Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/06/25
Update

映画『夕霧花園』感想評価とレビュー解説。阿部寛が海外マレーシアの主演作品で“自分らしさ”を発揮する

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『夕霧花園』は2021年7月24日(土)より全国順次ロードショー!

阿部寛出演、戦後のマレーシアを舞台にとある日本人庭師が一人の女性との出会い、そして激動の中でたどり着いた愛の姿を描いた映画『夕霧花園』。

文学賞候補にものぼったタン・トゥワンエンの小説を、台湾のトム・リン監督が実写化。マレーシアのリー・シンジエ、日本の阿部寛のほか、台湾のシルヴィア・チャンやイギリスのデヴィッド・オークスら国際色豊かなキャストで、戦後のマレーシアで展開する愛の景色を描きます。

スポンサーリンク

映画『夕霧花園』の作品情報

(C)2019 ASTRO SHAW, HBO ASIA, FINAS, CJ ENTERTAINMENT  ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2021年(マレーシア映画)

【原題】
夕霧花園 THE GARDEN OF EVENING MIST

【監督・脚本】
トム・リン

【キャスト】
リー・シンジエ、阿部寬、シルヴィア・チャン、ジョン・ハナー、デヴィッド・オークス、ジュリアン・サンズ、セレーヌ・リム、タン・ケン・ファ

【作品概要】
第2次世界大戦下の1940年代・戦後の50年代・80年代という三つの時代、そしてマレーシアの歴史を背景に、激動の時代に生きた男女の愛を描きます。文学賞のブッカー賞候補作にも名を連ねたタン・トゥワンエンの小説を、『九月に降る風』(2008)などを手掛けたトム・リン監督が映画化しました。

若き日の主人公ユンリンを『リサイクル -死界-(2016))などのリー・シンジエ、1980年代のユンリンを『妻の愛、娘の時』(2017)などのシルヴィア・チャンが演じるほか、日本人庭師を『海よりもまだ深く』(2016)『祈りの幕が下りる時』(2018)などに出演した阿部寛や、ジョン・ハナー、ジュリアン・サンズ、デヴィッド・オークスらが出演しています。

映画『夕霧花園』のあらすじ

(C)2019 ASTRO SHAW, HBO ASIA, FINAS, CJ ENTERTAINMENT  ALL RIGHTS RESERVED

1980年代のマレーシア。当時史上2人目の女性裁判官として多忙な日々を送るユンリン(シルヴィア・チャン)は、さらなるキャリアアップを目指していました。

そんな中、かつてとある機会で出会い、愛した日本人庭師・中村有朋(阿部寛)が、旧日本軍が密かに隠したとされる財宝にまつわるスパイ疑惑をかけられていることを知り、その真相を探ろうと決意します。

そしてユンリンの脳裏には、第2次世界大戦後の1950年代、亡き妹の夢である日本庭園を造るため有朋と出会い、愛の時を過ごした記憶がよみがえっていくのでした。

スポンサーリンク

映画『夕霧花園』の感想と評価

(C)2019 ASTRO SHAW, HBO ASIA, FINAS, CJ ENTERTAINMENT  ALL RIGHTS RESERVED

物語の舞台は敗戦後のマレーシア。この時代におけるマレーシアや連合国から見た日本の印象は当然負のイメージが強く、日本が現在の先進国の一つとなった要因は、戦後の高度経済成長による復興という一面に注目されがちです。

しかしこの物語では反面、負のイメージの奥にある日本の魅力を感じさせます。劇中では主人公の姉妹をはじめ現地の人間をひどい目に合わせた日本人の姿、そしてその虐待により妹すら奪われ、彼女を見殺しにしたと心に深く傷を負った主人公のエピソードが示される中で、主人公ユンリンが心を開こうとしない日本人庭師・有朋と衝突しながらも、徐々に理解を示していく姿が描かれます。

この物語の起点となるのが、日本の庭園文化です。マレーシア人の主人公たちは虐待を受けた日本に対して憎しみを持ちつつも、若き日に憧れた日本文化、特に美しい日本庭園の様式に触れた点に関して、まったく違う印象を持っていることが表されます。

ユンリンは過去に妹を救えなかったという事実が足かせとなっていましたが、有朋との交流は徐々に妹の憧れの理解に繋がっていくとともに、心の闇に徐々に光を照らしていきます。


(C)2019 ASTRO SHAW, HBO ASIA, FINAS, CJ ENTERTAINMENT  ALL RIGHTS RESERVED

また、物語のユニークなポイントとして、「山下財宝」という伝説を物語に絡めている点があります。「山下財宝」とは、太平洋戦争時に英領マレーとシンガポールを攻略し「マレーの虎」の異名をつけられた日本の陸軍軍人、山下奉文が率いる日本軍によって、終戦時に莫大な埋蔵金がフィリピンのある場所に埋められたとされる都市伝説です。

これはある意味、日本が終戦後に残した汚点の象徴的なものの一つと見ることもできるでしょう。この「汚点」は有朋とも非常に大きな関係を持ち、庭師という立場とともに「汚点」を背負うという、日本という国を象徴する存在となって劇中に存在するわけです。

こういった「魅力」と「汚点」を併せ持つ存在として有朋が存在し、そんな彼を主人公はどのように接し、理解していくのか

この展開こそが単に敗戦国という汚名だけでは見えてこない、本来持ち合わせている光の部分を示しているわけであり、歴史の中でどうしても一側面でしか残されなかった敗戦国の違う面を改めて見つめ直すという意向もうかがえてきます。

このように「多面的に相手を見つめようとする姿勢」が、非常に深い世界観を持つ一方で、ふと現実のさまざまな場面を想起させるようなところもあり、興味深いテーマを示す作品となっています。

まとめ

(C)2019 ASTRO SHAW, HBO ASIA, FINAS, CJ ENTERTAINMENT  ALL RIGHTS RESERVED

阿部寛の海外出演作品には、ムエタイアクションで人気を博したジージャー・ヤーニンとの共演作『チョコレート・ファイター』(2008)がありましたが、この作品ではどちらかというと阿部のルックスや雰囲気といった面での起用を感じさせます。

一方で本作のキャラクター・有朋は日本庭園の庭師という役柄で、ぶっきらぼうな一面で「庭園」文化に向けた自身の意志の強さ、細やかな神経の配り方が強い特徴を持っています。

こういった側面において、阿部は技術畑に没頭する会社社長を演じた『下町ロケット』、女性に受けが悪い、オタクっぽい建築設計士役を演じた『結婚できない男』、人と接する際の態度をわきまえないながら、驚異的な嗅覚と明晰な頭脳で難事件に挑む捜査官の姿を描いた『スニッファー 嗅覚捜査官』など、がっちりした体格と彫りの深い表情に似合わない細やかな神経の持ち主をドラマ作品で多く演じています。

こうした面からも、本作の有朋役はより阿部のキャラクター、「阿部らしさ」を存分に生かした作品ともいえるでしょう。

主人公のかなりアクティブなイメージに反して「静」という一言がまさにしっくりとくる阿部のたたずまいは、バランス的にも非常にマッチして物語の印象をより深いものとしています。

映画『夕霧花園』は2021年7月24日(土)より全国順次ロードショー

関連記事

ラブストーリー映画

映画『50回目のファーストキス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【山田孝之×長澤まさみ作品】

映画『50回目のファーストキス』は、6月1日(金)より公開です。 2004年にハリウッドで制作されたロマンティックコメディ『50回目のファースト・キス』を『銀魂』『斉木楠雄のψ難』などのヒット作、話題 …

ラブストーリー映画

映画『男と女』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

揺れ動く男と女の心情を巧みに描いた、あまりにも美しい愛の物語。 クロード・ルルーシュの名を世に知らしめた不朽の名作『男と女』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『男と女』の作品情報 …

ラブストーリー映画

映画『君の名前で僕を呼んで』あらすじとキャスト。公開日と上映館は

“誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い出す…。” 1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の恋の行方を描いたラブストーリー。 映画『君の名前で僕を呼んで』がいよいよ4月27 …

ラブストーリー映画

映画『パリの恋人たち』ネタバレ感想とレビュー評価。大人のラブストーリーはヌーヴェル・ヴァーグの香り

ホットワインやココアが似合う季節になると、夏よりもなんだか心がそわそわするように感じられるのは気のせいでしょうか。 愛の言葉が似合う言語の国、誰もが恋をする街パリからロマンティックでビターな大人の愛の …

ラブストーリー映画

映画『心と体と』ネタバレ考察と感想評価。鹿の夢というキーワードを解説

心と体に生き難さを抱える歳の差のある男女を結び付けたのは同じ“鹿の夢”。 デビュー作『私の20世紀』が、第42回カンヌ国際映画祭でカメラ・ドールを受賞した、ハンガリーの映画監督イルディコー・エニェディ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学