Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/11/13
Update

映画『トワイライト初恋』ネタバレ結末あらすじと感想解説。バンパイアと少女の禁断の恋は“甘く危険な香り”

  • Writer :
  • 大塚まき

トワイライトシリーズ全5作品の第1作目となる『トワイライト~初恋~』

ヴァンパイアと少女の禁断の恋を描き、全世界でシリーズ累計4200万部を売り上げたベストセラー小説をキャサリン・ハードウィック監督が映像化。

アリゾナからワシントン州の高校に転校してきたベラ役をクリステン・スチュワート、陽の光を浴びても死ぬことのない特別なヴァンパイア・エドワード役をロバート・パティンソンが務めました。

ヴァンパイアと少女の禁断の恋を描くトワイライトシリーズの幕開けは、磁石のように惹かれ合うふたりの関係を描きます。

ワイヤーアクションを多用したダイナミックでスリリングな展開、自然豊かなロケーションの美しさなどの見どころと合わせて、ネタバレありでご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『トワイライト~初恋~』の作品情報


(C)2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2009年(アメリカ映画)

【原題】
Twilight

【原作】
ステファニー・メイヤー「トワイライト」

【監督】
キャサリン・ハードウィック

【脚本】
メリッサ・ローゼンバーグ

【キャスト】
クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、ビリー・バーク、アシュリー・グリーン、ニッキー・リード、ジャクソン・ラスボーン、ケラン・ラッツ、ピーター・ファシネリ、カム・ジガンデイ、テイラー・ロートナー、アナ・ケンドリック、マイケル・ウェルチ、ジャスティン・チョン、クリスチャン・セラトス、ジル・バーミンガム、エリザベス・リーサー、エディ・ガテギ、レイチェル・レフィブレ、サラ・クラーク、グレゴリー・タイリー・ボイス、ネッド・ベラミー、マット・ブシェル、ホセ・ズニーガ

【作品概要】
バンパイアと少女の禁断の恋を描き、全世界でシリーズ累計4200万部を売り上げたベストセラー小説を『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007)『アクトレス〜女たちの舞台〜』(2014)『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』(2018)『チャーリーズ・エンジェル』(2020)『アンダーウォーター』(2020)のクリステン・スチュワートと『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005)『リメンバー・ミー』(2010)『グッド・タイム』(2017)『ライトハウス』(2019)『TENET テネット』(2020)のロバート・パティンソン主演で映画化。

監督を務めたのは『ロード・オブ・ドッグタウン』(2005)『赤ずきん』(2011)『マイ・ベスト・フレンド』(2015)のキャサリン・ハードウィック。

映画『トワイライト~初恋~』あらすじとネタバレ


(C)2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

何かに追われているような気配を漂わせて、一匹の鹿が森の中を疾走します。

灼熱のフェニックス。17歳のベラは、野球選手と再婚したママの幸せを考え、警察署長をしているパパ・チャーリーのもとへ越すことに決めました。

そこはいつも雨と雲に覆われたワシントン州フォークスという小さな町。小さな頃は毎年2週間をパパの家で過ごしていましたが、ここ数年は来ていません。

家に着くと古くからの知り合いバリーとその息子のジェイコブがやってきます。帰郷のお祝いにとバリーから買ったというピックアップトラックをプレゼントされます。

ベラはその古い車がとても気に入りました。ジェイコブとは子供のころに遊んだことがありました。

ジェイコブは居留地の高校へ通っているため、1人で転校先の高校へ車で向かいます。新参者のベラは学校で注目の的となります。

世話係のエリック、マイク、ジェシカ、アンジェラたちに囲まれて話をしていると、外科医カレン先生の養子だという5人組の姿が。皆、青白い肌を持つ美男美女の容姿で人目を引きつけます。

ジェシカがカレン家の名前を教えてくれました。金髪の子がロザリー、その連れの男がエメット、黒髪のショートヘアの子がアリス、いつも苦悩顔のジャスパー、そして、一際目を引く美男子がエドワードだと。

ベラがしげしげと見ているとエドワードが視線をとらえました。しかし、その目は睨みつけるようで、思わず目をそらします。

生物の授業へ移動したベラが、教室に入ると窓際にエドワードが座っていました。温風の風がベラを吹きつけ、その風がエドワードに当たると、あからさまに顔をしかめて、鼻と口を手で覆いました。

彼の隣りの席に座ると、訝しげな表情を浮かべるエドワードの本意がわからず、不快な思いをするベラ。

エドワードがなぜ自分を避けるのか直接本人に聞こうとしますが、彼は翌日から学校を休みます。そんな時、住んでいる町の周辺で何かの動物に人が殺されたという奇怪な事件が起こります。

フォークス特有のどんよりと薄暗い空から雨が降る朝。ベラが学校へ行くと休んでいたエドワードがいました。この前とは違い好意的な態度で彼の方から改めて自己紹介をしてきました。

他愛もない会話からはじまり、なぜ引っ越してきたのかなど理由を聞かれます。ベラは彼の目の色が黒から金茶に変化しているように見え、そのことを伝えると、彼は困惑したようにその場を去ってしまいました。

車で帰宅しようとピックアップの前にいたベラに突然、タイラーが運転するバンが衝突してきました。遠くにいたはずのエドワードが素手でバンを止め、九死に一生を得ました。

エドワードにその超人的なパワーのことを聞き出そうとしますが、エドワードは「親しくならないほうがいい」などと謎めいたことばかりで真相はわかりません。

マイクたちから居留地にある海岸・ラプッシュに誘われて行くと、偶然にジェイコブに会い、彼から古い伝説を聞きます。

それは、ジェイコブの部族、キラユーテ族はオオカミの子孫だという言い伝えがあり、カレン家の祖先はキラユーテ族の敵だったと言うのです。

ジェイコブの曽祖父がもし土地を侵さなければ彼らの正体を明かさないと取り決めを交わしたという伝説でした。

その伝説を詳しく調べる為、ジェシカとアンジェラがプロムに着ていくドレスを選んでいる間に本屋に足を運びます。本屋から出るともう日が暮れて辺りは真っ暗になっていました。

ジェシカたちと落ち合うレストランに向かおうとすると、5人のチンピラに絡まれます。すると突然、暗闇からシルバーの車が目の前に急停止し、中から降りてきたのはエドワードでした。

またしても、危機を救ったエドワードになぜ自分の居場所が分かったのか聞きますが、話をはぐらかされます。しかし、エドワードがベラ以外の人の心を読めること、とても冷たい手をしていること知りました。

その頃、動物に襲われるという奇怪な事件がまた起こります。襲われて命を落としたのは、パパの友人でした。

ベラは買ってきた本を参考にカレン家の正体が冷人族(吸血鬼)である仮説を立てます。エドワードが異常に敏捷で力が強く、青白く冷たい肌で目の色が変わり、食事をしなく太陽にもあたらないというキーワードから吸血鬼であることを突き止めます。

エドワードにそのことを話すと、ベラを太陽の下に連れていき、太陽にあたった肌が、ダイヤように輝いている姿を見せました。

その肌を「きれい」というベラに「人殺しの肌だ」とエドワードは答え、「僕は殺す運命にある」と言います。ベラは恐怖よりもそれでも一緒にいることを願いました。

エドワードの一族は、ほかの吸血鬼と違い動物だけを狩り、渇きも抑制できるが、ベラの血だけは求めてしまうと打ち明けました。続けてベラを初め避けていたのはベラの香りが苦しかったこと、一緒にいると自制心を失いそうなことを話します。

そんなエドワードにベラは、「あなたを失うのが怖い」と伝え、エドワードは「ライオンが羊に恋をした」と言い、ふたりははじめてお互いの心中を打ち明けます。

翌朝、エドワードの車で学校へ登校するベラは、みんなの視線を浴びます。

人間が吸血鬼になるには、カーライルの主義で選択肢のない者だけを吸血鬼にしていました。エドワードは、1918年に瀕死の時にカーライルに命を救われ、吸血鬼となったのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『トワイライト~初恋~』ネタバレ・結末の記載がございます。『トワイライト~初恋~』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

吸血鬼が血を飲む時には、激しい興奮状態に陥るため、人間の首を咬んで途中で止めることはとても難しく、それはすごい自制心がいることでした。

そして、怪物にはなりたくないと思っているエドワードは人を殺さないと誓っていました。カレン家は一種のベジタリアンで、飲むのは動物の血だけ。食欲は完全には満たされないという意味も含んでいました。

ベラは町で起こっている奇怪事件が、ほかの吸血鬼一族の仕業だということも知ります。

カレン家の中でエドワードだけが人の心を読むことができ、アリスは未来が見通せることでできました。そんなカレン家にエドワードが招待します。森の中に佇む立派な邸宅のカレン家。吸血鬼のイメージからほど遠い明るくて開放的な住まいでした。

エドワードは、「唯一くつろげる場所だ」と言い、家族にベラを紹介し、自分の部屋を案内します。ベットのない、本とCD、レコードに囲まれたシンプルな部屋。CDデッキには、ドビュッシーの“月の光”が入っていて、曲に合わせてダンスをします。

ベラはダンスが苦手と白状すると、エドワードはベラを抱えて大きな窓から外の木に飛び移ります。そのまま木々の間を飛び移り、樹木のてっぺんに連れていきました。

驚きの声をあげるベラに「僕の世界ではね」と眼下に広がる景色を見せます。ふたりは、枝に腰かけて、親密な時間を過ごします。

その頃、奇怪事件の犯人が動物ではなく人間の犯行だという事実が浮上していました。

夜、ママと電話で話していると、すぐ隣りにエドワードの姿が。実はベラが越してからの2ヵ月、窓からこっそり入って寝顔を見ていたと言うのです。

1つ試したいことがあると言ってキスをして求め合いますが、自制心を失いそうになったエドワードは強く拒否をします。それでもベラが寝付くまで寄り添っていました。

休日、パパにエドワードを紹介し、カレン家の野球試合に出掛けます。「今日は雷が鳴るから野球ができる」というエドワード。ベラは審判役で加わります。雷が轟くのを合図に試合が開始されました。

驚異的なパワーを持つ吸血鬼一家のバットの打撃は、まさに雷が鳴り響くようでした。

そこにどこからこもなく、奇怪事件の犯人でもある吸血鬼の一族が現れます。ローラン、ヴィクトリア、ジェームズの3人は、捜査を撹乱して東へ誘導したと言います。

ジェームズはベラが人間であることを嗅ぎ分け、襲おうとしました。その場は一旦収まりましたが、ジェームズはベラを仕留めるため、どこまでも追ってくるというのです。

パパの安全を確保するため、ベラは嘘を言ってママの家へ帰ると芝居を打ちました。逃走を図るため、ベラはアリスとジャスパーの車で南を目指し、ベラの服を着させたロザリーとエドワードは、森の中を疾走します。


(C)2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ジェームズはベラの匂いを追って森の中を行きますが、途中で匂いの違いに気づき、引き返します。

フェニックスのホテルに着いたアリスがジェームズが行先を変えて、鏡のたくさんある部屋にいる未来を予知します。それは、小さいころにベラが通っていたバレエ教室を思い浮かべました。

ジェームズはベラをうまく騙し、バレエ教室におびき寄せます。ベラは死を覚悟して1人で向かいます。薄暗いバレエ教室の何枚もの鏡にジェームズの姿が映され、うす気味の悪い笑みを浮かべています。

ジェームズが襲い掛かりますが、エドワードが助けに入り、逃亡を試みます。しかし、ベラはジェームズに手首を咬まれ、毒液の苦しみにもがきます。カーライルたちも助けにやってきます。ジェームズは、アリスたちに倒され、炎の中で始末されました。

吸血鬼となってしまうベラをくい止めるため、エドワードは毒だけを吸いだそうと手首に咬みつきます。意思の力を使って吸いすぎるのをなんとか止めました。

病院のベッドで目を覚ましたベラに、エドワードは「僕は君を傷つける」からと別れを切り出します。しかし、ベラに「私を1人にしないで」と懇願され、「僕の場所は君のそばしかない」と告白します。

ベラはエドワードとプロムに行くことに。まだ、足にギブスをしていましたが、ドレスに身を包んだベラを一目見て、エドワードは「完璧だ」と見惚れました。

会場に着くと物陰からジェイコブが現れ、父からの伝言だと言って、「彼と別れた方がいい」「監視している」と告げられました。

会場では、ジェシカとマイク、アンジェラとエリックのカップルの姿も。エドワードのリードで、スローな曲に合わせて踊ります。

永遠に一緒にいたいと想うベラは、自分も吸血鬼になりたいという願いを伝えますが、エドワードは「僕のそばで幸せに生きてくだけじゃダメか?」と答えました。

ベラは心の中で「永遠の夢を…」あきらめないと誓いました。そんなふたりの姿をヴィクトリアが遠目から見ていました。

スポンサーリンク

映画『トワイライト~初恋~』感想と評価


(C)2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

“禁断の恋”に落ちるまでの距離感

前作『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』(2003)『ロード・オブ・ドッグタウン』(2005)で少女や青少年の青春の輝きと危うげで物憂げな思春期の心情を巧みに描いたキャサリン・ハードウィック。

本作では、女子高生のベラとヴァンパイアのエドワードがお互いに危険を冒したとしても、どうしようもなく惹かれ合うふたりの距離感を時に熱っぽく、スリリングな展開を交えて描き出しました。

ストーリーは、最悪な出会いからはじまり、さらに2人の行く手を遮る試練を経て、やがて互いを理解し合い結ばれていくという、恋愛映画によくあるパターンです。しかし、オープニングからミステリアスでダークな雰囲気を漂わせ、惹かれ合いながらも釈然としないふたりの距離感の不安定さと相まることで、恋の切なさと純粋さを浮き彫りにします。

ベラを演じたクリステン・スチュワートは、どこかアンニュイな佇まいの美しさを放ち、ヴァンパイアに心を奪われる少女を体現。

そして、ヴァンパイアの宿命に逆らいながらも、ベラを守ろうとするエドワードをロバート・パティンソンが演じ、彫りの深い端正な顔立ちにニヒルなところを感じさせながら、ベラへのひたむきな思いを垣間見せました。

中盤からは、ワイヤーを用いたダイナミックなアクションが展開し、ヴァンパイアの超人的なパワーがダイナミックに描かれます。

エドワードがベラを背負って窓から木に飛び移り、するすると木の頂上まで登る場面では、エドワード(ヴァンパイア)側の世界を見事に映し出します。

それは雲に近いほどの高さから見下ろす山々と海岸に、霧が立ち込め幽玄な世界に包まれたふたりを捉えます。カメラは、ふたりの間を浮遊するようにまわりながら、ズームアウトしていきます。

まるで、雄大な自然の一部にふたりが溶け込むかのような美しいシーンです。

監督が描く甘く危険な世界観


(C)2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

監督を務めたキャサリン・ハードウィックは、『バニラ・スカイ』などの映画美術を手掛けた美術出身の監督です。だからこそ、背景へのこだわりが感じずにはいられません。

舞台となる雨と雲に覆われたワシントン州フォークスで撮影された森林のロケーションは、不可思議な世界に臨場感を持たせています。

また、映画の色調は、ほの暗い森の深緑と調和するような暗いトーンに合わせられ、灼熱のフェニックスやエドワードの肌を太陽の光にさらす時でさえ、ぎらついた太陽を思わせる明るさはなく、青みを帯びる画面を作ります。

映画全体が暗めのトーンで統一されていることで、ベラの部屋のシーンでは、間接照明を用いた赤みを帯びた光が引き立ちます。それは恋慕の情を抱くベラの肌が薄暗い室内で艶めいて映し出されるかのようです。

序盤でベラとエドワードが生物室ではじめて話をするシーンでは、他愛もない会話の中で、互いの視線や仕草を捉えるアップショットで映し、すでに惹かれ合う雰囲気を醸し出します。

時折映し出すエドワードの背景には、窓際に飾られたフクロウの剥製、ホルマリン漬けの瓶、観葉植物などと細部まで抜かりなく配置され、独特な空間を作り上げています。

これは、次作となるキャサリン・ハードウィックの『赤ずきん』でもファンタジック・ダークな世界観にもつながっているのでしょう。

そして、本作の世界観をかきたてる音楽にも注目せざるを得ません。劇中では、レディオヘッドやパラモア、ミューズ、コレクティブ・ソウルなどのオルタナティブロックの楽曲が満載に使われています。

激しく繊細なメロディー、重苦しくも浮遊感のあるサウンドが物語の世界を彩ります

まとめ


(C)2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ヴァンパイア・ロマンスをテーマにした作品は、ホラーやアクションよりの『クロコダイルの涙』(2000)、『アンダーワールド』(2003)、『ぼくのエリ 200歳の少女』(2008)などがあります。

本作は、ヴァンパイアのダークな雰囲気を立ち込めていながらも、モンスターには成り下がらないために動物だけを狩り、渇きも抑制できる一族という設定です。

人間に咬みつくことをしないというのは『オンリー・ラヴァーズ・レフトアライヴ』(2013)のヴァンパイア像とも結びつきます。

いずれもヴァンパイアという存在を際立たせているのは、ヴァンパイアの弱点とも言える“愛”についてです。

そして、本作の“禁断な恋”をより際立たせていることが、血への渇望と葛藤です。

人間の血を飲まないと誓っているエドワードの前に現れたベラは、魅惑的な血の香りを放ち、ベラの血を渇望します。しかし、それにもまして、彼女を守りたい、彼女のことを知りたいという思いに突き動かされるのです。

原作のステファニー・メイヤーが『トワイライト』から15年ぶりの新作として『ミッドナイト・サン トワイライト エドワードの物語』を2021年10月に刊行しました。

全編にわたり、トワイライトを追体験するようなエドワードの視点で、心を容赦なく揺るがし続けるベラの存在が描かれます。

長い時を経て、映画『トワイライト~初恋~』と小説『ミッドナイト・サン トワイライト エドワードの物語』の両作品が交わる面白さを味わえることでしょう。

新刊を読むとエドワードの不可解な行動に隠された真意に触れることができるはず。

映画のラストは、禁断の恋に落ちたベラとエドワードの切なく甘い運命が動きはじめて終わります

これからどんな運命に翻弄される展開になるのか…。2人の姿を遠目からヴィクトリアが見つめ、不敵な笑みを浮かべて立ち去るシーンが、エンディング曲・レディオヘッドの「15 Step」と被さり、続編へのつながりを見せました。

レディオヘッドのエンディング曲は、混沌とピュアが入り混じったようなメロディーと多彩な音とエレクトロニクスのサウンドが印象的に響きます。







関連記事

ラブストーリー映画

映画『胸が鳴るのは君のせい』ネタバレあらすじと結末の感想評価。キャスト浮所飛貴と白石聖の青春ラブストーリー

ドキドキが止まらない!「好き」が鳴り止まない。 紺野りさ原作、累計発行部数250万部を突破する大人気恋愛コミック『胸が鳴るのは君のせい』が、ジャニーズJr.「美 少年」の浮所飛貴と白石聖の共演で実写映 …

ラブストーリー映画

映画『ナラタージュ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【松本潤×有村架純共演】

島本理生が20歳の時に執筆した鮮烈な書き下ろし作『ナラタージュ』を、『世界の中心で愛を叫ぶ』から『ピンクとグレー』までの感情を揺さぶるラブストーリーを発表し続ける行定勲監督が映画化。 主演は松本潤と有 …

ラブストーリー映画

映画『甘いお酒でうがい』感想とレビュー評価。原作はお笑い芸人シソンヌの「じろう」が架空のOL・川嶋佳子の名で著した517日の物語

映画『甘いお酒でうがい』は2020年9月25日(金)から公開。 お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが、長年コントで演じてきたキャラクターを主人公に、何気ない日常を送りながらも、何処か風変わりで少し後ろ向 …

ラブストーリー映画

映画『南瓜とマヨネーズ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【臼田あさ美×太賀×オダギリジョー出演】

漫画家の魚喃キリコの代表作で、1998年から1999年にかけて『CUTiE Comic』にて掲載された漫画『南瓜とマヨネーズ』。 キネマ旬報ベスト10にもランキングされた『ローリング』の奇才・冨永昌敬 …

ラブストーリー映画

映画『パリの恋人たち』ネタバレ感想とレビュー評価。大人のラブストーリーはヌーヴェル・ヴァーグの香り

ホットワインやココアが似合う季節になると、夏よりもなんだか心がそわそわするように感じられるのは気のせいでしょうか。 愛の言葉が似合う言語の国、誰もが恋をする街パリからロマンティックでビターな大人の愛の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学