Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2016/12/04
Update

映画『14の夜』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2016年は日本映画の当たり年。

年の瀬に才気ある監督デビューを果たした足立紳監督作品をご紹介!

秀作である『百円の恋』で多くの映画祭で脚本賞を受賞した脚本家の足立紳。映画『14の夜』のあらすじを結末までネタバレありでご紹介しています。

まだ作品をご覧になっていない方は、『14の夜』あらすじネタバレにご注意ください。

スポンサーリンク

映画『14の夜』作品情報

【公開】
2016年(日本映画)

【脚本・監督】
足立紳

【キャスト】
犬飼直紀、濱田マリ、門脇麦、和田正人、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、健太郎、青木柚、中島来星、河口瑛将、稲川実代子、後藤ユウミ、駒木根隆介、内田慈、坂田聡、宇野祥平、ガダルカナル・タカ、光石研

【作品概要】
この映画に登場する14歳の少年たちの行動は、男性なら誰しもが身の覚えのあるものばかりです。女性の豊満な胸元に興味を持ったり、不甲斐ない父親へ抱く反抗心、仲間との友情などを夏休みの経験を通して描いた作品。

主人公のタカシの夏の一夜の冒険譚は、情けなくも愛すべき“青春(性春)”の様を笑いとペーソスを描きながら、友情や家族愛をテーマに、少年の成長する姿を見つめていきます。

また、青春映画の名作と言われた『スタンド・バイ・ミー』を彷彿させる内容に、少年のほろ苦くも勇敢な姿は感動を与えてくれます。

監督を務めたのは、『百円の恋』で、一躍注目を集めた脚本家の足立紳による初監督作品。

2012年に、オリジナル脚本『百円の恋』が、「第1回松田優作賞」にてグランプリ受賞したのを始まりに、「第17回菊島隆三賞」、「第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞」など、国内映画賞の12冠独占に輝き、米アカデミー賞外国映画賞日本代表に選出された、実力派の脚本家として知られています。

その足立紳が、自己体験を踏まえたアイデアを長年温め続け、脚本に起こした渾身の処女作です。
 

映画『14の夜』あらすじとネタバレ

14の夜
(C)2016「14の夜」製作委員会

1987年のある田舎町。中学生の大山タカシは、隣の家に住んでいる幼なじみで巨乳のメグミが妙に気になっています。

そんな思春期ならではの悶々とした夏休みを過ごしていました。タカシの父親の大山忠雄は高校教師。

しかし、忠雄は、交通事故を起こした際に飲酒運転であることが発覚。しばらくの間、自宅での謹慎処分を受けています。

そんな父親が、夏休みに家に引きこもりウジウジとしている姿に、タカシは父親が格好悪く、疎ましくと思っています。

また、今日は姉の春子が婚約者の前田を連れて両親に挨拶にやって来る予定。

鬱憤の溜まった父親は、まだ家族が留守なこといいことにアダルトビデオ観て自慰行為をしたり、何をやっても落ち着かずオドオドするばかりで情けない態度をとっていました。

タカシは、柔道部の仲間のリーダー竹内の発案した男を挙げる計画に誘われます。

町に一軒だけあるレンタルビデオ屋「ワールド」に、深夜12時にAV女優の「よくしまる今日子のサイン会」をやってくるという噂を確かめに行こうというものでした。

その根端は、運良く本物の乳を揉ませてもらおうという作戦です。タカシは、仲間のミツル、岡田、竹内と夜9時に学校集合の約束をします。

久しぶりに実家に帰宅した姉春子と、彼女が連れてきた婚約者の前田を囲んで大山一家は、豪勢な夕食を食べ始めます。

しかし、父親の忠雄は、娘たちの結婚承諾の挨拶が受けたくないのか、なかなか同席をしません。

その子供じみた父親の態度に、妻の佳子や祖母ウメもなだめるばかりです。

一方でタカシの心中は、「よくしまる今日子のサイン会」に向かう約束の9時が気がかりで仕方ありません。

やがて、家族みんなが勝手なことばかり言う様子に業を煮やしたタカシ。

テーブルを叩き、父親に近づくと背負い投げで投げ飛ばしてしまいます。

玄関を飛び出してきたタカシの姿を見ていたのは、原付バイクに乗って出かけようとするメグミ。

格好の悪い親子ゲンカの事情を知られたタカシは、一目散に自転車を走らせ待ち合わせの学校に向かいます。

しかし、タカシが約束の場所に到着すると、ヤンキーの金田たちグループに捕まったミツルと岡田がいて、現状を電話で知った竹内はトンズラしたというのです。

まんまと金田の使いパシリにされたタカシ、ミツル、岡田の3人は、使い捨てカメラで「心霊写真」を撮ってこいという難題を押し付けられます。

恐る恐るタカシたち3人のみで指定された幽霊が出没するという噂のトイレに行くと、そこで見かけたのは幽霊ではなく、ミツルの父親。

自動車事故で下半身不随の車椅子生活になった彼が、ピンクのバイブレーターを片手に知的障がい者のケメコの乳を揉む姿だったです。

バツが悪くシラケきった3人、岡田は先に自宅へ帰ります。残されたタカシとミツルは、ミツルのお気に入りの秘密の場所へと行くことを決めます。二人乗りで自転車を走らせ、久しぶりに2人だけでのんびりと話ができるタカシとミツル…。

タカシは、自分よりも不甲斐ないミツルに、「何か隠し球とか持ってないの?」と尋ねます。「ボクシング習ってます」と答えるミツル。

そのことを本気に取り合わないタカシに、ミツルは、小学3年生の遠足の時に、タカシが女の子のウンチを漏らしたパンツを洗ってあげた姿が格好良かったと思い出話を持ち出します。

やがて、ミツルが案内して連れてきた場所は公園でした。そこでミツルの手引きのもと、暗がりの公園内で男女が求め合う性行為の覗き見を始めます。しかし、なぜか興奮するタカシの股間に、ミツルは何度も手を伸ばしてきます。

嫌がるタカシに対して、ミツルは習い覚えていたボクシングポーズでタカシにジャブを数発くり出し、あっさり倒してしまいます。

ミツルは、自分のパンツを下ろし股間を舐めろと強要。驚きの隠せないタカシでしたが、ふと冷静になったミツルは、急に恥ずかしくなったのか、奇声をあげてその場から逃げ去っていきます。

タカシは、汚れた鼻血を公園の水道で洗い流し、困惑の出来事にトボトボと深夜の道を歩いて帰リます。

だが、屋台のおじさんに話しかけられたことをきっかけに、思い出した「よくしまる今日子のサイン会」に独りで向かうことを決意。

レンタルビデオ屋「ワールド」へ必死で走り出します。

しかし、ようやくたどり着いたアダルトビデオのコーナーには、サイン会が開かれた気配は全くなかったのです。

ビデオ屋の女性店員にサイン会のことを尋ねると、噂の話は単なる作り話でした。だが、タカシのその熱心な様子に、女性店員は、「よくしまる今日子」のビデオのパッケージに偽のサインをすると、タカシにそれをプレゼントしてくれました。

またしても、トボトボと歩いて帰る失意のタカシ。

そこに自転車に乗ったヤンキーの金田たちがまたもやって来ます。

すると今度は、タカシや金田グループを取り囲むように、バイクに乗った暴走族が襲来。タカシと金田グループは、現金をカツアゲされるのですが、タカシはビビって失禁してしまいます。

その様子を見ていた暴走族のリーダーの彼女は、なんとタカシの幼なじみで巨乳のメグミ。

リーダーにお漏らしタカちゃんと呼ばれていた過去をバラされると、タカシは、「ウンコメグミ!」と言い返します。

メグミとタカシのことを知る同級生でもあった金田は、タカシを蹴り上げて「行け〜」とばかりにタカシに喧嘩を仕掛けさせます。

タカシは、「オッパイ揉ませろ〜!」と叫ぶと暴走族に突撃していきます。また、金田たちヤンキーグループも共にその戦いに挑みます。

それでも、メグミの巨乳を揉むことはできませんでした…。

やがて、金田とタカシはプールサイドにいました。金田は、気絶したタカシを起こし、タカシを見直したかのように2人きりで深夜のプールに入り、戦いの心の傷を癒すのです。

早朝になり、自宅に帰宅したタカシ。庭先には、昨晩の夕食会をダメにした原因である不甲斐ない父親がいました。

その姿は泡だらけのずぶ濡れで、娘の婚約者の自動車を洗車に励んでいました。

父親は、帰宅したタカシに「父さん格好悪いか?」と尋ねます。

タカシは格好悪いと返事をしますが、続いて父親は、「タカシが格好悪いのは、父さんのせいじゃないぞ、タカシの問題だ」と男親としての愛情をにじませます。

自分の部屋に帰ってきたタカシ。様々なことを体験しながら手に入れた「よくしまる今日子のビデオ」を押入れにしまうと、父親が勝手に持ち出した自分のアダルトビデオが返却されていました。

タカシの部屋の窓からは、庭で父親がまだ洗車を続けている姿とそれを止めようとする娘や婚約者、母親の姿と声があった。少しだけ成長したタカシにとっては、そんな日常も笑いが止まらなくなったようです。

スポンサーリンク

映画『14の夜』の感想と評価

14の夜
(C)2016「14の夜」製作委員会

足立紳監督は、出演する少年たちをオーディションで選出。

大山タカシ役で主演を務めた犬飼直紀を始め、中心的な少年たちの青木柚、中島来星、河口瑛将は、フレッシュな4人です。こんな友達が中学生の頃にいたな、似たような出来事をやったなと思わせる演技を、それぞれが生き生きと演じています。

特に主人公の犬飼直紀の表現力は、多彩な表情を見せてくれます。

中でも思春期に特有の微妙な無表情は、何とも言えず愛らしくもあります。

14の夜
(C)2016「14の夜」製作委員会

また、若手俳優の犬飼直紀の脇を固めた父親の大山忠雄役を、熟練俳優の光石研が熱演。

一家の大黒柱でありながら、子供っぽいダメな父親ぶりを面白可笑しく演じた姿は、ベテランの貫禄です。

そんな2人が演じた親子の対立は、作品の見どころのひとつ。

父親と息子のそれぞれが相手に思いをぶつける演技と、相手の気持ちを呑み込む演技のやり取りは、日本映画には珍しい父と息子という、男同士の関係を正面から描いた作品です。

14の夜
(C)2016「14の夜」製作委員会

インパクトのあるヒロイン役を演じた浅川梨奈は、タカシの憧れの幼なじみメグミ役を務めています。エイベックスのアイドルオーディションで選ばれた「SUPER☆GiRLS」のメンバーで、これまでのイメージにはない大人びたヤンキーに挑戦。

豊満な巨乳をチラ見させるエロカワイらしさに目は釘付けです。

この作品は、2016年10月に開催された、第29回東京国際映画祭の「日本映画スプラッシュ部門」でノミネート上映されています。

足立紳監督は、出演者たちと舞台挨拶に立つと、以前に脚本を手がけた『百円の恋』が、第27回東京国際映画祭の同部門で作品賞に輝いた経緯もあり、初監督として凱旋に多くの観客から拍手で迎えられたようです。

まとめ

14の夜
(C)2016「14の夜」製作委員会

足立紳監督のデビュー作『14の夜』の公開は、2016年12月24日にテアトル新宿での上映をスタートに全国順次公開予定。

また、12月8日には、足立紳監督自らの書き下ろし小説版『14の夜』が、幻冬社から発売予定です。

1987年を舞台にした少年たちの性春讃歌を深く味わうために、映画を観る前に小説を読むという楽しみ方も味わえそうです。

 2016年の日本映画界は、多くの話題作がありましたが、大詰めの冬休み公開に大型新人監督がスクリーンで咲かせる才能と作品は、ぜひ見逃せませんね。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『菊とギロチン』あらすじと感想。キャストの演技力にシビレた瀬々監督入魂の一作

構想三十年!瀬々敬久監督入魂の作品『菊とギロチン』がいよいよ7月7日(土)よりテアトル新宿ほかにて順次ロードショーされます! 時代に翻弄されながらも「自由」を求めて疾走する若者たちの辿り着く先は!? …

ヒューマンドラマ映画

月と雷あらすじネタバレ!角田光代の原作小説と映画は別の結末?

2017年10月7日(土)よりテアトル新宿やテアトル梅田などで全国公開される、映画『月と雷』はの予告編が解禁となりました。 映画の原作は直木賞作家の角田光代の同名小説。キャストに初音映莉子、高良健吾、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『もみの家』ネタバレ感想と考察。ロケ地の風景が評判となる坂本欣弘監督の“故郷富山”への思い

立ち止まっても大丈夫、ゆっくり進もう。 撒いた種の実る季節は必ずやってくるから。 心に問題を抱えた若者たちを受け入れ、再び歩きはじめるための一歩を手助けする場所「もみの家」。 主人公の彩花は、そこで仲 …

ヒューマンドラマ映画

山田孝之映画『ステップ』あらすじと感想レビュー。シングルファーザーとその娘が紡いだ‟家族のカタチ”

山田孝之が重松清の同名小説で、シングルファーザーに初挑戦。 妻に先立たれて男手ひとつで娘を育てるシングルファーザーと、母親を亡くし父と2人で人生を歩む娘の物語。重松清の同名小説で、山田孝之主演の映画『 …

ヒューマンドラマ映画

『パルプフィクション』ネタバレ感想。タランティーノ映画の意味不明な内容を解説

世の中はパルプ・フィクション(=くだらない話)だらけ⁈ 必然なのか?偶然なのか?全く別々の物語が、あるタイミングで交わる時、ある者には幸運を、ある者には不運を、ある者には死を与えます。 だから人生は面 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP