Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/11/27
Update

映画『キングス・オブ・サマー』あらすじと感想レビュー。上映情報も

  • Writer :
  • 西川ちょり

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます! 

日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Schoolによる選りすぐりの傑作ティーンムービー8本が勢揃い!

今回は、2017年、『キングコング:髑髏島の巨神』で全世界をあっといわせたジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督の長編第一作『キングス・オブ・サマー』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『キングス・オブ・サマー』の作品情報

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
The Kings of Summer

【監督】
ジョーダン・ヴォート=ロバーツ

【キャスト】
ニック・ロビンソン、ガブリエル・バッソ、モイセス・アリアス、メアリー・リン・ライスカブ、エリン・モリアーティ、ニック・オファーマン

【作品概要】
常に干渉し、自分たちの思うままにしようとする親への不満が爆発した高校生のジョーとパトリックは、家を出て自分たちだけで暮らそうと考える。ビアジオという少年も仲間に加わり、三人は偶然見つけた森の中の平地に家を建て、暮らし始める。

誰にも束縛されない自由な生活を謳歌する三人だったが、友情にひびがはいる出来事が起こってしまう…。

2.映画『キングス・オブ・サマー』のあらすじ

高校生のジョーは、常々うるさく干渉する父親にうんざりしていました。

母親が亡くなってから男手一つで育ててくれた父ですが、ジョーをいつまでも子ども扱い。

シャワーを浴びていると、父はドアの前に立ち、やれ長いだの、早くあがれだの、散々せかし、ジョーが出るまで小言を言い続ける始末です。

父は子離れが出来ていない上に、なんでも自分の思い通りにしないと気がすまない性格。

好意を持っているクラスメイトのケリーから学年末恒例のパーティーに誘われたので、出かけようとすると、父の恋人が家に来るからお前も一緒に御飯を食べろ、と外出させてもらえません。

食後にゲームをすることになりますが、父は汚い手を使ってジョーを負かそうとするので、ジョーは頭にきて、警察に泥棒が入ったと電話。

この壮大な親子喧嘩はもう何度も行われており、かけつけた警官は「本当に何か会った時に誰も信じてもらえませんよ」と呆れ顔です。

ようやく、野外パーティーの会場にやってきたジョーをケリーが迎えます。大勢の人が集まっていましたが、近所の老人が「うるさい!」と怒鳴りはじめ、いきなり拳銃をぶっ放しました。

みんな一斉に逃げ出します。ジョーはビアジオというちょっと風変わりな少年と一緒に森の中を彷徨い歩くことに。一時間も歩いた時、目の前に木が一本もない一画が現れます。

ジョーはその景色に目を奪われ、「独りになれる場所」と呟くのでした。

夏休みが始まり、ケリーと電話していたジョーのところに、父がいきなり現れ、工具の片付けをしろ!と命じました。

電話中だといってもおかまいなし。挙句に電話を取り上げ、ケリーに一方的にしゃべると電話を切ってしまいました。

「さっさとしろ!我慢の限界だ!」と父は怒鳴りながら立ち去りました。ジョーは「こっちももう限界だ!」と呟くのでした。

ジョーは親友のパトリックを森の平地に誘いました。「ここに家を建てて二人で住もう!」

パトリックもまた、両親に悩まされていました。何かと干渉してくる上に、まったく話が噛み合わないのです。パトリックはそのストレスによる蕁麻疹に悩まされていました。

ビアジオも仲間入りし、三人は、建築現場を見学したり、図書館の本を読みながら、家を作り上げました。ちょっとぶかっこうですが、生活するのには困りません。

父のズボンのポケットに入っていた紙幣をいただき食べ物をバッグに詰め込むと、ジョーは家を出ました。

誰にも邪魔されない生活が始まりました。慣れない環境に戸惑いながらも、三人だけの自由な時間を満喫し、自然の中を闊歩する毎日!

帰ってこない息子たちを心配して、ジョーとパトリックの親は警察に相談し、二人の失踪はニュースでも取り上げられていました。

森に隣接するゴルフ場ではケリーがアルバイトをしていました。そこにジョーがひょっこり顔をだします。ジョーは、ケリーを彼らの家に招きます。

しかし、ケリーがやって来た時、彼らの友情にヒビが入ってしまう出来事が起こってしまいます。

彼らの友情はどうなってしまうのでしょうか? そして親子の絆は取り戻せるのでしょうか?

スポンサーリンク

3.映画『キングス・オブ・サマー』の感想と評価

親元を出て、誰も知らない場所でこっそり隠れて暮らしたい。若い頃、そんな願望を持った(あるいは今現在持っている)人は多いのではないでしょうか?

あんなこともしたい、こんなこともしたいと普通は想像するだけで終わってしまうのですが、本作の少年たちは、たまたまみつけた森の中の平地に実際に家を作ってしまうのです。

ミシェル・ゴンドリーの『グッバイ、サマー』の少年たちの作った“動く家”も素晴らしかったのですが、本作の家も本格的な秘密基地となっており、驚かされます

古今東西、多くの若者が夢見てきたものの具象化とも言える、わくわく感いっぱいの、観ていて実に楽しい家なのです。

家の中に滑り台があって、目覚めたらそれに乗って下に降りるだなんて、なんて夢があるんでしょう!

「工作映画」というか、「建築映画」の一つとして記憶しておきたくなる作品です。

さらに特筆しておきたいのは、彼らが自然の中でのびのびと体を動かす映像のダイナミックさです。

森の中を駆け回り、川に飛び込んで水しぶきを上げ、森を走るパイプラインを叩いてリズムに身を委ねる、自由を謳歌する彼らの身体の躍動が溌剌と描かれています

そして画面いっぱいに広がる緑の眩しさ! ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督の『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)を観た人なら、森の奥の瑞々しい緑の光景に、その原点を感じるでしょう。

少年たちの成長物語としても、また、親と子の関係を描く家族映画としても秀逸な一本となっています。

彼らの冒険がどのような顛末を迎えるのか、是非映画館で確かめてみてください!

4.まとめ

主人公のジョーを演じたニック・ロビンソンは1995年生まれ。

9歳のころから役者としてのキャリアをスタートさせ、本作の二年後、『ジュラシック・ワールド』(2015)に抜擢されました。

丹精で上品な顔立ちと、愛らしい笑顔はスター性もあり、将来がとても楽しみな若手俳優です。

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督も1984年生まれという若い監督で、長編作品はまだ『キングス・オブ・サマー』と『キングコング:髑髏島の巨神』の二作のみ。

どちらも高く評価されており、今、最も期待される若手映画監督の一人です。

余談ですが、ジョーの父親を演じたニック・オファーマンは、『ぼくとアールと彼女のさよなら』(2015 アルフォンソ・ゴメス=レホン監督)でも父親役を演じており、トーマス・マンが、息子を演じていました。

トーマス・マンも有望な若手俳優の一人ですが、ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督の『キングコング:髑髏島の巨神』に抜擢されています(父親つながり!?ならぬニック・オファーマンつながり!?)。 

「歳末青春大セール! ティーンムービー傑作選」

そんな『キングス・オブ・サマー』が、12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」の1本として公開されます。

まさにど真ん中の青春映画! 若々しい才能の輝きを是非、映画館で目撃してください!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『月と雷』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【初音映莉子×高良健吾の代表作】

直木賞作家・角田光代の小説『月と雷』が映画化され、監督を『海を感じる時』の安藤尋監督が務めたヒューマンドラマとして公開されました。 主演には初音映莉子、高良健吾を向かえ、田舎町で起こる「普通ではない」 …

ヒューマンドラマ映画

『ジョー・ベル 心の旅』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。感動実話おすすめ映画にてマーク・ウォルバーグが孤独な息子のために歩み続ける父親を熱演|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー70

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第70回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

ヒューマンドラマ映画

映画『たちあがる女』あらすじネタバレと感想。アイスランドの自然と音楽が女性の人生を豊かにする

限りある自然と子供の未来を守るため女は立ち上がる! とぼけたユーモアと人生の苦味、音楽と自然に彩られた、強さと優しさの物語。彼女はアイスランドから世界を救う。 アイスランドとフランス、ウクライナ合作の …

ヒューマンドラマ映画

映画『山猫 』結末までのあらすじネタバレと感想。“ヴィスコンティと死の繋がり”を考える

映画『山猫 4K修復版』は、2019年3月17日(日)より、東京都写真博物館ほか全国順次公開。 若かりしアラン・ドロン、本物の貴族による上品な仕草、クラウディア・カルディナーレの美貌とドレス…。 残念 …

ヒューマンドラマ映画

『ある少年の告白』ネタバレ感想。映画の結末で殻を破ることが出来た人間たちの可能性を示唆

NYタイムズ紙がベストセラーに選んだ 胸打つ衝撃の実話を映画化! 今もなお、アメリカ中西部、南部に残る同性愛矯正施設。同性愛を克服するため施設に入れられた少年の体験と、本当の愛とは? ルーカス・ヘッジ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学