Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』あらすじネタバレ感想。原作は東野圭吾の異色恋愛小説

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は、2019年5月31日(金)より全国ロードショー!

東野圭吾の同題作品を多作ではないものの『宇宙兄弟』『聖の青春』と良作を発表し続ける森義隆監督が映画化。

主演にKiss-My-Fit2の玉森裕太、運命の女性麻由子に吉岡里帆、カギを握る智彦に染谷将太という若手演技派キャストが勢ぞろい。

共演に筒井道隆、美村里江、清水尋也、石田ニコル、田口トモロヲ。主題歌には監督たっての希望で宇多田ヒカルの『嫉妬されるべき人生』が採用されました。

スポンサーリンク

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の作品情報


(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

【原作】
東野圭吾『パラレルワールド・ラブストーリー』

【脚本】
一雫ライオン

【監督】
森義隆

【キャスト】

玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太、筒井道隆、美村里江、清水尋也、水間ロン、石田ニコル、田口トモロヲ

【音楽】
安川午朗

【主題歌】
宇多田ヒカル『嫉妬されるべき人生』

【作品概要】
2つの異なる世界を行き交う男女3人の恋愛を描く東野圭吾の恋愛小説を、「Kis-My-Ft2」の玉森裕太と吉岡里帆、そして染谷将太の共演で映画化。

監督は『宇宙兄弟』や『聖の青春』の森義隆監督。

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』のキャラクターとキャスト


(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

敦賀崇史(玉森裕太)
理系の大学院を首席で卒業した優秀な頭脳の持ち主、バイテック社で研究者として働く。

津野麻由子(吉岡里帆)
崇史と同棲中の女性。一方で、崇史が垣間見る世界では崇史の親友の智彦の恋人でもある。

美輪智彦(染谷将太):崇史の親友で優秀な研究者でもある。足に障害を持っていたため中学時代に崇史に出会うまでは友人がいなかった。崇史の垣間見る世界では麻由子の恋人。

小山内護(筒井道隆)
バイテック社の研究機関カレッジで崇史の指導者だった研究者。

桐山景子(美村里江)
バイテック社での崇史の先輩社員。

須藤隆明(田口トモロヲ)
カレッジでの智彦の指導員であり、バイテック社では崇史の上司でもある

篠崎伍郎(清水尋也)
カレッジで智彦ともに極秘の研究を進めていた

スポンサーリンク

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』のあらすじとネタバレ

崇史は退屈な通学の中、唯一の楽しみ並走する列車に乗る一人の女性の顔を見ること。

そんな通学の最期の日、大学の卒業式の夜、ふと思い立った崇史は並走する反対の電車に乗り込んでみます。

想っていた女性の姿はなく落胆する崇史、そんな彼の目に映ったのは反対側の電車に乗るいつもの女性。彼女もまた崇史と同じ考えでいつもとは反対の電車に乗り込んでいたのでした。

ちょっとした思い付きと、巡り合わせの悪さで二人は結局すれ違ったままの関係に終わりました。

大学院を終えた崇史は、親友の智彦と共に最先端技術開発を扱うバイテック社に入社します。

その優秀者を買われた二人は、バイテックの研究機関カレッジで二年間の研究者生活を送ることになります。

そんなある日智彦から初めて恋人ができたといわれ、紹介されます。

智彦が連れてきた女性を見て崇史は愕然とします。その女性・津野麻由子はあの電車の女性だったのです。

過去の出来事はなかったことにして、親友の恋人として麻由子に接しようとする崇史ですが、やはり真由子への想いから、気が付けば親友の智彦との間にも微妙な空気が流れてしまいます。

朝、妙にリアルな夢を見て不思議な気持ちのまま目覚めた崇史。寝室を出ると、そこには朝食の準備をしている同棲相手の麻由子の姿がありました。

今の崇史はバイテック社の社員であり、麻由子はカレッジの研究員でした。

麻由子に奇妙な夢の話した崇史は、更にはアメリカに留学した智彦の存在を忘れかけていたことに気が付き愕然とします。

麻由子はカレッジからバイテックへの異動と、智彦の渡米のタイミングが重なり忙しかったからだと慰めますが、崇史は自分の中にある違和感に戸惑います。

リアルな夢の中では崇史、智彦、麻由子の三人の関係はどんどん気まずいものになっていきます。そんな中、智彦の実験に関わっていた篠崎が急に食堂で暴れ始めます。

篠崎は自分の過去について真実と埋め込まれた架空の記憶の齟齬に気が付き暴れ始めたのでした。

実験の危険性を智彦に忠告する崇史でしたが、ギクシャクした関係も手伝って智彦には突き返されてしまいます。

智彦が研究にのめりこんでいくことで智彦と麻由子の間にも隙間ができてしまいます。

自然な流れとして共にいる時間が増えていく崇史と麻由子。

崇史は自分の気持ちを隠し切れずに麻由子に想いをぶつけてしまいます。

そして電車ですれ違っていた日々のことを聞くと、麻由子は言葉に詰まってしまいます。

麻由子もまた、始めから崇史が電車ですれ違っていた相手だということを分かっていたのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『パラレルワールド・ラブストーリー』ネタバレ・結末の記載がございます。『パラレルワールド・ラブストーリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

夢から目覚めた崇史は麻由子には秘密で、智彦の行方を追い始めます。

智彦のアメリカ行きは大いに疑わしく、そして、智彦が今の崇史の上司の須藤や篠崎と進めていた研究について調べ始めます。

研究の内容は記憶の人為的な改ざんでした。

そして、崇史はカレッジの最期の夜の智彦との出来事を思い出します。

智彦が研究に没頭していた中で、関係に隙間ができた麻由子は、崇史の強い求めに戸惑いながらも拒みきれず、受け入れてしまいます。

罪の意識に苛まれる崇史。カレッジ最後の夜、智彦に研究が完成したという連絡を受けた崇史は、智彦に自分と麻由子の記憶を消すように迫られます。

断り切れない崇史は、智彦の開発した装置を起動させます。

ところが、そこには智彦の嘘がありました。装置は記憶を消すだけでなく、意識をこん睡状態にするようになっていました。

全てを悟り絶望に打ちひしがれる崇史の前に須藤があられます。

そして、崇史は自分の記憶の改ざんを望み、処理を受けます。そして崇史の監視役として麻由子が恋人役を務め共同生活を送っていたのでした。

全てを知った崇史は実験のデータを須藤に渡すと再び記憶の改ざんを受けます。

その後、崇史と智彦は何事もなかったかのようにバイテック社で働いています。

智彦と電話中に偶然、女性とすれ違った崇史。その人こそ麻由子でした。何か引っかかるようなものを感じた崇史は彼女の顔を見ます。彼女もまた崇史の顔を見つめていました。

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の感想と評価

理系メロドラマ

誤解を恐れずに言えば、東野圭吾作品というのはメロドラマであるといっていいでしょう。

中には笑いに特化した作品などもありますが、代表作の『新参者』を含む“加賀恭一郎シリーズ”などは、その極北と言ってもいいのではないでしょうか。

もう一つの代表作・湯川学が主人公の“ガリレオ”シリーズも短編では“科学(化学)で難事件を解決する”というコンセプトで進みますが、長編作品『容疑者Xの献身』『真夏の方程式』『沈黙のパレード』などは人情モノといっていいストーリーです。

そこに科学(化学)で理論的に解釈できない感情にガリレオは大いに戸惑い、そこから解決の糸口をつかんでいきます。

そして、『パラレルワールド・ラブストーリー』。

数多くある、東野圭吾作品において“ラブストーリー”と大々的に謳っている唯一(のはず)の作品です。

内容は男女のすれ違いから始まり、親友の恋人としての再会から始まる三角関係と実にベタです。

しかし平行世界や記憶の人為的な改ざんなどなど理系的なエッセンスもあるので、そうは見えませんが…。

特に映画オリジナルのラストシーンは、まさにメロドラマといった切ない終わり方を見せてくれました

スポンサーリンク

まとめ

本作は2つの異なる世界を行き交う男女3人の恋愛映画。原作はご存知、多数の作品が映画化される東野圭吾。

キャストに「Kis-My-Ft2」の玉森裕太が主人公の敦賀崇史役に迎え、麻由子役を吉岡里帆、智彦役を染谷将太がそれぞれ演じています。

ある朝、敦賀崇史が目を覚ますと麻由子が崇史の恋人として朝食を作っていた…。

麻由子が「親友の恋人」である現実と「自分の恋人」である2つ現実。崇史は2つの世界で翻弄されていく…。

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は、2019年5月31日(金)より全国ロードショー!

関連記事

ラブストーリー映画

カンヌ映画祭2017『光』永瀬正敏の演技と河瀬直美監督への評価

永瀬正敏は河瀬直美監督の前作『あん』に引き続き『光』でも主演を果たして、2017年のカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを踏みました。 彼は日本人初の3年連続のカンヌ入りをした俳優。また、俳優人生では4 …

ラブストーリー映画

映画『となりの怪物くん』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

菅田将暉、土屋太鳳主演の映画『となりの怪物くん』がTOHOシネマズ日比谷他で、全国ロードショーされています。 ろびこ原作の人気少女コミックを、『君の膵臓が食べたい』の月川翔監督が実写映画化!  誰もが …

ラブストーリー映画

浅野忠信映画『壊れた心』ネタバレ感想と評価解説レビュー。宗教的要素が散りばめられた贖罪と救いの物語

ようこそ、愛と破滅の世界へ。 フィリピンのスラム街を舞台に、『岸辺の旅』『淵に立つ』の浅野忠信が扮する冷酷な殺し屋と、『闇のあとの光』のメキシコ人女優ナタリア・アセベドが演じる娼婦の逃避行を描いたクラ …

ラブストーリー映画

映画『あのコの、トリコ。』あらすじと感想レビュー【吉沢亮&新木優子共演】

キラキラ映画『あのコの、トリコ。』は、10月5日(金)より、全国ロードショー! 『あのコの、トリコ。』主演にはイケメン人気俳優の吉沢亮を迎え、ヒロインに映画ドラマで活躍の新木優子、そして最強ライバル役 …

ラブストーリー映画

映画『カーラヌカン』あらすじとキャスト。公開日時と映画館も

映画『カーラヌカン』は、3月10日より渋谷HUMAXシネマほか全国ロードショー! 写真家の主人公の大山光は、都会での心が満たされない生活から離れ、沖縄を訪れます。 美しいサンゴ礁の浅瀬にいた美少女の石 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP