Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/10/08
Update

映画『終わった人』あらすじネタバレと感想。ロケ地巡り盛岡観光の穴場も紹介!

  • Writer :
  • もりのちこ

「定年って、生前葬だ」大手銀行に勤めるも、出世コースからはずされそのまま定年を迎えた男。

妻からは愛想を付かれ、暇を持て余す「終わった人」。

映画『終わった人』は、仕事一筋でやってきた男の定年後を描く、ハートフルコメディです。

主人公・田代壮介の実家が岩手県盛岡市の設定ということで、盛岡市でも2017年の春・夏にかけて撮影が行われました。

今回は、映画に登場するロケ地をご紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『終わった人』の作品情報


(C)2018「終わった人」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
中田秀夫

【原作】
内館牧子『終わった人』

【キャスト】
舘ひろし、黒木瞳、広末涼子、臼田あさ美、今井翼、ベンガル、清水ミチコ、温水洋一、高畑淳子、岩崎加根子、渡辺哲、田口トモロヲ、笹野高史、野澤しおり

【作品概要】

NHK連続テレビ小説「ひらり」「私の青空」など、数々のヒット作を手掛ける脚本家、内館牧子の同名小説を映画化。

舘ひろしと黒木瞳の豪華共演も話題となりました。

監督は映画「リング」や「劇場霊」などホラー作品を多く手掛ける、中田秀夫。

脚本家・内館牧子と盛岡について


(C)2018「終わった人」製作委員会

実は、映画『終わった人』のロケ地になった盛岡市と、脚本家・内館牧子さんとは、とても縁の深い関係にあります。

岩手では、毎年年末恒例の「文士劇」が上演されるのですが、内館さんはこれに毎年出演されています。

「文士劇」とは、盛岡在住作家・高橋克彦が発起人となり、岩手や盛岡にゆかりのある作家、文化人、地元アナウンサーなどが出演する演劇です。

毎年チケットが入手困難になるほど、地元では人気の公演です。

内館さんは秋田県の出身ですが、お父様が岩手県の出身という縁で、この「文士劇」に出演されています。

内館さんのコミカルな演技と、盛岡弁を取り入れたセリフを楽しみに通う方も大勢います。

そんな盛岡市との縁深い内館さんの小説となれば、盛岡市がロケ地になったことも納得です。

ご本人は、映画の中で壮介が通うジムのメンバーのひとりとしても出演されています。

スポンサーリンク

映画『終わった人』のロケ地、盛岡について


(C)2018「終わった人」製作委員会

さんさ踊り

盛岡さんさ踊り」は、盛岡市で毎年8月1日から4日間行われるお祭りです。世界一の和太鼓の数のお祭りとしてギネスにも認定されています。

さんさ踊りの掛け声「さっこらちょいわやっせー。」の「さっこら」は「幸呼来」とも書かれ、幸せを呼ぶ掛け声とされています。

映画『終わった人』では、壮介が定年退職をした日に送られてきた、実家の母と姉からのメッセージ映像の中で、また、壮介がボロボロになって故郷に帰ったとき、同級生たちと一緒に踊ったのが「さんさ踊り」でした。

石川啄木と宮沢賢治

岩手が生んだ偉人、石川啄木と宮沢賢治

この2人は同じ中学の先輩後輩として青春期を盛岡で過ごしています。

どちらのファンも多く、盛岡では啄木派か賢治派か?という派閥まで生まれるほど。

映画の中でも、啄木と賢治はキーワードになっています。

壮介は啄木好きで、啄木の研究をするために大学院に入ろうとします。

また、啄木の本が縁となり古本屋で知り合った女性・久里は、岩手の花巻市出身で賢治に憧れ、童話作家を目指しています。

啄木派の壮介と、賢治派の久里の、恋の行方にも注目です。

岩手山と街風景

映画の中でもひと際美しい姿を見せていた岩手山。

盛岡出身の方は、故郷に帰られたとき、岩手山を見て「帰ってきたなぁ」と感じるのではないでしょうか?

岩手山の山頂が雪解けで、鷲が羽を広げた姿に見えると、地元の人は春を感じると言われています。

その他、運の開く橋と書いて「開運橋」、桜山神社の趣ある商店街、桜の名所「米内浄水所」、歴史ある建物「一ノ倉邸」など盛岡を象徴する風景が数々登場します。

映画『終わった人』のあらすじとネタバレ


(C)2018「終わった人」製作委員会

終わった人、1日目。朝、いつもの時間に目を覚まし、会社に行かなくていいんだと、改めて定年したことを実感。やることもなく、昔の思い出に浸り過ごします。

終わった人、2日目。散歩をしながら時間のつぶし方を探しますが、公園、図書館、ジムにまで老人があふれています。自分はこんな老人にはならない!と決心。

しかしやることなすこと空回り。手に職を付け現役で働いている妻には邪魔にされ、人生やり直したいとウジウジ愚痴ばかり。

そんな壮介は、高校の同級生に再会します。自分の夢を語る同級生に、自分もやりたいことを模索し始めます。

壮介の定年後、第二の青春が動き出しました。

恋に仕事にどんどん人生が輝き出します。

以下、『終わった人』ネタバレ・結末の記載がございます。『終わった人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

しかし、人生そんなに甘くない。

浮かれた分だけ、沈み方も大きいものです。成り行きで社長になった会社の倒産。抱えた負債。

恋する彼女は、いとこの恋人。妻の爆発。

壮介の成れの果ては、カプセルホテルで独り寝でした。

家を追い出された壮介が向かった先は、故郷の盛岡でした。

壮介は故郷で友に会い、見栄を張るのを止め、すべてさらけ出します。故郷の同級生たちは、そんな壮介を温かく向かえ入れ、励まします。

壮介は、妻との離婚を考え、故郷の盛岡へ帰ることを決心します。自分はこれからどう生きたいのか?自分に出来ることは何か?故郷が答えをくれました。

壮介の決心を聞いた妻は「卒婚」を突きつけます。

お互いが自分の人生を大切にしながらも、大変な時は寄り添いお互いを見守っていく、という選択でした。

長年一緒に連れ添い、苦楽を共にしてきた同志だからこその「老後の夫婦のスタイル」なのかもしれません。

スポンサーリンク

映画『終わった人』の感想と評価


(C)2018「終わった人」製作委員会

どん底になって故郷に帰った壮介に、同級生が「思い出と戦っても勝てない。大事なのはそこからどうやって生きるか。人は歳をとってみるとそんなに大差ないんだ。」と声をかけます。

楽な人生ばかりを歩んで歳をとる人はいないのです。

誰もが辛い事、悲しい事を経験し歳をとっていくのです。

人生100年時代と言われています。

定年してからの人生が、健やかで平安な時間になるよう、自分と向き合っていく事が必要だと感じました。

舘ひろしのダンディーさを抑えた演技と、黒木瞳のいつまでも可愛らしい容姿にも注目です。

まとめ


(C)2018「終わった人」製作委員会

今回は映画『終わった人』のロケ地、盛岡についてご紹介しました。

盛岡の美しい景色と、趣ある建物が、映画の雰囲気によく合っています。

盛岡市では映画の公開と同時に、撮影地を紹介するロケ地マップを作成しています。

主なロケ地や登場シーンなど12ヵ所を紹介し、撮影の様子を映した写真やエピソード、また盛岡の観光や歴史も掲載されています。

ぜひ、映画ファンの聖地巡礼に役立てて下さい

関連記事

ああ荒野
ヒューマンドラマ映画

『あゝ、荒野』無料視聴はU-NEXT。1話あらすじネタバレと感想も

今最も熱い若手俳優・菅田将暉の主演作が、寺山修司・原作の映画化として上映されます。 さまざまな役柄を演じ、さまざまな規模の作品に登場する彼が今回演じるのはボクサー。 女性ファンが非常に多いイメージの彼 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アイリッシュマン』のあらすじネタバレと感想。マーティンスコセッシ監督とデ・ニーロらキャストで描く極上の演技合戦

暴力と裏切りの支配するアメリカ裏社会の男たちの生き様を描く映画『アイリッシュマン』 映画『アイリッシュマン』は2019年11月27日からNetflixにて配信。 『グッドフェローズ』(1990)『カジ …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『ファイティン!』あらすじと感想。マ・ドンソク代表作と豪腕の魅力とは

映画『ファイティン!』は10月20日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開! 韓国のみならず世界的な話題となったゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』で一躍注目されたマ・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『のさりの島』感想解説と評価レビュー。天草ロケ地と熊本弁の意味深い犯罪者の若者と老女の“やさしい嘘”

映画『のさりの島』は、2021年5月29日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開、天草、熊本にて5月先行公開予定。 タイトルにある「のさり」とは、熊本県天草地方に古くからある言葉です。 いいこともそ …

ヒューマンドラマ映画

『茜色に焼かれる』ネタバレ感想評価とラスト結末の解説。映画で尾野真千子が演技力で見せた体当たりな“弱肉強食の現代”

石井裕也監督と尾野真千子がタッグを組み、コロナ禍の社会でもがく母と息子を描いた魂の物語! 尾野真千子の4年ぶりとなる主演映画『茜色に焼かれる』は、『舟を編む』、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学