Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/04/22
Update

映画『ハイ・ライフ』あらすじネタバレと感想。クレール・ドニの官能を湛えた世界観と審美的な表現

  • Writer :
  • こたきもえか

映画『ハイ・ライフ 』は、4月19日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開。

フランスの女性映画監督クレール・ドニの映画『ハイ・ライフ』。

ブラックホールの撮影に成功した2019年春現在、最もタイムリーといえる奇抜なSF作品をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ハイ・ライフ』の作品情報


(C)2018 PANDORA FILM – ALCATRAZ FILMS

【公開】
2019年(ドイツ・フランス・イギリス・ポーランド・アメリカ合作映画)

【原題】
High Life

【監督】
クレール・ドニ

【キャスト】
ロバート・パティンソン、ジュリエット・ビノシュ、ミア・ゴス、アンドレ・ベンジャミン、ラース・アイディンガー、アガタ・ブゼク、クレア・トラン、ユアン・ミッチェル、グロリア・オビアニョ、ジェシー・ロス、スカーレット・リンジー、ビクター・バナルジー

【作品概要】
監督は『ショコラ』(1988)で長編デビューを飾り、『ネネットとボニ』(1996)ではロカルノ国際映画祭で金豹賞を、『美しき仕事』(199))は第28回ロッテルダム国際映画祭KNF賞などを受賞、実際の事件を基に製作した『パリ、18区、夜。』(1994)などジャンル問わず作品を発表し続けているクレール・ドニ。

主演を務めるのは「トワイライト」シリーズで大ブレイクし、近年はデヴィッド・クローネンバーグ監督作品『コズモポリス』(2012)『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(2014)への出演、またクリストファー・ノーラン監督最新作への出演も決定するなど名匠たちから愛されるロバート・パティンソン。

共演は『イングリッシュ・ペイシェント』(1996)でアカデミー賞助演女優賞をはじめ数々の賞を受賞、『トリコロール/青の愛』(1993)ではヴェネツィア国際映画祭女優賞とセザール賞主演女優賞を、『トスカーナの贋作』(2010)ではカンヌ国際映画祭女優賞と世界三大映画祭を制したフランスの大女優、ジュリエット・ビノシュ。

『サスペリア』(2018)で注目を集めたミア・ゴスも物語のキーとなる人物を演じています。サン・セバスティアン国際映画祭で国際批評家連盟賞、ゲント国際映画祭で最優秀音楽賞を受賞しました。

映画『ハイ・ライフ』のあらすじとネタバレ


(C)2018 PANDORA FILM – ALCATRAZ FILMS

ブラックホールからエネルギーを抽出するために、もともと死刑囚だった犯罪者のグループは“7”に乗せられ宇宙へ送られていました。

彼らは人工授精によって子供を作ることに執着している女性医師、ディブスによって薬を打たれ、半ばモルモットのように扱われています。

囚人間の性行為は禁止されているため、船には自慰行為をするための箱“ファックボックス”があります。

禁欲的な囚人、モンテはディブスの性に関する実験を快く思っていませんでした。モンテは子供の頃友人を殺し、終身刑を宣告された身でした。

船がブラックホールに近づくにつれ、船長のチャンドラは放射線量の増加に耐えることができず、ディブスに安楽死されられる前に発作を起こして死亡します。

妊娠中だった囚人エレクトラは子供と一緒に死にました。

ある晩、エットーレという囚人がボイジーを強姦しようとしますが、彼女の悲鳴によって他の囚人たちが駆けつけ、エットーレは部屋から追い出されました。

ボイジーと同室のミンクは彼を殺害しました。

ディブスは各囚人が飲む鎮静剤の量を二倍にし始めます。ディブスは夜モンテの部屋に入り、薬で彼が眠っている間強姦し静液を抽出、彼女はそれをボイジーに注入しボイジーは妊娠します。元気な女の子が生まれましたが、モンテは彼の子供だとは気が付きません。

以下、『ハイ・ライフ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハイ・ライフ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 PANDORA FILM – ALCATRAZ FILMS

パイロットであるナンセンはブラックホールに一人向かうことを志願します。

しかし小型ロケットに乗り込んだのはナンセンではなくボイジー。ボイジーは彼女をシャベルで殴り殺しロケットに乗り込み、ホールの分子雲の間を通って進みますが、スパゲッティ化現象の効果で爆発してしまいます。

ミンクはディブスを襲い殺そうとしますが駆けつけたモンテにより殺され、自分は長くないことを悟ったディブスは子供が彼の子供であることを告げます。

モンテの唯一の話相手だったチャーニーも庭に自分自身を埋めて自死。一人残されたモンテは低温チャンバー内の乗組員たちの遺体を宇宙に処分します。

モンテはウィローと名付けた赤ちゃんと一緒に時を過ごしました。彼女が10代になると、彼らの舟に別の舟が近づいてきました。

そこには人間は見当たらず、犬たちのみ。いよいよブラックホールに近づき、モンテはウィローの説得により脱出ポッドに乗り込んでそこを通ることに決めました。

ブラックホールに入ると、辺り一面黄金の光と線が広がります。モンテはウィローの手を強く握りました。

スポンサーリンク

映画『ハイ・ライフ』の感想と評価


(C)2018 PANDORA FILM – ALCATRAZ FILMS

クレール・ドニ監督といえば、愛する行為の途中で相手を食い殺してしまう奇病を抱えた人々の物語『ガーゴイル』(2001)。

また両親の離婚によって引き離された兄と妹が求め合う姿を描いた『ネネットとボニ』(1996)など、人間の性と愛に焦点をあてて多彩な作品を制作してきました。

本作『ハイ・ライフ』は言葉を極力省き、抽象的でシンプルな映像で人の真理を模索するSFドラマとなっています。

映画冒頭は青々とみずみずしい植物を覆う水滴、生々しいほどまでに艶めいて、息吹をあげる様が何とも官能的です。

反して暗闇ばかりが広がる宇宙空間の不気味さ、くすんだオレンジ色の囚人服に身を包んだキャラクターたち、アイボリー色の船内と審美的な造形が不穏さをますます募らせてゆきます。

美術を担当したのは『ヴィオレッタ』(2014)『パーソナル・ショッパー』(2017)のフランソワ=ルノー・ラバルテ

生命の緑、官能の青、欲望の赤、無機質な白単色で統一された各場面と無音に近い張り詰めた空気感が観客を彼らと同じ、箱の中のディストピアへと誘います。

滑らかで静謐なカメラワークや全編を色、性質を変えながら流れ続ける液体、ノスタルジックな情景の映像表現がアンドレイ・タルコフスキー監督作品『惑星ソラリス』(1972)『ストーカー』(1979)などを想起させると言われる所以の一つでしょう。


(C)2018 PANDORA FILM – ALCATRAZ FILMS

本作のテーマの一つが、台詞にも登場するように“タブー”

女性医師ディブスは人工生殖に固執し、自分が媒介となって囚人たちを妊娠させると言う“タブー”を破った行為、実験に挑み続けています。

欲望も管理されて身も心も限界となり暴力に走り壊れてゆく囚人たち、究極の密室内での悲劇は地獄そのものです。

しかし反してロバート・パティンソン演じるモンテと、不本意ながら彼の娘として誕生したウィローの間に流れる空気は平穏でありふれた温かいもの。

愛のない生殖から誕生した生命が愛によって育まれていく、混沌状態の物語はタブーを破る“愛”によって収束してゆきます。

本作で描かれているブラックホールは、金色の光の粒が辺りに散らばり線が続いて、光さえも飲み込んでしまうとは思えないほど美しく神秘的です。

モンテとウィローが最後入っていく瞬間は、まるで生まれる前の胎児の頃の記憶を呼び戻すかのような究極のノスタルジー、安心感を感じさせる所が本作の魅力の一つでもあります。

生命の誕生というのは、世界の最大の神秘の一つですが、人間ひとり一人の血や鼓動も宇宙と呼応していて、やがては皆出発点である無へ帰してゆく

“何とも言えない”という曖昧な言葉がぴったりの本作ではありますが、クレール・ドニ監督の有無を言わせないその世界観、性や愛に形を変えながら切り込むその果てのない探索は戦慄を覚えるほどです。

最後ブラックホールの中で微笑み合う親子のように、人間は「ここが最果てだ」と思った瞬間に、初めてその奥へ旅立つことができるのかもしれません。

まとめ


(C)2018 PANDORA FILM – ALCATRAZ FILMS

誰をも翻弄するジュリエット・ビノシュの魔性の妖艶さや、欲望に飲み込まれていきながらも儚い魅力を放つミア・ゴスと出演者たちそれぞれの存在感も抜群な『ハイ・ライフ』。

誰もが思いをはせる宇宙や生命についての疑問「私たちはどこからやってきて、どこへ向かうのか」その答えを見つける旅をドニ監督ならではの官能を帯びた世界観で見せる、レトロで審美的な作品です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『レイトナイト(Late Night)』あらすじネタバレと感想。エマ・トンプソン演じるハートフルコメディの内容とは

2019年のサンダンス映画祭でプレミア上映され、アマゾン・スタジオズが全米配給権を獲得した映画『レイト・ナイト(Late Night:原題)』 映画『レイト・ナイト(Late Night:原題)』は、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの滝隆信役は高嶋政宏。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は、『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『殺人者の記憶法』あらすじとキャスト。公開日と上映館は?

韓国映画『殺人の記憶法』は1月27日(土)より全国順次公開! アルツハイマーになった元連続殺人犯の男ビョンス。偶然に接触事故に合った男テジュから異様な雰囲気を感じたビョンスは、彼も殺人犯であることを直 …

ヒューマンドラマ映画

『はじまりのうた』ネタバレあらすじとラスト結末の感想評価。兄ジムに捧ぐ映画をジョン・カーニー監督が音楽愛で魅せる

ジョン・カーニー監督音楽映画3部作の第2作目 『ONCE ダブリンの街角で』(2007)『シング・ストリート 未来へのうた』(2016)といった音楽愛溢れる作品が魅力のジョン・カーニーが監督を務めまし …

ヒューマンドラマ映画

映画『あなたの旅立ち、綴ります』あらすじとキャスト。公開日紹介も

80歳を迎えてなお精力的な大女優シャーリー・マクレーンと、話題作に引っ張りだこな若手実力派のアマンダ・セイフライドの共演! 映画『あなたの旅立ち、綴ります』をご紹介します。 人生の終わりが見えてきた嫌 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学