Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/01/30
Update

映画『前科者』ネタバレあらすじ感想と結末ラスト解説。有村架純と森田剛で魅せる“保護司の愛”

  • Writer :
  • 星野しげみ

有村架純が保護司を熱演する『前科者』

罪を犯した前科者たちの更生、社会復帰を目指して奮闘する保護司の姿を描いた漫画(原作・香川まさひと/作画・月島冬二)『前科者』が映画化されました。

あゝ、荒野』(2017)の岸善幸監督が手がけ、有村架純と森田剛が共演します。

保護司という仕事にやりがいを感じていた有村架純演じる主人公の阿川佳代。森田剛演じる前科者・工藤の更生生活を温かく見守っていたのですが、その彼が再び警察から追われる身になって……。

なぜ工藤は罪を犯したのでしょう。罪人になるにはそれ故の訳もありました。そんな社会の矛盾もあぶり出す、映画『前科者』をネタバレ有りでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『前科者』の作品情報


(C)2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
香川まさひと、月島冬二

【脚本・監督・編集】
岸善幸

【音楽】
岩代太郎

【出演】
有村架純、磯村勇斗、若葉竜也、マキタスポーツ、石橋静河、北村有起哉、宇野祥平、リリー・フランキー、木村多江、森田剛

【作品概要】
映画『前科者』は、同名漫画(原作・香川まさひと/作画・月島冬二)を原作とし、罪を犯した前科者たちの更生、社会復帰を目指して奮闘する保護司の姿を描いています。

保護司を始めて3年となり、さまざまな前科者のために奔走する日々を送る阿川佳代役に、『花束みたいな恋をした』(2021)『るろうに剣心 最終章 The Biginning』(2021)などの有村架純。彼女が担当する物静かな前科者の工藤誠は、『ヒメアノ~ル』(2016)以来6年ぶりの映画出演となる森田剛が演じます。

磯村勇斗、リリー・フランキー、木村多江らも脇を固め、『あゝ、荒野』の岸善幸監督が手がけました。

映画『前科者』のあらすじとネタバレ


(C)2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

保護司を始めて3年となる阿川佳代。保護司は非常勤の国家公務員ですが報酬は一切無いため、阿川はコンビニ勤めで生計をたてています。

勤務の合間をぬっての保護司の仕事。今日も保護観察中で会社を無断欠勤した村上のアパートを訪ね、「会社にいってください」と物静かに頼み込んでいました。

「あんな会社いやだ。コンビニ勤めのあんたに会社の何がわかるの」

村上の言葉に、阿川の笑顔は引っ込み、持っていた傘で村上の部屋の窓ガラスをたたき割ります。

「コンビニ勤めのどこが悪い!」と怒鳴る阿川。驚く村上に「あなたは今崖っぷちにいるんだからね。さあ、会社に行きましょう」と優しく諭します。

他にも彼女の父と偽って飲み代をツケにするのんべえのサギ師など、困った保護観察対象者が多い中、半年前から阿川が担当する前科者の工藤誠は、順調な更生生活を送っていました。

仮釈放されて働き出した小さな自動車修理工場の社長が、更生期間が終わったら彼を正社員にするつもりだと、阿川に打ち明けてくれました。

工藤は10歳のときに義理の父親に実母を殺されました。その後、弟と一緒に施設を転々とした工藤。施設を出ると就職したパン工場で激しい暴力といじめを受けて、先輩を刺し殺してしまったのです。

実母に対する屈辱的な言葉が原因だったということですが、阿川と対面したときも工藤はその時のことを覚えていないと言います。

「また人を殺してしまうかもしれない」と不安がる工藤に、阿川は優しく接します。

仕事が終わって阿川が一人で暮らす家に帰ると、阿川の担当者の卒業生で今は便利屋を営む斉藤みどりが、社員を連れて勝手に上がり込んで騒いでいました。

みどりから、「恋してるか? 前科者のことなんか忘れて違う人生を生きろ」と煽られます。

けれども阿川は「更生ってもう一度人間として生き返るって意味なんですよ。そこに立ち会えるなんて凄くないですか」と微笑みます。

「前科者が生き返ったら、ただのゾンビじゃん」とみどりも笑いました。

工藤は月2度の阿川との面談を着々とこなし、張り過ぎないでいいよと気遣ってくれる阿川への信頼を深めていました。

保護観察期間が終了したら、お祝いに工藤が昔母と行ったラーメン屋でラーメンを食べようと、2人は約束をして、次回最後の面談日を確認し合いました。

そんな頃、交番の巡査部長が何者かに襲われて重傷を負い、拳銃が奪われるという事件が起こりました。

数日後、その拳銃で区役所福祉課の職員が、撃たれて殺されました。

事件担当の滝本刑事と鈴木刑事が捜査を始めますが、何の手掛かりも得られぬうちに、第三の殺人事件が起こります。

今度の被害者は児童養護施設の職員で、河川敷で銃殺されていました。

そのころ、工藤は仕事帰りに銀髪で額に傷がある若者をみかけました。

思い当たることがあり、工藤は彼の後を追います。そして声をかけました。その若者は、工藤が施設を出て離れ離れになった弟の実だったのです。

何日かしての夜、工藤は実を車にのせて河川敷に来ました。そこへ男性が自転車でやってきました。車を降りた実は無言でその男性に発砲しました。

あまりのことに唖然とする工藤。「警察へ行こう」と実を説得しようとしますが、実は「もう何人もやっちまってるよ」と言います。

交番の巡査部長は工藤たちの母がDVをする義父から逃れたい一心で相談したのに、もみ消しました。

区役所福祉課の職員は、工藤たち母子がこっそりと引っ越したのに連絡ミスで義父に引っ越し先がばれてしまい、母が殺されました。

3番目の児童養護施設の職員は施設の中で工藤兄弟をいじめていました。

これまでの凄惨な過去の傷も蘇り、車のハンドルを握りしめ、工藤は苦悩します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『前科者』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『前科者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

第三の事件の捜査の結果、被害者の身体から工藤のDNAが検出され、事件の容疑者として工藤が警察から追われることになりました。

阿川との最後の定期面談の日が来ました。が、工藤は阿川のもとに現れません。

心配した阿川が工藤の部屋へ駆けつけると、机の上にきちんと畳まれた作業着と、阿川が面談のたびにハンコを押した連絡カードが置かれていました。

順調に更生生活が終わりそうだった彼に何があったのかと、胸のつぶれるような思いでコンビニの仕事をしている阿川の前に滝本刑事が現れて、「工藤誠を捜している」と警察手帳を示します。

阿川と滝本は中学の同級生でした。お互いに惹かれあっていた2人は図書館や海岸でデートをしたりする仲でした。

あるとき、阿川が暴漢に刺されそうになり、そこへ滝本の父が飛び出して助けてくれました。ですが、滝本の父は刺されて帰らぬ人となりました。

この出来事は、滝本はもちろん、被害者の立場でもあった阿川の心にも大きな傷としこりを残してしまいました。

こんな形で再会した現在の2人。滝本から工藤がなぜ警察から追われるのか聞いたとき、阿川は涙がとまりません。

工藤は人殺しではないと信じたい阿川に、なぜそこまで工藤にこだわると滝本は詰め寄ります。

「人殺しは人間ではないよ」という滝本に、「彼の更生に寄り添うと約束したの」と語る阿川。

交わらぬ思いを抱えたまま阿川は工藤から連絡が来たら滝本に知らせることにしました。

私は工藤さんのことは何もわかっていない。落ち込む阿川を気にかけて様子を見にみたみどりが慰めます。

警察は工藤の過去を調べ、子供の頃の怨恨から想定して、次の被害者は工藤の義父・遠山と予測しました。

阿川も独自の調査で工藤の母が殺害されたときに義父の弁護人となった宮口弁護士を訪ね、遠山との面談を取り付けました。

阿川が遠山の家を訪れた夜、面談を始めたときその付近は警察が貼り込んでいました。

丁度そこへ実を乗せた工藤の車が来ました。運転してるのは工藤ですから、警察が取り押さえようとしますが、車が停まり後部座席にいた実が黒いフードを被って降りたのを見て、「誰だ、あれは?」と驚きます。

素早く遠山の部屋へ向かった実を取り押さえろと、何人もの警官が後を追いました。

工藤は「逃げろ、実」と実を助けようとしますが、肩を拳銃で撃たれます。

実も部屋の戸をけ破り、遠山の姿を目にした途端に、取り押さえられました。車にそのまま連行されそうになりますが、隙を見て横にいた刑事の拳銃を奪い、自分の頭を打って死んでしまいます。

怪我の手当をしてもらい、病室でめざめた工藤は、担当となった宮口弁護士との謁見を望みます。

その頃、事件の資料を整理していた滝本は、実が持っていたターゲットの資料を見ていて、5番目の資料があるのに気がつきました。

滝本は宮口との謁見の時間を知っていた阿川に「工藤は実の代わりに宮口さんをやるつもりだ」と知らせます。

取るものもとりあえず、阿川は病院へ走りました。

病室のドアのかげで鋏を握って立っていた工藤を見るなり、阿川は力いっぱいひっぱたきます。

「戻って来てよ。人間に」と囁き、そのまま、工藤が落ち着くまでしっかりと抱きしめました。

工藤が落ち着いた頃、宮口弁護士が病室へ入り、事件は終了を迎えました。

それからしばらくして、阿川は遊びに来たみどりを連れて母校である中学校の図書室へ行きました。

実は阿川は中学生の頃、中学校の図書室の本に、滝本が父を殺した犯人への憎しみをこめて「死ね、死ね、なぜ生きている」と書いているのを見つけ、こっそりとその本を持ち帰っていたのです。

阿川は、滝本が書いた落書きを消した『中原中也詩集』をそっと本棚へ戻します。

「なぜ、ここに私を連れてきたの?」訝しげに言うみどり。

「友達だから。……惚れるなよ」。明るく答える阿川は、満面の笑みを浮かべています。

スポンサーリンク

映画『前科者』の感想と評価


(C)2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

タイトルが指し示す過去と未来

映画『前科者』の主役・保護司の阿川佳代は、まっすぐで熱い女。罪を犯した前科者たちの更生や社会復帰を目指して、日々奮闘しています。

そんな阿川が担当する一人の更生者、工藤が事件に関与します。警察から追われる身となった工藤のことを心配する阿川。

彼女には、工藤の未来に寄り添い続けるという約束を守りたいという気持があります。

一方の工藤にも、人を殺した事実は消えないけれども、それを乗り越えていきたいという意志がありました。

更生生活が順調にいくかなと思った矢先の殺人事件。その犯人は工藤の弟で、工藤は弟をかばいます。実は今回の連続殺人事件は、昔の事件の発端の出来事に対する復讐でした。

物語からは、せっかく発した社会的弱者のSOSも些細なことで十分察知してもらえないという、世間の冷たさや大人の不甲斐なさが伺えます

ここで注目したいのは「前科者」というタイトル。そこから連想されるのは「犯罪者」であり、明らかに暗いイメージです。

更生すればいくらでも未来を変えられると、保護司は前科者の更生を手助けするために、彼らに寄り添っていると言えます。

慈愛に満ちた笑顔で親身になって前科者の更生を手助けする阿川ですが、この愛情も決して天から授かったものではなく、彼女も前科者たちの立ち直れない姿を見るたびに、悩み苦しみます。

阿川の救いは、みどりの「佳代ちゃんは弱いからいい。ダメダメだから安心できる。佳代ちゃんが隣にいると落ち着けるんだ」という言葉でした。

自信を無くしかけていた阿川は、みどりによって自分の信念を取り戻します。

前科者はやはり前科者。ですが、過去は消せないとしても、未来は変えられます

人として生まれかわる瞬間の手助けをしてあげたいという阿川の想いがわかると、タイトルからも明るいものが感じられます

有村架純の母性愛あふれる演技


(C)2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

本作の主人公、阿川佳代を演じるのは、有村架純。

阿川は、眼鏡に化粧っけのない顔、無造作に一つにくくられた長い髪のどこにでもいるような女性です。しかも、身分は非常勤の国家公務員なのに、無償の民間ボランティアという保護司をしています。

保護司という仕事内容もよくわかる作品です。この大変な仕事を責任もってやり遂げている阿川が凄い! そんな阿川に有村架純が息吹を吹き込んでいます。

落ち込んだ時にみどりからに励まされたあと「惚れるなよ」と言われて、見せる子供のような大泣きの泣き顔。

病院で工藤を殴るときは、怒りを込めた瞳でにらんでの平手打ち。ラストで見せた本当に晴れやかな笑顔。

まっすぐに前科者と対峙するときは毅然とした態度を取り、ときどきアッと驚くような行動力も発揮します。

この喜怒哀楽のはっきりした芯の強いと思われる保護司を有村架純が、自身の持つふわりとした包容力と可憐さで見事に演じ切っています。

有村架純によって優しいけれども頼れる保護司となる阿川に信頼を寄せる前科者の工藤。

再び殺人を犯しそうになった彼は、本気で心配する阿川から手痛い平手撃ちをくらいました。

そんな工藤を演じた森田も「演じているうちに阿川に恋愛感情に近いものを持った」と語っています。、阿川には人として守ってあげようとする強い母性があったのに違いありません。

社会からはみ出した前科者に寄り添って更生を助けてあげたいと思うのは、母親が子供に与える愛に似たものでしょう

本作は、有村架純の温かで柔らかな魅力を存分に活かした作品でした。

まとめ


(C)2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

映画『前科者』は、保護司という職業にスポットを当て、人生の再生を誓う元受刑者のストーリーを展開させています。

映画だけでは、保護司の仕事についてきちんと描けないのではないかと懸念を抱いた製作サイドは、テレビドラマと映画を連動させる形で企画を始動させたそうです。

主人公の佳代が新人保護司として奮闘し、成長する姿を描く連続ドラマ版「前科者-新米保護司・阿川佳代-」(全6話)は、昨年11月にWOWOWで放送されました。

映画版では、佳代のその後の姿が原作にはないオリジナルストーリーとして紡がれています。

「人を更生させる手助けをする仕事」の保護司。ある意味、犯罪者の母ともいえる阿川に扮する有村架純の演技に注目です。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

『スウィートビターキャンディー』あらすじ感想と解説評価。小川あんと石田法嗣共演で“大人になりかけ”の少女と居場所のない男の甘くて苦い夏の恋物語

大阪アジアン映画祭出品『スウィートビターキャンディー』が2022年7月15日(金)より全国公開。 『若さと馬鹿さ』(2019)の中村祐太郎監督による第16回大阪アジアン映画祭出品作品『スウィートビター …

ヒューマンドラマ映画

映画『凪待ち』感想と内容解説。キャストや白石和彌監督は“香取慎吾の真実”の魅力をどのように述べたか⁉︎

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 『彼女がその名を知らない鳥たち』『虎狼の血』で知られる白石和彌監督と俳優にしてアーティストの香取慎吾が初の …

ヒューマンドラマ映画

映画『おもいで写眞』ネタバレあらすじと結末の感想評価。ロケ地富山を舞台に深川麻衣と高良健吾を通して“人々の輪”が広がる

映画『おもいで写眞』は2021年1月29日より公開。 映画『おもいで写真』は、写真を通して人々の繋がりを描く優しいヒューマンドラマです。 「あなたの思い出の場所で写真を撮ります」 東京で夢を追いかける …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『スウィング・キッズ』ネタバレ感想とレビュー評価。タップダンスでミュージカルのごとくバンドとの掛け合いが必見!

朝鮮戦争の最中、捕虜収容所で結成された国籍も身分も異なる5人のタップダンスチーム! 『サニー永遠の仲間たち』で知られるカン・ヒョンチョル監督待望の新作『スウィング・キッズ』。 1951年、朝鮮戦争最中 …

ヒューマンドラマ映画

ガイ・ピアースが語る映画『ブリムストーン』の魅力。牧師とは何者か?

ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門選出された、“愛と暴力と信仰心”を巡る壮絶な年代記とは? 1月6日より公開中の映画『ブリムストーン』で、牧師を演じたガイ・ピアースによるインタビュー映像が配信 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学