Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/11/08
Update

【ネタバレ感想】『タロウのバカ』映画ラストで俳優YOSHIの演技力が爆発!

  • Writer :
  • もりのちこ

好きってなに?死ぬってなに?
すべての意味から解放される世界。

大森立嗣監督の長編映画11作目となる『タロウのバカ』は、長編デビュー作『ゲルマニウムの夜』以前に執筆していたオリジナル脚本をもとに製作されました。20年の時を経て遂に映画化です。

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『ぼっちゃん』『さよなら渓谷』『光』と、社会の中のアウトサイダーたちを真っ直ぐ描いた作品群の原点とも言える作品。

戸籍も持たず、一度も学校に行ったことのないタロウ。人を好きになる気持ちも、物事の意味も、障がいも、生死も、タロウには関係ありません。

タロウはエージとスギオと作る3人だけの世界で生きています。彼の存在は怪物なのか?それとも天使なのか?

R15+指定の純粋で過激な問題作、映画『タロウのバカ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『タロウのバカ』の作品情報


(C)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本】
大森立嗣

【キャスト】
YOSHI、菅田将暉、仲野太賀、奥野瑛太、植田紗々、豊田エリー、國村隼、角谷藍子、門矢勇生、荒巻全紀、ACE、葵揚、水澤紳吾、池内万作、伊達諒、中島朋人、大谷麻衣、播田美保、水上竜士、小林千里、原沢侑高、伊藤佳範、大駱駝艦

【作品概要】
大森立嗣監督が20年以上前に書いていたオリジナル脚本を、遂に映画化。3人の少年の過激な日常を描いた青春ドラマです。

主人公タロウ役には、監督自らオファーした、今作が俳優デビュー作となるモデルのYOSHIが登場。OFF-WHITE、ヘルムート・ラングなどのファッション・アイコンとして注目を浴びる中、ミュージシャンとしてもデビューが決まっています。また、菅田将暉、仲野太賀など、今まさに旬で勢いに乗る若手実力派俳優の共演にも注目です。

映画『タロウのバカ』のあらすじとネタバレ


(C)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

2人の男が、とある施設にやってきました。廃墟のような施設の中に鎖で閉ざされた部屋があります。

扉を開けると、そこには大勢の障がい者たちが劣悪な環境のもと監禁されていました。半グレ集団による金稼ぎの一環で、介護施設を装った酷い施設でした。

施設の見回りに来た吉岡と小田は、そこで血を流し倒れている障がい者を発見します。面倒を起こしたのは、バイトをしていたエージでした。

吉岡は状況にイラつき、エージを殴ります。「生死の判断つかねぇ奴は殺せ」。拳銃で倒れている男を撃ちます。

死体を山奥に埋めに行く吉岡と小田。「調子にのるなよ」という小田の警告に、吉岡は聞き耳を持たず、殺してしまいます。死体が2体、同じ穴に埋まりました。

大きな川が流れ、頭上には高速道路が走る河川敷に、パンツ一丁で草むらを歩く少年がいます。

彼の名はタロウ。戸籍もなく、一度も学校へ行ったことがない少年です。タロウという名は、よくつるんでいるエージとスギオが付けたものです。

タロウとエージとスギオ。3人は、あてもなく自由奔放にその町を走り回っていました。

エージは、続けていた柔道をケガのため諦め、勝ち進む兄と比べられることに憤りを感じていました。「生きてる意味がねぇお前は、世の中のすみっこで生きていけ」。高校の先生に罵られます。誰も味方はいません。

スギオは同じ高校の洋子のことが好きでした。洋子は、売りをやっています。男の元へ通う洋子を痛々しい眼差しで追うスギオ。自分の感情にも気付いていないスギオは、なぜか心が痛むのでした。

その日、エージは吉岡をヤル計画を立てていました。3人は動物の面をかぶり、やってきた吉岡に襲い掛かります。

吉岡を叩きのめし、鞄を奪い逃げる3人。鞄には、一丁の拳銃がはいっていました。その拳銃は、タロウ、エージ、スギオの人生を思わむ方向へと導きます。

以下、『タロウのバカ』ネタバレ・結末の記載がございます。『タロウのバカ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

拳銃を手にしたタロウは無敵のようでした。通りすがりの人に、銃を向け脅し鞄を奪うタロウ。明らかに扱いかねています。

無敵のタロウでしたが、母親は同じ家にいても一切口を利いてくれませんでした。まるでタロウが存在しないかのような扱いです。

エージは、吉岡をやったことで返り討ちにあいます。高速道路から川へと落とされ、兄にも絞められます。

「死ぬってどんなかな?」。エージは体にしびれを感じていました。「吉岡殺そうか」。タロウはエージに軽く言います。

拳銃を持ち出し、ロシアンルーレットで盛り上がるエージとタロウ。「タロウのバカ」。エージは心底楽しそうに笑うのでした。

一度は更生しようとしていたスギオでしたが、洋子への歪む思いに苦しんでいました。

エージとタロウの元へと戻ったスギオは、洋子の援交相手を襲い殴ります。それでも気持ちは晴れません。とうとう、レイプ未遂を犯してしまいます。

雨の河川敷。びしょ濡れで歌うダウン症の女の子の姿がありました。タロウのよく知っている子でした。いつもは同じダウン症の男の子と仲良く2人で河川敷にやってきます。

しかしその日、男の子は川の中に浮いていました。「ユウキ君が死んじゃった」。呟く女の子を抱きしめるタロウ。彼女の心の痛さがタロウにも理解できました。

タロウは、ダウン症の2人から好きという感情、そしてエージとスギオから相手のために出来る事を学んでいました。

そして世界は変わります。吉岡との決戦。殴りかかるエージとスギオは、吉岡たちの前では歯が立ちません。

やられる2人を見守っていたタロウは、拳銃を取り出し、吉岡に向かって弾を撃ち込みます。倒れる吉岡。とうとうこの時がきてしまいました。人を殺したのです。

3人はそれぞれ、やり切れない夜を過ごします。

スギオは、金で洋子を買おうとします。洋子は、頼まれれば何でもしてしまう自分の恋愛癖に悩んでいました。「助けて」。洋子の心の叫びを踏みにじってしまいました。

タロウは、無視し続ける母親にとうとう切れて暴れます。怯えて泣く母親に「おれ、人を殺したよ。別にいいでしょ。うぁー」拳銃を突き付けます。タロウは怒りの感情が芽生えていました。

タロウとエージ、そしてスギオはいつものたまり場にいました。いつまでもこのままではいられない。言葉にしなくてもエージとスギオは感じていたのかもしれません。

エージとタロウが寝た後、スギオは鏡に映る自分に笑いかけ、拳銃を頭に撃ち込みます。壁には、「いのる、生きる、死ぬ」そう書かれていました。

拳銃の音を聞きつけ起きてくるエージとタロウ。エージもまた激しい吐き気とめまいに襲われていました。

朝方、河川敷をタロウの肩につかまり歩くエージ。とうとう座り込んでしまいます。エージの様子に涙を流すタロウは、拳銃を川に投げます。

エージはその場で横になり死んでいました。「エージ起きてよ」。何度も名前を呼ぶタロウ。初めて知る悲しみでした。大事な人の死とはこんなに悲しいものなのか。

タロウは広場でサッカーを楽しむ少年たちの中にフラフラと歩み寄り、「うぉー」と叫び出します。その叫びは止むことはありませんでした。

スポンサーリンク

映画『タロウのバカ』の感想と評価


(C)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

映画『タロウのバカ』の世界は、現代に起こる悲惨なニュースを流し見していた自分を戒めるものになりました。「わたしのバカ」です。

子どもの虐待、障がい者施設や老人ホームでの悲惨な事件、弱者を排除する風潮、そして自然災害にテロ事件。今の日本では、毎日のように新しい事件が更新されています。

理不尽な事件が多い中で、自分の感情の波に疲れ、目をつぶっている自分がいました。向き合うことも体力が必要です。

やっぱり、世の中は綺麗ごとだけじゃない目を逸らさず、向き合う心の強さを、寄り添う心の余裕を、大人は意識し続けなければなりません。

映画では、エージがナビゲーター的存在です。エージの言葉で「飛ぶ」という表現が多く登場します。

「飛ぶと落ちるとき死ぬ」。「飛んでる。世界がどんどん小さくなる」。生と死の狭間でエージたち3人は、精一杯もがきながら生きていました。

劇中、河川敷に白塗りの人間たちが踊り出てきます。舞踊カンパニー「大駱駝艦」です。

「飛ぶんだ!」。死者からのささやきなのか。物語が死に向かっていく予兆として印象深いシーンでした。

そして、映画『タロウのバカ』の魅力のひとつにキャスティングが挙げられます。

タロウを演じた、驚異の新人俳優YOSHI。モデルとしてすでに活躍しているYOSHIですが、本作で俳優デビューとなりました。

野生あふれる無垢で残虐なタロウを、軽やかに演じるYOSHIの姿は、性別を超えた新しい時代の俳優像を感じました。

タロウの憧れ的存在エージを演じたのは菅田将暉。無鉄砲で刹那的、優しさを併せ持つエージを、どっぷり演じています。存在自体がすでにカリスマな菅田将暉の暴れる演技がスゴい。

スギオ役は、映画にドラマ、CMに出演が相次ぐ仲野太賀が演じています。弱さの中に見える狂気、恋愛にとまどう姿が生々しく、一番リアルに感じられました。

そして、映画の中に登場するダウン症のカップル、藍子と勇生を演じたのは、ダウン症の方たちのエンタテイメントスクール、ラブジャンクス所属の角谷藍子と門矢勇生。劇中での歌は藍子のオリジナル曲で、すでにリリースもしています。

歌に踊りにおしゃべり、明るくて人懐っこく、注目されることが大好きな彼らの等身大の姿が映し出されていました。

障がいを持っていても、いなくても、違いはない。命の重さに変わりはないのです。

まとめ


(C)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

壊れゆく世界を生きる3人の少年たちの獰猛な青春映画『タロウのバカ』を紹介しました。

誰からも愛されたことがなく、好きという感情がわからないタロウが、エージとスギオと過ごすうちに、少しづつ成長していきます。

相手を大切に思い、相手のために怒り、一緒にいたいと思う気持ち。それは愛でした。しかし、気付いた時、彼はまた一人になっていました。

壊れ続けて行く世界で希望はどこにあるのか映画『タロウのバカ』から警告音が鳴り響きます。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

井浦新映画『返還交渉人』ドラマあらすじを再構成!劇場公開する上映館情報も

「鬼の千葉なくして、沖縄返還なし」とも言われ、アメリカと激しい交渉を繰り広げた千葉一夫。 ノンフィクション「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」を原案に、2017年8月にNHKBSプレミア …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『ヒットマンズ・ボディガード』ネタバレ感想と考察評価。キャストたちの個性が爆発するアクション映画

Netflix映画『ヒットマンズ・ボディガード』 役柄によって様々な演技を見せてくれる名優たち。 そんな名優たちがまさに適役と言える役柄を演じ、ド派手なアクションを披露する作品が日本では映像配信サービ …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『飛べない鳥と優しいキツネ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ティーンエイジに観てもらいたい一編

次世代女優キム・ファンヒと[EXO]スホが共演! 自己肯定感0%の少女を通して描かれる生きることの辛さと、素晴らしさを描くヒューマンドラマです。 韓国映画『飛べない鳥と優しいキツネ』をご紹介します。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『モリのいる場所』あらすじネタバレと感想。評価の高い画家熊谷守一の日常を描く

日本を代表する名優、山崎努と樹木希林の初共演作『モリのいる場所』。 30年間、ほとんど家から外に出たことがない伝説の画家・熊谷守一夫妻の晩年を描いた作品です。 家から外に出ない熊谷守一=モリの家には、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

1973年に行こなわれた、性別を超えたテニスの試合を描いた、映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』は2018年7月6日(金)から全国順次公開された作品です。 若手注目女優エマ・ストーンと、個性派俳優ステ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学