Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『マリッジカウンセラー』あらすじ感想と考察解説。“名優”渡辺いっけいと実力派女優の松本若菜が強力なタッグを組んだハートフルコメディ

  • Writer :
  • 谷川裕美子

昭和のオヤジが結婚相談所で奮闘する『マリッジカウンセラー』が2022年10月28日(金)に公開

いつくしみふかき』(2020)の渡辺いっけいが主演を務めるヒューマンコメディ映画『マリッジカウンセラー』が、ロケ地の愛知県で2022年9月16日(金)より先行公開された後、2022年10月28日(金)より刈谷日劇(刈谷市)で公開されます。

マッチングアプリでの婚活が大流行りの現代ですが、昔ながらの結婚相談所の仲人たちの奮闘を描く一作です。

渡辺演じる昭和のオヤジとタッグを組む相談員を演じるのは、大ブレイク中の松本若菜。ふたりの軽妙な掛け合いから目が離せなくなります。

観る者すべてを幸せな気持ちにしてくれる極上の一作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『マリッジカウンセラー』の作品情報


(C)2022「マリッジカウンセラー」フィルムパートナーズ

【公開】
2022年(日本映画)

【脚本】
松井香奈

【監督】
前田直樹

【出演】
渡辺いっけい、松本若菜、宮崎美子、青山倫子、坂口涼太郎、円城寺あや

【作品概要】
長編映画2作目となる前田直樹が監督を務めるヒューマンコメディ。前田監督の強い希望を受けて松井香奈が脚本を担当しています。

映画『いつくしみふかき』(2020)の渡辺いっけい演じる結婚相談所に出向することになった昭和のオヤジ・赤羽が、相談所に集まる悩める人々の力になるために奮闘するさまをコミカルにハートフルに描く一作です。

結婚相談所を切り盛りする結衣役を、映画『大綱引の恋』(2021)などで活躍目覚ましい松本若菜が演じ、渡辺と息の合った掛け合いで楽しませます。

共演は宮崎美子、青山倫子、坂口涼太郎ほか。

映画『マリッジカウンセラー』のあらすじ


(C)2022「マリッジカウンセラー」フィルムパートナーズ

大手不動産会社勤務の赤羽昭雄。昔気質の彼は、部屋の内見でも気づかぬうちにセクハラ発言をしてしまい女性客に逃げられてしまいます。

会社からの辞令で結婚相談所「とわえもあ」に研修にやってきた赤羽は、カリスマ仲人である母の後を継いだ時田結衣と出会います。

彼女は依頼者に寄り添い、生涯を添い遂げられるようなパートナーを見つけてあげたいという想いで仕事に向き合っていました。

突然のことに困っている結衣の前で、赤羽は過去の栄光を自慢げに話し始めます。彼女は赤羽のこわい顔と男尊女卑思想に拒否反応を起こし、怒って入院中の母に電話をかけますが、母は笑って受け流しました。

仕方なく仕事の手順を結衣は赤羽に説明しますが、依頼人を物件扱いして面談をぶちこわす彼にあきれ果ててしまいます。

お見合いに立ち会った赤羽が、人の手を借りなければ結婚できないといって依頼人たちをバカにするのを聞いた結衣は、あなたの言うことは、すべてセクハラだと言って怒って立ち去ります。

久しぶりに会社に立ち寄った赤羽は、自分の荷物が片隅に片付けられているのを見て肩を落としました。

その後、赤羽は会社に返り咲くために「とわえもあ」での仕事に精を出すようになります。

そんな中、入院中だった結衣の母が帰宅します。元気にふるまう母でしたが、彼女の身を結衣は案じていました。

赤羽は少しずつ仕事に慣れ始め、依頼者に寄り添うようになっていきます。

一方の結衣は、自分の腕に自信が持てずにいました。

スポンサーリンク

映画『マリッジカウンセラー』の感想と評価


(C)2022「マリッジカウンセラー」フィルムパートナーズ

人と人の繋がりを温かく見つめる爽快ストーリー

結婚相談所を舞台に繰り広げられる、親会社から出向してきた中年男性と相談所を切り盛りする女性のコンビの奮闘記『マリッジカウンセラー』。観終えた後は、きっと「観てよかった!」と素直に思える心温まる爽快ストーリーです。

女性キャラクターの魅力を引き出す演出力で知られる前田直樹監督が、グローバルな視点で日本独特の仲人文化を活写し、世界に発信できる映画を生み出しました。

前田監督の強い希望により脚本を担当することになった松井香奈が、柔らかな感性で味わい深いストーリーを紡いでいます。

名優・渡辺いっけいが演じるのは過去の栄光を自慢して回る時代錯誤な男性で、気づかぬうちにセクハラ発言を連発してしまう昭和のオヤジ。対して松本若菜演じる彼のバディとなる結衣は、依頼人のパートナー探しに真摯に向き合うまじめで優しい女性です。

初めは反発しあっていたふたりが一緒に仕事をしていくうちに起こしていく魅力的な化学反応から目が離せなくなります

コミカルなふたりの掛け合いが一番のみどころですが、そのほかにちりばめられた小ネタも笑いを誘います

坂口涼太郎演じるモテないチェリー青年の勘違い話には笑いが止まらなくなるはず。女性の付き合い方に対するとんでもない話が飛び出し、それを聞く渡辺のあぜんとした表情がなんともいえない味わいを醸し出します。

そんな困った青年に肩入れせずにはいられない人のよい熱血漢の赤羽。観るほどに、赤羽を愛さずにはいられなくなります

笑いの一方で胸に迫るリアルで感動的なエピソードも満載です。40才を超えた女性ならではの婚活での切実な悩みや、一緒に生きていく相手に一番大切なのは肩書ではないという真実などなど。

実は心の傷を持っていた赤羽と結衣というふたりが、人々を幸せな結婚に導くために必死に頑張る姿から大きな勇気をもらえる一作です。

まとめ


(C)2022「マリッジカウンセラー」フィルムパートナーズ

名優・渡辺いっけいと、いま最も注目される実力派女優の松本若菜が強力タッグを組んだハートフルコメディ『マリッジカウンセラー』

セクハラ発言連発だった時代錯誤の中年男と、相談員としての腕に自信を持てずにいる女性が、結婚したい人たちの力になるために奮闘するさまをユーモラスに描き出します。

現代社会での結婚することの難しさ、恋愛に臆病な人たちの心理、恋愛や結婚に大切なものとはなにかということが丁寧に描かれるとともに、さまざまな婚活を通して人間同士が心通じ合うというのはどういうことなのかが浮き彫りになる作品です。

婚活に努力したいと集まって来た人たちは、赤羽や結衣が寄り添い励ましたことで勇気を振り絞り、幸せをつかんでいきます。

相談所に限らず、話を聞いてくれて背中を押してくれる存在のありがたさや、人が人を支える力の大きさについて改めて実感させられるに違いありません

もし今踏み出すことをためらっている人がいてこの作品を観たら、想う相手が存在する幸せを抱きしめながら、思わず一歩を踏み出したくなることでしょう。

ヒューマンコメディ映画『マリッジカウンセラー』は、ロケ地の愛知県で2022年9月16日(金)より先行公開された後、2022年10月28日(金)より刈谷日劇(刈谷市)で公開です。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『人生はシネマティック!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、映画製作に奔走する人々。 コピーライターの秘書だった女性が、脚本家として才能を発揮し、成長していく姿を描いたイギリス映画『人生はシネマティック!』をご紹介します。 …

ヒューマンドラマ映画

日本映画『鉄道員』ネタバレ感想とあらすじ結末の評価解説。高倉健・志村けん共演の“ぽっぽや”の奇跡の物語

名優・高倉健が演じる、 孤独な鉄道員(ぽっぽや)のもとに訪れた「奇跡」とは? 作家・浅田次郎が直木賞を受賞した短編小説を映画化した『鉄道員(ぽっぽや)』。 鉄道員として鉄道一筋で生き続け、定年を間近に …

ヒューマンドラマ映画

映画『スウィートシング』ネタバレ感想と結末の評価解説。アレクサンダー・ロックウェルによるタランティーノ絶賛の“子供時代の魔法”

米インディーズ界の鬼才アレクサンダー・ロックウェル監督が実子とともに映し出す、子ども時代の魔法のような一瞬。 『イン・ザ・スープ』(1996)でアメリカのインディーズ映画界でその名を馳せ、オムニバス映 …

ヒューマンドラマ映画

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話|あらすじとキャスト。原作やエキストラ募集も

大泉洋 高畑充希 三浦春馬 実在の人物である鹿野靖明。彼は筋ジストロフィーにかかるも、自分の夢や欲を持ち素直に生きる。 そんな彼を周囲は愛し続け、身の回りを世話するボランティアの人たちや家族を描いた笑 …

ヒューマンドラマ映画

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』ネタバレ結末考察とあらすじの感想評価。実話の天才詐欺師を人気俳優ディカプリオ×トムハンクス共演で描く

1960年代のアメリカを舞台に実在した小切手偽造犯の大胆不敵な詐欺の手口を描き出す。 1980年に出版されたフランク・W・アバグネイル・Jr著の自伝小説『世界をだました男』を基にスティーヴン・スピルバ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学