Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/12/26
Update

映画『ワンダーストラック』あらすじとキャスト。劇場公開日はいつ?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ワンダーストラック』は、2018年4月6日(金)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。

第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門選出された本作の演出は、映画『キャロル』のトッド・ヘインズ監督。

原作と脚本は『ヒューゴと不思議な発明』のブライアン・セルズニックが務めた作品です!

タイトルの“ワンダーストラック”は、驚きと幸せの一撃”という意味。トッド・ヘインズ監督が仕掛ける驚きと幸せの“ワンダーストラック”な物語とは?

スポンサーリンク

1.映画『ワンダーストラック』の作品情報


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Wonderstruck

【原作】
ブライアン・セルズニック

【監督】
トッド・ヘインズ

【キャスト】
オークス・フェグリー、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ミリセント・シモンズ

【作品概要】
映画『エデンより彼方に』や『キャロル』で知られるトッド・ヘインズ監督が、マーティン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』の原作者ブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を映画化。第44回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出されました。

2.映画『ワンダーストラック』のあらすじ


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くし、おばさんに預けられる少年ベン。

実父を知らないベンは、母の遺品から父のある手がかりを見つけます。

その50年前の1927年、ニュージャージー。

両親が離婚し、厳格な父親に育てられる聴覚障害のある少女ローズは、毎日が孤独の日々でした。

そんな彼女の唯一の楽しみは、憧れの女優リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックがローズの宝物。

ある日、ベンは会ったことのない父親を探して、ローズは憧れの女優に会うために、それぞれニューヨークへと旅立ちます。

異なる時代に生きた2人の物語は、やがて謎めいた因縁で結びつけられ、ひとつとなり重なっていく…。

スポンサーリンク

3.映画『ワンダーストラック』の感想と評価


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

マスコミから高い評価を受けた『ワンダーストラック』

映画『エデンより彼方に』や『キャロル』のトッド・ヘインズ監督が、マーティン・スコセッシ監督作品の『ヒューゴの不思議な発明』の原作者であるブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を映画化

第44回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出され上映、その後、第55回ニューヨーク映画祭の目玉となるセンターピース作品として上映されるなど、映画ファンの注目を集めています。

海外メディアでは大絶賛の嵐で、Indie Wireは「まさに、完璧」、Hollywod Reporterでは「独創的な傑作」、Playlistも「優しくて愛にあふれた感動作」と、今後の映画賞レースの本命必至との呼び声も高くなっているようです。

人種差別や同性愛など社会的マイノリティをテーマにしたドラマを描いてきたトッド監督ですが、本作『ワンダーストラック』は、疎外された2人の子どもたちを主人公に設定。

彼らが見失ってしまった大切なものを探しに旅に出るという、2つの物語が交互して語られていきます。

見どころ1:2つ物語の色彩映像の表現に工夫を見せる

1977年のミネソタに住む母親を亡くした少年ベンと、1927年のニュージャージーに住む聴覚障害の少女ローズとの、時代を越えた交流を描くストーリーに工夫が見られる特徴があります。

この作品で脚本家デビューを果たした原作者のブライアンは、少女ローズのパートはモノクローム映像のサイレント映像

少年ベンのパートはカラー映像でサウンドありで描くなど、世界観を観客に伝える独創的な違いで表現しました。

トッド監督はシノプシスの最初の1ページを拝読するやいな、瞬く間にその類まれな映画的アイデアに魅了されました

監督はそのことを明かしてブライアンの脚本家としての手腕を評価しています。

ベンとローズの映像はニューヨークのどんな場所で交差させていくのでしょうね。

*ヒントは映画『ナイトミュージアム』の舞台のあの場所のようですよ。

もう一度、冒頭のチラシ画像をよくご覧ください。デザインとして散りばめられたのは…。

『ワンダーストラック』のキャストは

ジュリアン・ムーアが本作のポイント!


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
少年ベンを演じるのは、『ピートと秘密の友達』の天才子役オークス・フェグリー

少女ローズ役に自身も聴覚障害を持ち、今回映画初出演となる13歳のミリセント・シモンズが大抜擢されました。

この2人の物語を繋ぐ重要な役どころとなる人物を演じるのは、映画『SAFE』や『エデンより彼方に』、また『アイム・ノット・ゼア』に続き、ヘインズ監督と4度目のタッグとなるオスカー女優のジュリアン・ムーア。さて、彼女な何者なのか?

また、少年ベンの母親役には、映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞助演女優賞ノミネートのミシェル・ウィリアムズが扮しています。

まとめ


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

脚本担当のブライアン・セルズニックの画期的な映画的なアイデアを、さらに視覚的な効果を活かそうと工夫を見せたトッド監督。

彼はキャストに天才的子役少年と、実際にユニークな個性を持った少女のデビューさせることで、幼い心情にさらなる共鳴を掛け合わせました。

またそれらの演技を、演技派女優のジュリアン・ムーアやミシェル・ウィリアムズが脇を固めたことで、本作はきっと映画ファンのあなたの心に届く感動を約束してくれるはずです。

ぜひ、劇場でご覧くださいね。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『セバーグ』ネタバレあらすじ感想と評価解説。「勝手にしやがれ」でヌーヴェルヴァーグの寵児となった女優をクリステン・スチュワートが演じ切る

クリステン・スチュワートが“セシルカット”を披露し、強さと脆さを兼ね備えたジーン・セバーグを演じました ジャン=リュック・ゴダールの『勝手にしやがれ』(1960)で一躍ヌーヴェルヴァーグのアイコンとな …

ヒューマンドラマ映画

実話映画アイ、トーニャ|ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。実在のフィギュアスケート選手トーニャハーディングと“史上最大のスキャンダル”

実話映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、5月4日(金・祝)より全国ロードショー! 今や国民的スポーツとなったフィギュアスケート。そのフィギュアスケートの歴史の中で最大級の汚点ともいえるト …

ヒューマンドラマ映画

映画『おかあさんの被爆ピアノ』あらすじ感想と考察評価。武藤十夢が平和へのメッセージを若者に向けた新たな視点で熱演

映画『おかあさんの被爆ピアノ』は2020年7月17日(金)より広島・八丁座にて先行公開、8月8日(土)より東京・K’s cinemaほか全国順次ロードショー! 被爆75周年を迎えた今日にお …

ヒューマンドラマ映画

『ビリーブ』ネタバレ感想と評価。実話映画どんでん返しの【未来への大逆転】で性差別撤廃のパイオニアとなったRBG

性差別撤廃に奮闘した女性弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグの伝記映画『ビリーブ 未来への大逆転』。 泣く子も黙る法曹界のレジェンドであり、女性解放運動のパイオニアでもある女性、ルース・ベイダー・ギン …

ヒューマンドラマ映画

映画『それだけが、僕の世界』あらすじと感想レビュー。パク・ジョンミンら俳優陣の演技力は必見!

イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』が、12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。 伝説的スターであるイ・ビョンホン、超大型の若手俳優パク・ジョンミン、ベテラン女 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学