Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/01/18
Update

映画『祈りの幕が下りる時』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『祈りの幕が下りる時』は、東野圭吾の同題ベストセラーの映画化。2010年から始まった阿部寛主演のドラマ「新参者」シリーズの完結編!

東野圭吾のデビュー作から続く加賀恭一郎シリーズの日本橋辺の完結編で、原作・映画ともに本作で加賀は日本橋を離れます。

ストーリーはドラマ化もされた「赤い指」と対になる加賀恭一郎の両親との物語。本作で長らく詳細が語られなかった加賀の母親の存在がしっかりと描かれます。

スポンサーリンク

1.映画『祈りの幕が下りる時』の作品情報


(C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
東野圭吾

【監督】
福澤克雄

【キャスト】
阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈、キムラ緑子、烏丸せつこ、春風亭昇太、音尾琢真、飯豊まりえ、上杉祥三、中島ひろ子、桜田ひより、及川光博、伊藤蘭、小日向文世、山崎努

【作品概要】
主演・阿部寛、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。人気ミステリー「加賀恭一郎」シリーズの第10作の映画化。

2010年にテレビ放送されたドラマ「新参者」と2本のドラマスペシャル、そして映画『麒麟の翼 劇場版・新参者』に続き、阿部寛が刑事の加賀恭一郎を演じています。

キャスト陣は演出家の浅居博美役を松嶋菜々子が演じ、山崎努、及川光博、溝端淳平、田中麗奈、伊藤蘭、小日向文世による共演。

顔をそろえる。監督は「半沢直樹」「下町ロケット」「3年B組金八先生」など数多くのヒットドラマを手がけた福澤克雄。

2.映画『祈りの幕が下りる時』のキャラクター紹介


(C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

加賀恭一郎(阿部寛)

日本橋署の刑事。事件と自分の母親との繋がりを知る。

松宮侑平(溝端淳平)

加賀の従兄弟。警視庁の刑事。

浅居博美(桜田ひより→飯豊まりえ→松嶋菜々子)

舞台演出家。加賀と面識がある。

(小日向文世)

複数の名前を使っている形跡のある正体不明の男。

田島百合子(伊藤蘭)

過去を隠して仙台で水商売に就いていた。失踪していた加賀の母。

加賀隆正(山崎努)

加賀の父。元警察官。母親の失踪を含めて多くを語らない。

?(及川光博)

博美親子と縁深い人物。

スポンサーリンク

3.映画『祈りの幕が下りる時』のあらすじとネタバレ


(C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

震災の起こる10年以上前の仙台

日本橋署の刑事加賀恭一郎はそこに住む宮本という女性から思わぬ一報を受けます。

それはこの地で亡くなった田島百合子こそ加賀の母親ではないだろうかという知らせでした。

百合子はかつて旅で訪れたことがあるというこの地で宮本の経営するスナックセブンで働き始めます。

過去を多く語らない百合子の姿はその陰が逆に魅力となり、店の看板となります。

やがて綿部という男性客とも恋人同士にもなっていたようでした。

仙台に駆け付けた加賀は百合子が間違いなく自分の母親であることを確認、決して多くはない遺品を全て引き取りしっそうしてからの母親の人生を深く知ろうとします。

そして現代の東京

小菅のアパートで滋賀県在住の40代女性・押谷道子の腐乱遺体が発見されます。

アパートの住人は越川睦夫と名乗る男性で、現在越川は消息不明。

捜査一課の松宮は殺害時期や、現場が近い新小岩での河川敷で発生したホームレス焼死事件との関連性を感じ、DNA検査を行うも一致せず、落胆します。

しかし、従兄弟の日本橋署の刑事加賀恭一郎からDNAを採取したのは、定番のタオル・剃刀・歯ブラシのたぐいであることを指摘されて、改めて他のものでDNAを照らし合わせます。

すると越川睦夫と焼死体で発見されたホームレスが同一人物であることが判明。

越川睦夫という人物は明らかに自分の身元、そして事件のありようを偽装していたことがうかがえます。

道子の住む滋賀県での捜査で、中学の同級生で演出家の浅居博美を訪ねに上京したことを突き止めます。

ちょうど博美はそれぞれの事件現場の近くにある劇場、明治座で大胆にアレンジした「曾根崎心中」の上演中でした。

しかも博美は加賀の知り合いだった。

初めは管轄違いの事件と思っていた加賀だが、小菅のアパートで見つかったカレンダーに月ごとに書き込まれた日本橋周辺にある橋の名前が、母の部屋に残されたカレンダーのメモと同じだと気がつきます。

この事件の中心にいるのは加賀の自身であったことを知り、捜査に参加していくことに。

二つのカレンダーの筆跡は一致。

少なくともアパートの住人越川睦夫と母のかつての恋人綿部は同一人物であることが分かります。

調べていった中で博美は、母親が作った借金で父親とともに夜逃げ同然で地元を離れていました。

その後父親の忠雄は自ら命を絶ち、博美は施設で暮らしその後上京して女優から演出家の道にすすんでいました。

ちょうど演出家の道を進み始めたころ殺陣の参考にしたいということで、剣道日本一の実績を持っていた加賀を訪ねていたのです。

博美の過去を追っていく中で地元を離れてからも彼女を支えていた担任教師苗村の存在を知ります。

捜査陣では越川そして綿部は苗村ではないかと推理するものの宮本の証言で別人であることを証明されました。

事件の真相は、カレンダーに書かれた橋の名前にあるのではと考えた加賀は、日本橋周辺の橋の写真をかき集め、そしてそこに博美の姿を見つけます。

博美の過去を改めて調べなおした加賀は、伝わってきた博美の過去と実際の出来事と違う点があることに気が付きます。

自死したとされていた父親の忠雄の生死は伝わっていた場所とは別でした。

忠雄と越川が同一人物である可能性が出てきました。

そして、越川のDNAと博美のDNAを鑑定した結果親子であることが判明します。

越川、田邊、浅居忠雄、そして原発で働いていた横山という4つの名前を使っていた人間は同一人物でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『祈りの幕が下りる時』ネタバレ・結末の記載がございます。『祈りの幕が下りる時』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

全ての真相

夜逃げをした博美と忠雄の親子は行き着いた先で原発で働く横山という人物と知り合います。

手持ちのお金が少ないであろうにもかかわらず高級旅館に宿をとった忠雄を見て、父親が自殺することを考えていると感じた博美は不安に駆られます。

そんなとき横山お小遣い稼ぎと称して博美のカラダを求めてきます。

一度はお金のためと覚悟を決めた博美ですが、やはり受け入れられず発作的に横山を刺し殺してしまいます。

後を追ってきた忠雄は全てを悟ると、ある計画を立てます。

それは忠雄がこれからの横山として原発事業に関わりながら生きていくこと、一方で横山の遺体をつかって浅居忠雄の自殺を偽装することから始まりました。

博美は地元に戻り施設を経て東京に出ます。そこで彼女を支えたのがかつての担任苗村でした。

二人の間には新たな命も授かりますが、女優としてこれからということもあり苗村に相談せずに中絶手術を受けます。

原発渡り鳥の横山として全国を転々としながら時折示し合わせてこっそりと会う生活をつづけた博美と忠雄、滅多に会うこともそのことを周りに語ることもできない親子ですが、二人はそれで満足でした。

忠雄の口からは田邊として会っている加賀の母百合子の存在も知らされていました。

このことが後に博美が加賀に会いに行く理由でもありました。

ところが、この親子の密会を苗村に知られてしまいます。苗村が二人にとって決して害を与える存在に回ることはないとは思ったものの、忠雄は自身の生存を知る人物が存在すること避けるために苗村を殺害します。

新たな罪を背負った親子は密会方法も帰ることにしました。

それが月ごとに日本橋周辺の橋で会うということでした。

これがカレンダーのメモの真相でした。

二人は密会に細心の注意を払うようになります。

しかし、二人の緊張がゆるむ瞬間が訪れます。

それが念願の博美演出の明治座公演でした。

明治座公演初日に駆け付けた忠雄。

博美とは会話はおろか目線も合わせようとはしませんが、夢をかなえて娘の姿に感激します。

そこに割って入ってきたのが小菅で発見された博美のかつての同級生押谷道子でした。

死んだはずの博美の父を見た道子の心に黒い思惑が広がります。

博美の成功を見た道子はこの秘密を元金銭を得ることができるのではと考えました。

姿を見られた忠雄は越川として暮らしていたアパートに道子を連れ、そこで道子を殺害します。

そして、その忠雄を博美が殺害するのでした。心根の優しい忠雄が自殺への恐怖を語っていたことを博美は覚えていたのです。

明治座公演千秋楽を迎えたその日加賀は博美のもとに向かうのでした。

加賀は母親の部屋のカレンダーのメモの真相を知るためにたびたびの異動を断ってきましたが、自分の過去と深くつながった事件が解決を迎えた加賀は、長年働いてきた日本橋署を離れ警視庁捜査一課へ異動することになります。

3.映画『祈りの幕が下りる時』の感想と評価


(C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

原作発表のころから言われていた通り、一言でいえば平成版『砂の器』

『砂の器』同様罪を抱えた親子が逃亡の末に過去を捨てるところから始まります。

滋賀県と仙台、そして日本橋を縦断するロケ撮影がたっぷり。そしてタイトルが出るのがなんと映画開始約25分後という大作感のある作り

クライマックスで刑事の語りをバックに真相が映像で描かれるシーンは『砂の器』を意識になかったと言ったら嘘になるでしょう。

真相を語る刑事が『砂の器』が丹波哲郎『祈りの幕が下りるとき』が阿部寛という巨漢というのも軍全ではありますが、絵がそっくりです。

エンドロールではドラマシリーズに登場した杏や香川照之がカメオ出演

日本橋を離れる加賀恭一郎に花を添えています。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

本作『祈りの幕が下りる時』の演出は、ドラマ『半沢直樹』や『下町ロケット』。また『3年B組金八先生』の人気作品を手がけた福澤克雄監督です。

この作品では、「父との確執」や「母の失踪」など、これまで知ることがなかった、加賀恭一郎自身の謎が明らかになります。

映画『祈りの幕が下りる時』は、1月27日より全国ロードショーです。お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

イッセー尾形映画『漫画誕生』のあらすじとキャスト。篠原ともえとの共演で見せる魅力とは

第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュに選出されたイッセー尾形主演『漫画誕生』。 “近代漫画の父”と呼ばれ、いま現在に至る漫画を職業として確立し、歴史から忘れられていった男・北沢樂天。 新進気鋭 …

ヒューマンドラマ映画

映画『食べる女』あらすじとキャスト。原作の筒井ともみは女優と料理にこだわりを見せる

映画『食べる女』は9月21日(金)よりロードショー。 70年代から数々の映画やドラマ、アニメの脚本を手掛けてきた超ベテラン脚本家・筒井ともみの短編小説『食べる女』『続・食べる女』を映画化。 原作者であ …

ヒューマンドラマ映画

映画『バクマン。』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

漫画家になることを決心した二人の高校生。夏休みを全部使って完成させた漫画を持ち、いざ集英社へと向かう。 物事をはじめ出す瞬間のパワーが鮮明に描かれる、清々しい青春映画『バクマン。』のあらすじや作品解説 …

ヒューマンドラマ映画

ちはやふる続編結び新キャストとエキストラ情報!

大ヒット映画『ちはやふる』続編をキャストとスタッフ一丸となって、2018年公開に向けて現在撮影中のようです。 タイトルは『ちはやふる-結び-』に決定したようで、前作『下の句』から2年後の様子を描いた作 …

ヒューマンドラマ映画

映画『泳ぎすぎた夜』感想と評価。子役こがわたからは“雪の王子様”

映画『泳ぎすぎた夜』は、2018年4月14日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。 日仏の若手監督の共同監督による文化や国籍を超えた作品は、雪で覆われた山間にある小さな町でおきた、 …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP