Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/02/06
Update

『サラバ静寂』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。吉村界人が“音楽や映画が禁じられた世界”で《音楽》と出会った若者を演じる

  • Writer :
  • 桃から生まれた尻太郎

宇賀那健一監督が音楽や映画が禁じられた世界で「音楽」と出会った若者たちを描いた映画『サラバ静寂』

全ての娯楽が禁止されている世界で、音楽の魅力に取り憑かれた人間たち。世界を変わるのか。世界を変えることは出来るのか。

本作『サラバ静寂』の主演ミズト役に『太陽を掴め』『獣道』の吉村界人。また、国際俳優の浅野忠信と歌手・Charaの娘でモデルのSUMIREがヒカリ役を演じ、斎藤工が警察官・杉村役を演じています。

音楽の分野でよく表現される”初期衝動”のようなエネルギーに満ちた宇賀那健一監督の映画『サラバ静寂』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『サラバ静寂』の作品情報

(C)「サラバ静寂」製作委員会

【公開】
2018年(日本)

【監督】
宇賀那健一

【キャスト】
吉村界人、SUMIRE、若葉竜也、森本のぶ、斎藤工、川連廣明、泊帝、内木英二、美館智範、カトウシンスケ、影山祐子、高木直子、田山由起、細川佳央、杉山拓也、南久松真奈、高橋美津子、仲上満、古澤光徳、伏見狸一、ミヤザキタケル、ヒス、ソニー、灰野敬二、大貫憲章、仲野茂、今村怜央

【作品概要】
ガングロギャルを描いた『黒い暴動』の宇賀那健一の監督2作目の映画。

SUMIRE、吉村界人など実力ある若手が主演を務めている。

2.映画『サラバ静寂』のあらすじとネタバレ


(C)「サラバ静寂」製作委員会

音楽や映画などあらゆる娯楽が法律で禁止された世界の田舎のネジ工場でミズトとトキオは働いていました。

毎日毎日、同じことの繰り返しで自分たちが何の為にネジを作っているのかも知れませんでした。

ミズトとトキオは池で水切りをしたり、空き巣に入ったりして持て余ししすぎた暇を潰していました。

そんなある日、ふたりは興味本位で廃屋へと侵入しました。

そこには沢山のテープやレコード、ギターやアンプが並べられておりミズトとトキオは初めて音楽に出会いました。

腹の底からこみ上げる興奮を覚えながら、ふたりはビデオのライブ映像を爆音で聴きいっていました。

そんな時、廃屋の部屋の奥で男の死体を見つけました。

男は音楽を聴いていた罪で杉村というどの超えた暴力を奮う警官に殺されていたのでした。

そんなことを知る由もない、ふたりは夜遅くまで音楽で遊び続けました。

特にトキオは次の日からネジ工場に顔を出さずに、あらゆる物を録音して回るほどに没頭していました。

数日経ち、廃屋でトキオはミズトに「音楽で世界を周ろう。たくさんの人の前で演奏しよう」と夢を語りました。

ミズトもその夢を想像し「やろう」と目を輝かせて言い返しました。

ミズトが胸を膨らませて廃屋を後にしたあと、パトカーの気配に気づきます。

ミズトは慌てて廃屋目掛けて走り出しました。

廃屋に着いた時には杉村たち警官が、すでに乗り込んでおりトキオを痛めつけている途中でした。

ミズトは「なんでこんなことするんだよ」と杉村に歯向い、杉村はそんな彼にも過度の暴力を加えて去って行きました。

朝になり、なんとか起き上がったミズトはすでに息のないトキオの手に握られているテープを見つけます。

それはトキオが作ったオリジナルの楽曲でした。

そんな時、ヒカリという若い女性が廃屋に現れました。ヒカリは廃屋で殺されていた男の娘でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『サラバ静寂』ネタバレ・結末の記載がございます。『サラバ静寂』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヒカリもまた自由に音楽が聞きたいという思想の持ち主でした。

音楽という共通点で繋がったミズトとヒカリは、密かにライブが行われているという「サノバノイズ」に向かい始めます。

杉村たちが非楽町という町が怪しんでいるという会話を聞いていたミズトは、たったそれだけの手掛かりを頼りに非楽町を訪れました。

ミズトとヒカリは盗みを働きながら、通報する市民や警察の危険の中で、「サノバノイズ」の情報を聞き込み続けました。

情報の掴めないまま、それでも懸命に続けているとひとりの若者がミズトとヒカリに声を掛けました。

若者は「ついて来い」と二人を案内します。

案内された先には、杉村の部下でありトキオを殺した現場にもいた三島という警官がいました。

嵌められたと慌てるミズトでしたが、三島は捜査の過程で音楽と出会い、サノバノイズにいたこともある人間でした。

三島は「ここにはもうない。東の森へ向かえ」とミズトとヒカリに伝えました。

ヒカリは自由に音楽を聴く為、ミズトは爆音でトキオの音楽を聴かせる為、東の森へと向かいました。

森の奥深くにサノバノイズの地下へと続く入り口はありました。

中では音楽を愛する人間たちが男女大人子供関係なく音楽を楽しんでいました。

ミズトとヒカリも行われていたバンドの演奏に盛り上がる観衆の中へと飛び込んでいきました。

その頃、三島は杉村に拷問を受けていました。杉村は三島の娘の身の危険を案じさせます。そして三島の片方の耳を切り落としました。

サノバノイズでは様々な音楽が相変わらず演奏され続けていました。

トキオのテープを爆音でかけることも快く引き受けてくれました。

テープが再生されかけたその時、銃声が響き渡りました。

三島の耳をイヤリングにして着けた杉村が多数の警官を連れてサノバノイズに乗り込んだのでした。

杉村の合図でサノバノイズの人々はどんどんと撃ち殺されていきます。

これまで旅を共にしたヒカリも杉村にこめかみを撃ち抜かれました。

またミズトも腹に銃弾を浴びました。

すると、三島がサノバノイズの中へと飛び込んできて杉村を撃ち殺しました。

ミズトとはトキオのテープをサノバノイズの中で生き残った少年たちに渡して息絶えました。

テープには「サラバ静寂」とトキオが付けたタイトルが書いてありました。

スポンサーリンク

3.映画『サラバ静寂』の感想と評価


(C)「サラバ静寂」製作委員会

抑圧こそロックやパンクが生み出される根源です。故に聞いたものを突き動かすようなエネルギーが宿ります。

今作では娯楽が全て禁止されている世界が舞台なので、ロックンロールするにはもってこいの設定だと思います。

現に暇という暇を持て余していたミズトとトキオが、音楽に触れた時の興奮は見ているこちらまでもを高揚させてくれました。

劇場で観るべし!音の迫力!


(C)「サラバ静寂」製作委員会

音楽を扱った映画作品はもちろんDVDやスマホで観るよりも、音響の設備が整っている劇場で観たいものですよね。

作品の印象まで変わることもあります。

その中でも『サラバ静寂』はメロディになりきる前の衝動的で荒々しい音楽が非常に魅力的な作品なので、劇場で観ることを強くオススメします。

『千と千尋の神隠し』などの音楽プロデューサーである大川正義が、『サラバ静寂』を気に入り特別に音響を担当されたようです。

右から左へ時には前から後ろへ、劇場狭しと動き回る大音量は迫力満点で圧倒されました。

斎藤工の怪演


(C)「サラバ静寂」製作委員会

音楽を取り締まる暴力警官杉村を演じる斎藤工が、本当に魅力的でした。

劇中で杉村が舐めているアメやシャボン玉、耳ピアスなどは斎藤工本人が出したアイディアだそうです。

自由に演じていて、またそれが今作の引き込まれる魅力でした。

杉村が登場するシーンは本当に愉快で怖くて異常で説得力があります。

4.まとめ


(C)「サラバ静寂」製作委員会

劇中には沢山のミュージシャンが登場します。

きっと見れば見るほど「あっ、この人も出てる」と発見は尽きないです。

是非”爆音”で『サラバ静寂』を目撃してください。


(C)「サラバ静寂」製作委員会

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『青の帰り道』感想レビュー。amazarashiの主題歌がエモい青春群像劇

映画『青の帰り道』が2019年5月11日(土)よりアップリンク渋谷にて再上映! 2018年12月7日(金)に全国順次公開された映画『青の帰り道』。 若者たちの等身大の姿がヴィヴィッドな映像で綴られ、元 …

ヒューマンドラマ映画

映画『17歳のシンデレラ』あらすじと感想。 東京ボーイズコレクションで結果を出したキャストの輝き

「東京ボーイズコレクション」の長編映画第2弾!『17歳のシンデレラ』は、2019年7月12日(金)より、ユーロスペースほか全国順次公開。 世界的評価を受ける寺西一浩監督のもと、キャストに寺西優真や川津 …

ヒューマンドラマ映画

映画『結婚演出家』あらすじと感想レビュー。マルコ・ベロッキオ監督とは

日本未公開作品や「イタリア映画祭」で上映された人気作品を紹介する特集上映「Viva! イタリア」。 その第4弾が、6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで始まります。 本稿では傑作三 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレあり】戦争と女の顔|感想考察と解説評価。心身に傷を負った女性兵士たちの“戦後”を描く

PTSDを抱えた元ロシア人女性兵士の“過酷な戦後” 2022年7月15日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開を迎えた映画『戦争と女の顔』。 ノーベル賞作家スヴェトラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『晩春』ネタバレ解説と考察評価。結末までのあらすじで解く、娘の結婚に“複雑な父の思い”

「なるんだよ、幸せに」小津作品の中でも特に傑作と名高い作品『晩春』を観る 映画『晩春』は、小津安二郎の1949年の作品で、小津作品の中でも『東京物語』(1953)などと並ぶ最高峰の一つとして高く評価さ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学