Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ノーカントリー』ネタバレ感想と評価。コーエン兄弟のアカデミー賞4部門受賞作

  • Writer :
  • 加賀谷健

アメリカ映画の巨匠コーエン兄弟の最高傑作『ノーカントリー』

兄弟監督としてすでに世界的名声を得ているジョエル&イーサン・コーエンのフィルモグラフィーをみると、どれも粒揃いの作品ばかりですが、中でも群を抜いた出来栄えで評価が高いのが『ノーカントリー』です。

演出だけでなく脚本も担当した作劇の巧さと、主演のハビエル・バルデムの怪演に目を見張る本作の“アメリカ映画らしさ”について解説していきます。

スポンサーリンク

映画『ノーカントリー』の作品情報

(C)2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

【公開】
2008年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン

【キャスト】
トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウッディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド、ギャレット・ディラハント、テス・ハーパー、バリー・コービン、スティーブン・ルート、ロジャー・ボイス、ベス・グラント、アナ・リーダー

【作品概要】
1980年の米テキサスを舞台に、麻薬売買の大金の行方を巡って凄惨な殺戮が繰り広げられる犯罪ドラマ。

大金を盗んだベトナム帰還兵役のジョシュ・ブローリン、老保安官役のトミー・リー・ジョーンズの他、ハビエル・バルデム扮する殺し屋の怪演が大きな話題となりました。

監督は、「ファーゴ」(1996)、「ビッグ・リボウスキ」(1998)の巨匠ジョエル&イーサン・コーエンが担当。

2008年の第80回アカデミー賞では、作品、監督、脚色、助演男優の4部門で受賞しています。

映画『ノーカントリー』のあらすじとネタバレ

(C)2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

舞台は、1980年のアメリカ、テキサス。

殺し屋のアントン・シガー(ハビエル・バルデム)は、拘束を逃れるために保安官を無惨にも殺害。途中で車を強奪し、その場を去っていきます。

その頃、ベトナム帰還兵であるウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は、狩りをしていました。すると偶然、殺人現場に遭遇してしまいます。

どうやら激しい銃撃戦の後のようで、そこらに死体が転がっています。そして残されていたトラックの中から大量のコカインを発見。少し離れた木陰では数百万ドルと思われる現金も見つけ、家へ持ち帰ります。

その夜、現場をもう一度確認しに来たモスは、ちょうどそこへ現れたギャングたちに出会し、追跡を受けます。

間一髪、逃げ切ったモスでしたが、現場に置き去りにした車から身元が割れ、今度は殺し屋のシガーに追われるはめになるのです。

危険を感じたモスは妻カーラ・ジーン(ケリー・マクドナルド)を一旦実家に帰し、自分はモーテルに潜伏します。

銃撃現場には、エド・トム・ベル保安官(トミー・リー・ジョーンズ)の調べも入り、危険が迫るモスの行方を追い始めます。

モスが強奪したブリーフケースには実は発信器が隠されており、シガーはそれを頼りにモスの滞在するモーテルを発見。

すぐに身の危険を察知したモスは、シガーが誤って別の滞在客に銃弾を浴びせている間にモーテルを脱出。何とか難を逃れます。

次に部屋を取ったホテルで、ブリーフケースに受信機が隠されていたことを発見するモスでしたが、すでにシガーの手は迫っており、モスは腹部に銃弾を受けます。しかしモスの撃った銃弾でシガーも負傷し、その隙をついて逃げ切ります。

シガーが傷の治療に時間を取られているうち、モスは国境を越えてメキシコに到達し、現地の病院に入院。

面会に来た賞金稼ぎのカーソン・ウェルズ(ウディ・ハレルソン)が、金と引き換えにモスの命を守るという交換条件を出しますが、モスはこれを拒絶。仕方なくカーソンはホテルの連絡先を伝えて帰っていきます。

しかしカーソンはホテルでシガーに殺害され、ちょうど電話をよこしてきたモスにシガーが取引を持ちかけます。

モスが金を持ってくれば、カーラに手出しはしないと約束するシガーでしたが、モスはこれも拒否してしまうのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ノーカントリー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ノーカントリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

  

スポンサーリンク

病院を抜け出し、現金をもってアメリカに戻ったモスは、カーラに連絡を取り、エルパソで落ち合おうと伝えます。

カーラの連絡を受けたベルもエルパソへ直行しますが、一足遅く、モスはモーテルで殺害されていて、現金も消えていました。

引退を決意したベルは、元保安官だった叔父に会い、犯罪と暴力にまみれるアメリカの現状を嘆きます。

母親の葬儀を終えた家へ帰ってきたベルは、待ち伏せしていたシガーと初めて対面します。

シガーはモスとの約束に基づいて彼女を殺害しなければならないと説き、コイントスに命運を委ねることに。

しかし、カーラは表か裏を選ぶことを拒否。シガーは事を済ませ、静かに家を後にします。

直後、シガーは車での逃走中、交通事故に遭い、重傷を負います。

一部始終を目撃していた少年に服を売ってもらい、頭部から血を流しながらも、その場を去っていくのでした。

スポンサーリンク

映画『ノーカントリー』の感想と評価

(C)2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

殺し屋“アントン・シガー”の人物像

うつろな表情と不気味なハニカミ。獲物と決めた相手の命は容赦なく必ず奪い取る殺し屋アントン・シガー。彼の後ろに築かれる死屍累々の山々。

まるで屠殺処理でもするように次々人間をしとめていきます。彼に出会ったが最後、死を覚悟する間もなくあの世へ直送。黒装束という出で立ちが死神をも思わせます。

たとえ相手が保安官であろうとも怯むことなく、両腕にはめられた手錠で首を一気に締め上げ、地団駄を踏む家畜の動きが止まると、悦に入ったような恍惚の表情を浮かべます。

彼にとって殺人は、殺し屋としての領分を超えた、性行為の一種でもあるようです。

その怪物的キャラクターの暴力性には公開当初から驚愕と震撼の感想が後をたちません。

なぜそこまでするのか。観客は畏怖する心にとらわれながらも、思わずそのキャラクターの特殊さに疑問を抱いてしまいます。

この役で第80回アカデミー賞助演男優賞を見事受賞したハビエル・バルデムですが、狙った獲物は逃さない執拗なキャラクター性に恵まれたことがいかにもアメリカ映画的と言えるでしょう。

アメリカ映画の脚本術

(C)2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

アメリカ映画は、その黄金期であった40年代ハリウッド映画にみられるように、説話としての無駄が一切削ぎ落とされた高度なストーリーテリングが特徴として挙げられますが、限られた時間の枠内で物語をうまく転ばせていくための作劇の基本となるのは、キャラクターの行動原理です。

ハリウッドの作劇上、キャラクター(登場人物)は、とにもかくにもキャラクター(性格付け)に忠実でなければなりません。

アントン・シガーというキャラクターは生まれついた殺人衝動に常に基づいた行動を取らなければならず、その一貫した行動原理が他のキャラクターと衝突することではじめてドラマが起きるのです。

ドラマをうまく生じさせるためには、主人公のライバルになるような存在をこしらえることも重要です。

本作の場合、シガーのライバルとなるのは、彼に傷を負わせた唯一の男であるウェリン・モスということになります。

モスはシガーとは違って、ライフルで狙った野生動物を撃ち損ねてしまう人間的なミスを犯す人物ですが、ここではキャラクター造形の違いがはっきりと提示されています。

しかしどんなキャラクターでも受け身のままでは作劇の役には立ちません。時には、果敢に攻撃していくポジティブな姿勢も設定としては必要で、それがキャラクターの内面に厚みをもたせるのです。

一瞬たりとも弛緩することなく追跡を逃れ続けていたモスが、負けじと攻撃に転じるとドラマは次の展開をみせ始めました。

シガーとモスという対照的な2人がいかに自分のキャラクターに忠実であるか。そして、それがどれだけアメリカ映画的であることか。

(C)2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

密売組織からシガー追跡を依頼されたカーソン・ウェルズという賞金稼ぎは、シガーには特別な“行動規範”があると語りますが、捕えられたカーソンとシガーとの会話も見事なものです。

“お前の従うルールのせいでこうなったのなら──、ルールは必要か?”

シガーやモスとは違い、自らの行動規範が保身に支配されているウェルズは、厳格なルールをもっていませんでした。

その場の状況に応じてころころと態度を翻していくような一本筋の通っていないキャラクターは、アメリカ映画という戦場からは退場する他ないのです。

『タクシードライバー』(1976)のトラヴィスも『テルマ&ルイーズ』(1991)のテルマとルイーズも、アメリカ映画に登場する魅力的な主人公たちはみな、まるで生まれつきのように自分に課せられた行動規範に忠実なキャラクターたちばかりです。

たとえそのルールを厳守することで崩壊と破滅の道を自ら辿ることになっても、彼らが後悔することは決してありません。

監督だけでなく脚本も担当したコーエン兄弟は、本作でこうしたアメリカ映画的なビジョンを明確に打ち出しているのです。

まとめ

(C)2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

これまでアメリカ映画に登場してきた悪役の中でも、最恐の印象を残しているアントン・シガー

この怪物的キャラクターを造形したコーエン兄弟の作劇術はさすがの実力です。

得意とするサスペンスフルな雰囲気はさることながら、観客が息つく暇もなく炸裂するバイオレンス描写など、演出家としての工夫も随所にみることが出来ます。

本作『ノーカントリー』が、『バートン・フィンク』(1991)や『ファーゴ』(1996)などの他の代表作にまして傑作とされるのは、アメリカ映画の伝統としての“キャラクター中心主義”に忠実であるという極めてアナログな発想による映画作り故の成果であったのです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『オボの声』あらすじネタバレと感想。齋藤孝監督と主演・結城貴史の舞台挨拶紹介も

挫折を経験し、逃げるように故郷へ戻った元プロボクサーの男を通して、人生の葛藤や苦悩を描いた映画『オボの声』。 人間の挫折と再生を描いた、本作をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『オ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ロング,ロングバケーション』あらすじとキャスト。上映館はどこ?

映画『ロング,ロングバケーション』は1月26日より、全国順次公開です。 アルツハイマーが進行する元文学教師のジョンと、その妻で末期ガンにおかされエラ。高齢を迎えたスペンサー夫婦は子どもたちも巣立ったこ …

ヒューマンドラマ映画

映画『赤毛のアン 初恋(2018)』あらすじネタバレと感想。エラ・バレンタインの演じた少女の成長

世界中で愛される名作児童文学『赤毛のアン』 『赤毛のアン』の実写化3部作の第1部が2017年に日本で公開されてから1年。第2部『赤毛のアン 初恋』が公開されました。 13歳の誕生日を前にアンは、複雑な …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】『散り椿』映画ラスト結末に込められた意味を解説

名キャメラマンとして知られる木村大作が、『劔岳 点の記』『春を背負って』に続き、監督第3作目となると時代劇『散り椿』。 『雨あがる』などで監督としても活躍する小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家である葉室 …

ヒューマンドラマ映画

ダイ・ビューティフルあらすじとキャスト!試写会情報も

「第29回東京国際映画祭」にて最優秀男優賞&観客賞受賞のW受賞作品! 差別と偏見に誇り高く立ち向かったトランスジェンダーの華麗なる人生を描いた『ダイ・ビューティフル』をご紹介します。 スポンサーリンク …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP