Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

『正欲』映画原作ネタバレあらすじ感想と結末の考察評価。事件に“水フェチの特殊性癖者”が巻き込まれる愛情

  • Writer :
  • 星野しげみ

朝井リョウの小説『正欲』が2023年に映画になって登場!

『桐島、部活やめるってよ』や『何者』で知られる朝井リョウの第34回柴田錬三郎賞受賞作『正欲』。

社会にも問題を投げかける特殊性癖者の物語ですが、この度一風変わったラブストーリーとして、『あゝ、荒野』(2017)『前科者』(2022)でタッグを組んだ岸監督と脚本家の港岳彦によって映画化が決定しました。

キャストは、稲垣吾郎と新垣結衣が決定です!

特殊性癖を持つ人たちのことは、普通の人からは理解できないものなのでしょうか。

その秘密を隠して生きるがための悩みと葛藤を描いた小説には、それでも生きている人たちのそれぞれの愛も込められています。

2023年の映画公開に先駆けて、小説『正欲』をネタバレ有りでご紹介します。

スポンサーリンク

小説『正欲』の主な登場人物

【寺井啓喜】
正義感の強い検事。小学生の息子は不登校児でYouTube配信をしています。

【桐生夏月】
寝具店の店員。中学生の時に自分の性癖に気が付きます。

【佐々木佳道】
食品会社勤務の会社員。夏月の同級生で夏月と結婚します。

【神戸八重子】
男性恐怖症の大学生。

【諸橋大也】
美形の現役大学生。特殊性癖の持ち主。

小説『正欲』のあらすじとネタバレ


朝井リョウ:『正欲』(新潮社、2021)

2019年7月16日のこと。

神奈川県警など7県警の合同捜査本部は、男性3人が関与したとされる児童ポルノ組織を摘発しました。

週末、自然豊かな公園で、集まった子供たちに様々な道具を与えては、ボランティアを行う善人のように共に無邪気に遊ぶ大人たちの集まり。

「パーティ」と呼ぶその集まりは、男児のわいせつ画像を撮影したなどの容疑があり、リーダー格の大手食品会社勤務の佐々木佳道、小学校の非常勤講師の矢田部陽平、大学3年生の諸橋大也が逮捕されたのです。

※※※※※※※※※※※※※※※

寺井啓喜

寺井啓喜は、とても正義感の強い検事です。妻がいて子供がいてと何不自由のない生活を送っています。

人として当たり前に取るべき道を外れた人間を嫌う彼の悩みの種は、息子・泰希のこと。泰希は小学校4年生ごろから学校へ行くのがとても疲れると言い出し、不登校になりました。

啓喜は息子に学校へ戻ってほしいと願いますが、泰希は現在の教育のあり方に疑問を抱き、学校など不要だと胸を張りだします。

その頃、啓喜は警察の古波瀬分在所で水を出しっぱなしにして蛇口を盗んでつかまった藤原悟容疑者の新聞記事を読みました。

つかまった藤原は「水を出しっぱなしにするのが嬉しかった」と供述しているそうです。

啓喜とペアを組む越川は、「藤原は水を見て興奮するという特殊性癖で、性的に興奮したかったのではないか」と言いますが、啓喜は「ない」と一言で済ませてしまいました。

一方、息子・泰希は不登校児が通うNPO法人で知り合った彰良という少年と一緒に、ユーチューブに動画を載せるようになります。

何をするにもやる気のない彼らが、自身も動画チャンネルを開設。不登校児同志が唯一やりたいという気持ちでやり出した動画配信です。

社会と接するいい機会だと、後押しをするNPO職員の言葉を啓喜は不安な思いで聞いていました。

その予感はあたります。小学生の配信する動画サイトに頻繁にコメントをくれる視聴者がいるのですが、どうもその内容に気になるところがあると、NPO職員の青年から言われました。

そんなある日、息子たちが配信する動画サイトのチャンネルが急に停止されたことを知りました。

児童のわいせつ動画サイトと判断された動画は打ち切られるというのですが、何の非もない普通の内容を配信していても、突然アカウントを停止させられる誤作動がおこることもあるそうです。

泰希の動画サイトも、視聴者からのリクエストでどんどん過激なことをしていた節があります。

啓喜は、最近配信した内容を妻と思い出してみました。

桐生夏月

寝具店の店員・桐生夏月は、「睡眠欲は私を裏切らないから」という理由で今の職に就きました。

彼女には中学3年生のとき、冷たい水飛沫をあびて興奮したという経験があります。その不思議な体験を共有したのが、同級生の佐々木佳道でした。

佐々木はそのまま転校してしまい、大人になって夏月はYouTubeチャンネルのコメント欄でよく見る、サトルフジワラの名前に興味を覚えます。

大手食品会社の採用サイトでは、佐々木佳道の名前とプロフィールを発見しました。

その会社に佐々木が就職を決めた理由は「食欲は人間を裏切らないから」とあり、これによって、夏月は中学の思い出とともに、佐々木を自分の同志だと思うようになったのです。

夏月の働く寝具店に中学の同級生が現れ、同窓会を開くことを聞きました。そしてそこに佐々木も来るというのです。

夏月の胸は高まります。丁度その頃、夏月は小学生2人が何気ないゲームをする動画チャンネルにハマっていました。

視聴者からのコメントを切望する2人のようで、そこにやはりサトルフジワラからのコメントがついていました。

久しぶりに行われた同窓会で、夏月は佐々木と再会。2次会終了後、夏月は佐々木と2人だけで3次会をします。

そこでとりとめのない話をしながら、動画のコメンテーター・サトルフジワラが、お互いにお互いだと思っていたことを知りました。

もちろん、サトルフジワラの正体は夏月でもなければ、佐々木でもありませんでした。

佐々木佳道

子どもの頃から、水に対して異常な欲望をもっていた佐々木佳道。中学生のころ、ふとしたことで同級生の桐生夏月が自分と同じような性癖を持っていることを知ります。

その後、佳道の両親は事故死します。佳道は両親に特殊性癖であることが最後までバレなかったことに安堵すると同時に、自分がこの世界では異星人であるかのような疎外感も覚えます。

同窓会に参加して、夏月と再会した佳道。夏月とは、名前と最低限度の情報以外にお互いに知らないはずなのに、絶対に他の誰にも知られたくないことだけを分かり合っていたのです。

友人でもなく家族でもない夏月。だけども、自分に一番近い仲間だという意識が佳道にはありました。

「この世界で生きていくために、手を組みませんか?」。気が付くと、佳道は夏月にこう言っていました。「いいね、それ」と簡単に言った夏月。

2人はすぐに結婚という形をとりました。

神戸八重子

学祭実行委員の神戸八重子は、ミスコンのあり方に疑問を抱き、代わりに多様性を重視する「ダイバーシティフェス」を開くよう提案します。

男の人から見られることに恐怖心を抱いていた八重子。

実は八重子には国立大学を出て地元の銀行に就職した優秀な兄がいます。エリート街道まっしぐらに進んでいるような兄でしたが、社会人4年生となった夏のこと。

「明日からまとまった休みをとったから」と帰宅して言い残して部屋に入った切り、自室に籠ってしまいました。

それは、夏休みではなく無断欠勤だということはすぐにわかりました。仕事能力の低さと性体験の無さが会社の後輩たちからも疎んじられた結果でした。

八重子は兄が会社へ行って留守のすきに、兄の部屋でパソコンに隠されていた性的動画を見てしまいました。

その時の動画のタイトルは、「素人JKの妹★極秘ハメ撮り映像流出」。

八重子はまるで自分のことを指しているようなタイトルに、兄がどんな風に自分を見てきたのかと恐怖を覚えたのです。

以来、男性恐怖症を抱く八重子ですが、ミスコン出場者のイケメン諸橋大也からだけは、なぜかそんな気持ちを感じないと気づきました。

諸橋大也

大也は美男子ですが、女子よりも水が大好きでした。俗にいう「水フェチ」でした。

大也はネット検索をするうちに、自分のように変わったものに愛情を抱く人が結構いることに気が付きます。

そんな彼らの投稿に、ある新聞記事に載っていたサトルフジワラの名前を自分のアカウントにして、コメントを残していました。

大也は小学生の2人組が配信するサイトに、「水風船でのキャッチボール対決」というリクエストを送ります。

そしてそれが実行されそうだと知り、サイトをのぞくと、「この動画に関連付けられていたYouTubeアカウントが停止されたため、この動画は再生できません」というメッセージが映し出され、ショックを受けます。

ある日、八重子からゼミ合宿に強引に誘われ、合宿に向けた準備予定を知らされた大也。

彼のスマホの予定には、6月22日はゼミ合宿ではなく、パーティと明記されていました。

古波瀬というハンドルネームの20代の男性からダイレクトメッセージをもらい、同じ指向を持つ人との繋がりを作るべく開設されたパーティに誘われたのです。

そのパティーとは、公園に子どもたちを集めて水遊びをさせる動画を撮影するもので、主催者のプロフィール欄には、水そのものが好きという水フェチの男性と記載されていました。

結局そのアカウントの呼びかけに反応したのは、投稿主と古波瀬と大也だけだったようです。

皆で会ってみよう。そう決行されたのが6月22日で、合宿と重なるのは大也にはわかっていました。

「合宿来てね」と誘う八重子は、自分が男性が苦手なことを大也に話します。でも大也にはそれを感じない。それは大也がゲイだと思っているのかもしれません。

八重子のこんな気持ちは大也には大きなお世話でした。俺に関わって来るな! 心の中で大也は叫びます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『正欲』ネタバレ・結末の記載がございます。『正欲』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

佳道はパーティを前日に控えて、初めて会うサトルフジワラとコバセのことを考えていました。

好みの動画を撮影する時は可能な限り人目につかない環境で行うことなど、この組織にはいくつかの約束事がありました。

佳道が組織のことを思い浮かべている時、夏月が帰って来ました。明日の集まりに夏月も参加予定でしたが、仕事のスケジュールがつかず、欠席となりました。

明日の前に2人は身体を重ねます。2人の重みをお互いに感じ、なぜだか同時に「いなくならないで」と囁きあっていました。

一方、諸橋大也は合宿に誘いにきた八重子にそれまでたまっていた鬱憤をぶちまけています。

俺はゲイではないけれど、俺の気持ちなんてあんたにはわからないだろう。

大也の心からの叫びに八重子はもっと大也と話したいと言いますが、大也はやっとこれから繋がりそうな人たちと会うから、そっちへ行かせてほしいと言います。

一歩踏み出す大也の背中で、諸橋大也としての自分とサトルフジワラとしての自分が混ざって揺れているようでした。

※※※※※※※※※※※※※※※

寺井啓喜は、児童ポルノ関連事件の被疑者3人の記録を読み終わりました。

1人目の被疑者は、矢田部陽平。24歳の小学校非常勤講師です。児童買春容疑での逮捕歴がある矢田部が児童ポルノを送信していた相手の一人が諸橋大也でした。

諸橋大也は大学3年生の21歳。周囲の女性が放っておかないだろう美男子ぶりに、啓喜は切ないものを感じました。

最後は会社員の30歳の佐々木佳道。自分は子どもが目的だったわけではないと言いますが、何が目的だったのかと聞かれると、何も言いたくないといった感じで黙ってしまいます。

そしてこの佐々木佳道だけが妻帯者でした。美月という妻がいたのです。啓喜はこの妻も佳道の罪状を聞いても、ごく自然に聞いていたのが気になります。

また、佳道も妻に「いなくならないからって、伝言してください」と言ったことも……。

啓喜は弁護士として夏月に会って話をします。

いまさら話して自分たちのことをわかってもらえないだろうということを、夏月は言い出しました。

どうせ説明したってわかってもらえないことなのでと、あきらめにもにた表情で……。この顔は事件でつかまった犯人や啓喜の妻の由美もする時があります。

「いなくならないからって、夫に伝えてください」と、いきなり夏月が言いました。

逮捕された夫と同じことを言う妻に啓喜は驚きを隠せません。この夫婦、何で繋がっているというのでしょうか。啓喜は呆然とします。

同じ頃、八重子も、‟大也の繋がり”のことを考えていました。

繋がりそうな人に会うといって、パーティに参加した大也。あの時、無理やりにでも引き留めておけば、捕まるようなことはなかったのかも知れません。

繋がり……。私のことも大也の繋がりのなかにいれておいてほしいと八重子は願います。

スポンサーリンク

小説『正欲』の感想と評価

特殊性癖者を主人公にした朝井リョウの『正欲』。物語は、水を観ることで性的な悦びを感じる佐々木佳道とその妻佐々木美月を中心に描かれています。

佳道は正常と認識される性的興奮を覚える対象が‟水”だったのに、不幸にも児童に性的興奮を覚える男性とイベントを組んだため、児童好きと思われて事件の関係者となってしまいます。

佳道と美月は水に興奮する‟水フェチ”でした。2人は自分の性癖については、他の人とは違うことに気が付き、社会から疎外感を持っていましたので、お互いの性癖を知ったとき、間違いなく仲間意識を持ったのです。

普通の人に自分たちの好きなものを理解してもらえないもどかしさ。これまでの人生で味わってきたあきらめにも似た気持ちは、佳道も美月も痛いほど分かり合えたのです。

普通である人たちにとって「当たり前」のことが、彼らにとってはそうではないので、普通に敷かれた人生のレールから脱輪した感じを抱いてしまいます。

自分の好みは人とは違うことに気が付いたとき、どうすればよいのでしょう。彼らの悩みはとても深いものでした。そして、普通であることが、とても難しく思えたのに違いありません。

これは彼らの持って生まれた運命であり、自分ではどうしようもないことですから、運命のいたずらと諦めるしかないのかもしれません。

そんな中で見つけた仲間同士の愛、そして同じ趣向の人と繋がりたいという思いはとてもピュアなものでした。

本作は、そんな異端者とも思われがちな彼らの気持ちに寄り添った、異質のラブストーリーとも言える作品です。

また、立場によって価値観やものの見方も変わること、自分たちが絶対に正しいと思い込んでいるマジョリティ(多数派)に対して肩身の狭い思いをしているマイノリティ(少数派)が存在することも、改めて思い知ることでしょう

映画『正欲』の見どころ

特殊性癖者を主人公にした『正欲』を岸善幸監督が映像化しました。

生きていくための原動力が「当たり前」とは違う形である人たちの人生を、大胆な演出で表現した映画となっているそうです。

【岸善幸監督のコメント】

原作の衝撃と感動がずっと消えません。朝井さんの“視点”が生み出した登場人物たち、その感情をどう表現するべきか、模索が続いています。

稲垣吾郎さん、新垣結衣さんをはじめとするキャストの皆さんとの対話を重ねて、少しずつ輪郭が浮かび上がってきたところです。

人と人のつながりを描こうと思います。大切なのに、難しい、つながり。世界から「普通ではない」と片づけられてしまう人たちの、歪みのないつながりを描こうと思います。

世間での一般常識で人と人との繋がりを描く以上に、本作の人との繋がりを描くのは難しいことでしょう

映画では、普通であることが正統と信じる検察官の寺井啓喜役は稲垣吾郎、‟水フェチ”の性癖を持つ美月を新垣結衣が演じます。

真面目一筋で事件関係者を追いつめる稲垣に対して、自分の気持ちは理解してもらえないだろうと、守りに徹する新垣の対峙する姿が頭に浮かびます。

そして「当たり前」が誰が決めたのかもわからないことや、「当たり前」の愛もそうでない愛にも様々な多様性があることがわかりました。

この映画では、少なくとも「当たり前」でない人、言わばマイノリティ(少数派)の愛し方を、温かな思いで表現してくれることを願います。

スポンサーリンク

映画『正欲』の作品情報

【日本公開】
2023年(日本映画)

【原作】
朝井リョウ『正欲』(新潮社版)

【監督】
岸善幸

【脚本】
港岳彦

【キャスト】
稲垣吾郎、新垣結衣

まとめ

朝井リョウが作家生活10周年で書き上げた渾身の一作の『正欲』が映画化されます。

小説では、普通でない愛の在り方、またそんな性癖を持つ人たちの悩みと苦しみが綴られています。

いったい、何が正しい愛だと言えるのでしょう……。読後は今存在する愛への価値観がガラリと変わってしまうかもしれません。

ですが、‟人と人との繋がり”が大切という本書に綴られた切実な呼びかけは、いつまでも心に残ります。

映画『正欲』は2023年公開! 小説の中の世界観がどう表現されているのかを、確かめてみてください。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『ちょっと思い出しただけ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。クリープハイプの楽曲(Night on the Planet)にインスパイアされた松居大悟監督が描く

あの愛おしい日々があったからこそ今の自分がある。 ふと思い出したっていいじゃん。 クリープハイプの曲「Night on the Planet」にインスパイアされた松居大悟監督が脚本を手掛け、池松壮亮と …

ラブストーリー映画

『エンジェル、見えない恋人』あらすじ感想とレビュー解説。恋愛映画が挑んだ斬新な作風とは

映画『エンジェル、見えない恋人』は、10月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。 『神様メール』や『トト・ザ・ヒーロー』で知られるジャコ・ヴァン・ドルマル。 本 …

ラブストーリー映画

映画『さくらん』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末の評価も【金魚と赤が映える鮮やかな花魁に生きた人たち】

写真家・蜷川実花の劇場映画デビュー作品『さくらん』 安野モヨコの漫画作品「さくらん」が映画化され、2007年2月24日より公開されました。 世界的なフォトグラファー、蜷川実花の初監督作品であり、モデル …

ラブストーリー映画

映画『最初の恋、最後の恋人』あらすじ感想と評価解説。純愛ラブストーリーを韓流人気アイドルたちがピュアに熱演!

映画『最初の恋、最後の恋人』は2022年4月1日(金)より全国ロードショー! 韓国純愛ラブストーリーの王道を行く物語、『最初の恋、最後の恋人』。 2人の男女が青年期に抱いた恋心を、絶望的な運命を抱えな …

ラブストーリー映画

映画『宮本から君へ』あらすじネタバレと感想。ドラマの最終回後を池松壮亮×蒼井優共演で「男・宮本の生き様」をふたたび

映画『宮本から君へ』は2019年9月27日(金)より全国ロードショー公開! 2018年にテレビドラマ化され、多くの反響を呼んだ新井英樹の漫画『宮本から君へ』(1990〜1994)。 この度公開される映 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学