Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/10/19
Update

『ハナレイベイ』ネタバレ感想。映画ラスト結末まであらすじ紹介も【吉田羊主演】

  • Writer :
  • もりのちこ

ハワイの美しき湾、ハナレイ・ベイで、死んだ息子と10年間向き合い続ける女性の物語。

世界中で愛されている小説家・村上春樹の累計70万部を超えるロングセラー「東京奇譚集」の1篇である「ハナレイ・ベイ」。ファンならずとも、待望の実写映画化です。

亡き息子と向き合い続けた母親が、最後に見出すものとは?伝えたかった思いとは?映画『ハナレイ・ベイ』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ハナレイ・ベイ』の作品情報


(C)2018「ハナレイ・ベイ」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
村上春樹

【監督】
松永大司

【キャスト】
吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類

【作品概要】

映画『ハナレイ・ベイ』は、2005年に発表された、村上春樹の短編小説集「東京奇譚集」(新潮文庫刊)の中の1篇です。

息子を亡くし彷徨い続けるシングルマザー・サチを演じるのは、幅広い演技力で数々の作品に引っ張りだこの吉田羊。息子・タカシ役には、『虹色デイズ』で初主演を果たし「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のパフォーマーとしてもお馴染みの、佐野玲於が演じます。

監督は『ウォーターボーイズ』など俳優としてドラマにも出演経験があり、初監督作品の手塚治の手記が原案となった『トイレのピエタ』で絶賛を受け、日本映画界の新鋭として注目を集めている松永大司監督です。

映画『ハナレイ・ベイ』のあらすじとネタバレ


(C)2018「ハナレイ・ベイ」製作委員会

ハワイに佇む美しき湾・ハナレイ・ベイに、タカシはいた。サーフィンをするために、朝一の波を狙って海を目指し歩くタカシ。バックにはある曲が流れています。

場面は一変。電話が鳴り響くマンションの一室。タカシの母親サチの家です。タカシがサーフィン中にサメに襲われ、右足を食いちぎられ亡くなったという知らせでした。

ハナレイ・ベイを訪れ、息子の亡骸を確認し、手続きを進める母親・サチ。遺品の中には、古いカセットテープが残されていました。

地元の人の計らいで、息子の手形を残していいか?と問われるサチは、私には必要ないと断ります。結局、手形は必要になる時まで預かってもらうことに。

涙も流さず、どこか冷めた態度のサチ。

帰国してタカシの葬儀のあと、サチは息子の荷物を段ボールに詰め込み封印します。自分の心も、思い出も一緒に封印してしまうかのように。

それから10年間。サチは、決まってその時期にハナレイ・ベイを訪れます。いつも同じ場所、海が見渡せる木陰にイスを置き、本を読む。しかしサチは決して海には近づきません。

タカシが死んで、10年。ハナレイ・ベイでいつものように過ごすサチは、日本から来た2人組のサーファーと出会います。息子と同じぐらいの歳の二人を、サチはなぜか放っておけません。

純粋にサーフィンを楽しむ2人と関わっていくうちに、サチにも笑顔が出始めます。そんな時、2人からある話を耳にします。

「赤いサーフボードを持った、片脚の日本人サーファーを何度も見た」と。

以下、『ハナレイ・ベイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハナレイ・ベイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その日から、サチはタカシの面影を探し続けます。海に近づくこともしなかったサチが、ハナレイ・ベイの海辺を歩きまわり、片脚のサーファーを探し続けます。

何日も歩き、探しても探してもタカシの面影にはたどり着けません。気づけば自分は、息子の写真も持っていない母親でした。

10年経って溢れる思い、どうしてもタカシにもう一度会いたい。

亡くなる前、タカシが泊まっていたホテルに残されていた、タカシの写真。そして今こそ、手形でも彼に触れたい。サチは手形を預かってくれていた人の元へ行きます。

そこでサチはずっと秘めていた思いを告白します。「私は息子が嫌いでした。でも、愛していました」

タカシの手形に触れるサチ。「これってあんまりじゃない?」

ドラッグで他の女とのセックスの最中に死んだ夫、自分の言うことを聞かない息子、思い出すのは嫌な思い出ばかり。それでも生きる希望をくれたのは、死んだはずの息子でした。

サチは帰国後、封印していたタカシの荷物を開けます。中から出てきたのは、古いカセットテープ。夫が使っていたカセットテープは息子に渡り、そして今サチのもとへ。流れてきたのは、イギーポップのパッセンジャー。空も、満点の星空も、海もすべて俺たちのものさ・・・。

11年目のハナレイ・ベイ。サチはいつもより、息子タカシを側に感じていました。ためらいもなく、海に出るサチ。振り向く彼女は笑顔でした。

スポンサーリンク

映画『ハナレイ・ベイ』の感想と評価


(C)2018「ハナレイ・ベイ」製作委員会

「私は息子が嫌いでした」のセリフに衝撃を受ける人が多いと思います。母親は息子を愛して当然、どんな息子でも無条件の愛を注ぐもの。本当にそうでしょうか?母親だって人間です。

人と人には、様々な関係性があります。家族、親子、友達、恋人、職場関係など、多種多様な関係を築いている人間ですが、相思相愛で一度も嫌いにならない関係性は果たして存在するのでしょうか?希にそんな関係性を築けていたら、その人は本当に素晴らしい人生です。

サチは、息子を失ってから10年という年月をかけて、やっと息子を側に感じられました。本当は、ずっと側にいたのに。生きていた時も、死んでからもずっと側にいたのに。

大切な人にほど、心は置き去りになるものです。自分から関係性をあきらめてしまっては、そこで終わってしまいます。失って後悔する前に、心を開き寄り添う、あきらめない努力が必要なのだと感じました。

あなたにとって大切な人は側にいますか?愛する気持ちを伝えたい。そう思える映画です。

まとめ


(C)2018「ハナレイ・ベイ」製作委員会

映画『ハナレイ・ベイ』は、村上春樹の短編の実写映画化ということもあり、注目を集めている作品ですが、サチ役の吉田羊さんの、凛としながらもどこか心が弱い母親の演技はイメージ通りと納得するはずです。

舞台挨拶では、「この作品で女優をやめようと思うくらい追い詰められた作品」と語っています。魂のこもった演技に注目です。

また、日本から来た2人組のサーファー役に、リアリティー・ショー「テラスハウスALOHA STATE」に出演したプロサーファー佐藤魁さんが登場。彼のサーフィン姿と、場を和ます演技もみどころのひとつです。

公開初日の今日、映画館でチケットを購入後、スタッフの人に一枚の封筒をいただきました。「映画本編鑑賞後にお開けください」と書かれた封筒は、帰ってからこっそり開けました。中身はというと、、、こっちかい!とツッコみたくなるものでした。

映画『ハナレイ・ベイ』は、2018年10月19日より公開

ぜひ、大切な人と一緒にご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』あらすじとキャスト。光州事件の実話とは?

第90回米アカデミー賞外国語映画賞にて韓国代表となった、『タクシー運転手 〜約束は海を越えて~』4月21日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー。 名優ソン・ガンホ主演で贈る、韓国では動員1,2 …

ヒューマンドラマ映画

『愛を綴る女』あらすじと感想レビュー【マリオン・コティヤール主演】

マリオン・コティヤール主演の映画『愛を綴る女』は10月7日(土)より、東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 この映画の原作は2006年に出版されたイタリア人作家のミレーネ・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ツリー・オブ・ライフ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

思わず息を呑む圧倒的なまでの映像美で展開される生命の神秘… 賞賛と批判の嵐で世の中を二分した作品『ツリー・オブ・ライフ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『ツリー・オブ・ライフ』 …

ヒューマンドラマ映画

【リングサイド・ストーリー】感想と考察!ヒデオ(瑛太)の特別な景色とは?

瑛太と新垣結衣が卓球のペアでタッグを組んだ共演作『ミックス。』が、10月21日より全国公開されましたね。 すでに同月14日に公開されている『リングサイド・ストーリー』の瑛太は、かつて高校生の頃に卓球部 …

ヒューマンドラマ映画

今週公開の映画おすすめは?『シークレット・デイ』のあらすじ紹介

今週1月6日(土)から公開されるおすすめの映画は、劇場未公開だった『シークレット・デイ』。 2017年にWOWOWで初放送されましたが、この度、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で特集上 …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP