとだったとされ、ウィンストン小野は判定で破れてしまいました。

試合が行われているちょうどその時、仙台では、佐藤が懸命に街中を走っていました。たまたま紗季を見かけてあとを追うと、彼女はバスに乗ってしまったからです。

なんとかバスに追いつこうと、近道を通ってようやくバスに乗れそうになった時、幼い男の子が道路に1人で倒れているのを見て、彼は引き返しました。

子どもの母親がすぐに現れて、子どもは無事に返っていきました。バスが遠ざかっていくのを複雑な表情で見送っていた佐藤は前方に紗季が立っているのに気が付きます。

紗季はバスの中から佐藤が走っているのに気が付き途中下車したのです。佐藤は紗季への想いを懸命に伝え、返事はゆっくりでいいからと次に来たバスに紗季を乗せました。

一方、ウィンストン小野が破れたことで、和人は困惑していました。なぜなら彼が勝利したら美緒に告白しようと思っていたからです。

最近、美緒はバイトを始めたらしく、やけにそっけない態度をとってきます。宙ぶらりんの気持ちでうじうじしていたある日、また家族でファミレスにやってきた和人はそこでオーダー間違いにネチネチと文句をつけている中年の男性客を目撃します。

その相手をしているウエイトレスは美緒でした。男性客の悪態はいっこうにおさまらず、美緒が困っているのを見て、和人は思わず前に出ました。

「私もあまりかかわりたくないのですぐ退散しますが、そちらのお嬢さんがどなたの娘さんか知っていて文句を言っておられるのだったら勇気の有る方ですね。お嬢さん、くれぐれも私のことはご内密に」

男は途端に狼狽し始めました。驚く美緒に和人は言うのでした。「もう一つ言わせてもらいますが・・・前からずっと好きでした!」

佐藤が仕事を終えてマンションに返ってくると、部屋に灯りが灯っていました。紗季が戻ってきたのです。

佐藤は改めて、彼女にプロポーズし、彼女はOKしてくれました。

仙台駅のペデストリアンデッキではミュージシャンがギターを奏でていました。和人がミュージシャンの前に立って聴き入っていると、美緒がやってきました。美緒は和人に気が付き、くるくると回るように近づいて彼の横に陣取るのでした。

スポンサーリンク

映画『アイネクライネナハトムジーク』の感想と評価


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

ゆるやかにつながる人々のそれぞれの愛の形が、丁寧に優しく描かれていきます。

2013年の作品『サッド・ティー』(2013)では青柳裕子が、「ちゃんと好きってどういうことですか?」と尋ね、『パンとバスの2度目のハツコイ』(2017)では深川麻衣が「どうしてそんなに深く愛せるんだろう」と呟いていたように、今泉監督作品の登場人物たちはいつも、“恋をする”、“人を好きになる”ということに戸惑いを隠せないでいます。

『アイネクライネナハトムジーク』で三浦春馬が演じる佐藤も、“出会い”という言葉にとらわれ続けます

2019年の今泉監督作品『愛がなんだ』で描かれたような、彼のことが好きで好きでたまらくなくて、もうその彼になりたいほど彼が好きという感情や、どんなに冷たくされ、便利に使われても彼女の側にずっといたいというような人物は本作には登場しません

むしろ佐藤や、貫地谷しほりが演じる由美子などは恋愛に対して消極的なタイプです。それでいて『パンとバスと2度目のハツコイ』の深川麻衣のように孤独への覚悟を持っているわけでもありません

彼らは誰かに背中を押されなければ、積極的に動けない人間で、知り合いに半ば強引に紹介してもらったり、友人に半ば説教されなければ恋愛に向かい合おうとしない、ある種の臆病なタイプなのです。

さらにその“恋愛”は、情熱的だったり逆に刹那的な、“瞬間的な大恋愛”ではなく、結婚へと至る一つの過程として描かれています。

そんな“映画のようにドラマチック”ではない、ある意味平凡な人々の恋愛話=結婚話なのですが、これが実に生き生きとした爽やかな物語となっているのです。

人と人が出会い、惹きつけられるということはどんなに平凡に見えてもやはり小さな奇跡なのでしょう。

そこで人が取るちょっとした決断や勇気が恋を推進し、逆に少しのタイミングの狂いや、判断の誤りが大きなすれ違いを生んでしまう、そんな恋愛の楽しさと苦しさが感情豊かに表現されています。

“10年後”に描かれる高校生の恋愛の爽やかさが、大人になってからの恋の複雑さをクローズアップさせるという面白い構成がとられています。

たったひとつの発言が恋を芽生えさせ、後先考えず、好きをぶつけていけるティーンエイジャーに比べて大人の恋愛はなんて理屈っぽくもどかしいものなのでしょう。

それにしてもこの高校生パートが実に素晴らしいのです。今泉監督には是非一度学園ものを撮って欲しいものです。

『愛がなんだ』と『アイネクライネナハトムジーク』という全く違った味わいの恋愛映画を続けざまに発表した今泉監督。その懐の深さにはすっかり感心させられますが、どちらも品のある点は共通しています。

まとめ


(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

街頭アンケートをやらされている佐藤こと三浦春馬のバストショットから映画は始まります。

アンケートに答えてくれる人はおらず、皆足早に通り過ぎる様子を固定カメラで撮っていて、次に少しカメラが下がって同じようにその様子を撮ったあと、三浦春馬が振り返ってボクシング中継が行われている街頭ビジョンを見上げます。

そこに登場している成田瑛基扮する日本人ボクサーがこの作品の偶像劇を作るキーパーソンです。

さらに俯瞰ショットでここが仙台駅のペデストリアンデッキであるのがわかります。

実はこのシーンはあとからもう一度繰り返される重要なシーンで、そこで紗季こと多部未華子が出てくるのですが、彼女が最初にアップになる時の三浦を見上げる表情が尋常でない可愛さなのです。

勿論、多部未華子が可愛いのは今更わざわざ言う必要もないのですが、それにしてもこれほど可愛く美しく女優を撮るということの素晴らしさはどうでしょう。

さらにそこに1人のミュージシャンがいます。10年間、ずっと同じ場所で同じ格好で同じ歌を歌っているというちょっとファンタジー的な存在です。恋のキューピッド的でもあるのでしょうか。

ラスト、恒松祐里扮する女子高生が、ミュージシャンの前にいる荻原利久扮する男子高校生に気づきます。

彼女はくるくると弧を描いて彼の近くに移動していくのですが、その運動の素晴らしさも特筆すべきものでしょう。カメラはそれを俯瞰で撮っています。

仙台という街の魅力と、そこに溶け込む俳優たちの魅力が生き生きと伝わってくるのもこの映画の見どころの一つです。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『恋妻家宮本』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

会話劇のトークショーの登壇する機会があったのですが、改めて何本かの映画を見返して気になったのは“家族の会話”。 特に“夫婦の会話”は、長年連れ添ったことに慣れてしまい、自然と会話を楽しむことが少なくな …

ラブストーリー映画

映画『好きにならずにいられない』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

今回ご紹介する映画は、43歳の愛らしいおデブのフーシが初めて恋をした⁉︎、 2015年に北欧映画でナンバーワンに輝いた、アイスランドの大人のラブストーリー。 映画『好きにならずにはいられない』、ちょっ …

ラブストーリー映画

映画『世界の涯ての鼓動』ネタバレ考察。ラストの意味とラブストーリーの深さを原題から解説

映画『世界の涯ての鼓動』は2019年8月2日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開。 第二次世界大戦後、ニュー・ジャーマン・シネマを代表する映画監督として、ロードムービーの名手として数々 …

ラブストーリー映画

映画『ぼくらの亡命』あらすじと感想レビュー!【内田伸輝監督作品】

前作『さまよう獣』から四年。内田伸輝監督の新作『ぼくらの亡命』は、思いっきり、じっくり撮ってみたいという監督の想いから、完全自主制作という形で生まれました。 第7回サハリン国際映画祭(2017年8月2 …

ラブストーリー映画

映画『マチルダ禁断の恋』あらすじネタバレと感想。ロシア皇帝と伝説のバレリーナの実話物語

その魅惑の踊りを見たら最後、誰もが恋に落ちるプリマ。彼女は、ロシアの伝説のバレリーナ、マチルダ・クシェシンスカヤ。 ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世もまた、マチルダの魅力に翻弄された男性のひとりでした …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP